更新日: 2017年9月4日

三井住友銀行カードローンの審査にかかる時間や流れを解説

カードローン商品の中でも、高い人気を獲得している「三井住友銀行カードローン」。

三井住友銀行カードローンは、限度額、金利、利便性など、あらゆる点でのバランスの良さを持っている商品です。

しかし、「これからカードローンを利用しよう」と考えている方にとって気になるのが、「審査」でしょう。カードローンの利用時には、一定基準の審査を通過しなければなりません。

この記事では、三井住友銀行カードローンの審査に関する情報を解説していきます。

三井住友銀行カードローンの審査にかかる時間や流れを解説

三井住友銀行カードローンの審査の特徴(ポイント)

三井住友銀行カードローンの審査の特徴は、

  • 「仮審査」で事前審査が可能
  • 保証会社がプロミス
  • 申し込み方法が多様

という3つがあります。

それぞれのポイントをご説明していきましょう。

「仮審査」で事前審査が可能

三井住友銀行カードローンの審査には、「仮審査」が採用されています。仮審査とは、本審査より少ない項目で審査を行い、素早く審査の回答をする方法のことです。

別名称では、「事前審査」とも言います。仮審査を活用することで素早く回答を知ることができるとともに、事前審査を受けた上で本審査へと進むことで、よりスムーズに契約手続きを進めることができます。

保証会社はプロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)

三井住友銀行カードローンの保証業務は、「株式会社SMBCコンシューマーファイナンス」へ委託されています。株式会社SMBCコンシューマーファイナンスは消費者金融で有名な「プロミス」を運営している会社で、豊富な審査ノウハウを有しています。

したがって、三井住友銀行カードローンの審査においても、スムーズに手続きを進めることができます。

申込み方法が多様にあるのでいつでも審査可能

三井住友銀行カードローンの申し込み方法は、非常に多様な選択肢があります。

三井住友銀行カードローンで利用できる申し込み方法は、

  • PC、スマートフォン
  • インターネットバンキング(SMBCダイレクト)
  • ローン契約機
  • 電話
  • 郵送
  • 窓口

の6種類になっており、ご自身の都合に合った方法で申し込みすることができます。

三井住友銀行カードローンの特徴(メリット) ※審査以外

三井住友銀行 メリット

三井住友銀行カードローンは人気の高い商品ですが、その人気の理由は数多くのメリットがあるからです。三井住友銀行カードローンの特徴をご説明していきましょう。

限度額が多い

三井住友銀行カードローンの融資限度額は、最高800万円と高い水準になっています。もちろん、借りたお金の使い道も自由ですので、幅広い用途に活用することができます。

このように、少額の融資から大きな金額の融資まで幅広く対応できる点は、三井住友銀行カードローンの大きな特徴だといえるでしょう。

金利(低い)

三井住友銀行カードローンの金利水準は4.0%~14.5%になっており、銀行カードローン全体で見ても優秀な水準です。カードローンの金利は利息額に大きく影響しますので、できる限り低金利な商品を利用したほうが、得られるメリットも大きいです。

その点、三井住友銀行カードローンの金利水準は低く設定されていますので、利息を効率的に節約することができるでしょう。

返済方法が多様

三井住友銀行カードローンで利用できる返済方法は、

  • 三井住友銀行ATM
  • 提携ATM
  • 銀行振込
  • 口座振替

の4通りになっており、多様な返済方法の中から、ご自身の都合にあった手段を選択することができます。

中でも、提携先ATMの種類が非常に豊富で、ゆうちょ銀行ATMやコンビニATMでも返済することができるため、利便性の面でも申し分ないといえるでしょう。

提携ATMの手数料かからない

提携ATMで三井住友銀行カードローンを利用する際に気になるのは、「手数料」でしょう。実は、三井住友銀行カードローンでは原則として、提携ATMの手数料が一切かかりません。

三井住友銀行カードローンの提携ATMには、セブン-イレブンやローソンなどの店内に設置されているコンビニATMも含まれていますので、いつでもどこでも手数料を節約しつつ三井住友銀行カードローンを活用することができます。

経営・組織体制の信頼

三井住友銀行カードローンの経営母体は、言うまでもなく三井住友銀行です。

したがって、銀行が取り扱っている商品という安心感があり、借入時のサポート体制も充実しています。このように、経営・組織体制を信頼できる安心感も、三井住友銀行カードローンの大きな特徴でしょう。

三井住友銀行カードローン審査について

カードローン 審査

三井住友銀行カードローンは非常に魅力的な商品です。しかしながら、利用するには審査を通過しなければなりません。三井住友銀行カードローンの審査について解説します。

審査で大事なポイント

三井住友銀行カードローンの審査において重要なポイントは、

  • 属性
  • 現在の生活状況
  • 信用情報

の3つです。

それぞれ三井住友銀行カードローンの審査を受ける上での重要なポイントになりますので、要点を解説しておきましょう。

属性

属性情報とは、

  • 名前
  • 性別
  • 年齢
  • 住所
  • 電話番号

などの個人に関連する情報のことです。審査結果に大きく影響することはほとんどありませんが、現住所と本人確認書類に記載されている住所が異なる場合、提出書類として認められないケースがあります。注意してください。

現在の生活状況

三井住友銀行カードローンの申込時には、

  • 住居の種類
  • 家族構成
  • 家賃負担の有無
  • 年収
  • 勤務先
  • 勤務形態

などの情報を入力します。

これらは、利用者の生活状況を把握するために利用されており、返済能力に応じた審査結果が決定されることになります。

信用情報

信用情報とは、「信用情報機関」が取り扱う、信用に関わる取引記録のことです。

信用情報に記録される情報を挙げると、

  • クレジットカードやキャッシング、カードローン等の契約内容
  • 過去の返済状況
  • 債務整理歴の有無など(事故情報)
  • 他社の借入残高
  • 他社の借入件数

などがありますが、特に重要なのは、「過去の返済状況」と「他社の借入残高、件数」という点です。三井住友銀行カードローンの審査では、「誠実に返済してもらえそうかどうか」が重要なポイントです。

したがって、過去に延滞を繰り返していたり、直近での債務整理歴があったりなど、利用者の信用に不安がある場合は、審査結果に大きく影響してしまう可能性があります。

また、他社の借入状況も同様、年収に対して借入過多になっているような場合は、審査結果に悪影響を及ぼしてしまう可能性があります。逆に、現在まで誠実に返済し続けているような方は、審査結果に良い影響を与える可能性もあるといえるでしょう。

不安な方は…仮審査

三井住友銀行カードローンの審査が不安な方は、仮審査を利用しましょう。三井住友銀行カードローンの審査は、仮審査と本審査の違いがありません。しかしだからといって、「審査の申込=契約しなければならない」というわけではありません。

したがって、「仮の審査結果を知りたい」と事前に連絡を入れておくことで、仮審査の結果を得ることも可能でしょう。仮審査に必要な項目は、本審査の項目と同様になっています。

在籍確認

在籍確認とは、審査の最後に行われる勤務事実確認のことです。カードローン会社が利用者の勤務先へ直接電話連絡を入れ、利用者本人が在籍しているかどうかを確認します。これを聞くと、「周囲にバレてしまうのでは?」と心配になる方もいらっしゃると思います。

しかしながら在籍確認の際は、「〇〇さんはいらっしゃいますか?」という程度の会話ですので、周囲にバレてしまう可能性は極めて低いといえるでしょう。

ただし万が一在籍確認が取れなかった場合は、審査の内容がいかに高評価だったとしても否決になります。注意してください。

審査結果の連絡

三井住友銀行カードローンの審査結果は、

  • 電話
  • インターネット上の確認ページ

という2通りの手段で確認することができます。

カードローン審査前後の流れ

カードローン 審査の流れ

三井住友銀行カードローンの審査は、申込を完了することで開始になります。カードローン審査前後の流れをご説明しましょう。

申込み

三井住友銀行カードローンを申込する方法は、

  • PC、スマートフォン
  • インターネットバンキング(SMBCダイレクト)
  • ローン契約機
  • 電話
  • 郵送
  • 窓口

の6通りになっています。

上記のうち、シンプルかつスムーズに申込できるのが「PC,スマートフォン」を利用する方法です。PCまたはスマートフォンを利用することで、いつでもどこでも審査の申込を完了することができます。

三井住友銀行カードローンを申込する際に必要となる書類は下記のとおりです。

本人確認書類 収入証明書類
(※50万円を超える申込の場合に必要)
運転免許証 源泉徴収票
個人番号カード 住民税決定通知書
パスポート 確定申告書
住基カード 所得証明書

※いずれもそれぞれ1点を提出

カードローンを申込する際は、上記書類が必要となります。準備する上での注意点は、「本人確認書類の現住所が申込住所と合致していること」です。なぜかというと、現住所が確認書類の住所と異なる場合、提出書類として認められない可能性があるからです。

事前に確認し、万全の状態で審査を受けるようにしましょう。

審査後~カード発行

審査に無事通過した後は、ローンカードを受け取りする必要があります。

三井住友銀行カードローンのローンカード受け取り方法は、

  • 郵送
  • ローン契約機

のどちらかになっています。

ただし郵送での受け取りは、日数が必要になります。したがって、「できる限り早く融資を受けたい」という方は、ローン契約機でローンカードを受け取りするようにしましょう。

返済方法

三井住友銀行カードローンには、多彩な返済方法があります。

三井住友銀行カードローンの返済で利用できる方法は下記のとおりです。

  • 口座振替
  • 三井住友銀行ATM
  • 提携ATM
  • 銀行振込

実際に利用している(審査を通過した)方の意見・口コミ・評判

審査 口コミ

三井住友銀行カードローンを検討している方にとって、特に重要な情報源になるのが「口コミ・評判」です。ここでは、既に三井住友銀行カードローンの審査を通過した方の意見・感想をまとめてみましょう。

  • 最初に借入できる金額がどこのカードローン会社よりも高かった
    (会社員、40代、男性、年収600~800万円未満)
  • 驚くほど審査結果が出るまで早かった
    (会社員、30代、男性、年収200~400万円未満)
  • クレジットカードキャッシングより利息も安く便利なので、契約してよかった
    (会社員、20代、男性、年収200~400万円未満)

参考:価格.com口コミサイト

審査に落ちた…良くある想定要因を解説

カードローン 審査に落ちた

「三井住友銀行カードローンの審査を申込したけれど落ちてしまった…」という方も中にはいらっしゃるかもしれません。カードローンの審査に落ちてしまった場合、どのような理由が考えられるのでしょうか。カードローンの審査落ち理由について解説します。

審査落ちの想定理由

三井住友銀行カードローンの審査に落ちてしまった場合、下記のような理由が考えられます。

  • 審査基準を満たせていなかった
  • 申込内容に誤りがあった
  • 在籍確認が取れなかった
  • 短期間に複数の業者へ申込し、「申込ブラック状態」に陥っている
  • 信用情報に延滞の記録がある
  • 他社の借入額、借入件数ともに多い
  • 返済能力に不安がある

上記のうち、特に多いと考えられる審査落ちの理由は、「他社の借入額、借入件数が多い」という点でしょう。カードローンの場合、審査において「ちゃんと毎月返済してもらえそうかどうか」が重視されます。

つまり、他社の借入額、借入件数が多すぎると返済不能に陥ってしまうリスクが増加するため、貸付する側も厳しい審査結果を回答する可能性が高いということです。

したがって、三井住友銀行カードローンの審査を受ける際は、他社の残債をできる限り減らした上で申込したほうが、より有利な審査結果を得られる可能性が高いでしょう。

まとめ

三井住友銀行カードローンの審査は、あらゆる情報を総合的に判断した上で、結果を回答されます。

もちろん、嘘の内容を書いて審査を通過したとしても契約違反になってしまいますので、事実を正確に記入しなければなりません。審査のポイントを把握し、スムーズに融資を受けられるよう準備しておきましょう。

執筆者情報

K&T FP事務所

はじめまして。当サイトの執筆を担当している「K&T FP事務所」と申します。どうぞよろしくお願いいたします。当サイトにおいて私は、「正しい情報を必要とする方のお手伝いをしたい」という思いで執筆しています。

カードローンやお金のことに悩んだら、プロに相談!

ご相談は、無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。

お名前 
メールアドレス 
お問い合わせ内容
  • 金融庁について
  • 日本信用情報機構のJICCについて
  • 指定信用情報機関のCICについて
  • 貸金業法について
  • 消費行動診断・家計管理診断
  • 一般社団法人 全国銀行協会