最終更新日:公開日:2017年09月25日

オリックス・クレジットカードローンは持っているだけで特典多数!

「カードローンなんてお金を借りるだけのもの」

そんな固定概念を壊そうとしているのが、この記事で紹介する「オリックス・クレジットカードローン」です。

例えばレンタカーが通常価格から15%も割引になったり、ホテルやゴルフ場でも優待割引を受けられたり。はたまた、借入残高の一部がPontaのポイントとして返ってきたりと、ちょっと普通じゃないカードローンなのです。

さらに、カードローンとしての基本的な実力もなかなかハイレベルです。即日融資はOKですし、24時間いつでも即座に口座へと振り込んでくれるキャッシングサービスまで完備しています。

一見するとデメリットがなさそうな気もしますが、はたして、どんな人にでも向いているカードローンなのでしょうか?

この記事では、オリックス・クレジットカードローンを、カードローンの代表格である銀行系や大手消費者金融系と様々な面から徹底比較します。そのうえで、どのような人がオリックス・クレジットカードローンに向いているのかを浮き彫りにしてみました。

オリックス・クレジットカードローンの本当の使い勝手や、自分に向いているかどうかを知りたい人は、ぜひ最後まで読んでみてください!

オリックス・クレシ-ットカート-ローンは持っているた-けて-特典多数!

オリックス・クレジットのカードローン一覧

オリックス・クレジットカードローンには、主に7つのカードローンプランが用意されています。

代表的な「VIPローンカード」をはじめとして、個人事業主専用の「VIPローンカード BUSINESS」、借入を全て口座振込で行う「カードレスVIP」、他社からの複数の借入をおまとめ返済できる「オリックス VIPフリーローン」など、さまざまな特徴を持ったカードローンがありますので、自分に合ったプランを選ぶようにしてください。

オリックス・クレジットのカードローン比較表

金利 限度額 申込資格 パート・アルバイト 即日融資 その他
VIPローンカード 1.7%~16.8% 800万円 20歳~69歳
VIPローンカード BUSINESS 6.0%~17.8% 500万円 20歳~69歳
(個人事業主か企業経営者)
× 事業資金可能
カードレスVIP 1.7%~16.8% 800万円 20歳~69歳 VIPローンカードのカードレス版
オリックス VIPフリーローン 3.0%~14.5% 800万円 20歳~64歳
(年収400万円以上)
× 貸金業法に基づくおまとめローン
VIP Y’s CARD 13.2%~17.6% 100万円 20歳~29歳 20代専用
VIP Lyra CARD 11.4%~17.6% 200万円 20歳~69歳 働く女性向け
(女性専用ではない)
オリックスローンカード Pontaコース 3.0%~17.8% 800万円 20歳~69歳 借入残高0.25%をPontaポイント還元

おまとめローンである「オリックス VIPフリーローン」以外は、全て即日融資可能な点が嬉しいですね。

また、パート・アルバイトでも毎月しっかりとした収入があれば申し込み可能です。オリックス・クレジットのカードローンなら、どんな人でも自分にピッタリなプランが見つかるでしょう。

各カードローンの特徴や向いている人など

7種類のカードローンのうち、どのカードローンが自分に向いているのかわかりづらい!という人もいるかもしれませんね。そこで、ここでは各カードローンの特徴を簡単に説明したうえで、それぞれに向いている人を紹介しましょう。

基本的には、オリックス・クレジットの代表的なカードローンである「VIPローンカード」を申し込み対象の第一選択肢としてください。もしVIPローンカードよりも「金利を下げたい」「月々の返済額を減らしたい」という場合には、他のカードローンを検討してみましょう。

VIPローンカード

向いている人:全ての人

オリックス・クレジットの代表的カードローンです。
特に具体的なこだわりがなければ、VIPローンカードがオススメです。

VIPローンカード BUSINESS

向いている人:個人事業主、企業経営者

業歴が1年以上の個人事業主や、企業経営者限定のカードローンです。
通常のカードローンでは禁止されている、事業性資金やつなぎ資金にも使うことができます。

ただし、金利はVIPローンカードよりも高くなってしまい、限度額も低く設定されます。
プライベート向け借入ならVIPローンカードを、事業資金に使う予定があるならばVIPローンカード BUSINESSを選択しましょう。

カードレスVIP

向いている人:金利に徹底的にこだわりたい人

VIPローンカードのカードレス版で、金利による優遇が受けられるカードローンです。
口座への振込のみ借入が可能で、カードによるATMでの借入は不可能な点に注意してください。

その代わり、VIPローンカードと同じ限度額でも金利が0.2%低くなります。
とことん金利にこだわりたい人にオススメです。

オリックス VIPフリーローン

向いている人:総量規制対象外のおまとめローンを利用したい人

他社で借りている複数のカードローンの借入を、オリックス VIPフリーローン1つにまとめることができる「おまとめローン」です。
いわゆる「貸金業法に基づくおまとめローン」のため総量規制対象外となり、年収の3分の1を超える借入が可能になります。

審査に時間がかかるため、オリックス・クレジットのカードローンの中で、オリックス VIPフリーローンのみ即日融資が不可能な点に注意してください。

オリックスVIPフリーローン

融資上限額 金利 審査時間
最高800万円 3.0%~14.5% -
担保・保証人 自動審査 お試し診断
不要

詳細

申込はこちら

VIP Y’s CARD

向いている人:20代で、月々の返済額を低く抑えたい人

20代専用のカードローンです。
月々の最低返済額がVIPローンカードよりも低く設定されているため、20代の人でも余裕をもった返済計画が立てられます。

しかし、VIPローンカードよりも金利が高く、借入限度額は低くなっています。
月々の返済額が多くなっても低金利にこだわりたい人はVIPローンカードを、少し金利が高くなっても毎月の返済額を抑えたい人は VIP Y’s CARDを選びましょう。

VIP Lyra CARD

向いている人:月々の返済額を低く抑えたい人

働く女性向けのカードローンですが、女性専用ではありません。
VIP Y’s CARDと同じく、月々の最低返済額がVIPローンカードより低く設定されているため、余裕をもって返済したい人にオススメです。

オリックスローンカード Pontaコース

向いている人:Pontaポイントを貯めている人

借入残高の0.25%がPontaのポイントとなり還元される、めずらしいタイプのカードローンです。限度額や即日融資などはVIPローンカードと全く同じですが、金利が1%だけ高い点に注意してください。

オリックス・クレジットカードローンの基本情報と特徴・サービス

オリックス・クレジットカードローンの基本情報と特徴・サービス

まずは、金利や申込資格など基本的な情報を整理しておきましょう。そのうえで、オリックス・クレジットカードローンならではの特徴をいくつかピックアップしてみました。

なお、オリックス・クレジットカードローンには7つのカードローンがありますが、もっとも代表的な「VIPローンカード」を比較対象とします。

オリックス・クレジットVIPカードローンと、消費者金融系・銀行系カードローンとの基本情報の比較

カードローン名 金利 限度額 申込資格 パート・アルバイト
オリックス・クレジット「VIPローンカード」 1.7%~16.8% 最大800万円 20歳以上
69歳以下
プロミス 4.5%~17.8% 最大500万円 20歳以上
69歳以下
三菱UFJ銀行「バンクイック」 1.8%~14.6% 最大500万円 20歳以上
65歳未満

特徴1.レンタカーなどの割引が受けられる

オリックス・クレジットカードローンは、オリックスグループのレンタカー・ホテル・ゴルフ場などで優待割引を受けることができます。使わないで持っているだけでもメリットがある、珍しいカードローンです。

※全てのカードローンが対象

特徴2.WEB完結の審査で、即日融資可能

大手消費者金融系ではもはや当たり前になった、即日審査・即日融資が可能です。平日14時30分までに審査に通れば、その日のうちに、銀行口座への振り込みによってお金を借りることができます。

※オリックス VIPフリーローンを除くカードローンが対象

特徴3.ジャパンネット銀行なら24時間振込可能

ジャパンネット銀行を使っていれば、24時間振り込みキャッシングサービスを受けることができます。

他カードローンの振り込みサービスでは一般的に、平日の朝9時から平日14時半までの申し込みのみ、当日受け付けされてその日のうちに振り込まれます。

それ以降の受付は翌日になってしまうことを考えると、オリックス・クレジットカードローンの24時間振り込みの便利さが際立ちます。

※全てのカードローンが対象

特徴4.ゆうちょ等、三井住友銀行のATMで手数料が無料

オリックス・クレジットのカードローンは、多くの銀行と提携してATM手数料を無料にしています。ゆうちょ銀行や三井住友銀行、その他多くの地方銀行でも手数料が無料になっています。カードローン利用時のATM手数料は安いに越したことはないですよね。

※全てのカードローンが対象

大手銀行・消費者金融カードローンとの違いを徹底比較

消費者金融カードローンとの違い

カードローンといえば、アコムやプロミスなどの消費者金融系カードローンや、三菱UFJ銀行などの銀行系カードローンが非常に有名です。使い勝手もいいために、とても人気があります。

そんな大手銀行・消費者金融カードローンと、オリックス・クレジットカードローンはどのような点が異なるのでしょうか?比較した上で、オリックス・クレジットカードローンの持つメリット、デメリットを見ていきましょう。

カードローン初心者が主に気になる点の比較

オリックス・クレジット VIPローンカード 大手銀行系カードローン 消費者金融系カードローン
低限度額帯での金利 △16.8% ◎ 14%台 △ 17%台
パート、アルバイトでも申し込み可能か
融資までのスピード ○ 即日
(口座振込のみ ATM不可)
△ 1日~数日程度 ◎ 即日

比較から分かる、オリックス・クレジットカードローンのメリット

レンタカーなどの優待割引サービスが凄い

金融業だけでなくレンタカーやレジャー施設などを経営しているオリックスグループならではの特典が、各種レジャー施設での割引優待です。このような特典は銀行系・大手消費者系カードローンでは一切見られません。

例えば、オリックス・クレジットカードローンを所持している人なら、オリックスレンタカーで最も人気のあるコンパクトカー(SAクラス)が15%割引されます。

フィットなどのコンパクトカーの利用料は通常24時間で8,100円ですが、カードローン優待割引を受けると6,885円へと値下がり。実に1,215円もお得になるのです。

24時間365日口座振り込み借入対応

ジャパンネット銀行を利用していれば、24時間365日いつでも口座への振り込み借入キャッシングを受けられますられます。銀行系や大手消費者金融系カードローンでも、なかなかここまでやってくれるところはありません。

夜10時を過ぎて、明日家賃の引き落とし日なのに入金するのを忘れていた…といった経験。

皆さんも一度ぐらいあるのではないでしょうか?そんな時、オリックス・クレジットカードローンなら大丈夫。家から一歩も出ずに、スマホかパソコンから申し込むだけで、即座に口座へと振り込まれます。

比較から分かる、オリックス・クレジットカードローンのデメリット

銀行系に比べると金利が高い

オリックスVIPローンカードの最高金利は16.8%。17%台が多い大手消費者金融系に比べれば若干低いですが、14%台が標準の銀行系カードローンに比べれば高い金利設定です。

また、同じ信販系カードローンのJCBカードローンFAITH(12.5%)やクレディセゾンMONEY CARD(15.0%)に比べても高いです。

ローンカードを申し込み当日は受け取れない

銀行系・消費者金融系は審査が通れば、その場でローンカードを受け取ることが可能で、その日のうちにATMで借り入れることができます。それに対してオリックス・クレジットカードローンは、郵送でローンカードが届くまでATMでの借入はできません。

口座引落しでの返済ができない

オリックス・クレジットカードローンをWEB完結申し込みした場合、銀行系・消費者金融系では一般的な口座引き落としによる返済ができません。

ATMでの返済は毎回手数料がかかってしまうために、毎月利息とともにATM手数料も負担しなければなりません。

オリックス・クレジットのカードローンに向いている人・向いていない人

向いている人・向いていない人

このように、銀行系・消費者金融系と様々な面で比較してみると、オリックス・クレジットカードローンに向いている人と向いていない人がいることがわかってきます。

向いている人

旅行やゴルフなどレジャー好き

快適な旅行には欠かせないホテルとレンタカー。オリックス・クレジットカードローンの利用者は、各種割引優待サービスを受けることができます。頻繁に割引優待を受ければ、カードローンの利息分よりもお得になってしまうこともあるかもしれません。

また、オリックスグループが経営するゴルフ場の利用料も割引になります。レジャーが好きなアクティブな人には向いているでしょう。

その日のうちに絶対に融資してもらいたい人

オリックス・クレジットカードローンが掲げる「即契」は、即日審査・即日融資がモットー。審査が通った段階ですぐに申しこめば、口座への振り込みによる即日融資を受けることができるのです。

24時間いつでも借入したい人

銀行口座をジャパンネット銀行に設定すれば、24時間いつでも振り込みによって借り入れることができます。

クレジットカードや家賃の引き落とし前日にお金を口座に入金し忘れていたなど、うっかりしていて焦ることってありますよね。ATMで借りて、それを銀行口座に入金するといった手間を省くことができます。

向いていない人

返済時のATM手数料を負担したくない人

オリックス・クレジットカードローンでは、返済時にATMを利用すると手数料がかかってしまいます。これを嫌う人は結構多そうです。借りる時ならともかく、返す時も手数料がかかってしまうのは、なんだか嫌な気持ちになりますよね。

向いていない人におすすめのカードローン

クレディセゾンカードローンはオリックス・クレジットカードローンと同じ信販系のカードローンです。使い勝手などは似ていますが、オリックス・クレジットカードローンとの決定的な違いは、ATM利用手数料が完全に無料という点。

もし返済時にもATM手数料がかかってしまう点が嫌でオリックス・クレジットカードローンを使いたくない人は、クレディセゾンカードローンの利用を検討してみてください。

最短融資を受ける方法と必要書類

最短融資を受ける方法と必要書類

ここからは、実際にオリックス・クレジットカードローンを申し込むにあたって、一連の手続きの流れや必要書類、即日融資を受けるコツなどを説明してきましょう。

即日融資の可否と審査・融資スピード

即日融資 ○ ただし口座振り込み借入のみ
即日審査 ○ 最短60分
カードでの最短融資 申し込みから数日後
(カードが郵送で届いてから)

オリックス・クレジットカードローンは信販系カードローンでは珍しく、即日融資に対応しています(オリックスVIPフリーローン以外)。

ローンカードは郵送で届くので日数がかかってしまいますが、口座に直接振り込まれるタイプの借入ですと、その日のうちに融資を受けられます。

分かりやすい!申込から融資までの流れ

  1. WEBで申し込み
  2. 必要書類をカメラで撮影してアップロード
  3. 審査の連絡
  4. 口座振り込み借入が利用可能に
  5. カードが郵送で届けば、ATMでも借入が可能に

即日融資を受けるためのポイント

平日14:30までに申し込み、審査を通過し、契約内容の同意手続までが全てWEB上で完了した場合は、振り込みによる即日融資を受けられます。14:30を過ぎてしまうと翌営業日以降の振り込みになってしまうので注意してください。

また、WEB上で申し込み手続きをする場合、本人確認書類などは全てカメラで撮影して画像としてアップロードすることになります。この際に画質が悪く細部が読み取れない場合は、再度提出しなおさなければならず、手続きがストップしてしまいます。

特にありがちなのが、蛍光灯やシーリングライトの下での撮影時に、自分の身体の影で書類が見えづらくなるパターンです。即日審査を通すためにも、できれば昼間に鮮明な状態で撮影しておくようにしましょう。

申込時に用意しておく必要書類リスト

必要書類は「本人確認書類」です。そのほかに、借入限度額によっては「年収を確認できる書類」も提出を求められます。

本人確認書類(必須)

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート

いずれかの書類をカメラで撮影した画像(WEB申し込みの場合)、あるいはコピー(郵送申し込みの場合)は必須になります。

年収を確認できる書類(限度額によって必要)

限度額が50万円を超える場合、または他社の借入と限度額の合計が100万円を超える場合は、以下の年収を確認できる書類が必要になります。

  • 源泉徴収票…最新のもの(直近2ヶ月連続の給与明細書+直近2年分の賞与明細書でも可能)
  • 確定申告書…税務署印または税理士印のある最新のもの
  • 課税証明書…収入金額の記載のある最新のもの

オリックス・クレジットカードローンの借入方法

カードローンの借入れ方法

オリックス・クレジットカードローンではATMでの借入と、利用口座へ振り込まれる即時振込の2通りの借入方法を用意しています。

ATMでの借入

ATMの借入時には、借入金額に応じて以下の手数料がかかります。

借入金額 1万円以下 1万円超~5万円未満 5万円以上
ATM利用手数料 108円 216円 無料

なお、ゆうちょ銀行と三井住友銀行では、時間帯・曜日・利用金額を問わず手数料が無料となっています。

即時振り込みでの借入

即時振り込みを利用する場合、振り込み対象の口座にジャパンネット銀行の口座を設定すると、なんと24時間いつでも申し込みすれば即座に振り込まれます。

ジャパンネット銀行以外の口座の場合は、平日8:40~15:00までの間であれば即時振り込まれ、それ以外の時間帯・曜日であれば翌営業日の9時以降に振り込まれます。

オリックス・クレジットカードローンの返済方法

返済方法

オリックス・クレジットカードローンはWEB上で申し込みをすると、口座引落しによる返済ができません。ATMと振り込みの2つの方法が用意されていますが、オススメなのは振り込みによる返済です。

手数料 返済日
ATM返済 1万円以下 108円、1万円超 216円 10日・20日・末日から選択
振り込み返済 無料 10日・20日・末日から選択

ATMですと、返済のたびに手数料がかかってしまいます。これはちょっと残念な仕組みと言わざるをえませんね。

振り込み返済を利用すれば、24時間いつでもスマホやパソコンから好きな金額を返済することができ、しかも手数料もかかりません。インターネットバンキングを利用している人は振り込みによる返済が絶対にお得でしょう。

返済シミュレーション

返済シュミレーション

VIPローンカードで10万円を借りた場合に、実際に適用される16.8%という金利での返済シミュレーションを見てみましょう。オリックス・クレジットカードローンでは2種類の返済方式が用意されており、それぞれ月々の返済額が異なります。

10万円を16.8%で借りた場合

返済方式 返済期間 返済総額 金利分
残高スライド式
(月々1万円の返済)
11ヶ月 108,486円 8,486円
元利込定額リボルビング返済
(月々1万5千円の返済)
8ヶ月 105,712円 5,712円

10万円程度ではそれほど差がないと感じる人もいるでしょう。50万円を借りた場合であればどうなるでしょうか?

50万円を16.8%で借りた場合

返済方式 返済期間 返済総額 金利分
残高スライド式
(月々1万円の返済)
87ヶ月 865,927円 365,927円
元利込定額リボルビング返済
(月々1万5千円)
46ヶ月 678,204円 178,204円

返済期間と返済金利分が、ほぼ2倍に差が開いていますね。このように、月々の返済額が5000円少なくなるだけで、返済期間は大幅に伸び、それにともない返済総額もかなり増えてしまうのです。

少しでも毎月の返済額を増やすことで、将来の自分を苦しめないようにしたいですね。

まとめ

金利、借入・返済方法、優待特典など、様々な面からオリックス・クレジットカードローンの魅力について解説してみました。

オリックス・クレジットカードローンの欠点をあげるならば、ATM返済の際に毎回手数料がかかってしまう点と、銀行系に比べればちょっと高い16.8%という金利ぐらいです。

WEB完結する申し込み&即日融資といった、現代のカードローンに求められるサービスはきちんと抑えた上で、銀行系・消費者金融系カードローンにはないレンタカー割引、Pontaポイントバックなどの優待特典が付いてくる。

これこそがオリックス・クレジットカードローンの真骨頂なのです。

最近のカードローンはどこも似たり寄ったりになりつつあり、どれを選んだらいいのかわからなくなるぐらい横並びです。

そんな中、キラリと光る特徴を兼ね備えたオリックス・クレジットカードローンに、少しでも興味を抱いた人はぜひ一度申し込んでみてはいかがでしょうか?

融資スピード?無利息?
損しないカードローンを見つけるカンタンな方法

お金が必要でも、カードローンを適当に選んでしまうのは怖いですよね。

  • 必要なタイミングで融資を受けられなかったらどうしよう
  • 思ったよりも利息が多くなって返せなくなったらどうしよう

など、さまざまな不安があるでしょう。

実際、適当に選んでしまうと失敗する可能性があります。 カードローンの特徴は商品によってさまざまで、「全員が満足するカードローン」はないのです。

だからこそ、希望に合った1枚をしっかり選ぶ必要があります。

後悔しないためにも、不安な方は一度≪検索≫することをオススメします。

自分に合ったカードローンをカンタン検索

カードローンやお金のことに悩んだら、プロに相談!

ご相談は、無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。

弊社都合で誠に申し訳ございませんが、下記の点について、あらかじめご了承の上お問い合わせください。

  • お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることがございます。
  • お問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。
  • 弊社では直接のお申込を承っておりません。
    各サービスの詳細や、返済等についてはサービス事業者に直接お問い合わせください。

主なサービスの問い合わせ
プロミス:0120-24-0365
アイフル:0120-201-810
アコム :0120-07-1000

お名前 
メールアドレス 
お問い合わせ内容
  • 金融庁について
  • 日本信用情報機構のJICCについて
  • 指定信用情報機関のCICについて
  • 貸金業法について
  • 消費行動診断・家計管理診断
  • 一般社団法人 全国銀行協会