更新日: 2017年8月22日

カードローンの借り換えデメリットについて徹底解説!あなたは借り換えすべき?

「返済が辛いのでカードローンを借り換えしようかどうか迷っています…」という方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか。
もしくは、「私の場合は借り換えしたほうがいいのかな…」と判断しかねているケースも多いでしょう。

そもそも、カードローンの借り換えとは、より条件の良いカードローンを新たに契約してお金を借り、そのお金で元の契約を完済することを指します。

カードローンの借り換えにはたくさんのメリットがありますが、当然のことながらデメリットも存在しています。
ここでは、借り換えのデメリットにフォーカスし、あなたは借り換えすべきかどうか、詳しく解説していきたいと思います。

カードローンの借り換えデメリットについて徹底解説!あなたは借り換えすべき?

カードローンの借り換えのデメリットについて

「返済がつらい方はカードローンの借り換えがおすすめ!」というようなインターネット上の記事をご覧になられた方も多いのではないでしょうか。

大手銀行の公式ホームページにも大々的に書かれているように、カードローンの借り換えをうまく活用することができれば、利息の削減、毎月の返済額の減少、利便性の向上など、利用者は大きなメリットを得ることができます。しかし、そんなカードローンの借り換えにも、軽視できないデメリットがあります。

カードローンを借り換えする上でのデメリットを下記にまとめましたのでご覧ください。

カードローン借り換えのデメリット
借り換え先選びに失敗すると、利息が増えてしまう可能性がある もとのカードローンよりも利便性が悪くなる場合がある
貸金業法対象の借り換えローンを利用すると追加融資を受けられなくなる場合がある 審査が比較的厳しい
一度借り換えするとしばらく借り換えしづらくなる 毎月の約定返済額が減ると、返済期間が長期化してしまうこともある

上記をご覧いただくとわかるように、借り換えのデメリットはカードローンの選び方によるものが大半を占めています。

したがって、まずはご自身の現在利用しているカードローンの利用条件がどのようになっているのか、しっかりと把握しておきましょう。
そのうえで、次章の内容を実践することで、より上手く借り換えを活用することができます。

カードローンの借り換えのデメリットの回避方法

先述したように、カードローンの借り換えにはデメリットが存在しています。
しかし、それらはポイントを押さえることで回避することも可能です。
それぞれのデメリットの回避方法に触れていきましょう。

1.借り換え先選びに失敗すると、利息が増えてしまう可能性がある

これは、カードローンの利息シミュレーションをせずに借り換えてしまった場合によく生じるケースです。
カードローンは通常、審査の結果によって適用金利が決定します。

したがって、審査の結果によってはもとのカードローンよりも金利が高くなる可能性もあるということです。
このデメリットを回避するには、

  • 融資枠によって適用金利があらかじめ規定されているカードローンを利用すること
  • 必ず利息シミュレーションを行ったうえで借り換えすること

という2つの方法があります。
どちらも非常に重要なポイントですので、必ず覚えておきましょう。

金利については、
カードローンの金利・利息の全てを教えます!
借り換え先の選び方については、
カードローンのおすすめの借り換え先の選び方をFPが徹底解説!
も参考にしてみてください。

2.貸金業法対象の借り換えローンを利用すると追加融資を受けられなくなる場合がある

借り換えする際に利用するカードローンは大きく分けて、消費者金融の取り扱うものと銀行の取り扱うものがあります。

そのうち、消費者金融が取り扱う借り換えローンは総量規制の例外となる関係から、返済専用になっているものがほとんどです。
したがって、一度借り換えを行ってしまうと、追加融資を受けることができなくなってしまいます。

このような事態を避けるために、消費者金融の取り扱っている借り換えローンは避けておくほうが無難だと言えるでしょう。

3.一度借り換えするとしばらくは借り換えしづらくなる

先述したように、借り換えローンはお金を借り直しするものです。
したがって、新規申し込み時よりも融資金額が大きくなる傾向があり、その分信用情報に与える印象も強いのです。

信用情報に与える印象が強い分、頻繁に借り換えするのは非常に難しいと言えるでしょう。
借り換えする際にカードローンをしっかりと比較検討し何度も借り換えする必要性を無くすことで、このデメリットを回避することができます。

4.もとのカードローンよりも利便性が悪くなる場合がある

借り換えに利用できるカードローンの中には、利便性がいいものもあれば、利便性が悪いものもあります。
もし、もとのカードローンよりも利便性が悪くなってしまえば、利用する際に不便さを感じてしまいます。

したがって、カードローンを借り換えする際には金利だけでなく、利便性もしっかりチェックしておきましょう。

5.審査が比較的厳しい

借り換え時の審査は残高も加味して行われるため、比較的厳しい基準となっています。
ただし、カードローンによって審査基準に差があるため、審査に比較的通りやすいものを選択することでデメリットを回避することができます。

借り換え審査については、「カードローン借り換え審査を通しやすくする方法を徹底解説!」も参考にしてみてください。

6.毎月の約定返済額が減ると、返済期間が長期化してしまうこともある

借り換えに利用できるカードローンの中には、毎月の返済額が非常に少ないものがあります。
利用者からすれば一見メリットのように感じるかもしれませんが、返済額が少なくなることで、返済期間の長期化につながってしまうケースもあるのです。

対策として、毎月の返済額が少ない場合は追加で返済を行いましょう。

カードローンの借り換えした方がいい人しないほうがいい人

ここまでの内容をふまえて、カードローンを借り換えしたほうがいい人と、しないほうがいい人の特徴をまとめました。

「借り換えしたほうがいい人」の項目に該当している数が多いほど借り換え時のメリットが大きくなります。
ご自身が該当しているどうか、参考にしてください。

カードローンを借り換えしたほうがいい人、しないほうがいい人
借り換えしたほうがいい人 借り換えしないほうがいい人
借り換え元のカードローン金利が15%以上 借り換え元の金利が10%以下
元契約が消費者金融カードローン 借り入れ金額が50万円以下
提携ATMが少なく、手数料も有料 無利息期間がまだまだ残っている
毎月の返済額が高くてつらい すでに毎月の返済金額が少なく、
家計の返済可能金額から見ても適している

借り換えのメリットについては、「カードローンの借り換えのメリットを徹底紹介」も参考にしてみてください。

借り換えした方がいい人向けのおすすめ借り換え先カードローン

借り換えしたほうがいい人にオススメできるカードローンを1つ厳選するなら、「ソニー銀行カードローン」がおすすめです。
ソニー銀行カードローンの商品詳細は下記のとおりです。

ソニー銀行カードローン商品詳細
融資上限額 800万円
金利 2.5%~13.8%
申し込み条件
  • ソニー銀行の普通預金口座を開設している
  • 満20歳以上65歳未満
  • 原則安定した収入のある方
  • 日本国籍の方、もしくは、外国籍の方で永住権をお持ちの方
  • 保証会社の保証を受けることのできる方
口座開設 必要
審査時間
収入証明書類 300万円超えは必要
融資までの目安時間 3日~5日
手数料無料で利用できるATM

<借り入れ、返済何度でも無料>

  • セブン銀行ATM
  • イオン銀行ATM

<以下のATMは返済時何度でも無料、借り入れ時は月4回まで無料>

  • EnetATM(ファミリーマート、サークルKサンクス等)
  • ローソンATM
  • 三井住友銀行ATM
  • 三菱東京UFJ銀行ATM
  • ゆうちょ銀行ATM

ソニー銀行カードローンが借り換え先にオススメな理由は、

  1. 金利が低く設定されているため、利息を節約することができる
  2. 毎月の約定返済額が2,000円~となっているため、経済状況によって返済時の負担を調整できる
  3. 利用できる提携ATM台数が非常に多いため、利便性がいい
  4. 保証会社がアコムとなっているため、比較的審査に通りやすいと考えられる

という4つの理由があります。「お得に借り換えしたい」という方や、「利便性の良いカードローンへ借り換えしたい」という方にオススメです。

まとめ

カードローンを借り換えする際にはデメリットをしっかりと把握しておく必要があります。
ご自身が借り換えに向いているかどうか、ぜひ一度考えてみてはいかがでしょうか。

融資スピード?無利息?
損しないカードローンを見つけるカンタンな方法

お金が必要でも、カードローンを適当に選んでしまうのは怖いですよね。

  • 必要なタイミングで融資を受けられなかったらどうしよう
  • 思ったよりも利息が多くなって返せなくなったらどうしよう

など、さまざまな不安があるでしょう。

実際、適当に選んでしまうと失敗する可能性があります。 カードローンの特徴は商品によってさまざまで、「全員が満足するカードローン」はないのです。

だからこそ、希望に合った1枚をしっかり選ぶ必要があります。

後悔しないためにも、不安な方は一度≪検索≫することをオススメします。

自分に合ったカードローンをカンタン検索

執筆者情報

K&T FP事務所

はじめまして。当サイトの執筆を担当している「K&T FP事務所」と申します。どうぞよろしくお願いいたします。当サイトにおいて私は、「正しい情報を必要とする方のお手伝いをしたい」という思いで執筆しています。

カードローンやお金のことに悩んだら、プロに相談!

ご相談は、無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。

お名前 
メールアドレス 
お問い合わせ内容
  • 金融庁について
  • 日本信用情報機構のJICCについて
  • 指定信用情報機関のCICについて
  • 貸金業法について
  • 消費行動診断・家計管理診断
  • 一般社団法人 全国銀行協会