更新日: 2017年5月22日

東京都民銀行カードローンの金利水準は強みのひとつ!特徴を徹底解説

「Webカードローン」「パーソナルカードローン」という2種類の商品ラインナップがある、東京都民銀行カードローン。

どちらも異なる特徴を持っており、利用用途に応じて商品を選択する必要があります。

しかしながら、「カードローンを初めて利用するから、どちらが自分に合っているのかがわからない…」という方も多いのではないでしょうか。

この記事では、東京都民銀行カードローンの選び方をわかりやすく解説し、審査にかかる時間や融資までの流れなど、利用から返済に至るまでの疑問を徹底解決していきます。

東京都民銀行カードローンについてFPが徹底紹介

東京都民銀行カードローンはどんなローン?

東京都民銀行は、東京都港区六本木に本店を構える地方銀行です。

冒頭でも触れたように、東京都民銀行が取り扱うカードローンには2つの種類があり、それぞれ商品内容が大きく異なります。
まずは、下記商品詳細をご覧ください。

東京都民銀行カードローン商品詳細
商品名称 Webカードローン パーソナルカードローン
金利 4.0%~14.0% 9.8%
限度額 500万円 100万円
申込条件
  1. 満20歳以上満65歳以下の方
  2. 日本国籍を保有または永住権があること
  3. 東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県に居住している方
  4. 安定した収入があること
  5. インターネット支店以外に東京都民銀行との融資取引がないこと

※パート・アルバイトでも申込可能。ただし、配偶者に収入のある専業主婦、年金受給者はいずれも申込不可。

  1. 満20歳以上満60歳以下の方
  2. 日本国籍または永住権のある方
  3. 安定した収入が見込まれる方で、租税公課(※税金等)の滞納がない方
  4. 勤続(営業)年数が1年以上の方
  5. 信用情報に事故情報(※債務整理等のこと)の登録がない方

<融資条件>

  • 給与所得者…前年度年収が150万円以上
  • 個人事業主…前年度年収が100万円以上

<金利優遇条件>

  • 指定口座で3種類以上の公共料金を自動支払い
  • 給与振込または年金自動受取
  • 定期預金または財形預金
  • クレジットカード
審査時間 2~3営業日程度
口座開設 必須
即日融資 不可
土日即日
融資
不可
金利優遇 無し 有り
来店なしでの契約 可能 不可
審査 普通 厳しい
こんな人にオススメ
  • 店舗に行かず手続きしたい
  • 借入希望額が100万円超
  • スムーズに利用できるカードローンを選択したい
  • 金利の低さを求めたい
  • 既に東京都民銀行との取引がある
  • 審査に自信がある

上記表をもとに、東京都民銀行カードローンの特徴をまとめると、

  • 審査面で申し込みやすいのは「Webカードローン」
  • 「パーソナルカードローン」は窓口での契約、「Webカードローン」は郵送での契約となる
  • 「パーソナルカードローン」は限度額が小さめ
  • どちらも上限金利は低め
  • 手間も少なく、多くの方が利用できるのは「Webカードローン」

となっています。

「パーソナルカードローン」は優秀なスペックを誇る商品ではあるものの、手続き面や審査面でのデメリットが目立ちます。

逆に、「Webカードローン」は、突出したスペックではないものの、審査面や手続き面で利用しやすいカードローンだといえます。

このような特徴から、多くの方が選択しやすいのは「Webカードローン」でしょう。
ここからは、東京都民銀行 Webカードローンに絞って解説していきます。

大手銀行カードローンとの違いを徹底比較

大手銀行カードローンとの違いを徹底比較

東京都民銀行 Webカードローンは、来店不要で契約可能な点が強みの商品です。

しかしながら、「他行のカードローンも併せて検討したい」という方もいらっしゃるでしょう。ここでは、大手銀行カードローンの詳細を一覧にまとめた上で、東京都民銀行 Webカードローンと徹底比較していきます。下記の表をご覧ください。

バンクイックと他社比較まとめ
カードローン名 実質年率
(金利)
限度額 収入証明書の提出が必要な金額 毎月の最低返済額 提携ATM利用手数料 100万円借入時の想定金利 口座開設 審査時間
東京都民
銀行
Webカードローン
4.0%~14.0% 500万円 300万円を超える借り入れ 10,000円 原則有料
(108円~216円)
12.0% 必須 2~3営業日
みずほ銀行カードローン
「エグゼクティブプラン」
年3.0%~14.0% 最大1,000万円 200万円を超える借り入れ 10,000円 原則有料(108円~216円) 年7.0% 必須(同時申し込み可能) 最短即日
みずほ銀行カードローン
「コンフォートプラン」
年3.5%~14.0% 最大1,000万円 年12.0% 最短即日
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5% 800万円 300万円を超える借り入れ 2,000円 原則無料
(一部提携金融機関のみ有料)
12.0% 不要 -
(口座開設不要)
三菱東京UFJ銀行
カードローン「バンクイック」
1.8%~14.6% 500万円 200万円を超える借り入れ 2,000円
(8.1%以下の金利が適用された方は1,000円)
全て無料 12.6% 不要 最短30分
りそな銀行カードローン
「プレミアムカードローン」
3.5%~12.475% 800万円 300万円を超える借り入れ 10,000円 有料(提携先によって異なる。108円~216円) 11.5% 必須 最短即日審査
りそな銀行カードローン
「クイックカードローン」
9.0%~12.475% 200万円 100万円以上の借り入れ 最短2時間
楽天銀行
「スーパーローン」
1.9%~14.5% 800万円 300万円を超える借り入れ 2,000円 原則無料(有料で利用できる金融機関もあり) 14.5% 不要 最短即日~3営業日程度
イオン銀行カードローン 3.8%~13.8% 800万円 300万円を超える借り入れ 1,000円 イオン銀行ATM、コンビニATMは無料
その他有料
13.8% 不要 最短即日審査

上記表から、東京都民銀行 Webカードローンをあえて選択する理由を挙げるなら、「既に東京都民銀行の口座を持っていて、上限金利の低い商品を選択したい」という場合でしょう。

東京都民銀行Webカードローンの上限金利は14.0%と比較的低めで、上記表の中でも実力上位の水準です。

また、普段から東京都民銀行を利用している方であれば、心理的にも安心してカードローンを契約できるでしょう。

東京都民銀行カードローンの強みや弱みを徹底比較

みちのく銀行カードローンの強みや弱みを徹底比較

東京都民銀行 Webカードローンは、既に東京都民銀行との取引がある方に適したカードローンです。

しかし、全ての方に適した万能商品というわけではなく、弱点といえるポイントもあるのです。東京都民銀行 Webカードローンの強み、弱みをまとめてみました。

東京都民銀行カードローンの強み

東京都民銀行 Webカードローンの強みは、

  • 来店不要で契約できる
  • 上限金利が14.0%と低めの水準
  • コンビニATM、ゆうちょ銀行ATMでも利用可能

という点でしょう。

東京都民銀行 Webカードローンの強みを簡単にいえば、「手続きの簡単さと上限金利の低さ」です。

地方銀行の取り扱う商品ながらも、来店不要で契約可能、上限金利が14.0%という点は、東京都民銀行 Webカードローンの大きな強みだといえます。

東京都民銀行カードローンの弱み

対して、東京都民銀行 Webカードローンの弱みは、

  • 専業主婦や年金受給者は申し込み不可
  • 融資までに時間がかかる
  • 他行に比べ、突出した強みがない

という点でしょう。

東京都民銀行 Webカードローンはスペック的にも優秀なカードローンですが、金利面、申し込み条件面から見ても突出した強みがないため、決め手に欠けると言わざるを得ません。

また、審査にかかる時間も2~3営業日と長めで、どうしても融資までに時間がかかってしまいます。この点も、東京都民銀行 Webカードローンの大きな弱みだといえるでしょう。

FPが教える東京都民銀行カードローンに向いている人・向いていない人

FPが教えるみちのく銀行カードローンに向いている人・向いていない人

東京都民銀行 Webカードローンは、全ての手続きを郵送で行いたい方に適した商品です。

しかし当然ながら、中には東京都民銀行 Webカードローンに向いていない人も存在します。東京都民銀行 Webカードローンに向いている人、向いていない人をそれぞれまとめてみましょう。

向いている人

東京都民銀行 Webカードローンに向いている人は、

  • 東京都民銀行ATMが自宅の近隣にある
  • 店舗へ行かず、郵送でカードローンを契約したい
  • 上限金利の低いカードローンで利息を節約したい

という方でしょう。

特に、東京都民銀行 Webカードローンの上限金利は14.0%と低く、少額融資の場合でも利息を節約することができます。

また、東京都民銀行 Webカードローンは郵送契約のみとなっているため、「店舗へ行かずにカードローンを利用したい」という方に適しているでしょう。

向いていない人

対して、東京都民銀行 Webカードローンに向いていない人は、

  • すぐに融資を受けたい
  • 職業属性が、専業主婦もしくは年金受給者
  • ローンカードや利用明細を自宅に郵送されると困る

という方でしょう。

では、東京都民銀行 Webカードローンに向いていない人は、どのような商品を選択すべきなのでしょうか。

東京都民銀行 Webカードローンに向いていない人に合ったカードローンを1つ厳選するならば、「三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック」がピッタリでしょう。

三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックをおすすめする理由は、

  • 上限金利は14.6%なので、東京都民銀行 Webカードローンよりも若干高め
  • 審査時間が最短30分なので、スムーズに手続きを進められる
  • テレビ窓口を利用すればローンカードの即日発行が可能で、申し込み当日に融資を受けることもできる
  • 配偶者に収入のある専業主婦、年金受給者でも利用可能
  • テレビ窓口でローンカードを受け取れば、自宅への郵送物を避けることができる
  • 提携ATM手数料が全て無料

などがあります。

三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックは、「とにかく融資を急ぎたい」という方や、「家族にバレずにカードローンを契約したい」という方にも適した商品です。

東京都民銀行カードローンの必要書類

必要書類

東京都民銀行 Webカードローンの必要書類は下記のとおりです。

本人確認書類
運転免許証、パスポート、住基カード、住民票、印鑑証明書、健康保険証+公共料金の領収書または請求書のいずれか。
外国人の方は、在留カードまたは特別永住者証明書
収入証明書類(300万円を超える借入を希望する方)
源泉徴収票、確定申告書、納税証明書、住民税決定通知書のいずれか。

※全て有効期限内、現在有効なものに限ります。

即日融資/最短融資を受ける方法

最短融資の方法と審査にかかる時間はどれぐらい

東京都民銀行 Webカードローンを検討中で、「できる限り早く融資を受けたい」という方も中にはいらっしゃると思います。ここでは、東京都民銀行 Webカードローンで最短融資を受ける方法を解説します。

即日融資の可否と審査スピード

東京都民銀行 Webカードローンの審査スピードは「2~3営業日程度」となっており、即日融資にも対応していません。即日融資を希望する方は、先述した「三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック」を選択しましょう。

最短で融資を受ける方法と流れ

東京都民銀行 Webカードローンの申し込み方法は、「インターネット申し込み」です。東京都民銀行 Webカードローンで最短融資を受ける流れは下記のとおりです。

東京都民銀行 Webカードローンで最短融資を受ける流れ

  1. 東京都民銀行 Webカードローンの公式ホームページから審査を申し込む
  2. 審査の開始
  3. 審査結果の回答
  4. 契約関係書類の発送
  5. 契約関係書類を自宅で受け取り、記載の上、必要書類を同封して返送
  6. 契約関係書類に問題がなければ、ローンカードが発送される
  7. ローンカードを自宅で受け取り、ATMで現金を引き出す

※ローンカードの到着目安時間は、契約完了後1週間程度です。
※申し込みから実際に融資を受けられるまでに2週間程度を要する場合もあります。あらかじめ注意しておきましょう。

審査を通りやすくするコツ

フリーローンの審査内容

東京都民銀行 Webカードローンの審査を通りやすくするコツは、「他社の借入をできる限り返済しておくこと」です。

東京都民銀行 Webカードローンの審査では、信用情報の照会が行われます。つまり、年収に対しての借入割合が大き過ぎると、審査に落ちてしまう可能性があるのです。

したがって、東京都民銀行 Webカードローンを申し込みする前に既存の借入をできる限り返済しておくことで、審査結果にも影響する可能性があります。

東京都民銀行カードローンの返済方法

返済方法イメージイラスト

東京都民銀行 Webカードローンで借入した後は、規定された金額を毎月返済する必要があります。東京都民銀行 Webカードローンの返済方法を解説します。

返済方法と期日

東京都民銀行 Webカードローンの返済方法と期日は、

毎月の返済
毎月7日に返済用口座から引落し
臨時の返済
東京都民銀行ATM、提携ATMから随時

となっています。

返済で利用可能なATM

東京都民銀行 Webカードローンを返済できるATMは下記のとおりです。

東京都民銀行 Webカードローン返済可能ATM一覧
  • 東京都民銀行ATM
  • 京王駅ATM
  • セブン銀行ATM
  • EnetATM(ファミリーマート、サークルKサンクス等)
  • ローソンATM
  • ゆうちょ銀行ATM
  • 東日本銀行、八千代銀行のATM

※提携先、時間帯により、108円~216円の利用手数料が必要となります。

まとめ

東京都民銀行 Webカードローンは、郵送契約と上限金利の低さが特徴となっている商品です。利用する際は必ず返済計画を立て、借入と返済のバランスに注意してください。

電話確認実施内容

「Webカードローン」と「パーソナルカードローン」の違いはなんでしょうか?
「Webカードローン」はインターネット支店での取り扱い、「パーソナルカードローン」は窓口での取り扱いとなっております。
限度額は「Webカードローン」のほうが大きくなっておりますが、金利面では「パーソナルカードローン」のほうが低く設定されております。
詳しくは、公式ホームページ内の商品詳細をご確認くださいませ。
東京都民銀行 Webカードローンの審査にかかる時間はどのくらいですか?
混雑状況にもよりますが、通常2~3営業日となっております。
東京都民銀行 Webカードローンは、専業主婦や年金受給者でも利用可能でしょうか?
大変申し訳ございません。
こちらの商品は、ご本人様にお勤め収入のある方が対象となっております。
したがいまして、ご本人様に収入のない専業主婦の方や、収入が年金のみの方はお申し込みいただくことができません。
東京都民銀行 Webカードローンを利用する際に、口座の開設は必要ですか?
はい、返済用の当行口座を開設いただく必要がございます。
ただし、お申し込みの段階では不要で、審査通過後に郵送で開設いただく流れになっております。
東京都民銀行 Webカードローンで実際に融資を受けられるまで、どのくらいの時間がかかりますか?
通常、1~2週間程度になるかと思います。実際のご融資は、ローンカードをお受け取りいただいた後になりますので、あらかじめご了承くださいませ。
東京都民銀行 Webカードローンを利用できるATMと手数料を教えてください。
当行のATM、コンビニATM、ゆうちょ銀行ATM、東日本銀行や八千代銀行のATMでご利用いただけます。
ご利用手数料は時間帯や提携先によって異なりますが、108円~216円となっております。
東京都民銀行 Webカードローンは、土日でも審査可能でしょうか?
お申し込み自体は、24時間365日インターネットから承っております。
ただし、審査の回答は銀行営業日のみとなっております。
したがいまして、土日を挟みますと、通常よりも審査にお時間をいただくことになるかと存じます。
ご注意くださいませ。

執筆者情報

K&T FP事務所

はじめまして。当サイトの執筆を担当している「K&T FP事務所」と申します。どうぞよろしくお願いいたします。当サイトにおいて私は、「正しい情報を必要とする方のお手伝いをしたい」という思いで執筆しています。

カードローンやお金のことに悩んだら、プロに相談!

ご相談は、無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。

お名前 
メールアドレス 
お問い合わせ内容
  • 貸金業法について
  • 消費行動診断・家計管理診断
  • 一般社団法人 全国銀行協会