• 更新日: 2017年9月14日

消費者金融で借りるならどこがおすすめ?お金のプロ(FP)があなたに合った消費者金融を教えます!

「お金がないから、消費者金融の利用を検討している」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
消費者金融と一口にいったとしても多数の業者が存在しており、事業規模でいえば大手から中堅まで、さまざまな選択肢があります。

しかしながら、「消費者金融にはそれぞれどんな違いあるの?」「自分に合った消費者金融が知りたい」など、消費者金融についてお悩みの方も多いと思います。
この記事では、消費者金融に関するありがちな疑問を徹底解決していきます。

消費者金融

消費者金融とは?

消費者金融とは、個人の信用をもとに貸付を行う、小口貸金業者のことです。
俗称では、「サラ金」などと呼ばれるケースもありますが、正式名称は消費者金融となっています。

大手消費者金融には、「アコム」「アイフル」などが含まれており、テレビCMや車内広告などで目にする機会も多いでしょう。
消費者金融は、原則無担保無保証人で貸付を行います。したがって、本人に収入さえあれば利用することができます。

大手と中堅消費者金融の違い

大手消費者金融と中堅消費者金融の違いは、事業規模が大きく異なります。
大手消費者金融であるアコムの従業員数は5,000人を超えており、大手企業としての事業規模を誇ります。
対して中堅消費者金融では、従業員数100名以下の場合が多いです。したがって、やはり信用度でいえば大手消費者金融のほうが有利だといえるでしょう。

メリット・デメリット

消費者金融のメリット・デメリットを簡単にまとめてみました。

<消費者金融のメリット・デメリット>
メリット デメリット
融資までのスピードが早い 金利が高い
他の融資手段に比べ、審査の難易度が低め 提携ATMの手数料が原則有料
審査にかかる時間が短い 総量規制の対象なので、年収が低いと借入が著しく制限される
顧客の事情に応じて融資してもらえる 便利さからついつい借りすぎてしまう
即日での融資も可能 住宅ローンなどの審査に影響する場合がある
申し込み方法が多彩 借入期間が長くなると利息がかさむ
業者によっては無利息サービスがある 複数の消費者金融から借入すると、多重債務に繋がる恐れがある

消費者金融のメリットの中で特に注目すべきポイントは、「審査スピードが速く即日融資も可能」という点でしょう。
消費者金融の大きな特徴として、手続きスピードの速さがあります。では、なぜ消費者金融は他の融資方法よりも手続きスピードが速いのでしょうか。
それは、「スコアリングシステム」を導入しているからです。
スコアリングシステムとは、利用者が入力する項目ごとに配点を行い、合計点数によって審査の結果を自動的に総合判断する仕組みのことです。
スコアリングシステムの導入により審査スピードが格段に素早くなり、結果的に融資までの時間が短くなっているのです。この点は、消費者金融独自のメリットでしょう。

対してデメリットは、「利息などの返済コストの高さ」でしょう。消費者金融は全体的に金利が高く設定されている上に、提携ATM手数料のほとんどが有料です。このようなコストの高さは、消費者金融の大きなデメリットでしょう。

消費者金融とカードローンの違いは?

消費者金融とカードローンの違いは、結論からいうとありません。なぜかというと、

  • 消費者金融…業者の種類
  • カードローン…商品名称

となっているため、業者のホームページにおいては、「消費者金融が取り扱っているカードローン」という扱いになっているからです。
ただし、利用者の間で、消費者金融=キャッシング、カードローン=銀行が取り扱っている融資商品、というように分類されている場合もありますが、正確には消費者金融と銀行のどちらもカードローン商品を取り扱っています。

また、ありがちな疑問として、「キャッシングとカードローンは何がちがうの?」というポイントがありますが、現在のキャッシング商品とカードローン商品はほぼ同様の取扱いです。
従来は、ローンカードを発行しない融資商品=キャッシング、ローンカードを発行する融資商品=カードローン、というように分類されていましたが、現在はどちらもローンカードを発行する商品がほとんどです。
したがって、現在のキャッシングとカードローンに大きな違いはない、と捉えておくと良いでしょう。

各それぞれのメリット・デメリット

消費者金融=キャッシング、カードローン=銀行カードローン、と捉えた場合に、消費者金融とカードローンにはメリット・デメリットがあります。それぞれ簡単にまとめてみましょう。

消費者金融のメリット・デメリット

【メリット】

  • 即日で融資を受けられる
  • 申込方法が豊富
  • 業者によっては無利息サービスを取り扱っている

【デメリット】

  • 金利が高い
  • 長期の借入には適していない
  • 利息がかさみやすい
カードローンのメリット・デメリット

【メリット】

  • 金利が低い
  • 提携ATMの手数料が無料の場合もある
  • 中長期的に融資を受けても利息がかさみにくい

【デメリット】

  • 無利息期間の取扱いがない
  • 融資までに時間を要する
  • 審査にかかる時間が長い

銀行が取り扱うカードローンと比較した場合、消費者金融のメリットは、「即日での融資にも対応可能」「業者によっては無利息サービスを利用できる」という点でしょう。
銀行カードローンの場合、即日での融資には対応できない場合がほとんどです。その点、消費者金融であれば即日での融資にも対応可能ですし、ローンカードも無人契約機で受け取ることができます。
このような「手続きのスムーズさ」は、銀行カードローンにはない強みでしょう。

カードローンについて詳しく知りたい方は「カードローンとは?初めての方でも安心な基礎知識」を参考にしてみてください。

加えて、無利息サービスを取り扱っている業者のほとんどは消費者金融です。
したがって1ヶ月以内などの短期融資の場合、低金利な銀行カードローンよりも消費者金融のほうが、利息を節約できる場合もあるのです。
このような点も、消費者金融の大きなメリットでしょう。

その反面、消費者金融のデメリットは、やはり「金利の高さ」です。
消費者金融の上限金利相場は18%前後と高く、長期間利用してしまうと利息がかさんでしまいます。
この点は、消費者金融の大きなデメリットだといえます。

逆に銀行カードローンのメリットは、「金利の低さ」です。銀行が取り扱うカードローンの上限金利水準は、大体15%前後となっています。したがって、消費者金融が取り扱う商品と比較すると、少なくとも3%前後の金利差が発生するということです。融資商品において3%の金利差は利息に大きく影響しますので、この点は銀行カードローンの大きな利点でしょう。

対して銀行カードローンのデメリットは、「融資までに時間を要する」という点でしょう。銀行が取り扱うカードローンの審査時間は消費者金融よりも長く、基本的に即日融資は期待できません。融資の素早さが特徴である消費者金融と比較すると、銀行カードローンの大きなデメリットだといえます。

消費者金融の一覧を比較

「消費者金融」と一言でいったとしても、多数の業者が存在しています。ここでは、大手消費者金融と中堅消費者金融をそれぞれ一覧にまとめ、判別しやすいように情報を集めておきたいと思います。
消費者金融の利用を検討している方は、こちらを参考になさってください。

大手消費者金融機関一覧

大手消費者金融の商品内容一覧は下記のとおりです。

<大手消費者金融の商品内容一覧>
業者名 アコム アイフル プロミス モビット
金利 3.0%~18.0% 4.5%~18.0% 4.5%~17.8% 3.0%~18.0%
審査時間 最短30分 最短30分 最短30分 最短30分
限度額 800万円 500万円 500万円 800万円
即日融資 可能 可能 可能 可能
無利息サービス あり あり あり なし

中堅消費者金融一覧

中堅消費者金融の商品内容一覧は下記のとおりです。

<中堅消費者金融の商品内容一覧>
業者名 金利 審査時間 限度額
ライフティ 8.0%~20.0% 明記なし 500万円
セントラル 4.8%~18.0% 最短即日 300万円
フクホー 7.3%~18.0% 最短即日 200万円
アロー 15.0%~19.94% 最短45分 200万円
ニチデン 7.3%~17.52% 最短10分 50万円
関東信販 13.98%~19.98% 最短即日 200万円
スカイオフィス 15.0%~20.0% 最短30分 50万円
フタバ 14.959%~17.950% 最短即日 50万円
SGファイナンス 6.0%~18.0% 最短30分 500万円
ベルーナノーティス 4.5%~18.0% 最短30分 300万円
ダイレクトワン 4.9%~20.0% 最短即日 300万円
アプラスパーソナルローン 6.9%~18.0% 最短即日 300万円
アルコシステム 15.0%~20.0% 最短即日 50万円

FPがおすすめする消費者金融

消費者金融には多数の業者が存在していますが、一概に全ての商品をおすすめすることはできません。
なぜかというと、ご自身のニーズによって適した商品が異なるからです。
ここでは、消費者金融を検討している方のニーズ別に、おすすめできる消費者金融をご紹介していきたいと思います。

金利が低い

結論からいえば、消費者金融の金利水準は全体的に高めで、業者間による金利差はほとんどありません。
このような背景から、「発生する利息を少なくできる業者」をご紹介したいと思います。
それは、以前まで消費者金融として運営されていた「新生銀行カードローンレイク」です。新生銀行カードローンレイクの特徴をまとめると、下記のとおりです。

  • 融資限度額500万円
  • 金利4.5%~18.0%
  • 2種類の無利息サービスがある
  • 「即日振込み」サービスがある
  • 提携ATM手数料が全て無料

新生銀行カードローン レイク

融資上限額 金利 審査時間 即日融資
500万円 4.5%~18.0% 申込み完了画面に表示 公式サイト参照
担保・保証人 自動審査 パート・アルバイト お試し審査
不要 ×

お申し込み時にご用意いただく書類

運転免許証(運転免許証をお持ちでない方は、有効期限内または現在有効な健康保険証など)
源泉徴収票など、収入を証明する書類(契約額に応じて、銀行が必要とする場合)

新生銀行カードローン レイクの公式サイトへ


上記の中で特に利息の節約に役立つのは、「2種類の無利息サービスがある」という点でしょう。新生銀行カードローンレイクの無利息サービスは、

  • 契約日の翌日から30日間無利息
  • 契約日の翌日から5万円まで180日間無利息

の2通りの中から、ご自身に合った期間を選択することができます。この無利息サービスは非常に優秀で、利用者にとって大きなメリットがあります。
上限金利は消費者金融と同等の商品ですが、無利息サービスを上手く活用することで、低金利な消費者金融よりも効率的に利息を削減することができます。
「金利の低い消費者金融で利息を節約したい」という方は、新生銀行カードローンレイクの利用を検討しましょう。

低金利で借りられるカードローンをお探しの方は、「低金利で安心!」を参考にしてみてください。

即日で借りられる

即日で融資を受けられる消費者金融は非常に多く、「1社に絞るのは難しい」とお悩みの方もいらっしゃると思います。
そこで、ここではより高い確率で即日融資を受けられる消費者金融を1つピックアップしてご紹介したいと思います。
その消費者金融とは、「アコム」です。アコムの特徴を簡単にまとめると下記のとおりです。

  • 実質年率3.0%~18.0%
  • 最短審査時間が30分と非常に早い
  • 初めてアコムを利用する方は30日間の無利息サービスを利用できる
  • 即日での振込融資にも対応可能
  • 無人契約機の設置台数が非常に多い
  • 土日祝日でも審査に対応している

アコム

融資上限額 金利 審査時間 即日融資
1万円~800万円 3.0%~18.0% 最短30分 最短1時間
担保・保証人 自動審査 パート・アルバイト お試し審査
不要 ×

お申し込み時にご用意いただく書類

・本人確認書類として運転免許証等
・下記の収入証明書による年収確認が必要な場合は、源泉徴収票など
・アコムのご利用限度額が50万円を超える場合
・アコムのご利用限度額と他の貸金業者からのお借入の合計額が100万円を超える場合
・既にご提出済みの収入証明書が3年以上経過している場合

アコムの公式サイトへ


上記のうち、即日融資を受ける上で大きなメリットになるのは、「最短審査時間が30分」「無人契約機の設置台数が多い」という点でしょう。アコムは大手消費者金融なだけあって、手続きや審査のスピードも非常に速いです。

また、テレビCMにおいても審査の早さをPRしていますので、消費者金融の中でも急ぎの融資に特化している会社だといえるでしょう。

大手消費者金融の大きなメリットとして、無人契約機があります。アコムの無人契約機設置台数は消費者金融全体で見てもトップクラスで、急な出費で申込当日にローンカードを発行したい場合でも無人契約機を活用しやすいでしょう。
このような理由から、「どうしても即日融資を受けたい」という場合は、アコムの利用を検討してください。

即日で借りられるカードローンをお探しの方は「本日中に借りたい!」を参考にしてみてください。

無職でも借りられる

結論からいうと、無職でも借入できる消費者金融はありません。
なぜかというと、貸金業法によって、「利用者年収の3分の1以下の貸付が限度」と規制されているからです。

万が一、消費者金融が返済能力のない利用者に対して貸付を行った場合、業者側が行政処分などのペナルティを負うことになってしまいます。
消費者金融にとって行政処分は非常にリスクが高いため、無職の利用者に対しては貸付を行わないのも当然だといえるでしょう。

未成年でも借りられる

消費者金融では、原則として未成年に対しての貸付を行っていません。
なぜかというと、20歳未満の未成年に対して貸付を行う場合、親権者の同意が必要になるからです。

万が一親権者の同意なく貸付を行った場合は業者側の責任となり、契約は無効になってしまいます。

貸付側から見るとこのようなリスクは避けたいため、ほとんどの消費者金融では未成年に対して融資を行っていないのです。
未成年でお金に困ってしまった場合は、まず親権者に相談するようにしましょう。

専業主婦でも借りられる

専業主婦の場合、貸金業法で定められている「総量規制」の例外貸付に該当します。
総量規制の例外貸付において専業主婦は、「配偶者の年収と合算して3分の1以内であれば借入可能」とされています。

ただし、専業主婦が融資を受ける際には、「配偶者の同意書」「配偶者との婚姻関係を証明する書類(住民票や戸籍謄本など)」が必要になります。

また場合によっては、配偶者の年収証明書類も併せて必要になる可能性もあるでしょう。

このような背景がある都合上多くの消費者金融では、専業主婦に対して融資を行っていません。
したがって専業主婦でお金を借りたい場合は、消費者金融以外の手段を検討したほうが良いでしょう。
ちなみに、銀行カードローンは貸金業法の対象外であるため、商品によっては専業主婦でも融資を受けられる場合があります。
そちらも併せてチェックしてみましょう。

審査が甘い消費者金融はある?

消費者金融の審査基準は、業者によって大きく異なります。
もちろん、審査基準は社外秘ですので明確な基準を定めることができませんから、「審査が甘い」という消費者金融は存在していない、ということになります。
ただし、「多くの方が審査に通過している消費者金融」は存在しています。
多くの方が審査に通過している消費者金融とは、「アイフル」です。
アイフルの特徴は下記のとおりです。

  • 実質年率4.5%~18.0%
  • 最短審査時間が30分と非常に早い
  • お急ぎの方は電話連絡を入れることで、審査を優先してもらえる場合がある
  • 初めてアイフルを利用する場合、30日間の無利息サービスを活用できる
  • 「成約率」が42~47%前後と非常に高い

アイフル

融資上限額 金利 審査時間 即日融資
500万円 4.5%~18.0% 最短30分 最短1時間
担保・保証人 自動審査 パート・アルバイト お試し審査
不要 ×

お申し込み時にご用意いただく書類

・本人確認書類(原則、運転免許証。交付を受けていない方はその他身分証明書等)
・50万円を超える契約を行う場合、)
・他社を含めたお借入総額が100万円を超える場合)
・就業状況の確認等、審査の過程でご提出をお願いする場合は源泉徴収票など収入証明書類

アイフルの公式サイトへ


上記のうち特に重要なポイントは、「成約率が高い」という点です。成約率とは、申込された人数に対して「どの程度の割合で成約したのか」を表した数値です。
したがって、成約率が高ければ高いほど、より多くの割合で審査に通過して成約していることになります。
当然ながら審査基準が厳しい場合は成約率も低くなりますので、アイフルは多くの方が審査に通過している消費者金融、だといえるのです。
スムーズに審査に通過したい方は、アイフルを優先的に検討することをおすすめします。

在籍確認が無い消費者金融はある?

結論からいえば、在籍確認の無い消費者金融はまずありません。
在籍確認とは、貸付業者による勤務事実確認手続きのことです。

貸付業者が利用者の勤務先へ直接電話連絡を入れ、本当に在籍しているかどうかの確認を行います。

消費者金融が在籍確認を行う際は利用者のプライバシーに配慮するため、基本的に担当者の個人名での電話連絡となります。
したがって、在籍確認で周囲に借金がバレてしまう可能性は非常に低いでしょう。

ただし、中には「在籍確認を絶対に避けたい」という方もいらっしゃると思います。
もちろん先述したように、在籍確認のない消費者金融はまずありませんが、別の手段で在籍確認を完了してもらえる消費者金融は存在しています。
その消費者金融とは、大手消費者金融の「モビット」です。モビットの特徴は下記のとおりです。

  • 実質年率3.0%~18.0%
  • 最短審査時間30分と非常に早い
  • カードレスキャッシングも可能
  • 審査内容によっては、書類での在籍確認に応じてもらえる
  • 即日融資可能

上記のうち重要なポイントは、「審査内容によっては、書類での在籍確認に応じてもらえる」という点です。
電話連絡ではなく書類での在籍確認であれば、勤務先にバレてしまうことはないでしょう。
ただし、全てのケースで書類での在籍確認に応じてもらえるわけではありませんので、しっかりと事前に相談するようにしましょう。

消費者金融でお金を借りる流れ

消費者金融でお金を借りる流れは業者によって異なりますが、大まかにまとめると下記のような流れで手続きを進めます。

  1. 商品によって定められた申し込み方法で審査を申し込む
  2. 審査の実施
  3. 在籍確認の実施
  4. 審査結果の回答
  5. 必要書類の提出
  6. 契約手続き
  7. ローンカードの発行または振込で融資を受ける

審査で落ちないための注意点

消費者金融の審査で落ちないためには、

  • クレジットカードや住宅ローンなどの返済を滞納しない
  • 他社の借入件数、借入残高を偽らない
  • 複数の消費者金融に同時申し込みしない
  • 総量規制枠を把握しておく
  • 勤続年数が最低6ヶ月以上の状態で申し込みする

などのポイントがあります。消費者金融に申し込みする前に、必ずチェックしておきましょう。

お金を借りたあとの返済方法

消費者金融でお金を借りた後の返済方法は商品によって異なりますが、

  • 銀行振込
  • 自社ATM
  • 提携ATM
  • コンビニ
  • 口座振替

などの手段を利用できる場合が多いです。ご自身にとって都合の良い返済手段を利用できるかどうか、申し込み前に確認しておきましょう。

延滞してしまった場合の対処法

消費者金融の返済を延滞してしまった場合は、できる限り早急に消費者金融会社へ連絡を入れましょう。
なぜ連絡を入れるのかというと、状況によっては返済額の減額や返済期日変更などの対応を取ってもらえる場合があるからです。

また、延滞したまま消費者金融に連絡せず放置した場合、裁判手続きに移行されてしまう可能性があります。

裁判手続きになってしまうと、給料の差し押さえなど強制執行を受ける可能性があるため、まずは消費者金融へ相談することが非常に重要なのです。
延滞してしまった際は、いち早く連絡を入れるようにしてください。

延滞してしまった場合の対処法を知りたい方は「カードローンの遅延損害金が発生してしまった場合の対処法を徹底解説」を参考にしてみてください。

取り立てなど実際にあるのか?

延滞してしまった場合、取り立ては行われます。

ただし、テレビドラマ等で取り上げられるような脅迫じみたものではなく、電話やハガキ等による督促が主になります。
もちろん、深夜の訪問もありませんので、安心なさってください。

ただし当然ながら、延滞状態を長期継続すると裁判手続きへ移行します。
裁判手続きになってしまうと差し押さえなどの強制執行を受ける可能性がありますので、できる限り早く延滞状態を脱出するようにしましょう。

消費者金融でお金を借りていると住宅ローンの審査に通らない?

消費者金融でお金を借りているからといって、全ての住宅ローン審査に通らないわけではありません。
ただし、住宅ローンの借入可能額に影響する可能性は非常に高いです。

住宅ローンの借入可能額は、年収に対する返済負担額の割合で決定されています。

つまり、既に消費者金融での借入がある場合、返済負担額が高くなり、結果的に住宅ローンで借入できる金額が少なくなってしまうのです。
住宅ローンを組む際は、この点に注意しておく必要があります。

消費者金融でお金を借り返済困難になってしまった場合の対処法

消費者金融でお金を借りて返済困難になってしまった場合、まずは借入先へ連絡し、返済期間や返済額などを交渉してみましょう。
その上で返済できないときは、

  • おまとめ、または借り換え商品を利用する
  • 債務整理手続きを検討する

などの対処法を取る必要があります。それぞれの方法についてご説明しましょう。

おまとめまたは、借り換えについて

おまとめとは、複数の借入を1本化することにより、返済額の減額や利息の削減などを目指す方法のことです。
借り換えとは、より条件の良い契約へ乗り換えすることを指しています。
どちらも元の契約を変更しスムーズに返済できるようにする方法ですので、消費者金融の借金で困っている場合に検討すると良いでしょう。

おまとめや借り換えについて詳しく知りたい方は、

を参考にしてみて下さい。

債務整理や自己破産について

「どうしても借金が返済できない…」というような場合は、債務整理手続きを検討しましょう。
具体的には、自己破産や民事再生などの手続きがあります。
どのような債務整理手続きを取るにしてもメリット・デメリットがありますので、債務整理を専門とする弁護士に一度ご相談されることをおすすめします。

まとめ

消費者金融には多数の業者が存在しており、それぞれ特徴も異なります。しっかり比較検討しつつ、ご自身にとってピッタリの商品を見つけましょう。

執筆者情報

K&T FP事務所

はじめまして。当サイトの執筆を担当している「K&T FP事務所」と申します。どうぞよろしくお願いいたします。当サイトにおいて私は、「正しい情報を必要とする方のお手伝いをしたい」という思いで執筆しています。

カードローンやお金のことに悩んだら、プロに相談!

ご相談は、無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。

お名前 
メールアドレス 
お問い合わせ内容
  • 金融庁について
  • 日本信用情報機構のJICCについて
  • 指定信用情報機関のCICについて
  • 貸金業法について
  • 消費行動診断・家計管理診断
  • 一般社団法人 全国銀行協会