更新日: 2017年5月22日

カードローンの審査に通るか不安なら、チェックシートで対策しよう!

カードローンを申し込んでみたいと思いながらも、「審査に通るか心配で申し込みをためらっている…」という方も、なかにはいらっしゃるでしょう。

カードローンの審査基準は取り扱う業者によって異なり、審査に通りやすい商品もあれば、通りにくい商品もあります。

また、カードローン審査に通る人にはある程度の傾向があるため、チェックシートを確認することで、審査の通りやすさを簡単に判断することができます。

ここでは、カードローンの審査基準や審査に通る人の特徴を解説します。
ご自身が審査に通りやすいかどうかチェックしてみましょう。

チェックシートで対策しよう

カードローン審査で落ちる事例とそこから分かる審査基準

カードローン審査の基準を把握するには、落ちてしまった方の事例を参考にするといいでしょう。
ここでは、カードローンの審査に落ちてしまったAさんのケースを参考に、カードローンの審査基準を解説します。

Aさんのプロフィール
職業 アルバイト
勤続年数 3カ月
年収 200万円
他社の借入額 60万円(消費者金融2社)
住宅ローン、家賃の負担 月6万円
家族構成 3人家族
滞納歴 直近にあり

事例

Aさんは、子供の教育費を賄うため、新たに消費者金融カードローンを申し込みました。
しかし、審査結果は否決。
なぜ、Aさんは審査に通ることができなかったのでしょうか。

FPの解説

Aさんが審査に落ちてしまった理由としては、

  • 年収から見ても収支バランスが崩れている
  • 勤続年数が短すぎるため、収入の安定性に疑問がある
  • すでに他社の借入があり、総量規制ギリギリまで借入している
  • 直近でカードローンを滞納していた

というような要因が考えられるでしょう。
特に、カードローンの審査では「返済能力に対して借入額が適切かどうか」というポイントを重視されます。

したがって、Aさんのケースでは、(1)年収に対して家族3人(2)職業属性がアルバイト(3)他社の借入あり(4)住宅ローンや家賃の負担あり――という点から、「貸付リスクが高い」と判断された可能性が高いです。

加えて、「滞納歴あり」となっていますので、貸付側から「延滞につながる可能性がある」と判断されるのも無理はないでしょう。

また、消費者金融カードローンを利用する際に必ず注意すべきなのが「総量規制」です。
総量規制とは、貸金業法によって定められている制度で、「貸金業者は、利用者年収の3分の1以上を貸付してはならない」とされています。

つまり、貸金業者に該当する、消費者金融や信販会社、クレジットカードのショッピング枠では、年収の3分の1以上を借入することはできないのです。

例えばAさんの場合、年収200万円に対してすでに60万円の借入をしている状態となっています。
つまり、貸金業者から借入可能な金額は残り6万円しかないということです。

このように、カードローンの審査基準はそれほど難しいものではなく、審査に落ちてしまった場合は何らかの要因があるといえるでしょう。

カードローンの審査に通る人の特徴

カードローンの審査に通る人は、

  1. 返済能力に余力がある
  2. 信用情報に滞納履歴が記載されていない
  3. 他社からの借入件数が3件以下
  4. 総量規制枠に余裕がある
  5. 職業的に収入の安定度が高い

という特徴があります。特に1、2、4は重視されるポイントとなっており、これらに問題がある場合、審査に落ちてしまう可能性は高くなります。

カードローンの審査において重要な「返済能力」は、「返済に充てられるお金を確保できるかどうか」と捉えると分かりやすいでしょう。

例えば、独身で手取り月収20万円の方が、毎月1万円を返済するのは問題ないと考えられます。
対して、同じ手取り月収20万円の方でも、月10万円の住宅ローンを組んでいて、さらに家族を養っている状態であれば、毎月1万円の返済はかなり厳しいと言わざるを得ません。

返済能力

このようにカードローン会社は、利用者が入力した情報から「返済してもらえそうかどうか」を総合的に判断し、審査結果を出しているのです。つまり、年収がいくら高かったとしても支出過多であれば、審査に落ちてしまうこともあるということです。

審査が通るかどうかの判断チェックシート

「審査に通るかどうかがとても不安」という方は、判断チェックシートを利用しましょう。下記を参考にしてください。

審査に通るかどうかの判断チェックシート
質問番号 内容 チェック欄
Q1 毎月、少しもお金が残らない
Q2 勤続年数が半年以下
Q3 他社の借入件数が3件以上
Q4 直近でローンの滞納がある、または、滞納している
Q5 すでに年収の3分の1以上借り入れしている
Q6 過去10年以内に自己破産手続きを行った

上記は、審査に落ちてしまう可能性が高い要因をピックアップしたチェックシートです。
チェックを付けた個数が多ければ多いほど、カードローンの審査に落ちてしまう可能性が高いといえるでしょう。

特に、Q1の質問にチェックが付いてしまった方は、カードローンを利用したとしても延滞につながる可能性が高いといえます。

なぜかというと、カードローンは月に1回必ず返済しなければならないからです。
該当する方は、カードローンを申し込む前に、支出状況を細かくチェックする必要があるでしょう。

延滞については、
カードローンの滞納したらどうなる?FPが徹底解説!
カードローンの返済が遅延してしまったら? リスクと対処法をFPが徹底解説
カードローンの返済期間内に返済できなかったらどうなる?
も参考にしてみてください。

FPが教えるニーズ別おすすめカードローン

「審査に通りやすいカードローンがいい」「審査の通りやすさよりも、スペックに優れているカードローンを利用したい」など、カードローンは利用者によってニーズが異なります。

ここでは、2つのニーズにフォーカスし、それぞれに適したおすすめカードローンをご紹介します。
ぜひ参考にしてください。

ニーズ1 「審査に通りやすいカードローンがよい」

審査の通りやすさが気になる方におすすめのカードローンは「アコム」です。

審査の通りやすさが気になる方におすすめのカードローンアコム

アコムの新規貸付率は平均47%~48%となっています。
新規貸付率とは、新規申込人数に対して、「どれくらいの割合で契約に至ったか」を表す数値のことです。

例えば、新規貸付率50%のカードローンに10人が申し込んだとすれば、5人の方が審査に通過しているということです。
アコムの新規貸付率水準は全てのカードローンの中でもトップクラスとなっており、非常に申し込みやすいカードローンだといえるでしょう。

アコムのスペック
限度額 800万円
審査時間 最短30分
即日融資 可能
審査の難易度 低い
事業形態 消費者金融

ニーズ2 「審査は厳しめだけど、スペック抜群のカードローン」

「とにかく優秀なカードローンを利用したい」という方には、「みずほ銀行カードローン」がピッタリでしょう。

とにかく優秀なカードローンを利用したい方向けみずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンには、「コンフォートプラン」「エグゼクティブプラン」という2つの金利コースがあり、そのうちエグゼクティブプランの金利は年3.0%~7.0%と、業界トップクラスの低金利です。

加えて、限度額も最大1,000万円までとなっていますので、非常に優秀なカードローンなのです。

みずほ銀行カードローンのスペック
金利 コンフォートプラン 年3.5%~14.0%
エグゼクティブプラン 年3.0%~7.0%
限度額 最大1,000万円
審査時間 最短即日
審査の難易度 高い
事業形態 銀行

※下限金利の年3.0%は、みずほ銀行住宅ローン利用者向けの特別金利です。
通常利用者は記載値よりも年0.5%UPとなります。

カードローン審査に落ちたときの対処法

カードローン審査に落ちたときの対処法

もし、カードローン審査に落ちてしまったら、審査に落ちた要因を調査してみることです。
特に、信用情報が原因で審査に落ちるケースは自覚症状が薄いため、原因が分からない方は信用情報の開示請求を行いましょう。
信用情報の開示請求は、各信用情報機関の公式ホームページから手続きすることができます。

国内の信用情報機関は「CIC」」「JICC(日本信用情報機構)」「全国銀行個人信用情報センター」の3社となっていますので、過去にご自身が利用したサービスを調べたうえで開示請求をしてください。

審査に通らないときの対処法については、「カードローンの審査に通らない理由を徹底解説!通らないときの対処法を解説」も参考にしてみてください。

まとめ

カードローンの審査基準は商品によって異なりますが、ほとんどの場合、さほど厳しいものではありません。
しっかりと審査のポイントをチェックしておき、ご自身にピッタリのカードローンを見つけましょう。

執筆者情報

K&T FP事務所

はじめまして。当サイトの執筆を担当している「K&T FP事務所」と申します。どうぞよろしくお願いいたします。当サイトにおいて私は、「正しい情報を必要とする方のお手伝いをしたい」という思いで執筆しています。

カードローンやお金のことに悩んだら、プロに相談!

ご相談は、無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。

お名前 
メールアドレス 
お問い合わせ内容
  • 貸金業法について
  • 消費行動診断・家計管理診断
  • 一般社団法人 全国銀行協会