更新日: 2017年11月15日

大正銀行カードローンは普通預金口座を持っている人が利用しやすい!

「生活費に困っている」「給料日までの支払いがキツイ…」という方にとって非常に心強い味方であるカードローン。

大正銀行が取り扱うカードローンも例に漏れず、利用者にとって魅力的な商品内容になっています。

しかし、初めてカードローンを利用する方の中には、「どんなメリットがあるのかな?」「他行よりもお得?」などの疑問を感じてしまう方もいらっしゃるかもしれません。

この記事では、大正銀行カードローンの詳細を徹底的に調査した上で、他行との比較や最短融資方法など、あらゆる角度からご紹介していきたいと思います。

大正銀行カードローンについてFPが徹底紹介

大正銀行カードローンはどんなローン?

大正銀行は、大阪府大阪市を中心に事業を展開している地方銀行です。大正時代に創業された歴史ある銀行で、大阪を中心に様々なサービスを提供しています。そんな大正銀行が取り扱う「大正カードローン」の商品詳細は下記のとおりです。

金利 3.0%~14.5%
限度額 1,000万円
申込条件
  • 保証会社の保証が受けられる方
  • 満20歳以上70歳未満の方で信用事故がなく、安定継続収入のある方
  • 大正銀行に来店できる地域に居住または勤務している方

※年金受給者、専業主婦、学生、パート・アルバイトでも申込可
※借入額100万円超は65歳以下、勤務者・自営業者の方(勤務者は年収200万円以上、自営業者は所得がゼロでない方)

審査時間 最短即日
口座開設 必須
即日融資 不可
土日即日融資 不可

上記をもとに、大正カードローンの特徴を簡単にまとめると、

  • 融資限度額が1,000万円までと大きく、さまざまな用途に活用できる
  • 最短即日審査回答
  • 所定時間内であれば、三菱東京UFJ銀行ATM、徳島銀行ATM、香川銀行ATMを手数料なしで利用できる
  • パート・アルバイト、学生、専業主婦、年金受給者でも申込可能
  • 毎月の返済額が2,000円からなので、返済の負担が少ない

となっています。大正カードローンは、「カードローンの返済に大正銀行口座を利用したい」という方や、「多用途に活用できるカードローンを選びたい」という方にピッタリの商品です。

大手銀行カードローンとの違いを徹底比較

大手銀行カードローンとの違いを徹底比較

大正カードローンは、大きな限度額とスムーズな審査が魅力の商品です。

しかし中には、「他行とも比較して利用する商品をじっくり選びたい」という方もいらっしゃると思います。そこで、より簡単に比較できるよう、大手銀行カードローンと大正カードローンの商品内容を一覧にまとめました。下記をご覧ください。

大正カードローンと他社カードローン比較一覧
カードローン名 金利 限度額 審査スピード 口座開設 毎月の最低返済額 提携ATM
利用手数料
大正カードローン 3.0%~14.5% 最大1,000万円 最短即日 必須 2,000円 提携先により有料
みずほ銀行カードローン 年2.0%~14.0% 最大800万円 必須
(同時申込可)
10,000円 原則有料
(108円~216円)
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5% 最大800万円 不要 2,000円 原則無料
三菱東京UFJ銀行カードローン
「バンクイック」
1.8%~14.6% 最大500万円 不要 1,000円 無料
りそな銀行カードローン
「プレミアムカードローン」
3.5%~12.475% 最大800万円 最短即日 必須 10,000円 有料
(108円~216円)
りそな銀行カードローン
「クイックカードローン」
9.0%~12.475% 最大200万円 最短2時間 必須 10,000円 有料
(108円~216円)
楽天銀行「スーパーローン」 1.9%~14.5% 最大800万円 最短即日 不要 2,000円 原則無料
イオン銀行カードローン 3.8%~13.8% 最大800万円 不要 1,000円 イオン銀行ATM・コンビニATMは無料

上記の表から、「大正カードローンを選ぶべき理由」を挙げるとすれば、「大正銀行の口座を既に持っている」「融資限度額の大きい商品を利用したい」という場合でしょう。

大正カードローンを利用する際は、大正銀行の普通預金口座が必須となっています。したがって、既に口座をお持ちの方のほうが、より少ない手間でカードローンを契約することができるため、上記表からあえて選択する理由があるといえるでしょう。

加えて大正カードローンは、上記表の中でもトップクラスの融資限度額を誇ります。したがって、「できる限り大きな金額を借入して多用途に活用したい」という方も、大正カードローンに適しているといえます。

大正銀行カードローンの強みや弱みを徹底比較

強みや弱み

大正カードローンは、スペック面でも優秀な商品です。しかし、当然ながらメリットばかりではなく、弱い点もあります。大正カードローンの強み、弱みをそれぞれまとめてみましょう。

大正銀行カードローンの強み

大正カードローンの強みは、

  • 限度額が1,000万円までと大きい
  • 審査回答が最短即日とスムーズ
  • 三菱東京UFJ銀行ATMを所定時間内手数料無料で利用できる

という点でしょう。特に、限度額が1,000万円までと非常に大きく設定されている点は、他行の商品と比較しても大きなメリットだといえます。

大正銀行カードローンの弱み

対して、大正カードローンの弱みは、

  • 金利が標準的
  • 来店契約が必須
  • 口座の開設が必要

という点でしょう。

大正カードローンは、来店での契約が必須となっている商品です。

したがって、大正銀行の支店が近隣にある方や、既に大正銀行の預金口座をお持ちの方が主な対象で、これらに該当しない方は手続き面での手間が大きいです。

他行商品であれば、インターネット上で契約できるカードローンもありますので、この点は大正カードローンの大きな弱みだといえるでしょう。

FPが教える大正銀行カードローンに向いている人・向いていない人

向いている人・向いていない人

大正カードローンは、限度額の大きさや返済額の少なさがメリットの商品です。

しかし、メリットばかりではなく、当然ながらデメリットも存在します。したがって、大正カードローンに向いている人もいれば、全く向いていない人もいるということなのです。大正カードローンに向いている人、向いていない人をそれぞれまとめてみましょう。

向いている人

大正カードローンに向いている人は、

  • 既に大正銀行の口座を持っている
  • 近隣に大正銀行の支店がある
  • 申込条件の広いカードローンを選びたい

という方でしょう。

特に、大正銀行と何らかの取引があったり、近隣に大正銀行の支店があったり、大正銀行と何らかの関係がある方には特に適しています。

大正カードローンは契約の段階で来店が必須となっているため、上記に該当している方のほうが、より大正カードローンに向いている人だといえるでしょう。

向いていない人

対して、大正カードローンに向いていない人は、

  • 居住地または勤務先が、大正銀行に来店できない地域の方
  • できる限り素早く融資を受けたい
  • 金利の低いカードローンを選びたい

という方です。

では、大正カードローンに向いていない人は、どのような商品を利用すべきなのでしょうか。大正カードローンに向いていない人におすすめできるカードローンを1つピックアップするならば、「ソニー銀行カードローン」が良いでしょう。

ソニー銀行カードローンをおすすめする理由は、

  • 金利が2.5%~13.8%なので、大正カードローンよりも利息を節約しやすい
  • 最短で、申込日の翌営業日に融資
  • 提携ATMが非常に豊富で、手数料も安い
  • 毎月の返済額が2,000円からと少ない
  • 限度額800万円と大きめ

などがあります。

ソニー銀行カードローンは、「利息を抑えつつお金を借入したい」という方や、「ローンカードが届く前に振込融資を受けたい」という方にもおすすめの商品です。

大正銀行カードローンの必要書類

必要書類

大正カードローンの必要書類は下記のとおりです。

本人確認書類
運転免許証、パスポート、住基カード等の写真付き公的確認書類
収入証明書類(借入金額が300万円超の場合のみ提出)
源泉徴収票、確定申告書、所得証明書など
その他
届出印(※口座をお持ちでない方は、新規開設用の印鑑を持参)

即日融資/最短融資を受ける方法

最短融資の方法と審査にかかる時間はどれぐらい

大正カードローンを検討していて、「できる限り素早く融資を受けたい」とお考えの方もいらっしゃると思います。ここでは、大正カードローンで最短融資を受ける方法を解説します。

即日融資の可否と審査スピード

大正カードローンの審査スピードは「最短即日」で、スムーズに手続きが進めば、申込当日に審査の回答を得ることができます。

しかし、仮審査後は店舗での手続きが必須となっている上に、初回の融資はローンカード郵送後になってしまうため、即日融資には対応していません。

したがって、即日融資を希望する方は、大手銀行カードローンの「楽天銀行スーパーローン」を選択したほうが無難だといえるでしょう。

最短で融資を受ける方法と流れ

大正カードローンで最短融資を受ける場合、「インターネット申込」を利用します。大正カードローンで最短融資を受ける流れは下記のとおりです。

大正カードローンで最短融資を受ける流れ

  1. 大正カードローンの公式ホームページから審査を申し込む
  2. 審査の実施
  3. 審査の回答
  4. 必要書類を持参し、最寄りの大正銀行支店へ行く
  5. 窓口で申込書類を記入し、契約を完了させる
  6. ローンカードの発送
  7. 後日ローンカードを自宅で受け取り、ATMで現金を引き出す

※ローンカードの到着目安は、申込から2週間程度です。

審査を通りやすくするコツ

審査のコツ

大正カードローンの審査を通りやすくするには、「他社の借入残高をできる限り少なくしておく」という方法が良いでしょう。

大正カードローンの審査時には、信用情報の照会が行われます。信用情報には他社の残高や返済状況等も記録されているため、収入から見た借入割合が大きすぎると、審査結果にネガティブな影響が現れる可能性があります。

逆にいうと、申込前に借入残高を減らしておくことで、収入に対する借入割合が小さくなり、審査結果に影響する可能性もあるでしょう。

大正銀行カードローンの返済方法

返済方法イメージイラスト

大正カードローンで借入した後は、当然ながら借りたお金を返済していかなければなりません。ここでは、大正カードローンの返済方法を解説します。

返済方法と期日

大正カードローンの返済方法は、

約定返済(毎月の返済)
毎月10日に大正銀行の普通預金口座から引き落とし
随時返済(臨時的な返済)
銀行窓口営業日に随時

の2通りになっています。

返済で利用可能なATM

大正カードローンを返済できるATMは下記のとおりです。

  • 大正銀行ATM
  • 三菱東京UFJ銀行ATM
  • 福島銀行ATM
  • 香川銀行ATM
  • その他、提携金融機関のATM

※提携先により、所定の手数料が必要となる場合があります。

まとめ

大正カードローンは、大きな限度額と審査のスムーズさが特徴の商品です。カードローンで借入する際は、必ずご自身の返済能力を把握した上で、無理のないように利用してください。

電話確認実施内容

大正カードローンは、専業主婦でも利用可能なのでしょうか?
はい。
配偶者さまに収入のある専業主婦の方はお申込みいただけます。
大正カードローンを利用するには、大正銀行の口座が必要なのでしょうか?
審査をお申込みいただく段階では不要です。
審査に通過した後、窓口でお手続きいただく際に併せて開設していただく流れになります。
土日でも審査の回答はもらえるのでしょうか?
大変申し訳ございません。
土日祝日は当行の営業時間外であるため、審査の回答は翌営業日となります。
あらかじめご了承くださいませ。
審査にかかる時間はどのくらいですか?
最短で即日での回答になっております。
ただし、場合によっては2~3営業日必要となるケースもございますので、あらかじめご了承くださいませ。
ローンカードは、どのような郵便で届くのでしょうか?
大正カードローンのカードは、「簡易書留郵便」でお送りいたします。
大正カードローンの申込から融資までの流れを教えてください。
簡単にいいますと、インターネットやフリーコールから審査をお申込みいただいた後、保証会社と当行での審査を実施します。
その後、お電話で回答を差し上げますので、必要書類を持参の上、ご希望の取引店へご来店くださいませ。
窓口で正式契約手続きを完了いただいた後に、ローンカードを発送いたします。
後日ローンカードをお受け取りいただけ次第、ご融資可能となります。
お手続きの流れはこのようになります。

融資スピード?無利息?
損しないカードローンを見つけるカンタンな方法

お金が必要でも、カードローンを適当に選んでしまうのは怖いですよね。

  • 必要なタイミングで融資を受けられなかったらどうしよう
  • 思ったよりも利息が多くなって返せなくなったらどうしよう

など、さまざまな不安があるでしょう。

実際、適当に選んでしまうと失敗する可能性があります。 カードローンの特徴は商品によってさまざまで、「全員が満足するカードローン」はないのです。

だからこそ、希望に合った1枚をしっかり選ぶ必要があります。

後悔しないためにも、不安な方は一度≪検索≫することをオススメします。

自分に合ったカードローンをカンタン検索

執筆者情報

K&T FP事務所

はじめまして。当サイトの執筆を担当している「K&T FP事務所」と申します。どうぞよろしくお願いいたします。当サイトにおいて私は、「正しい情報を必要とする方のお手伝いをしたい」という思いで執筆しています。

カードローンやお金のことに悩んだら、プロに相談!

ご相談は、無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。

お名前 
メールアドレス 
お問い合わせ内容
  • 金融庁について
  • 日本信用情報機構のJICCについて
  • 指定信用情報機関のCICについて
  • 貸金業法について
  • 消費行動診断・家計管理診断
  • 一般社団法人 全国銀行協会