更新日: 2016年12月7日

カードローンの審査に通らない理由を徹底解説!通らないときの対処法を解説

あなたは、「なぜか分からないけどカードローンの審査に落ちてしまった…」とお悩みではありませんか?
実は、カードローンの審査では、全く同じ職種、同じ年収であっても、審査に通過できる人もいれば、落ちてしまう人もいるのです。

これは一体なぜでしょうか。
ここでは、カードローンの審査に通らない理由を徹底的に解説し、具体的な対処法にも触れていきます。

カードローンの審査に通らない理由を徹底解説

カードローンの審査基準について解説

カードローンの審査に落ちてしまった場合、結果のみが本人に通知されます。
その際に、なぜ落ちたのかという理由が説明されないため、「どうして何もしていないのに落ちてしまったのか」と悩まれる方もいらっしゃることでしょう。
しかし実は、カードローンの審査基準はある程度限られているのです。

カードローン会社が審査の際に用いる情報は、大きくわけて3種類しかありません。
その3種類とは、

  • 個人情報
  • 勤務先情報
  • 信用情報

です。
このうち、審査の結果に影響する項目をある程度絞ることができます。
ここでは、審査に影響する可能性のある項目を一覧にまとめました。

カードローンの審査基準の中で、審査結果に影響しやすい項目
情報の種類 項目 影響要因
個人情報 家族構成 年収に対して家族構成の人数が多過ぎると、返済能力が低いと判断されやすくなる。
住まいの種類 住宅ローン保有や賃貸住宅住居の場合、毎月固定費の負担が大きいため、返済余力に影響する。
住宅ローンの有無 毎月の固定費として住宅ローンは非常に大きな負担となる。年収に対してあまりに住宅ローンの負担が大きいと、返済能力に問題ありと判断されやすくなる。
自宅電話の有無 自宅の固定電話を契約する際には、当然のことながら契約手続きがあるため、社会的信用があると判断されやすくなる。ただし、近年、携帯電話だけの家庭が増加傾向にあるため、審査結果に著しく影響することはない。
勤務先情報 会社名 勤務先事業の安定度は利用者の返済能力を判断するうえでも非常に重要になるため、あまりに零細企業である場合、審査結果に影響する可能性がある。
社員数 事業規模を判断するうえで重要な項目。利用者の収入安定度を判断する要因となることがある。
勤務形態 公務員、正社員、契約社員、派遣社員、アルバイト・パートの順に審査に有利となる。個人事業主の場合は事業内容を見て判断されるケースが多い。
勤続年数 勤続年数は、長いほど退職リスクが低いと判断されるため、同一勤務先に長期にわたり勤めている方は審査に通りやすい。
年収 年収は返済能力に直結するため、非常に重要な項目。年収に対して支出のバランスが崩れていると、審査に落ちる要因となる可能性がある。
信用情報 他社の借入件数 カードローンやキャッシングには、「約定返済額」というものがあり、毎月最低限返済する必要のある金額がそれぞれ規定されている。他社の借入件数が多いほど、約定返済の合計額が大きくなるため、カードローン会社側の貸付リスクが高くなる。他社の借入件数が4件以上の方は、審査に落ちてしまう可能性が非常に高い。
他社の借入金額 カードローン・キャッシングの毎月の返済額は、借入残高に比例して大きくなるという関連性がある。他社の借入金額が大き過ぎると、利用者の返済能力を圧迫する要因となるため、審査に通りにくくなる。また、貸金業法で、「貸金業者が貸付できるのは利用者年収の3分の1まで」と定められているため、消費者金融カードローンの場合は、より審査結果に影響しやすくなる。
審査履歴 資金繰りに困った利用者は、短期間で多数の業者へ審査を申し込む傾向がある。ごく短期間の審査履歴がある利用者は、「申し込みブラック」と呼ばれる状態になり、審査にほぼ通らなくなってしまう。
延滞、滞納の有無 延滞や滞納履歴のある利用者は、信用に問題があると判断されるため、審査を通過できない要因となる可能性がある。
事故情報の有無 事故情報とは、いわゆる「ブラックリスト」と呼ばれるもので、債務整理などの手続きの有無で記載される。事故情報の記載があれば、ほぼ審査に通らなくなってしまう。
返済履歴 過去の返済を順調に行っている方は、信用があると判断されやすくなる。

審査に落ちてしまった理由が分からない方は、上記に該当する箇所がないか、確認しておきましょう。

審査基準については、「カードローンの審査基準についてFPが徹底解説! 審査が通りやすくなる方法とは?」を参考にしてみてください。

カードローン審査に通らない人の理由ベスト10

カードローン審査に通らない人の理由ベスト10

カードローンの審査に通らない方は、何らかの原因があります。
ここでは、審査に通らない人の代表的な理由をランキング形式でご紹介します。

カードローン審査に通らない理由ベスト10
順位 理由
1 カードローン会社の申込要件を満たしていない
2 在籍確認が取れなかった
3 延滞、滞納履歴が信用情報に記録されている
4 信用情報に事故情報が記載されている
5 他社の借入件数が多過ぎる
6 他社の借入金額が多く総量規制枠を超えている、または、すでにギリギリ
7 年収がカードローン会社の基準を満たしていない
8 勤続年数が短く、今後の収入安定度に不安がある
9 年収と支出状況のバランスが明らかに取れていない
10 短期間で多数の信用情報照会履歴が残っている

1位は、「カードローン会社の申込要件を満たしていない」という理由です。
申込要件とは、あらかじめ規定されている「カードローンの審査を受ける資格を持つ人」のことを指します。

つまり、申込要件を満たしてない方が審査を受けたとしても、審査に通過しないのは当然だといえるでしょう。

ご自身が上記に該当していないか、よく確認しておきましょう。

実際に審査に落ちた事例

「審査に落ちてしまう人って、どんな人なのか?」と疑問に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ここでは、実際に審査に落ちた事例をもとに解説します。

Aさんのプロフィール
職業 派遣社員
勤続 3カ月
年収 200万円
家族構成 4人(子供が2人)
住宅ローンの有無
他社の借入件数 2件(合計55万円)

事例

Aさんは、子供の教育費用を捻出することができず、非常に困っていました。
そんなとき、カードローンのインターネット広告を見かけ、申し込んでみることにしました。

「何とかして借りたい…」と、審査回答まで2時間程度待っていましたが、結果として審査に通りませんでした。
Aさんは、なぜ審査に落ちてしまったのでしょうか?

FPの見解

Aさんのプロフィールを見ると分かりやすいのですが、明らかに収支バランスが取れていません。
勤続年数も短く、年収から見ても、収入の安定度に大きな不安があるため、カードローン会社もリスク回避として融資を否決したと考えられます。

カードローン審査に重要なのは「返済能力」です。
まずは、支出状況を見直すことをおすすめします。

FPが教える審査に通りやすくするコツ

FPが教える審査に通りやすくするコツ

カードローンの審査を通りやすくするコツは、「借入希望額を必要最小限に留めること」です。
カードローンの限度額は審査によって決定されますが、あまりに借入希望額の大きい利用者は、貸付リスクが高いと判断されてしまう場合があります。

借入希望額を最小限に抑えて貸付リスクを低くすることで、審査に通りやすくなる可能性があります。

カードローン審査に通らないときの他の借入法

カードローン審査に通らないときの他の借入法

カードローン審査に通らない場合は、信用情報を利用しない手段でお金を借りることになるでしょう。
例えば、親族から助けを受けるのも一つの手です。

ただし、銀行カードローンの審査に落ちてしまった方は、審査の基準の厳しさが影響している可能性があるため、消費者金融カードローンの審査を一度受けてみるのもよいでしょう。

それでも審査に通らなかった場合は、すでに持っているクレジットカードのキャッシング枠を利用する方法もあります。

いずれの手段を利用する場合も、ご自身の返済能力を超えてしまわないよう注意して、計画的に借入してください。

返済計画については、「カードローンの返済シミュレーションから計画的な返済をしましょう」を参考にしてみてください。

まとめ

カードローンの審査基準は、カードローン会社によって大きく異なります。
ご自身の状況を整理し、スムーズに審査を通過できるよう、しっかりポイントを押さえておきましょう。

質問と答え

住宅ローンの審査は、カードローンを借りていると影響するのか
結論からいうと、影響する可能性があります。
なぜかというと、カードローンの借入額があまりに多かったり、過剰な限度額が設定されていたりする場合は、住宅ローンの返済能力に影響する可能性があるからです。
住宅ローン審査を受ける場合は、あらかじめ不要なカードローンを解約しておくことをおすすめします。

融資スピード?無利息?
損しないカードローンを見つけるカンタンな方法

お金が必要でも、カードローンを適当に選んでしまうのは怖いですよね。

  • 必要なタイミングで融資を受けられなかったらどうしよう
  • 思ったよりも利息が多くなって返せなくなったらどうしよう

など、さまざまな不安があるでしょう。

実際、適当に選んでしまうと失敗する可能性があります。 カードローンの特徴は商品によってさまざまで、「全員が満足するカードローン」はないのです。

だからこそ、希望に合った1枚をしっかり選ぶ必要があります。

後悔しないためにも、不安な方は一度≪検索≫することをオススメします。

自分に合ったカードローンをカンタン検索

執筆者情報

K&T FP事務所

はじめまして。当サイトの執筆を担当している「K&T FP事務所」と申します。どうぞよろしくお願いいたします。当サイトにおいて私は、「正しい情報を必要とする方のお手伝いをしたい」という思いで執筆しています。

カードローンやお金のことに悩んだら、プロに相談!

ご相談は、無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。

お名前 
メールアドレス 
お問い合わせ内容
  • 金融庁について
  • 日本信用情報機構のJICCについて
  • 指定信用情報機関のCICについて
  • 貸金業法について
  • 消費行動診断・家計管理診断
  • 一般社団法人 全国銀行協会