更新日: 2017年10月3日

カードローンの返済期間内に返済できなかったらどうなる?

「もしかしたら、返済が遅れるかも…」というように、カードローンの返済期間内に経済的危機が訪れたとしたら、あなたならどうしますか?

実は、このようなケースも少なくないのです。
もちろん、返済計画に基づいて返済を行うのは当然ですが、不意な出費は予想できないものです。

「もしカードローンの返済期間内に返済できなかったら」という視点で読み進めていただき、不測の事態が起こってもすぐに対処できるようになります。

カードローン 返済期間

カードローンの返済期間を過ぎるとどうなる?

カードローンの返済期間は通常、

  • 指定した日、1ヶ月に一回
  • 最初の借り入れ日から35日ごと
  • カードローン会社の指定日

のいずれかの期日から計算します。
わかりやすく捉えると、基本的に1ヶ月に1回返済する必要があるということです。

この決められた返済日のことを「約定返済日」といい、返済する金額のことを「約定返済額」と言います。

約定返済日を過ぎると、ハガキでの支払い通知、または、携帯電話に「返済をお願いします」という内容の電話が入ります。

約定返済日を過ぎるとハガキか電話で連絡がくるイメージ画像

このときに「払えない」と相談することも可能ですが、無連絡で既に遅れてしまっているため、カードローン会社のデータベースには「返済遅延」、信用情報機関のデータベースには「延滞」が記録されてしまいます。

その後、督促状が自宅に届きます。この段階では一括請求ではなく、あくまでも約定返済額プラス遅延損害金が請求されます。

遅延損害金とは、返済が遅れたことによる違約金のことで、いわば損害賠償のような性格を持つお金のことです。

この遅延損害金が課されてしまうと日割り計算で約定返済額に上乗せされ、さらに返済が苦しい状態になってしまいます。

その後、カードローン会社の対応は全額一括請求に進みます。
この際に用いられるのが「内容証明郵便」です。

内容証明郵便とは、送った内容を郵便局が保存、証明する郵便のことで、裁判の根拠として用いられることが多い郵送方法です。

郵送した内容の控えは、郵便局、発送者の両者で保管されます。
内容証明郵便が利用される大きな理由は、「時効の中断」です。

内容証明郵便が郵送されてから、6ヶ月の間に何らかの法的処置を取ることで、6ヶ月間の時効を無効とすることができます。

これはどういうことかというと、カードローンの債務は法定上、5年という時効が定められています。

したがって、そのまま利用者が放置すると、少しずつ返済額が時効により減ってしまう可能性があるのです。
このような事態を防ぐため、内容証明郵便を利用します。

つまり、利用者に対して「半年以内に法的手段を取ります」と伝えるメッセージだということです。

その後、裁判に発展、最終的に給料の差し押さえ処置が取られます。
この際は法的手続きを取っているため利用者の許可は必要なく、「ある日突然口座のお金が無くなった…」というような状態になってしまいます。

このように、カードローンの返済遅延は非常にリスクが高いのです。

カードローンの返済期間に
返済が間に合わない時はどうする?

「カードローンの返済が間に合わない…どうしよう」このように、返済の見通しが立たなくなった場合、まずするべきことがあります。

それは、カードローン会社への相談です。相談する際はあらかじめ返済の状況、返済ができない理由、返済ができないと思われる期間を調べておく必要があります。

カードローン 返済期間

なぜカードローン会社へ相談する必要があるかというと、カードローン会社は法律上の立場として「債権者」に当たり、無連絡等で返済の意志が無いと捉えられる場合は、当然の権利として一括請求することが可能となるからです。

もし一括請求になってしまった場合、その後の分割返済を認められる可能性はほとんどありません。

延滞に陥るまえに相談することで、返済期間の変更や、約定返済額の減額処置を取ってもらえる可能性があります。
返済に間に合わないと分かった時点で、まずはカードローン会社に相談してください。

返済期間を延長する方法

返済期間を延長する唯一の方法は、カードローン会社に事情を話した上で返済期間を変更してもらうことです。

ただし、この方法は全ての方に適用されるわけではなく、あくまでも特別処置だということを理解して下さい。

返済期間の変更処置をとってもらえる方は、

  • ある程度の頻度でカードローンを利用している
  • 返済に遅延したことが一度もない
  • 他社の利用が無い

という条件を満たしているケースが多いです。
もちろん、このケースに当てはまったとしても返済期間変更処置を取ってもらえない可能性もありますので、注意してください。

逆に、上記の条件を満たさない方は、返済期間の変更措置をとってもらえない可能性が高いです。

特に、過去にも遅延を繰り返している場合、返済期間の変更処置をとってもらえない可能性が非常に高いです。

返済期間の変更処置をとってもらえなかった場合は、法的処置を踏まえて改善策を練る必要があります。

FPが返済期間に対する
よくある質問にお答えします!

現在、カードローンで20万円を借り入れしています。
自分の口座には30万円の貯金があり、一括返済するかどうか悩んでいます。
また、一括返済する場合、どのようなタイミングで返済するとお得なのでしょうか。
専門家の意見を聞きたいです。
まず基本的な知識として覚えておいて頂きたいのですが、ほとんどのカードローンの利息計算は「日割り」です。
つまり、一括返済は早ければ早いほど利息削減効果が大きくなる、ということです。
したがって、一括で返すことのできるタイミングが来た時点で、随時返済を行うほうが良いと言えるでしょう。
質問者さまの場合、貯金額が30万円でカードローン残高が20万円となっているため、一括返済は十分可能です。
しかし、貯金残高が10万円となってしまうため、今後の出費をあらかじめ把握した上で問題無ければ一括返済、出費のかさむ予定があれば分割返済、とするのが良いでしょう。
もう1つの案としては、一部を繰り上げ返済する方法です。
例えば、20万円のうち10万円を繰り上げ返済すれば、残る利息は10万円部分だけです。
仮に金利15%、返済期間が60日間だったとして、毎月の約定返済額を考慮せず利息を計算すると、2,465円分の利息を削減することができます。
このように、質問者さまのライフプランに沿った返済を行う必要があります。

銀行カードローンの返済期間表

各銀行カードローンで10万円を借りた場合、どのくらいの返済期間になるのか、下記にまとめました。
・各銀行カードローンの上限金利で試算しています。
・10万円借りた場合の最低約定返済額を参考値として利用しています。

銀行カードローン返済期間表
名称 金利 約定返済額 返済期間 合計返済額
三菱東京UFJ銀行
「バンクイック」
1.8%~14.6% 2,000円
※借入利率:年8.1%超の場合
78ヶ月 154,963円
三井住友銀行
カードローン
4.0%~14.5% 10,000円 11ヶ月 107,227円
みずほ銀行カードローン 年2.0%~14.0% 10,000円 11ヶ月 103,337円
りそな銀行
「プレミアムカードローン」
3.5%~12.475% 10,000円 11ヶ月 106,140円

バンクイックは約定返済額が2,000円(借入利率が年8.1%超の場合)となっているため返済期間が非常に長く見えますが、もし他行のカードローンと同じように毎月10,000円を返済した場合、返済期間は11ヶ月、合計返済額は107,280円となります。

まとめ

カードローンは気軽に利用できるため、「お金を借りている」という感覚が薄れやすいです。
しかし、お金を借りていることに変わりはなく、必ず返済が伴います。

もし、返済が遅れてしまいそうになったときは、早めにカードローン会社に相談するようにしてください。

融資スピード?無利息?
損しないカードローンを見つけるカンタンな方法

お金が必要でも、カードローンを適当に選んでしまうのは怖いですよね。

  • 必要なタイミングで融資を受けられなかったらどうしよう
  • 思ったよりも利息が多くなって返せなくなったらどうしよう

など、さまざまな不安があるでしょう。

実際、適当に選んでしまうと失敗する可能性があります。 カードローンの特徴は商品によってさまざまで、「全員が満足するカードローン」はないのです。

だからこそ、希望に合った1枚をしっかり選ぶ必要があります。

後悔しないためにも、不安な方は一度≪検索≫することをオススメします。

自分に合ったカードローンをカンタン検索

執筆者情報

K&T FP事務所

はじめまして。当サイトの執筆を担当している「K&T FP事務所」と申します。どうぞよろしくお願いいたします。当サイトにおいて私は、「正しい情報を必要とする方のお手伝いをしたい」という思いで執筆しています。

カードローンやお金のことに悩んだら、プロに相談!

ご相談は、無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。

お名前 
メールアドレス 
お問い合わせ内容
  • 金融庁について
  • 日本信用情報機構のJICCについて
  • 指定信用情報機関のCICについて
  • 貸金業法について
  • 消費行動診断・家計管理診断
  • 一般社団法人 全国銀行協会