2016年06月22日

審査なしのカードローンはある?審査を通すコツをFPが徹底解説

2018年1月より審査が厳格化され、「銀行が扱うカードローン」はすべて即日審査・即日融資ができなくなりました。これに伴い、“正しい情報”への修正を進めておりますが、まだ完全ではありません。もし本記事で「銀行カードローンで即日審査・融資が可能」という内容が含まれていても、2018年1月からは「不可能」です。ご注意ください。

「はじめてカードローンを利用するけど、審査が不安…」と悩んでいませんか?
カードローンは気軽に利用できる商品ではありますが、「お金を借りる」という意味で不安を伴います。
「できれば審査なしでカードローンを利用したい」というのは、カードローンを利用する方全員の本音だと言えるでしょう。審査無しのカードローンは存在するのでしょうか。

ここでは、カードローンの審査にスポットを当てて解説し、審査の通りやすくなる方法をご紹介致しますので、是非カードローンを申し込む前に参考にしてみてください。

カードローン 審査なし

カードローン審査なしはある?FPが正しく解説

「審査なしで即日融資!」などという記事をインターネット上で見かけることがあります。
このような記事を見た利用者からすれば、非常に魅力的な商品に思えるでしょう。
しかし実は、審査の無いカードローンなんて存在しません。
なぜなら、カードローン業者は後述する3つのポイントを押さえるために、審査を実施しているからです。

その3つのポイントとは、

  • 返済不能になってしまい、貸付したお金が返済されないリスクを避ける
  • 明らかに返済能力の無い利用者に対して多額の資金を貸付した場合、法的リスクが伴うため
  • 誠実に返済してもらえるような利用者かどうか判断する

というようなポイントです。
特に、消費者金融カードローンの場合は「貸金業法」という法律で厳しく規制されており、もし利用者の返済能力を調査するための審査を怠った場合は、業務停止などの厳しい措置を受けることになってしまいます。

つまり、利用者の審査はカードローン業者のリスク回避から見ても非常に重要だということです。

また、はじめてカードローンを利用する方によく質問されるのは「審査の最後に行われる『在籍確認』を実施しないカードローンってありますか?」という内容です。
在籍確認とは、カードローン業者が行う勤務事実確認のことを指します。
在籍確認は主に電話を利用して行われ、審査の最後の砦として位置づけられています。
つまり、いくら審査がスムーズに進んでいても在籍確認が取れなければ審査に通ることは無い、ということです。

結論からいうと、在籍確認を実施しないケースはよほどのことが無い限りありません。なぜかというと、カードローン申込者の中には、お金に困って勤務先情報を偽って申し込みする方もいるからです。
したがって、在籍確認はカードローン業者からしても重要度の高いポイントとなっています。ただし、例外的に在籍確認が実施されないケースもあります。
それは、解約後すぐに再申込を行い、かつ勤務先変更が無いような場合です。

しかし、カードローンによっては再度在籍確認が行われる場合もありますので、申し込みと在籍確認はセットだと捉えておきましょう。

在籍確認については、「カードローン審査を在籍確認なしで通る方法はある?注意点をFPが紹介」も参考にしてみてください。

審査を通しやすくするコツをFPが徹底解説

審査を通しやすくするコツをFPが徹底解説

審査に通しやすくするコツは、

  • 成約率の高いカードローンを選択する
  • 収入証明書をできる限り提出する
  • 申し込みフォームに記入する電話番号は確実に繋がるものを記入する
  • 希望融資額を小さくする

などがあります。これらの中で特に重要なコツは、「希望融資額を小さくすること」と「成約率の高いカードローンを選ぶこと」です。

希望融資額を小さくすること

カードローン業者は、利用者の返済能力を重視して審査を行います。
したがって、希望融資額を小さくすることで返済能力のハードルが下がり、審査に通りやすくなるのです。

成約率の高いカードローンを選ぶこと

カードローンの成約率はそれぞれ異なり、成約率が高いほど審査に通りやすいと判断することができます。
ただし、銀行カードローンの場合は成約率を公表していないため、前章で触れたような別のポイントから判断する必要があります。

ここまで触れてきたように、カードローンを利用する以上審査を避けて通ることはできません。
ただし、申し込みの際に提出する収入証明書類が不要なカードローンは存在しています。

審査を通しやすくする方法については、
カードローンの審査を通しやすくする方法を全て教えます!
カードローンの審査基準についてFPが徹底解説! 審査が通りやすくなる方法とは?
も参考にしてみてください。

収入証明書が不要で借りられるカードローンの紹介

収入証明書が不要で借りられるカードローンの紹介

収入証明書不要で借りられるカードローンとしておすすめなのは、消費者金融です。

消費者金融の大手「アコム」「アイフル」「プロミス」「SMBCモビット」はいずれも、下記のような条件が明記されています。

  • 50万円を超える借り入れの場合は収入証明書の提出が必要
  • 他社との借入合計額が100万円を超える場合は収入証明書の提出が必要

上記を見て分かるように、厳密には収入証明書が必要なケースはあります。

しかし、実際に必要とする金額あるいは借り入れられる金額はそれほど大きくないことがほとんどで、多くの方は収入証明書不要で利用することが可能と言えます。

消費者金融は金利が高いという不安をお持ちの方は多いと思いますが、短期間で返済できる見込みがあれば、利息が膨れ上がって返済不能に陥ることはありません。

銀行カードローンとは異なり無利息期間の設定があるという点でも、上手に利用すれば銀行カードローンより利息を抑えられる可能性があります。

中でもおすすめなのは、「プロミスアコム」です。
プロミスは、「無利息期間の開始は初回利用日の翌日から」という特徴があり、ほかの消費者金融と比べてメリットが大きいためです。

プロミス

融資上限額 金利 審査時間
最大500万円 4.5%~17.8% 最短30分
担保・保証人 自動審査 お試し診断
不要

具体的に言うと、ほかの消費者金融は「無利息期間の開始は契約日の翌日から」となっています。つまり、実際にお金の借り入れをしていなかったとしても、契約日の翌日から無利息期間の消化が始まってしまうのです。

プロミスの場合は「初めて借入をした日の翌日から」となっているため、「使っていないのに無利息期間が終わってしまった/短くなってしまった」という事態にはならず安心です。

アコム

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 3.0%~18.0% 最短30分
担保・保証人 自動審査 お試し診断
不要 ×

ただし、消費者金融に限ったことではありませんが、お金の借り入れは計画的におこなう必要があります。返済できるのかどうか、借りた後のことをしっかり考えた上で利用するようにしましょう。

まとめ

利用者にとってもカードローン業者にとっても、審査は非常に重要なポイントです。
審査が実施されないカードローンはありませんが、審査のコツを押さえて通りやすくすることは可能です。
ご自身のライフスタイルに合ったカードローンを選択できるよう、審査のコツをしっかりと押さえておきましょう。

融資スピード?無利息?
損しないカードローンを見つけるカンタンな方法

お金が必要でも、カードローンを適当に選んでしまうのは怖いですよね。

  • 必要なタイミングで融資を受けられなかったらどうしよう
  • 思ったよりも利息が多くなって返せなくなったらどうしよう

など、さまざまな不安があるでしょう。

実際、適当に選んでしまうと失敗する可能性があります。 カードローンの特徴は商品によってさまざまで、「全員が満足するカードローン」はないのです。

だからこそ、希望に合った1枚をしっかり選ぶ必要があります。

後悔しないためにも、不安な方は一度≪検索≫することをオススメします。

自分に合ったカードローンをカンタン検索

執筆者情報

K&T FP事務所

はじめまして。当サイトの執筆を担当している「K&T FP事務所」と申します。どうぞよろしくお願いいたします。当サイトにおいて私は、「正しい情報を必要とする方のお手伝いをしたい」という思いで執筆しています。

カードローンやお金のことに悩んだら、プロに相談!

ご相談は、無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。

弊社都合で誠に申し訳ございませんが、下記の点について、あらかじめご了承の上お問い合わせください。

  • お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることがございます。
  • お問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。
  • 弊社では直接のお申込を承っておりません。
    各サービスの詳細や、返済等についてはサービス事業者に直接お問い合わせください。

主なサービスの問い合わせ
プロミス:0120-24-0365
アイフル:0120-201-810
アコム :0120-07-1000

お名前 
メールアドレス 
お問い合わせ内容
  • 金融庁について
  • 日本信用情報機構のJICCについて
  • 指定信用情報機関のCICについて
  • 貸金業法について
  • 消費行動診断・家計管理診断
  • 一般社団法人 全国銀行協会