最終更新日:公開日:2017年04月27日

選べる2種類の宮崎銀行カードローンの特徴と注意点とは

2018年1月より審査が厳格化され、「銀行が扱うカードローン」はすべて即日審査・即日融資ができなくなりました。これに伴い、“正しい情報”への修正を進めておりますが、まだ完全ではありません。もし本記事で「銀行カードローンで即日審査・融資が可能」という内容が含まれていても、2018年1月からは「不可能」です。ご注意ください。

宮崎県の指定金融機関である宮崎銀行は、地元で信用が高く「みやぎん」の愛称で多くの人に親しまれている銀行です。店舗は宮崎県のほか、鹿児島県や大分県、熊本県や福岡県にあり、その他大阪府や東京都にも支店を置いています。

この宮崎銀行で利用できるカードローンには、「おまかせくん」と「SaKuLa」があります。「おまかせくん」は宮崎銀行の口座がなくても気軽に申し込みができますし、「SaKuLa」は普段から宮崎銀行を利用している人なら、いつもの銀行で安心して融資を受けられるのです。

今回は、この2つのカードローンについてスペックを比較していきます。

選べる2種類の宮崎銀行カードローンについて徹底比較

宮崎銀行カードローンはどんなローン?

宮崎銀行が提供するカードローン「おまかせくん」と「SaKuLa」は、それぞれに特徴を持っており、利用の仕方に合わせて選ぶことができます。
それぞれの特徴は以下に挙げるようなものがあります。

宮崎銀行カードローン「おまかせくん」の特徴

「おまかせくん」は、宮崎銀行の口座がなくても申し込みOKのカードローンです。宮崎銀行の口座を持っていれば、銀行ホームページからWEB完結型の申し込みを利用できて便利です。

また、パートやアルバイトだけではなく、配偶者に安定した収入がある専業主婦や年金受給者も利用が可能です。

あなたの希望に合っている?
「馴染みある地元の宮崎銀行だから」で決めないで!

地元銀行という安心感だけで選ぶと、「急いでいるのに、お金を借りるまでに時間がかかった」「大手銀行の方が低金利だった」「支店数が少なく、働きながら窓口に行きにくい」といった不便さが生じてしまいます。もしかしたら、ほかにもっと最適なカードローンがあるかもしれません。

▶あなたのニーズに応えるカードローン

カードローンは借金なので、できるだけニーズに合った1枚を選びましょう。

あなたの希望は? おすすめの1枚
今日中に借りたい

プロミス

早さより低金利を優先

みずほ銀行カードローン

宮崎銀行カードローン「おまかせくん」の借入限度額と金利

銀行ならではの低金利も魅力で、年6.0%~14.5%となっています。
借入限度額は10万円~500万円です。

借入限度額10万円以下であれば、毎月の返済は2,000円ですから、返済の負担も軽くなるでしょう。
その他、返済についてはインターネットバンキングの利用ができます。

宮崎銀行「おまかせくん」の限度額と金利
限度額 金利
100万円以下 年14.50%
110万円超200万円以下 年12.00%
210万円超300万円以下 年10.00%
310万円超400万円以下 年8.50%
410万円超500万円以下 年6.00%

宮崎銀行カードローン「SaKuLa」の特徴

「SaKuLa」でも、パートやアルバイト、専業主婦の人が申し込み可能です。

また、公共料金やクレジットカード支払いで銀行口座に残高が不足しているときに、自動融資が受けられます。

宮崎銀行カードローン「SaKuLa」の借入限度額と金利

借入限度額は20万円から200万円の間で5つのコースに分かれており、金利は年11.4%~14.6%の間です。

こちらも、インターネットバンキングでの返済ができるようになっています。

宮崎銀行「SaKuLa」の限度額と金利
限度額 金利
20万円~200万円 年11.4% ~ 14.6%

では次の章では、「おまかせくん」や「SaKuLa」が、大手銀行カードローンと比べて優れている点をピックアップします。

大手銀行カードローンとの違いを徹底比較

大手銀行カードローンとの違いを徹底比較

宮崎銀行カードローンと他社カードローン比較一覧
カードローン名 金利 契約極度額 審査スピード 口座開設 毎月の最低返済額 提携ATM
利用手数料
宮崎銀行カードローン「おまかせくん」 6.0%~14.5% 最大500万円(WEB完結サービス利用の際は最大200万円) 不要 2,000円 原則有料
(108円~216円)
みずほ銀行カードローン 年2.0%~14.0%※(※1) 最大800万円 必須
(同時申込可)
10,000円 原則有料
(108円~216円)
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5% 10万~800万円 不要 2,000円 原則無料
三菱UFJ銀行カードローン
「バンクイック」
1.8%~14.6% 最大500万円 不要 1,000円 無料
りそな銀行カードローン
「プレミアムカードローン」
3.5%~12.475% 最大800万円 必須 10,000円 有料
(108円~216円)
りそな銀行カードローン
「クイックカードローン」
9.0%~12.475% 最大200万円 必須 10,000円 有料
(108円~216円)
楽天銀行「スーパーローン」 1.9%~14.5% 最大800万円 不要 2,000円 原則無料
イオン銀行カードローン 3.8%~13.8% 最大800万円 不要 1,000円 イオン銀行ATM・コンビニATMは無料

※1.住宅ローンをご利用の場合、みずほ銀行カードローンの金利は年0.5%引き下げとなります。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

※2018年1月より審査が厳格化され、「銀行が扱うカードローン」はすべて即日審査・即日融資が不可となりました。これは宮崎銀行カードローンだけでなく、大手を含む銀行カードローンすべてが対象となります。

大手銀行のカードローンと、「おまかせくん」「SaKuLa」の違いについて比較してみましょう。

「おまかせくん」は、口座がなくても申し込み可能

「おまかせくん」は、宮崎銀行の口座を持っていなくても申し込みすることができます。

大手銀行カードローンの中には、口座開設が必要なものもありますから、その点ではより気軽に利用できるといえるでしょう。

「SaKuLa」は、借入限度額200万円のときの金利が低め

「SaKuLa」の金利は年11.4%~14.6%です。

借入限度額が大きくなるほど金利は低くなりますから、借入限度額の最大である200万円の場合の金利は年11.4%と予想できます。

上記のように、「おまかせくん」「SaKuLa」の優れた点がわかったところで、次はそれぞれの強みと弱みについて解説していきます。

宮崎銀行カードローンの強みや弱みを徹底比較

宮崎銀行カードローンの強みや弱みを徹底比較

こちらでは「おまかせくん」と「SaKuLa」のそれぞれの強みと弱みを比較します。
まずは、「おまかせくん」の強みと弱みについて見ていきましょう。

宮崎銀行カードローン「おまかせくん」のメリット・デメリット
メリット デメリット
宮崎銀行の口座がなくても申込みOK 宮崎銀行の営業エリア内に在住・勤務の人以外は申込み不可
宮崎銀行の口座を持っていれば申込みをWEB完結できる 申込みのWEB完結は宮崎銀行の口座を持っている人のみ
比較的低金利 WEB完結で申込んだ場合、借入限度額の最大は200万円まで
パート・アルバイト・年金受給者でも申込みOK 65歳以上は申込み不可
専業主婦は配偶者に安定した収入があればOK 即日融資を受けられない

宮崎銀行カードローン「おまかせくん」の強み

「宮崎銀行の口座あり」・「本人確認が完了」であれば、WEBで申し込みが完結できる。

「おまかせくん」の申し込み時に上記の条件を満たしていれば、WEBで申し込みから契約まですべて終了させられます。

このとき、印鑑や各種書類が一切不要ですから、簡単に申し込みを終わらせることができるのです。

「宮崎銀行の口座なし」でも、申し込みは可能

「おまかせくん」では、宮崎銀行の口座がなくても気軽に申し込むことが可能です。

パート、アルバイトだけでなく、専業主婦や年金受給者も申し込み可能

銀行カードローンの中で、パートやアルバイトでも申し込みできるものは増えてきましたが、「おまかせくん」はそれ以外にも、配偶者の収入が安定している専業主婦や年金受給者も利用できます。

他の銀行カードローンの利用条件に合わなかった人でも利用できるのはうれしいポイントでしょう。

インターネットバンキングが利用できる

借入や返済は宮崎銀行ATMや各コンビニATMから可能ですが、毎月の返済以外の随時返済に関してインターネットバンキングを利用できるのは、他の銀行にはあまりない特徴です。

インターネットバンキングの利用は、宮崎銀行の口座を持っている場合となります。

宮崎銀行カードローン「おまかせくん」の弱み

宮崎銀行の営業エリア内に在住している、もしくは勤務している人しか利用できない

宮崎銀行の営業エリアは、九州管内のみであり、このエリア以外に在住、勤務している人は利用することができません。

大阪府や東京都にも支店はありますが、カードローンは対象外となっています。

借入限度額の幅が狭い

宮崎銀行の口座を持っている場合、「おまかせくん」の申し込みはWEBで簡単に行えますが、デメリットとしては借入限度額の最大が200万円までになってしまいます。

もし200万円を超える融資が必要な場合には、使いづらいでしょう。

即日融資が受けられない

先述の通り、「おまかせくん」も「SaKuLa」も銀行カードローンのため、即日融資が受けられないのも弱みです。これは2018年1月以降、大手を含む銀行カードローンすべてが対象となります。

どうしても即日を希望する場合には、消費者金融を検討しましょう。

次に、「SaKuLa」の強みと弱みについて見ていきましょう。

宮崎銀行カードローン「SaKuLa」のメリット・デメリット
メリット デメリット
少額融資が可能 借入限度額ごとの金利が明示されていない
宮崎銀行と取引があれば利用可能 宮崎銀行の口座がないと申込み不可
自動融資機能がつけられる 即日融資を受けられない
WEBで仮申込ができる 債務の返済には利用できない
宮崎銀行ATM・提携ATM・インターネットバンキングで返済可能 61歳以上は申込み不可
パート・アルバイト・専業主婦も申込みOK 場合により所得証明書が必要

宮崎銀行カードローン「SaKuLa」の強み

自動融資機能がついている

自動融資機能とは、公共料金やクレジットカードなどの引き落とし口座を同じにしていれば、引き落とし時に残高が足りない場合に、自動的にその分の金額を振込してくれるシステムです。

この機能によって、支払いや返済忘れがなくなり、安心なのです。
この便利な機能は、宮崎銀行の口座があることを前提としているからこそ実現するものでしょう。

ただし、融資可能な金額は借入限度額の範囲内となります。

インターネットバンキングが利用できる

「SaKuLa」では、「おまかせくん」と同様に返済時にインターネットバンキングの利用が可能です。

宮崎銀行カードローン「SaKuLa」の弱み

宮崎銀行の口座がないと申し込み不可

「SaKuLa」は、基本的に宮崎銀行の口座がないと申し込みができないため、それ以外の人にとっては不便です。

借入限度額ごとの金利が明示されていない

金利については審査によって決定されるため、借入限度額に応じた金利が把握できないというのも不安に感じる要素のひとつでしょう。

他のローンの債務返済に使えない

一般的な銀行カードローンでは、使い道を事業資金以外は自由としていることがほとんどですが、「SaKuLa」はそれに加えて、債務の返済への利用もできないとしています。

「おまかせくん」と「SaKuLa」について、それぞれの強みと弱みが把握できたところで、次の章では、「宮崎銀行カードローン」の利用に向いている人、向いていない人について説明します。

FPが教える宮崎銀行カードローンに向いている人・向いていない人

FPが教える宮崎銀行カードローンに向いている人・向いていない人

では、宮崎銀行カードローンの利用にはどのような人が向いているのでしょうか。
また、向いていない人はどのような人なのでしょうか。

宮崎銀行カードローン「おまかせくん」に向いている人

銀行に行くのが手間な人

「おまかせくん」は、WEBでの申し込みが可能です。そのため、銀行へ行って申し込むのが面倒な人に向いています。

パート、アルバイト、専業主婦

正社員でなくても利用できるため、パートやアルバイトで融資を受けたい人に向いています。
さらに、夫の収入が安定していれば借りられるため、専業主婦にもおすすめです。

宮崎銀行カードローン「おまかせくん」に向いていない人

200万円より多く借りたい人

WEBでの申し込みでは200万円までしか借りられないため、多くの資金を必要とする方には向いていません。

即日融資を受けたい方

即日融資には対応していないため、今すぐお金が必要な方には向いていません。

宮崎銀行カードローン「SaKuLa」に向いている人

宮崎銀行の口座を持っている人

宮崎銀行の口座があれば申し込みも楽になるので、普段から宮崎銀行を利用している人におすすめです。

宮崎銀行カードローン「SaKuLa」に向いていない人

WEBで申し込みを完結させたい人

「SaKuLa」の場合は、WEBで仮申込までしかできないため、WEBで申し込みをすべて済ませたい方には向いていません。

では、次の章では、申し込みに必要な書類について挙げていきます。

宮崎銀行カードローンの必要書類

必要書類

「おまかせくん」と「SaKuLa」の申込みに当たって、どのような書類や持ち物が必要になるでしょうか。

WEB完結で申し込みをした場合は、契約書や本人確認書類などはいりません。

WEB仮申し込みのみの場合は、契約書と合わせて顔写真つきの運転免許証やパスポートといった本人確認書類が必要になります。

宮崎銀行の口座がある場合には、銀行印も必要です。

申込みに必要な書類をそろえたら、次に気になるのはどれくらいの期間で融資が受けられるのかという点でしょう。

「おまかせくん」と「SaKuLa」について、最短で融資を受ける方法や審査にかかる時間を次に説明します。

最短で融資を受ける方法

最短で融資を受ける方法と審査にかかる時間はどれぐらい

ここでは「おまかせくん」と「SaKuLa」を利用するうえで、できるだけ早く融資を受ける方法を紹介します。

即日融資の可否と審査スピード

「おまかせくん」と「SaKuLa」いずれも、即日融資には対応していません。

なぜなら、大手を含むすべての銀行カードローンは、2018年1月より即日審査・即日融資が受けられなくなったからです。これにより、申し込み当日に融資が可能なのは、消費者金融のみとなります。

また、即日審査が不可になったことに伴い、当面の間は審査に要する時間も読めないのが現状です。

加えて、「おまかせくん」と「SaKuLa」で実際に借入ができるのは、原則としてローンカードが届いた後になります。審査に数日、ローンカードが届くまでに約1週間かかるとすると、通常借入れが可能になるまでには、2週間程かかるとみてよいでしょう。

最短で融資を受ける方法と流れ

宮崎銀行のカードローンで最短で融資を受けるには、宮崎銀行の口座を持っていることが必須となります。

既に「宮崎銀行の口座を持っている」場合、ローンカードが届く前に融資を受けることも可能です。その流れを説明しましょう。

最短で融資を受けるには、まず、WEB完結型の「インターネット申し込み」をすることです。インターネット申し込みから、「おまかせくん」を選択しましょう。

宮崎銀行の口座を持っていれば、インターネットで申し込みを完了後、ローンカードが届く前に口座に振込んでもらうことが可能です。

注意点は、WEBで申し込みを行った際に、電話で「融資を急いでいる」旨を伝えることです。これは、融資を急いでいるときには欠かせません。忘れずに行いましょう。

「WEB完結型」で申し込みをする流れは、下記の通りです。

パソコンやスマートフォンから宮崎銀行のホームページにアクセスして申し込みフォームに必要事項を入力し、送信します。

その後、審査結果の連絡が電話であります。その際、「契約内容の確認」をして「急ぎである旨を伝える」契約を完了すれば、比較的早く融資を受けられるでしょう。

審査にかかる時間については、2018年1月以降未定です。最短でも3営業日は必要となるでしょう。「融資までにどれくらいの日数が必要か」を考慮しつつ、早めの申し込みをすることです。そして、申し込み準備が完了したら、事前審査に申し込みましょう。

宮崎銀行の店舗・ATMをお探しの方

全国に設置された宮崎銀行の店舗やATMを下記のMAPから探すことができます。
最寄りの店舗を知りたい方は、都道府県から検索してみてください。

北海道

  • 北海道

東北

  • 青森
  • 岩手
  • 宮城
  • 秋田
  • 山形
  • 福島

関東

  • 東京
  • 神奈川
  • 千葉
  • 埼玉
  • 茨城
  • 栃木
  • 群馬

甲信越・北陸

  • 山梨
  • 長野
  • 新潟
  • 富山
  • 石川
  • 福井

東海

  • 愛知
  • 静岡
  • 岐阜
  • 三重

近畿

  • 大阪
  • 兵庫
  • 京都
  • 滋賀
  • 奈良
  • 和歌山

中国

  • 岡山
  • 広島
  • 鳥取
  • 島根
  • 山口

四国

  • 愛媛
  • 香川
  • 徳島
  • 高知

九州・沖縄

審査を通りやすくするコツ

審査に通りやすくするコツ

宮崎銀行のカードローンの審査に通過するには、それぞれのカードローンの利用条件を満たしていることが前提となるでしょう。

「おまかせくん」は宮崎銀行の口座がなくても申し込みできますが、年齢の上限が65歳未満であるなどの条件があります。

「SaKuLa」は宮崎銀行と取引あることのほか、年齢制限の上限は60歳以下であることも注意が必要です。

その他、銀行カードローンの審査ではどこでも言えることですが、安定した収入があることや、他のカードローンを利用していないこと、過去に完済したカードローンやクレジットカードの返済の遅延がないことなどもポイントです。

また、申し込みの際には借入希望額を少し抑えめにしておくことも、審査に通りやすくするコツです。

次の章では、「おまかせくん」と「SaKuLa」の返済方法について見ていきましょう。

宮崎銀行カードローンの返済方法

返済方法イメージイラスト

こちらでは、「おまかせくん」と「SaKuLa」の返済方法や利用できるATMについて見ていきます。

「おまかせくん」の返済方法と期日

「おまかせくん」の返済について、宮崎銀行の銀行口座を持っている場合は、口座からの自動引き落としとATMでの返済を選択することができます。

WEB完結型の申し込みをした場合は自動引き落としのみ、口座なしで契約した場合はATM返済のみです。

尚、自動引き落としの場合は、毎月10日(この日が休日の場合は翌営業日)に定額が引き落とされます。

「SaKuLa」の返済方法と期日

「SaKuLa」の場合は銀行口座から自動引き落としされることになります。

口座からの自動引き落としでは、毎月10日(この日が休日の場合は翌営業日)に定額が引き落とされます。

ATM返済では返済期日を毎月10日とし、この日より2週間前から返済が可能です。
この期間以外に返済した場合は毎月の返済とは別の随時返済となります。
また、ATM・インターネットバンキングでの全額返済はできません。

「おまかせくん」「SaKuLa」の返済で利用可能なATM

ATM返済に利用できるのは、定額返済では宮崎銀行ATMに加えてゆうちょ銀行、ローソン、セブン銀行、イーネットの各ATMです。

随時返済をする場合は上記のほかに、インターネットバンキングでの返済もできます。

まとめ

「おまかせくん」と「SaKuLa」の2つから選択できる宮崎銀行のカードローンは、使い方に合わせて便利に利用できます。

宮崎銀行を普段から利用していれば、さらに気軽に利用することができるでしょう。

申込みも簡単ですし、返済方法にインターネットバンキングが使えるなどメリットも多いですから、自分に合ったカードローンを選びましょう。

執筆者情報

スティルイメージ

  • スティル

主婦になってから家計管理に目覚め、FP2級(個人資産相談業務)と日商簿記2級を取得。
現在は主婦のかたわらフリーライターとして、マネーや住まいに関するジャンルを中心に幅広く活動中。
記事ではなるべく専門用語を使わずに、わかりやすく説明するよう心がけている。特技は1円単位まできっちり家計簿を付けること。

融資スピード?無利息?
損しないカードローンを見つけるカンタンな方法

お金が必要でも、カードローンを適当に選んでしまうのは怖いですよね。

  • 必要なタイミングで融資を受けられなかったらどうしよう
  • 思ったよりも利息が多くなって返せなくなったらどうしよう

など、さまざまな不安があるでしょう。

実際、適当に選んでしまうと失敗する可能性があります。 カードローンの特徴は商品によってさまざまで、「全員が満足するカードローン」はないのです。

だからこそ、希望に合った1枚をしっかり選ぶ必要があります。

後悔しないためにも、不安な方は一度≪検索≫することをオススメします。

自分に合ったカードローンをカンタン検索

カードローンやお金のことに悩んだら、プロに相談!

ご相談は、無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。

弊社都合で誠に申し訳ございませんが、下記の点について、あらかじめご了承の上お問い合わせください。

  • お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることがございます。
  • お問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。
  • 弊社では直接のお申込を承っておりません。
    各サービスの詳細や、返済等についてはサービス事業者に直接お問い合わせください。

主なサービスの問い合わせ
プロミス:0120-24-0365
アイフル:0120-201-810
アコム :0120-07-1000

お名前 
メールアドレス 
お問い合わせ内容
  • 金融庁について
  • 日本信用情報機構のJICCについて
  • 指定信用情報機関のCICについて
  • 貸金業法について
  • 消費行動診断・家計管理診断
  • 一般社団法人 全国銀行協会