更新日: 2017年5月26日

みなと銀行カードローン「Qポートネオ」はどんな人に向いている?FPが解説します

突然お金が必要になったとき、カードローンを利用するとATMからすぐにお金を借りることができます。必要なときに備えてあらかじめカードを作っておきたいものですが、たくさん種類があって迷ってしまうのではないでしょうか。

この記事では、みなと銀行カードローンについてご紹介します。大手銀行との違いや、みなと銀行カードローンならではの強みと弱みを見ていきましょう。

みなと銀行カードローン

みなと銀行カードローンはどんなローン?

みなと銀行は兵庫県神戸市に本社を置く銀行です。兵庫県全域と、大阪府、東京都に支店を展開しています。

みなと銀行が提供しているカードローンサービスは「Qポートネオ」という名称です。兵庫県に住んでいなくても、全国各地で申し込むことができます。

借り入れはみなと銀行のATMだけでなく、全国のセブン銀行・ローソン・イーネットのコンビニATMやゆうちょ銀行、イオン銀行のATMが利用できるため、とても便利です。

大手銀行カードローンとの違いを徹底比較

大手銀行カードローンとの違いを徹底比較

大手銀行のカードローンとみなと銀行のカードローンはどう違うのか疑問に思われるのではないでしょうか。正直に言って、大手銀行とみなと銀行のカードローンの内容に大きな差はありません。すなわち、みなと銀行のカードローンも大手銀行と遜色ないサービスを提供していると言えるでしょう。

強いて言えば、みなと銀行カードローンと大手銀行のカードローンでは申し込み方法が少し違います。みなと銀行のほうが、申し込みが手軽なので、条件に当てはまる人は検討してみてください。

まず、みなと銀行カードローンはみなと銀行の口座を持っていなくても手軽に申し込みができます。大手銀行のカードローンの中ではその銀行の口座を持っていないと手続きが煩雑になることがありますが、みなと銀行カードローンはその心配がいりません。

次に、みなと銀行カードローンはパート・アルバイト・専業主婦でも申し込めます。一部の大手銀行のカードローンを利用するためには定職についている必要がありますが、みなと銀行カードローンは満20歳から65 歳の安定した収入がある人ならだれでも申し込みが可能です。ちなみに、専業主婦の場合は夫の職業・収入によって審査されます。

さらに、大手銀行によっては200万円を超えると給与明細・源泉徴収票などの収入証明書が必要ですが、みなと銀行カードローンは申込額300万円を超える場合に収入証明書が必要となります。

みなと銀行カードローンの強みや弱みを徹底比較

みなと銀行カードローンの強みや弱みを徹底比較

大手銀行のカードローンとみなと銀行カードローンに大きな違いはないとはいえ、なんとなく大手のほうが安心と思ってしまう方もいるかもしれません。しかし、みなと銀行にはみなと銀行の強みがあるのです。

みなと銀行カードローンの強みは地元の兵庫県で発揮されます。兵庫県内の主要駅の近くにはみなと銀行のATMが多いです。

みなと銀行カードローンは全国各地のコンビニATMが使えるものの、最低108円の手数料がかかってしまいます。しかし、平日8:45~18:00にみなと銀行のATMを利用すれば無料で借入・返済ができるので、手数料が節約できます。

また、銀行カードローンの中では金利が低めなのも強みといえます。一概には言えませんが、利用限度額によっては大手銀行よりも金利が低くなります。大手銀行は大々的にCMを行うなど広告宣伝費をかけていますが、みなと銀行は広告費といったコストは大手銀行より低いので、金利が低くできると考えられます。

弱みは無料になるATMが少ないという点です。多くの大手銀行のカードローンではATM利用手数料が無料ですが、みなと銀行カードローンはみなと銀行ATM以外だと必ず利用手数料がかかってしまいます。

FPが教える、みなと銀行カードローンに向いている人・向いていない人

みなと銀行カードローンに向いている人・向いていない人

いままで書いてきたとおり、みなと銀行カードローンは兵庫県内に住む人に向いています。みなと銀行のATMを使うことで手数料の節約ができるからです。

さらに、兵庫県内で勤務している人のほうが審査に通りやすい可能性があります。たとえば勤務先がみなと銀行と取引のある兵庫県内の企業だとすると、みなと銀行からその勤務先への信頼があることから、申込者に対する信頼も上がることでしょう。

逆に、兵庫県外に住む人にとってはみなと銀行カードローンを選ぶ決め手に欠けるかもしれません。その場合は住んでいる地域の銀行や、大手銀行のカードローンを検討してみると良いでしょう。

即日で借りるための流れと必要書類

syorui2

カードローンのためにはカードローン専用のカードが必要です。

みなと銀行カードローンでは、カードを即日発行してもらうことはできません。しかし、一定の条件を満たす人に限り、カードの発行前に振り込んでもらえる方法が存在します。

みなと銀行カードローンの申し込みの流れについて確認してみましょう。

みなと銀行カードローンの申し込み方法

みなと銀行カードローンは、24時間365日申し込み可能です。申し込み方法はインターネット、電話、郵送、FAXの4通りがあります。

インターネット申し込みは簡易申込と通常申込の2種類があります。
簡易申込は6項目のみの入力で、折り返し担当者から電話がかかってきます。入力する6項目とは、氏名、生年月日、性別、自宅電話番号、連絡先電話番号、連絡希望日です。一方、通常申込は入力項目が多いものの、インターネット上で完結するのでおすすめです。

申し込み後、転送不要の普通郵便で契約書が送られてくるので、必要事項を記入して返送します。無事契約が済んだら、転送不要の簡易書留でカードが届きます。郵便物の差出人にはみなと銀行(事務集中室)と書かれるので、カードローンということはわかりません。

みなと銀行の店舗・ATMをお探しの方

全国に設置されたみなと銀行の店舗やATMを下記のMAPから探すことができます。
最寄りの店舗を知りたい方は、都道府県から検索してみてください。

北海道

  • 北海道

東北

  • 青森
  • 岩手
  • 宮城
  • 秋田
  • 山形
  • 福島

関東

  • 東京
  • 神奈川
  • 千葉
  • 埼玉
  • 茨城
  • 栃木
  • 群馬

甲信越・北陸

  • 山梨
  • 長野
  • 新潟
  • 富山
  • 石川
  • 福井

東海

  • 愛知
  • 静岡
  • 岐阜
  • 三重

近畿

中国

  • 岡山
  • 広島
  • 鳥取
  • 島根
  • 山口

四国

  • 愛媛
  • 香川
  • 徳島
  • 高知

九州・沖縄

  • 福岡
  • 佐賀
  • 長崎
  • 熊本
  • 大分
  • 宮崎
  • 鹿児島
  • 沖縄

審査を通りやすくするコツ

審査を通りやすくするためには、書類に必要事項をきちんと記入することが重要です。当たり前のことだと思われるかもしれませんが、入力漏れがあったり、記載内容が間違っていたりすると、審査に時間がかかってしまいます。

申込者の勤務先に在籍確認の電話がかかってくることもあります。担当者の個人名で電話してくるので、みなと銀行カードローンに申し込んだことはわかりません。本社の代表番号だと在籍確認に時間がかかってしまうので、自分の勤務している部署の電話番号を書くようにしましょう。

最短融資の方法と審査にかかる時間はどれぐらい

最短融資の方法と審査にかかる時間はどれぐらい

審査結果は最短で申し込みから1時間以内に回答があります。ただし、申し込みの時間帯や混雑状況によっては翌営業日になるかもしれません。

審査が下りたら2日程度で契約書が送られてくるので、必要事項を記入して返送します。契約書がみなと銀行に到着してから2営業日でカードが発送され、到着まで2日程度かかるため、申し込みからカードが手元に届くまでは最短で1週間程度でしょう。

通常はカードを手に入れてはじめて借り入れができるようになります。しかし、みなと銀行に本人名義の普通預金口座がある場合には、契約書と共に専用の振込依頼書を返送することで、カード発行前に振り込んでもらうことが可能です。

みなと銀行カードローンの返済方法

返済は専用ローンカードを使い、ローン口座へ直接入金します。みなと銀行のATMをはじめ、セブン銀行、ローソン、イーネットのコンビニATM、その他提携金融機関やゆうちょ銀行、イオン銀行のATMで利用できます。ただし、みなと銀行のATM以外は手数料がかかるので注意してください。

みなと銀行カードローンでは約定返済と随時返済の2種類があります。約定返済は毎月7日で、前月25日~当月7日が入金期間です。随時返済では、約定返済のほかに利息金額以上の希望金額を随時返済できます。

約定返済額は利用残高に応じて決まっています。たとえば利用残高が50万円以下なら、約定返済額は10,000円です。50万円超~100万円以下は20,000円、100万円超~200万円以下は30,000円というふうに上がっていき、上限は700万円超~800万円以下の約定返済額90,000円です。ただし利息金額が約定返済額を超える場合は、利息金額が約定返済額になりますので注意しましょう。

まとめ

みなと銀行カードローンについて理解していただけたでしょうか。地方銀行ならではの特徴を持っていることから、兵庫県内在住・在勤の人は検討する価値があるでしょう。

カードローンはとても便利ですが、借りたお金は必ず返さなくてはなりません。無理なく返済できる金額かどうか考えたうえで、計画的に利用してくださいね。

電話確認実施内容

みなと銀行銀行カードローンセレカは全国から申し込み可能でしょうか。
はい、全国からお申込みいただけます。
申し込み当日に店舗でローンカードを受け取りすることはできますか?
申し訳ございません。ローンカードは郵送のみの取扱いとなっております。
運転免許証以外で申し込む場合、どのように手続きすればよろしいでしょうか。
運転免許証がない場合、住所と現住所が同じであれば保険証をお持ちください。
住所と現住所が異なる場合には、2重線を引いて余白に現在お住まいの住所を記載してください。
運転免許証の住所が現住所と異なる場合、どのように手続きすればいいですか?
運転免許証での確認ができかねるため、保険証の裏面を手書きで訂正していただくことで一番早くご対応が可能です。
増額に要する時間はどの程度でしょうか?
まずは電話受付にて5分程度お時間をいただきます。
その後、早ければ即日、遅くとも翌日の対応となり、(申し出の時間帯、当日の混雑具合による)
審査結果をお伝えしたあと、2週間ほどで増額をさせていただきます。
専業主婦や年金収入でも利用可能でしょうか?
はい、可能です。専業主婦でご結婚されている場合には、ご主人様の年収を世帯年収として申告していただきます。ご主人のお名前とお勤め先の内容にて審査致します。その際にご主人のお勤め先に電話での在籍確認はございません。
また、年金収入の方も収入がある方として申し込み可能です。
自宅以外でローンカードを受け取りできますか?
申し訳ございません。自宅への郵送のみとなります。
ローンカードが到着するまでどのくらいの日数がかかりますか?
査結果のご連絡(最短で当日←申込みの時間帯、当日の混雑状況により翌営業日となることも)から契約書発送まで2日程度かかります。
それから契約書をご記入いただき、投函郵送にて到着、到着から2営業日でカード発行し発送致しますので到着まで2日程度かかります。
提携ATMの利用手数料を教えてください。
セブン銀行、ゆうちょ銀行などで利用可能です。
コンビニのATMでは借り入れと返済が可能です。
借り入れのときだけ銀行の出金と同じように手数料がかかります。手数料は利用するATMと時間帯に応じて変わり、だいたい108円から216円と思っていただいてよろしいと思います。詳しくはATM端末と利用時間帯によって異なるのでお答え致しかねます。
利用のATMでご確認ください。

その他、書面のやり取りについて

みなと銀行(事務集中室)という名前で銀行からの郵便物だと言うことだけがわかります。封筒の書面で銀行ローンということがわからないようになっております。

その他、審査について

申し込みご本人がお勤めしている場合には、担当者の個人名で(社名は名乗らない)で在籍確認を致します。

その他、申し込みについて

インターネットで簡単申込みができます。お電話番号とお名前を入力いただき、折りかえしの電話にて20分ほどのお時間がかかります。

インターネット申し込みは、入力する手間がございますが、こちらで完結するのでインターネットが得意な方ならインターネットでのお申込みがおすすめです。)
郵送で申込することも可能です。

執筆者情報

スティルイメージ

  • スティル

主婦になってから家計管理に目覚め、FP2級(個人資産相談業務)と日商簿記2級を取得。
現在は主婦のかたわらフリーライターとして、マネーや住まいに関するジャンルを中心に幅広く活動中。
記事ではなるべく専門用語を使わずに、わかりやすく説明するよう心がけている。特技は1円単位まできっちり家計簿を付けること。

融資スピード?無利息?
損しないカードローンを見つけるカンタンな方法

お金が必要でも、カードローンを適当に選んでしまうのは怖いですよね。

  • 必要なタイミングで融資を受けられなかったらどうしよう
  • 思ったよりも利息が多くなって返せなくなったらどうしよう

など、さまざまな不安があるでしょう。

実際、適当に選んでしまうと失敗する可能性があります。 カードローンの特徴は商品によってさまざまで、「全員が満足するカードローン」はないのです。

だからこそ、希望に合った1枚をしっかり選ぶ必要があります。

後悔しないためにも、不安な方は一度≪検索≫することをオススメします。

自分に合ったカードローンをカンタン検索

カードローンやお金のことに悩んだら、プロに相談!

ご相談は、無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。

お名前 
メールアドレス 
お問い合わせ内容
  • 金融庁について
  • 日本信用情報機構のJICCについて
  • 指定信用情報機関のCICについて
  • 貸金業法について
  • 消費行動診断・家計管理診断
  • 一般社団法人 全国銀行協会