2018年2月13日

FPが解説!独自の特徴を持つ新生銀行カードローンレイクの利用価値とは

「新生銀行カードローンレイクが気になるけど、他社と比較してお得なのかな?」「新生銀行カードローンレイクのメリットを知りたい」など、新生銀行カードローンレイクの利用を検討している方も多いでしょう。

しかしながら、新生銀行カードローンレイクは消費者金融と似た商品内容になっており、上手く活用することができなければ、キャッシングと同等の利息が発生してしまいます。

この記事では、新生銀行カードローンレイクと他社のカードローンを徹底的に比較したうえで、審査の傾向やスムーズな融資方法などをわかりやすく解説します。

新生銀行カードローンについてFPが徹底紹介

新生銀行カードローンはどんなローン?

新生銀行カードローンレイクは、新生銀行が直接取り扱う商品です。「レイク」と聞くと、キャッシングを想像される方もいらっしゃるかと思いますが、以前のレイクは事業買収によって、新生銀行のカードローンとなりました。

新生銀行カードローンレイクの商品詳細は下記のとおりです。

新生銀行カードローン レイク

融資上限額 金利 審査スピード パート
500万円 4.5%~18.0% 申込み完了画面に表示
担保・保証人 お試し診断 融資スピード アルバイト
不要 公式サイト参照

お申し込み時にご用意いただく書類

運転免許証(運転免許証をお持ちでない方は、有効期限内または現在有効な健康保険証など)
源泉徴収票など、収入を証明する書類(契約額に応じて、銀行が必要とする場合)

新生銀行カードローン レイクの公式サイトへ



新生銀行カードローンレイクの特徴として、

  • 無利息サービスを2つのプランから選択でき、内容も非常に優秀
  • 提携ATM利用手数料が全て無料
  • 70歳まで利用可能なので、定年後でも活用できる

などがあります。冒頭でも触れたように、新生銀行カードローンレイクの商品内容は、消費者金融カードローンとよく似ています。なぜかというと、消費者金融レイクの商品を銀行カードローンとして引き継いだ経緯があるからです。

新生銀行カードローンレイクは、無利息サービスに大きな特徴があり、「短期間だけ融資を受けたい」という方や、「無利息サービスを最大限活用したい」という方にはピッタリのカードローンだといえるでしょう。

大手銀行カードローンとの違いを徹底比較

大手銀行カードローンとの違いを徹底比較

新生銀行カードローンレイクには独自の特徴があり、利用価値の高い商品だといえます。しかし、「他の銀行カードローンと比較した場合、新生銀行カードローンレイクはお得なんだろうか?」とお悩みの方もいらっしゃるかと思います。

そこで、大手銀行カードローンや人気カードローンのスペックを一覧にまとめ、新生銀行カードローンレイクと徹底的に比較していきます。下記をご覧ください。

新生銀行カードローンと他社カードローン比較一覧
カードローン名 金利 限度額 審査スピード 口座開設 毎月の最低返済額 提携ATM
利用手数料
新生銀行カードローン「レイク」 4.5%~18.0% 500万円 申込み完了画面に表示 不要 3,000円 全て無料
みずほ銀行カードローン 年2.0%~14.0% 最大800万円 必須
(同時申込可)
10,000円 原則有料
(108円~216円)
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5% 最大800万円 不要 2,000円 原則無料
三菱東京UFJ銀行カードローン
「バンクイック」
1.8%~14.6% 最大500万円 不要 1,000円 無料
りそな銀行カードローン
「プレミアムカードローン」
3.5%~12.475% 最大800万円 必須 10,000円 有料
(108円~216円)
りそな銀行カードローン
「クイックカードローン」
9.0%~12.475% 最大200万円 最短2時間 必須 10,000円 有料
(108円~216円)
楽天銀行「スーパーローン」 1.9%~14.5% 最大800万円 不要 2,000円 原則無料
イオン銀行カードローン 3.8%~13.8% 最大800万円 不要 1,000円 イオン銀行ATM・コンビニATMは無料

上記表を参考に、新生銀行カードローンレイクを選択すべき理由は、「提携ATM利用手数料が全て無料」という点でしょう。加えて、上記表以外の理由として、「非常に利用価値の高い無利息サービスがある」という点も理由の1つに挙げられます。

新生銀行カードローンレイクには独自の特徴が多く、他社カードローンより金利面で不利だったとしても、無利息サービスを併用することで大きなメリットを得られる可能性があります。

新生銀行カードローンレイクは、「無利息サービスで利息を節約したい」という方にとってピッタリのカードローンだといえるでしょう。

新生銀行カードローンの強みや弱みを徹底比較

新生銀行カードローンの強みや弱みを徹底比較

新生銀行カードローンレイクにはさまざまな強みがあり、利用価値の高い商品だといえます。

しかし当然ながら、そんな新生銀行カードローンレイクにも弱点があるのです。新生銀行カードローンレイクの強みと弱みを簡単にまとめました。

強み
  • 無利息サービスが豊富なので、短期融資であれば利息を格段に抑えることができる
  • 審査結果は申込完了画面に表示され、融資までの手続きもスムーズ
  • 提携ATMを全て無料で利用できる
弱み
  • 金利が高い
  • 無利息期間を過ぎると、利息がかさみやすい

新生銀行カードローンの強み

新生銀行カードローンレイクの強みの中で特にメリットが大きいのは、やはり「豊富な無利息サービス」でしょう。新生銀行カードローンレイクの審査(インターネットでの申し込みの場合)は、申込み完了画面で審査結果を確認することが可能です。

また、新生銀行カードローンレイクを初めて利用する方は無利息サービスを活用できますので、場合によっては利息なしでお金を借りることもできるのです。

新生銀行カードローンの弱み

対して、新生銀行カードローンレイクの弱みといえる点は、「金利が高い」というポイントです。新生銀行カードローンレイクの上限金利は18%となっており、消費者金融カードローンとほぼ同水準です。

他の銀行カードローンの上限金利水準は大体15%前後ですので、新生銀行カードローンレイクのほうが長期融資には不向きだといえます。

このように、新生銀行カードローンレイクには長所と短所があるのです。

FPが教える新生銀行カードローンに向いている人・向いていない人

FPが教える新生銀行カードローンに向いている人・向いていない人

ここまでの内容から、新生銀行カードローンレイクに向いている人と向いていない人を簡単にまとめてみましょう。
新生銀行カードローンレイクに向いている人は、

  • 無利息サービスを最大限活用したい
  • 提携ATM利用手数料が無料で、コンビニATMを活用できるカードローンがいい

という方でしょう。

対して、新生銀行カードローンレイクに向いていない人は、

  • 低金利なカードローンがいい
  • 借入希望期間が6ヶ月以上で、長期融資になる可能性もある
  • 大手銀行のATMで借入・返済したい

という方です。では、新生銀行カードローンレイクに向いていない人が選ぶべきカードローンは、どのような商品なのでしょうか。数多くの商品の中から1つだけ厳選するならば、「ソニー銀行カードローン」が良いでしょう。

ソニー銀行カードローンをおすすめする理由は、

  • 上限金利が13.8%と低いので、長期融資の場合でも利息を節約できる
  • 月々の最低返済額が2,000円からなので、ご自身のライフプランに合わせた返済が可能
  • 大手銀行ATMやゆうちょ銀行ATMでも活用することができる
  • おまとめ、借り換えにも活用できる

などがあります。ソニー銀行カードローンは、「低金利で便利なカードローンがいい」という方や、「消費者金融カードローンから借り換えしたい」という方にピッタリの商品だといえるでしょう。

新生銀行のスマートカードローンプラスとは?

新生銀行のカードローンは「レイク」の他に、スマートローンプラスという商品があります。

「新生銀行レイク」は消費者金融業者のレイクが(新生フィナンシャルを経由して)新生銀行の1事業部として生まれ変わったものです。

これに対して「スマートカードローンプラス」は新生銀行直系のカードローンと言えます。

「レイク」は金利や審査などの面で消費者金融時代の面影を色濃く残っています。

対して、「スマートカードローンプラス」は銀行カードローンらしい低金利が特長です。

審査時間については若干「レイク」の方が早いものの、スマートカードローンプラスが特別遅いわけでもありません。

ちなみに「新生パワーダイレクト(インターネットバンキング)」からの申込だと、最速コースでの利用が可能です。

「スマートカードローンプラス」の主な特徴を以下にまとめておきます。

スマートカードローンプラスの特徴
申込方法 インターネット、電話、郵送
年齢条件 申込時満20歳以上満70歳以下
収入条件 本人または配偶者の安定収入必須(パート・アルバイト可)
契約額(極度額) 1万円以上500万円以内
金利(利率) 年率4.5%~14.8% (レイクは年率4.5%~18.0%)
無利息期間 なし(レイクは30日間無利息か、5万円まで180日間無利息から選択可能)
保証会社 新生フィナンシャル株式会社
ATM利用手数料 全国のコンビニなどの提携ATMを含めて手数料無料
口座引き落とし 新生銀行総合口座のみ(レイクは提携金融機関でもOK)

「申込方法」については、スマートカードローンプラスもレイクも新生銀行窓口ではできない点に注意です。

「年齢条件」はどちらも同じとなっています。

「収入条件」はレイクでは「本人」の収入が必須という点が異なります。(配偶者貸付不可)

「契約額」についても共通です。

「金利」は差が付く部分で、上限金利で約3%「スマートカードローンプラス」が低金利です。

「無利息期間」はレイクのみのサービス提供となっています。

「保証会社」はいずれも「新生フィナンシャル株式会社」です。

「ATM利用手数料」はいずれもコンビニを含めて無料です。提携先もほぼ共通しています。

「口座振替」についてはレイクでは多くの提携金融機関で利用できますが、スマートカードローンプラスでは新生銀行総合口座が指定されています。

このようにふたつのカードローンで共通点が多く見られる一方で、金利、無利息期間、口座引落などの面で差も見つけることができます。

以上のことを考えますと、長期間大きめの金額を借りたい方は「スマートカードローンプラス」がオススメです。

反対に少額を短期間借りたい方や少しでも早く借りたい方は「レイク」の方が良いでしょう。

利便性ではいい勝負ですので、金利や無利息期間が選択のポイントとなるかもしれません。

女性向けサービス・レディースレイクとは?

結論から言いますと「レディースレイク」と通常の「レイク」の違いは一点だけです。

それはレディースレイクには「女性専用のフリーダイヤルが用意されている」ということです。

電話申し込みでも、さまざまな相談のときでも、必ず女性スタッフが対応してくれます。

男性相手に電話するのがニガテな女性や、はじめての申込で緊張してしまう女性にはメリットが大きいでしょう。

ただしそれ以外は通常のレイクと変わる所は特にありません。

新生銀行カードローンレイクで融資を受ける流れ

新生銀行カードローンレイクで融資を受けるには、

インターネットから申し込みした後、無人契約機でローンカードを発行する

という方法をおすすめします。

具体的な流れは下記のとおりです。

  1. 新生銀行カードローンレイクの公式ホームページから申し込みする
  2. 審査の実施
  3. 審査の回答
  4. 必要書類を持参のうえ、最寄りの無人契約機へ行く
  5. 契約手続き完了後、ローンカードが発行される
  6. 受け取りしたローンカードを併設のATMに挿入し、現金を引き出す

新生銀行カードローンレイクの必要書類

融資を受けるための流れと必要書類

新生銀行カードローンレイクの必要書類は下記のとおりです。

本人確認書類
  • 運転免許証
  • 健康保険証(※注)
  • パスポート
  • 特別永住者証明書または在留カードなど

※注意
無人契約機で健康保険証を提出する場合、もしくは、本人確認書類の現住所が記載と異なる場合は、公共料金の領収書や住民票の写しなどの書類を併せて提出する必要があります。

収入証明書類
  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書または納税通知書
  • 給与明細書(直近3ヶ月以内の連続2ヶ月分)など

新生銀行カードローン(レイク)の在籍確認の対応方法

新生銀行カードローン レイクの在籍確認については公式サイトのQ&Aに掲載されています。

以下に公式サイトのQ&Aを引用します。

“Q:申込したときに、自宅や会社に連絡が入るのですか?”
“審査の際にご自宅やお勤め先へ確認のご連絡をさせて頂く場合がございます。ご連絡させていただく場合は、お客さまのプライバシーに配慮し、担当者名でお電話します。事前にご希望を承れば、「新生銀行名」でお電話することもできます。ご心配な点がございましたら、お客様専用フリーダイヤル(0120-09-09-24)までお問い合わせ下さい。“

以上のように明記されています。

新生銀行カードローンレイクの在籍確認は、原則として電話確認が行われることがわかります。

レイクは銀行系カードローンですので、「銀行名」を名乗ってもらうことも可能です。

個人から電話がかかってくると怪しまれそうな勤務先の場合、事前に相談しておきましょう。

それでもなお心配な場合はお客様専用フリーダイヤルに相談することもできます。

電話をかけてもらうタイミングなども可能な範囲で対応してもらえるでしょう。

特に派遣社員の方は、派遣元への電話などについても確認しておくと安心できますね。

新生銀行カードローンの審査は通りやすい?

新生銀行カードローンレイクの審査は、他のカードローンに比べて通りやすいのでしょうか?

カードローンは、主に銀行系と消費者金融系の2つが存在します。

一般的に銀行系の方が消費者金融系よりも、審査は厳しい傾向にあります。

それは金利の低さにも表れています。

基本的に金利が低いほうが、審査は厳しくなります。

銀行系カードローンの上限金利は14%台が大半です。

消費者金融系カードローンの上限金利は18%です。

銀行系カードローンの上限金利の方が低いため、消費者金融系よりも審査は厳しめです。

しかし、新生銀行カードローンレイクの上限金利は銀行系としては珍しく18%となっています。

「はじめてのアコム」でおなじみのアコムなど消費者金融と全く同じ金利です。

なぜ銀行系なのに金利が高いのでしょうか?

実は、新生銀行カードローンレイクは従来消費者金融だったのです。

それを新生銀行がブランドごと買収し「新生銀行カードローンレイク」として再出発した経緯があります。

そのため、上限金利は消費者金融と同等なのです。

新生銀行カードローンレイクの審査は銀行系としては通りやすいと言えるでしょう。

審査を通りやすくするコツ

審査を通りやすくするコツ

新生銀行カードローンレイクの審査の特徴として、「申込条件の広さ」があります。パート・アルバイトの方でも申込可能となっており、さまざまな層に対して融資を行っています。

つまり、審査のハードル自体、さほど高くないということです。したがって、申し込みフォームを正確に記入し審査を受ければ、スムーズに通過できる可能性も高いでしょう。

新生銀行カードローンの返済方法

新生銀行カードローンの返済方法

新生銀行カードローンレイクの返済方法は、

  • Web返済
  • レイクATM
  • 自動引落し
  • 提携ATM
  • 銀行振込み

などがあります。上記のうち、銀行振込のみ手数料が有料となっています。おすすめの返済方法は、「提携ATM」です。新生銀行カードローンレイクの提携ATM利用手数料は全て無料となっており、コンビニATMもその中に含まれています。

コンビニATMは営業時間が長く店舗数も多いため、非常に便利です。新生銀行カードローンレイクを返済する際は、コンビニATMをぜひ活用するようにしましょう。

新生銀行カードローン レイク

融資上限額 金利 審査スピード パート
500万円 4.5%~18.0% 申込み完了画面に表示
担保・保証人 お試し診断 融資スピード アルバイト
不要 公式サイト参照

お申し込み時にご用意いただく書類

運転免許証(運転免許証をお持ちでない方は、有効期限内または現在有効な健康保険証など)
源泉徴収票など、収入を証明する書類(契約額に応じて、銀行が必要とする場合)

新生銀行カードローン レイクの公式サイトへ

ローンカードを紛失した際のサポートはある?

ローンカードを紛失したら、すぐに新生銀行へ申告してカードを無効化してください。

ローンカードを無効化する方法は2つあります。

利用者専用フリーダイヤルに電話してカード停止

電話番号:0120-09-09-24

平日の9時~18時であればオペレーターが対応します。

それ以外の時間帯は自動音声によって、案内されます。

ただし、以下の時間帯は自動音声も対応していません。

  • 月曜、木曜日の0時~2時
  • 第3日曜日19時~翌月曜日8時

電話でカードを停止できない時間帯は、次で紹介する会員サービスを利用してください。

「会員サービス」サイトでのカード停止

パソコンやスマホからアクセスできる「会員サービス」サイトからも、カードを無効化できます。

サイトにログインして「カード停止」を選択してください。

ローンカードの再発行手続きは?

ローンカードを停止したら、再発行手続きをしましょう。

カードがないままだと、借入や返済が不便になってしまいます。

なお、単なるカードの再発行なので審査はありません。

無人契約機での再発行

最も簡単なローンカード再発行手続きは、無人契約機(自動契約機)です。

必要なものは本人確認書類のみです。

即日でカードが発行されます。

営業時間は8時45分から21時(※毎月第3日曜日は19時)までです。

店舗によって営業時間が異なる場合もあるので、事前に確認しておきましょう。

利用者専用フリーダイヤルに電話しての郵送手続き

利用者専用フリーダイヤル(0120-09-09-24)に電話して、再発行を受けることもできます。

ローンカードは郵送で送られてきます。

手元に届くまで数日かかってしまいます。

できるだけ無人契約機で再発行するといいでしょう。

カード再発行されるまでは借入も返済できない?

カードがなくても借入・返済ともに可能です。

しかし方法が限られるので注意してください。

借入

借入れは振込のみ可能です。

なお、銀行振込という性質上、融資を受けられるのは銀行営業時間帯に限られます。

土日祝日はもちろん、平日15時を過ぎると借入できません。

返済

返済は「Web返済サービス」「口座引き落とし」「銀行振込」が利用できます。

インターネットバンキングが使えるならWeb返済サービスが便利です。

24時間いつでも、パソコンやスマホから手数料無料で返済できます。

口座引き落としの手数料は無料ですが、事前に口座を登録しておかなければいけません。

利用開始手続きに時間がかかってしまいます。

郵便での申し込み方法

新生銀行カードローンレイクは郵便でも申し込むことができます。

まずレイクに電話をしてください。

カードローン申込書を自宅の住所に発送してもらう必要があります。

申込書が届いたら勤め先など必要事項を記入し、本人確認書類と一緒に返送します。

その後、申込書が新生銀行に届いたら審査が始まります。

無事に審査に通ればローンカードが発送され、借入できるようになります。

下記が申込の流れになります。

  1. 1.電話でカードローン申込書の発送依頼
  2. 2.申込書と本人確認書類を返送
  3. 3.審査
  4. 4.審査に通ればローンカードが発送
  5. 5.カードが到着すれば利用開始

電話での申し込みの方が手続きが早い

郵便申し込みはあまりオススメできません。

全ての申し込み方法の中で、最も手続きに時間がかかります。

新生銀行カードローンレイクはキャンペーンをよく行っていますが、手続きに時間がかかってしまうとキャンペーンが終わってしまうこともあるでしょう。

郵便だけで完結するわけではなく、結局は最初に電話しなければいけません。

この電話の時点で口頭での申し込みの方が、手続きはスムーズになります。

電話申し込みでも、本人確認書類など一部の手続きは郵送になります。

しかし、郵便申し込みに比べると利用開始までの時間は短くなります。

新生銀行カードローンレイクの1日の出金限度は?

新生銀行カードローンレイクはATMでの1日の出金限度額を、200万円までに制限しています。

それ以上の金額を借入したければ「振込み融資」を利用してください。

パソコンや携帯電話から会員ページにログインして手続きすれば、銀行口座に直接融資してくれます。

新生銀行カードローンを利用するには保証会社が必要?

新生銀行カードローンレイクを利用する際には保証会社が必要となります。

新生銀行カードローンレイクはグループ企業である「新生フィナンシャル」という保証会社を利用しています。

保証会社とは?

そもそも、保証会社とは何でしょうか?

元々銀行は、担保を持っている企業や個人を相手にお金を貸す金融機関です。

カードローンのような無担保の個人向けローンは、あまり得意ではありません。

審査ノウハウがあまりないのです。

そこで、個人向け無担保ローンの審査の取扱いに慣れた会社に、審査を依頼します。

また、もし返済が滞って貸し倒れが起きた場合は、貸したお金を保証会社に肩代わりしてもらいます。

新生銀行カードローンレイクは保証会社が必要だが、利用者は意識しなくていい

新生銀行カードローンレイクも保証会社を使っています。

しかし、利用者は保証会社の存在は全く気にしなくても構いません。

契約手続きや返済などは全て新生銀行に対して行います。

保証会社に対しての手続きや、手数料支払いなどは一切ありません。

新生銀行の口コミ

満足度

3.0

口コミ件数:4

  • 男性 (60代) 3

  • 会社員(事務系)
  •   居住地:北海道

  • 年収:200万円~400万円未満
  • キャッシングの経験回数:5回以上

  • これまでの借入した金額:5万円~10万円未満
  • 目的:生活費
審査までの時間 2日 融資までの時間 2日
借入金額 5万円未満 利息 15%
申込方法 WEB 借入方法 コンビニ内ATM
返済までの期間 1年 返済方法 コンビニ
返済金額 30,000円
決めた理由 金利
感想 特になし

  • 男性 (40代) 4

  • 会社員(技術系)
  •   居住地:山口県

  • 年収:600万円~800万円未満
  • キャッシングの経験回数:2回

  • これまでの借入した金額:10万円~30万円未満
  • 目的:生活費
審査までの時間 1日 融資までの時間 1日
借入金額 10万円~30万円未満 利息 5%
申込方法 WEB 借入方法 ATM
返済までの期間 6ヶ月 返済方法 ATM
返済金額 200,000円
決めた理由 AKBがCMに出ているから
感想 スピード感があって非常によかった

  • 男性 (50代) 3

  • 公務員
  •   居住地:神奈川県

  • 年収:600万円~800万円未満
  • キャッシングの経験回数:1回

  • これまでの借入した金額:5万円未満
  • 目的:生活費
審査までの時間 1日 融資までの時間 1日
借入金額 5万円未満 利息 5%
申込方法 メール 借入方法 口座振り込み
返済までの期間 3ヶ月 返済方法 口座引き落とし
返済金額 50,000円
決めた理由 なし
感想 なし

  • 男性 (30代) 2

  • 会社員(事務系)
  •   居住地:岡山県

  • 年収:200万円~400万円未満
  • キャッシングの経験回数:2回

  • これまでの借入した金額:5万円未満
  • 目的:生活費
審査までの時間 1日 融資までの時間 1日
借入金額 5万円未満 利息 2%
申込方法 WEB 借入方法 ATM
返済までの期間 1年 返済方法 口座引き落とし
返済金額 50,000円
決めた理由 なんとなく
感想 特にない

新生銀行カードローン(レイク)の増額方法

新生銀行カードローンレイクは増額について公式サイトに詳しく案内されています。

銀行によっては増額方法の案内がない場合もあります。

その点ではレイクは親切であると言えるでしょう。

また積極的に案内しているということは、増額にも積極的という見方もできます。

増額に厳しい銀行では、わざわざ増額方法を目立つように案内しないのです。

以下に新生銀行カードローンレイクの公式サイトのQ&Aを引用します。

“Q:現在契約している限度額を増額したい場合はどうすればいいですか?”
“A:会員ページにログイン後、「ご利用限度額アップのご確認・お申込み」よりお手続き頂けます。
また、自動契約機・レイクATM・お客様専用フリーダイヤル(0120-09-09-24)にてお手続きいただくこともできます。

※限度額の増額が可能なお客様には、会員ページにログイン後、限度額変更のご案内が表示されます。“

なお事前に会員ページの「お得な情報ご案内」サービスを登録しておくと、増額検討可能な場合にメールで案内をもらえます。(※「@lake.jp」のドメイン受信許可設定を要確認)

また「レイクATM」の画面の「ご利用限度額アップその他ご契約変更」からも増額可能か確認可能です。

レイクでは随時、顧客の見直しをしており、優良顧客には積極的に増額を案内しています。

そのため増額案内があった場合や、増額可能確認ができた場合は申し込みすれば増額できる可能性が高いと言えるでしょう。(100%ではありません)

裏を返すと増額可能の案内がない状態では、基本的には増額は難しいと判断できます。

まとめ

新生銀行カードローンレイクは、審査の申し込み条件が非常に広く、どのような方でも活用しやすい商品です。

また、無利息サービスを活用することで、利息を低く抑えられる点も大きな魅力だといえます。

利用する際は返済計画を立てたうえで、無理のないように活用してください。

電話確認実施内容

審査にはどのくらいの時間がかかりますか?
本審査の結果は申込み完了画面に表示されます。
無利息サービスのプランは、任意で選択可能なのでしょうか?
はい、任意でお選びいただけます。どちらかお得なほうをご希望される場合は、当カードローンの公式ホームページにシミュレーション計算できるページがございますので、そちらも併せて参考になさってくださいませ。
振り込み融資は土日でも可能でしょうか?
会員ページからの振り込み操作自体は可能なのですが、お客様の口座への反映は翌営業日となります。
ローンカードの郵送は、本人以外でも受取可能なものでしょうか?
新生銀行カードローンレイクのローンカードは、「本人限定郵便」でお送りいたしますので、ご本人様のみの受け取りとなります。お受け取りの際は、本人確認書類をご用意くださいませ。

融資スピード?無利息?
損しないカードローンを見つけるカンタンな方法

お金が必要でも、カードローンを適当に選んでしまうのは怖いですよね。

  • 必要なタイミングで融資を受けられなかったらどうしよう
  • 思ったよりも利息が多くなって返せなくなったらどうしよう

など、さまざまな不安があるでしょう。

実際、適当に選んでしまうと失敗する可能性があります。 カードローンの特徴は商品によってさまざまで、「全員が満足するカードローン」はないのです。

だからこそ、希望に合った1枚をしっかり選ぶ必要があります。

後悔しないためにも、不安な方は一度≪検索≫することをオススメします。

自分に合ったカードローンをカンタン検索

執筆者情報

K&T FP事務所

はじめまして。当サイトの執筆を担当している「K&T FP事務所」と申します。どうぞよろしくお願いいたします。当サイトにおいて私は、「正しい情報を必要とする方のお手伝いをしたい」という思いで執筆しています。

カードローンやお金のことに悩んだら、プロに相談!

ご相談は、無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。

お名前 
メールアドレス 
お問い合わせ内容
  • 金融庁について
  • 日本信用情報機構のJICCについて
  • 指定信用情報機関のCICについて
  • 貸金業法について
  • 消費行動診断・家計管理診断
  • 一般社団法人 全国銀行協会