• 更新日: 2017年11月20日

借入で損したくない!借入方法から即日で借入するコツまでの全8項目!

借入で損したくない!借入方法から即日で借入するコツまでの全8項目!

「お金が必要になったけど用意できないので借り入れしたい!」誰しも、人生に何度かはこのような場面に遭遇するものです。しかし、借り入れと言っても無数の方法があります。

当然、借入方法ごとに特徴や注意点なども違うため、利用する前にはしっかりとそうした点を把握しなくてはいけません。

そこで当サイトの出番!借入方法の種類から、特徴、注意点、審査、利息、どのような人に最適なのか、即日融資を受けるコツまで借入に関してのすべてをまとめてみました。

「自分にあった借入方法が知りたい!」、「借入の注意点やコツを知って失敗しないようにしたい!」、「借入に関する知識を身につけて最善の選択をしたい!」という人はぜひ時間をさいてお読みください。

必ずお役に立てること間違いナシです。

借入とは

はじめに借入とは、どのようなものなのかしっかりと理解しておく必要があります。よく理解しないまま借入をしてしまうと、思わぬ失敗やトラブルのもとになります。そのため、借入がどのようなものかしっかり知っておきましょう。

借入とは単純に「お金を他から借りること」を指します。例えば、銀行系カードローン、消費者金融のカードローン、クレジットカードキャッシング、住宅ローン、自動車ローン、教育ローン、ブライダルローンなど全てが「借入」で、そこから借りたお金を「借入金」と呼びます。

また、借入にも審査や返済、増額などの様々なステップがあり、業者ごとにその内容やポイントが異なるため、自分に合ったサービス選びが重要なのです。

「借入=借金」ということ

一般的に「借入=借金」となります。ですので、銀行や消費者金融などの金融機関からお金を借りることが借入となります。つまり、金融機関から現金を直接借りることが借入となるのです。

借入と各ローンの違い

借入と各ローンの違いは基本的にありません。どちらも金融機関からお金を借りることになりますので、借金であることに違いはないです。

カードローンやクレジットカードキャッシングなどの資金使途自由のローンから、住宅ローンなどの特定の目的で借りるローンなども、すべては借入方法のひとつとなります。

融資とは

融資とは金融機関等が借入希望者に対して、お金を貸すことを意味します。そのため、借入とは反対の意味で使用されます。

借入方法の種類や特徴が知りたい!

借入方法の種類や特徴が知りたい!

ここからは借入方法の種類や特徴について解説していきます。借入と一口に言っても、たくさんの方法があり、その特徴はそれぞれ異なります。

特徴によって向き不向きがありますので、自分にはどのような借入方法が最適なのかを把握するようにしましょう。

資金使途に制限がない借入方法を比較

以下の表の借入方法には基本的に資金使途に制限がありません。事業性資金以外なら、生活費やレジャー費用、ショッピングの代金、借り換えなど自由に使うことが可能です。

借入種類 資金使途 特徴
カードローン 基本的に自由 1.8~14.6%
クレジットカードキャッシング 基本的に自由 限度額が低く金利が高い
フリーローン 基本的に自由 借入後は返済のみ

資金使途に制限がある借入方法を比較

以下の表の借入方法は「目的別ローン」と呼ばれ、資金使途に制限があります。

例えば、自動車ローンなら車やバイクの購入費用や修理費用など、自動車関連の費用にしか利用できないなどの決まりがあります。

借入種類 資金使途 特徴
住宅ローン 住宅関連のみ 借入額が大きく金利が低い
自動車ローン 自動車関連のみ 借入額が大きく金利が低い
教育ローン 教育関連のみ 国と民間のローンがある
ブライダルローン 結婚費用関連のみ 借入先によって金利が大きく異なる
トラベルローン 旅行費用関連のみ カードローンやキャッシングよりも低金利
事業者ローン 事業費関連のみ 総量規制の対象外だが全体的に金利が高め

自分の目的に合った借入方法を選ぶ

自分の目的に合った借入方法を選ぶ

前章の解説で借入方法の種類や特徴は、ざっくりと理解してもらえたかと思います。

ここからはさらに掘り下げて、どのような借入方法があなたにマッチしているのかを解説していきます。

資金使途が決まっていない場合

資金使途がとくに決まっていない場合、資金使途が基本自由な以下の3つの借入方法がおすすめです。

「カードローン」で借り入れ

「なるべく早めに借りたい!」というような場合であれば、銀行や消費者金融のカードローンがおすすめです。

これらのカードローンは借り入れまでが非常にスピーディーで、資金使途も事業性資金以外なら原則自由です。中には最短即日融資というカードローンも多くありますので、すぐに借り入れしたいときは最適な借入方法です。

「クレジットカードキャッシング」で借り入れ

「いざというときのお金のピンチに備えたい」というような場合は、クレジットカードキャッシングがおすすめです。

クレジットカードキャッシングとは、クレジットカードの機能のひとつとして、ショッピング枠の中にキャッシング枠をつけられるサービスです。

クレジットカードキャッシングは金利が高いですが、キャッシング機能をつけておけば、いつでもすぐに借り入れできますので急なお金のピンチにもすぐに対応できます。

また、カードローンよりも審査に通りやすいため、「審査に自信がない・・・」という人にもおすすめできます。

「フリーローン」で借り入れ

「カードローンやクレジットキャッシングだと使いすぎてしまうかも・・・」と不安なら、フリーローンがおすすめです。

フリーローンの場合、カードローンやクレジットカードキャッシングとは違い、追加の借り入れができません。一度借入をしたらあとは返済していくのみです。よって、使いすぎてしまう心配はありません。

カードローンやクレジットカードキャッシングよりも金利が低い傾向にある点もメリットです。

資金使途が決まっている場合

「自動車の購入費用を借り入れしたい!」など、明確に用途が決まっている場合は以下のような目的別ローンがおすすめです。

個人利用者の場合

「住宅ローン」で借り入れ

住宅建築や購入、住宅用の土地購入などの費用を借り入れしたいなら、「住宅ローン」を選択しましょう。住宅ローンはその特性から借り入れできる金額が大きく、金利も低めになっています。

ただし、「団体信用生命保険」に加入することが条件であったり、「担保」が必要など申し込みに手間がかかったり、審査も非常に厳しい傾向にあります。

「自動車ローン」で借り入れ

自動車やバイクの購入費用、修理費用などを借り入れするなら「自動車ローン」が最適です。また、金利が下がるのであれば現在利用中の自動車ローンの借り換えとしても最適です。

自動車ローンも住宅ローンほどではないですが、借り入れできる金額が大きく、金利が低い傾向にあります。ただしその分、審査も厳しくなっています。

「教育ローン」で借り入れ

「学費を借り入れしたい!」というなら「教育ローン」がおすすめです。

教育ローンには「公的教育ローン」と「民間のローン」の2種類があります。公的教育ローンは固定金利で民間のローンに比べて金利は低めですが、所得制限などの申込条件がやや厳しめです。それに対して、民間の教育ローンは公的教育ローンより金利は高いですが、申し込みはしやすくなっています。

公的教育ローンの場合、無担保のものと有担保のものがあり、有担保ローンのほうが融資額が大きく、低金利になっています。

「ブライダルローン」で借り入れ

結婚式や披露宴、ハネムーンといったプライダル関連の費用を借り入れするなら、「プライダルローン」が最適です。

ただし、プライダルローンの場合、借入先によって金利が大きく異なるため、じっくりと検討する必要があります。

「トラベルローン」で借り入れ

旅行に関する費用(交通機関、宿泊費用、パック旅行費用など)を借り入れするなら、「トラベルローン」を選ぶと良いでしょう。

トラベルローンの金利は各社によって様々ですが、カードローンやクレジットカードキャッシングで少額融資を受けるよりも低金利で借り入れできることが多いです。

事業者の場合

事業者が会社のための事業費を借り入れするなら、「事業者ローン(ビジネスローン)」がおすすめです。

カードローンやクレジットカードキャッシング、フリーローンなどの資金使途が自由なローンでも、事業費として使うことが禁止されています。

よって、これらの借入方法では、会社の運営費やつなぎ資金のために借り入れすることができません。

それに対して、事業者ローンでは事業費専用のローンとなりますので、会社の運営費やつなぎ資金としての利用が可能です。

事業者ローンを展開している金融機関は大きく分けると以下の5つとなります。

  • 銀行
  • 信販会社
  • 専業
  • 銀行提携
  • ノンバンク

この中で借入額が大きく一番低金利なのは銀行ですが、申込条件や審査が非常に厳しいです。特に、個人経営者ですと融資を受けるのは非常に困難です。また、融資までに時間がかかるというデメリットもあります。

銀行以外の金融機関なら、申込条件や審査の難易度は下がり、融資までのスピードもかなり早くなります。ただし、金利は全体的に高めです。

カードローン、クレジットカードキャッシング、フリーローンの違いとは?

カードローン、クレジットカードキャッシング、フリーローンの違いとは?

カードローン、クレジットカードキャッシング、フリーローン、これらはどれも利用目的が問われない借入方法となります。ただし、この3つにも明確な違いは存在します。

適切な借入方法を選択するには、その違いをしっかりと理解しておく必要があります。そこでこの章では、これら3つの借入方法の違いについて掘り下げていきます。

カードローンの特徴

カードローンには以下のような特徴があります。

  • 申込条件がやさしい
  • 審査時間が早く融資までがスピーディー
  • 無利息期間やATM手数料無料などのサービスがある
  • 銀行カードローンなら自動融資機能が利用できる

カードローンの申込条件は非常にやさしいです。

とくに消費者金融の場合、申込条件は年齢と安定収入くらいしか条件がありません。審査時間も早く融資までもかなりスピーディーです。

大手なら銀行・消費者金融問わず、審査は当日中に終了することが多く、即日融資にも対応してくれる可能性が高いです。無利息期間やATM手数料無料などのお得なサービスがあったり、銀行カードローンの中には自動融資機能をつけられるものもあります。

その一方で以下のような欠点となる特徴もあります。

  • 目的別ローンと比較すると金利が高め
  • 借り入れがクセになりやすい
  • 高額ローンの審査に影響することがある

カードローンの金利は目的別ローンと比べると高めです。

そのため、返済が長引くと利息が大きくなります。ATMや振込で何度でもかんたんに借り入れできてしまうため、借り入れがクセになりやすいという危険もあります。

カードローンの利用記録は信用情報に残るため、住宅ローンや自動車ローンなどの高額ローンの審査に影響する可能性があります。

クレジットカードキャッシングの特徴

クレジットカードキャッシングには以下のような特徴があります。

  • キャッシング枠をあらかじめカードに付属しておけばすぐ使える
  • 審査の難易度が低い

クレジットカードキャッシングはあらかじめカードに付属しておけば、借り入れしたいときにすぐ利用できます。

これから付属させようと審査を受ける場合でも、すでにクレジットカードの審査に通っているため、返済トラブルを起こしたなど、よっぽどのことがない限りは審査に落ちることはありません。

その一方で以下のような欠点となる特徴も存在します。

  • 金利が18.0%固定ということが多く高い
  • 限度額はショッピング枠と共通

クレジットカードキャッシングの金利は18.0%固定であることが多いです。

18.0%というのはカードローンのなかでも高い金利になります。とくに上限金利の平均が14.5%付近の銀行カードローンと比較するとあきらかに高金利です。

また、限度額はショッピング枠と共通になります。

例えば、ショッピング枠の限度額が100万円でキャッシング枠の限度額が30万円だとしましょう。この場合、ショッピング枠の限度額100万円のなかにキャッシング枠の限度額30万円が含まれています。

よって、気をつけて利用しないと「気づいたら限度額が0円になっていた・・・」という事態になりかねません。

フリーローンの特徴

フリーローンには以下のような特徴があります。

  • 一度借り入れしたらあとは返済していくのみ
  • カードローンやクレジットカードキャッシングよりも低金利

フリーローンの場合、カードローンやクレジットカードキャッシングとは違い、一度借り入れしたらあとは返済していくのみです。よって、追加の借り入れはできません。

カードローンやクレジットカードキャッシングよりも低金利になっている傾向があるので、利息をおさえることが可能です。その分、カードローンやクレジットカードキャッシングよりも審査が厳しくなる傾向があります。

審査をうまく切り抜けるための方法

審査をうまく切り抜けるための方法

ここまでの解説で各種の借入方法の特徴は理解してもらえたかと思います。ここからは審査について解説していきます。

どの借入方法であっても必ず審査があり、審査に通過しないことには融資を受けられません。そこで審査を上手く切り抜けるためのアドバイスをさせていただきます。

審査基準を理解する

審査の基準は業者や借入方法によって違いますが、審査方法はどこも「スコアリングシステム」を採用しています。

スコアリングシステムとは、年収や職業などの申し込み情報をもとに申込者の返済能力を点数化する審査方法です。おもに以下のような項目が重視されていると言われています。

  • 年齢
  • 勤務先
  • 勤続年数
  • 雇用形態
  • 収入
  • 家族構成
  • 住居形態
  • 他社からの借入金額・件数
  • 過去の返済履歴

このような項目が点数化され、その合計点数が各社の定める審査の合格基準を満たせば審査に通過できるのです。

例えば、30点満点中20点以上で合格なら、合計点数が20点以上であれば審査に通過できます。審査に関してはどこもブラックボックスなため、実際のところはどうなっているのか正確には不明ですが、大体このような感じになると思っておけばOKです。

他社の借入状況が審査に与える影響

借り入れの申し込み時には現在の借入金額や件数など、他社の借入状況を申告することになります。この情報は審査に大きな影響を与えます。

理由は他社の借入金額や件数が多いと、返済能力を低く見られてしまう可能性が高くなるからです。他社の借入金額や件数が多いということは、それだけ毎月の返済負担が大きくなります。

そのため、他社の借入金額や件数が少ない人に比べて、返済に使えるお金に余裕がないと判断されてしまう可能性があるのです。よって、借入の審査を受けるときは、他社の借入金額や件数をできるだけ減らしてからにするのがおすすめです。

ちなみに、申し込み時に他社の借入金額や件数を誤魔化すのは絶対NGです。

あなたの他社借入状況は信用情報機関というところに記録されています。カード会社やローン会社は審査時に、この信用情報機関に照会してあなたの他社借入状況を確認します。嘘をついても100%バレますので絶対にやめましょう。

審査の難易度は金利をひとつの基準にする

審査の甘い金融機関は存在しません。お金を融資するのですから、どの金融機関も審査はしっかりとします。

ただし、審査の難易度が比較的やさしい金融機関なら、ある程度目安をつけることができます。それは金利が高い金融機関です。

一般的にローンの審査の難易度は金利が低いほど上がっていきます。金融機関は利息で儲けているため、低金利になるほど利益率が下がるからです。

そのため、低金利になるほど融資する人を厳選して、返済不能になる可能性が少ない人のみを審査に通す傾向があります。

逆に金利が高い金融機関ほど利益率が上がるため、借り手が途中で返済不能になってもリスクは少なくすみます。そのため、審査の難易度が下がるのです。

このように審査の難易度を下げたいのであれば、低金利な金融機関は避け、金利の高い金融機関を選べば審査に通る可能性をUPできます。ただし、高金利=高利息ですので十分注意しなくてはいけません。

カードローン比較一覧
銀行種類 カードローン名 金利 審査スピード
都市銀行 三菱東京UFJ銀行カードローン
「バンクイック」
1.8%~14.6%
みずほ銀行カードローン 年2.0%~14.0%
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5%
りそな銀行カードローン
「プレミアムカードローン」
3.5%~12.475% 最短即日
地方銀行 横浜銀行カードローン 年1.9%~14.6% 最短即日
千葉銀行カードローン 1.7%~14.8% 最短即日
静岡銀行カードローン 4.0%~14.5%
ネット銀行 楽天銀行「スーパーローン」 1.9%~14.5% 最短即日
オリックス銀行カードローン 1.7%~17.8%
流通系銀行 イオン銀行カードローン 3.8%~13.8%
消費者金融 アコム 3.0%~18.0% 最短30分
プロミス 4.5%~17.8% 最短30分
アイフル 4.5%~18.0% 最短30分

借入状況や年収よりも審査担当者が重視するポイント

審査担当者が重視するのは借入状況や年収だけではありません。

もっとも重視するのは「安定収入があるか」です。ここで言う安定収入とは、収入の高低ではなく、将来も安定継続して得られる可能性の高い収入のことです。

例えば、公務員の収入をイメージしてもらえればわかりやすいかと思います。公務員の収入は特別多いわけではありませんが、リストラや倒産もありませんので非常に安定しています。

公務員ほどではなくても、サラリーマンの収入も会社を辞めない限りは毎月安定した額を得ることが可能です。このように収入が安定していることが審査でもっとも重視されるのです。

利息計算と返済シミュレーション

利息計算と返済シミュレーション

借入は借金ですので利息(手数料)が必ず発生します。賢い返済計画を立てるには事前に利息がいくら発生するのかを知っておく必要があります。

そこでこの章では利息計算と返済シミュレーションについて解説していきます。

利息の計算方法

利息の計算方法は以下の計算式で算出できます。

借入残高×金利÷365×借入日数=利息

例えば、30万円を金利15.0%で2年間(730日)借り入れした場合、以下のようになります。

30万円×15.0%÷365×730=90,000円

上記の場合、90,000円の利息が発生するということです。ただし、正確な利息を知るなら各社にある「返済シミュレーション」を利用するのがおすすめです。

自分で計算するのはあくまで、借入先には返済シミュレーションがない場合にしておきましょう。また、次の章にある返済シミュレーションでも利息が簡単に分りますので、活用してもらえればと思います。

返済シミュレーション

借入金額10万円で返済期間12ヶ月の場合

業者名 金利 毎月の返済額 累計返済額 リンク
アコム 18% ¥9,167 ¥110,004 公式サイトへ
アイフル 18% ¥9,167 ¥110,004 公式サイトへ
プロミス 18% ¥9,167 ¥110,004 公式サイトへ
バンクイック 14.6% ¥9,006 ¥108,072 公式サイトへ
三井住友銀行カードローン 14.5% ¥9,002 ¥108,024 公式サイトへ
みずほ銀行カードローン 14.0% ¥8,978 ¥107,736 公式サイトへ
イオン銀行カードローン 13.8% ¥8,969 ¥107,628 公式サイトへ
楽天銀行カードローン 14.5% ¥9,002 ¥108,024 公式サイトへ
じぶん銀行カードローン 17.5% ¥9,144 ¥109,728 公式サイトへ
オリックス銀行カードローン 17.8% ¥9,158 ¥109,896 公式サイトへ


返済金額を知りたい方はこちら

借入額と返済日数から毎月の返済金額を算出します。

  • お借入希望額
    万円

    例)10万円

  • ご返済期間
    ヶ月

    例)12ヶ月

  • 金利
    %

    例)10%

あなたの毎月の返済金額予想
こちらに結果が表示されます

返済期間を知りたい方はこちら

借入額と毎月の返済金額から返済期間を算出します。

  • お借入希望額
    万円

    例)10万円

  • 毎月のご返済金額
    千円

    例)8千円

  • 金利
    %

    例)10%

あなたの返済期間予想
こちらに結果が表示されます

借入可能額を知りたい方はこちら

返済回数と毎月の返済金額から借入可能額を算出します。

  • 毎月のご返済金額
    千円

    例)8千円

  • ご返済期間
    ヶ月

    例)12ヶ月

  • 金利
    %

    例)10%

あなたの借入可能額
こちらに結果が表示されます

借入の流れ

カードローンの借入の流れ

カードローンで借入する流れは、下記の図を確認しましょう。

  1. 利用するカードローンを選択する
  2. インターネット、無人契約機、電話などの方法で利用申し込み
  3. 審査の実施
  4. 在籍確認
  5. 審査結果の連絡が入る
  6. 郵送や無人契約機等の方法でカードの受け取り
  7. 受け取りしたローン専用カードを使って、ATMから現金を引き出す

借入時の注意点とコツ

借入時の注意点とコツ

ここからは借入時の注意点とコツなどを解説していきます。自分に最適な借入方法がわかったとしても、損しないように借りるために借入時の注意点を知っておきましょう。

「家族や会社、友人などにバレないか?」といった不安や、「即日で借りるにはどうすればいいか?」といった疑問もあるでしょう。

この章ではそうした不安や疑問を解消できますので、ぜひお読みください。

損しない返済計画を立てる

前章でもお伝えしましたが借り入れ前には、必ず利息がどれくらいになるか確認しましょう。大抵の借入先には返済シミュレーションがありますので、それを利用すれば簡単に返済計画を立てることが可能です。

損しないコツとしては、毎月の返済額は少しでもいいので多めに設定することです。返済額が少ないと返済期間が長期化して、利息が膨らみます。一方、返済額を増やせば返済期間が短縮され、利息をカットすることが可能です。

家族や会社、友人にバレない借入方法

この点に関してはそれほど心配する必要はありません。

なぜなら、借入申込の事実は他人に知らしてはいけないという法律があるからです。たとえ家族であっても、保証人でもない限り、借り入れをしていることがバレる可能性は低いです。

本人確認や在籍確認の電話を心配する人も多いですが、電話は担当者の個人名でかかってきますのでローン会社やクレジット会社からとはまず分らないようになっています。

ただし、100%バレないというわけではありません。

とくに本人確認や在籍確認は電話がかかってきますので、勘の良い人に対応されてしまうと借り入れの事実がバレてしまうこともあります。本人確認や在籍確認の対策としては以下の方法があります。

  • 本人確認の電話は携帯電話にしてもらう
  • 在籍確認の時間指定ができないか交渉する
  • 在籍確認を書類提出にできないか交渉する

申込時に本人確認をする電話番号は、携帯電話のものを入力するようにしましょう。携帯電話にしておけば他人に対応される可能性をかなり低くできます。

借入先によっては在籍確認の時間指定ができることがあります。

自分が確実に対応できる時間にすれば、他人に対応される心配がなくなります。借入先の中には在籍確認を電話ではなく、「書類提出」という形に変更してもらえることもあります。この方法なら、職場への電話を回避可能です。

この他にも、明細書やカードでバレてしまうことがあります。

しかし、このリスクは利用明細をネットで管理できる金融機関を選んだり、カードレスで利用したり、あるいはキャッシュカードで利用できる金融機関を選ぶことで回避できます。

即日で借入するためのコツ

「即日で借り入れしたい!」というなら以下の点に気をつける必要があります。

  • 即日融資に対応している金融機関を選ぶ
  • 審査スピードの早い金融機関を選ぶ
  • 必要書類を事前に用意しておく
  • できるだけ早い時間帯に申し込みをする
  • 在籍確認ができる日に申し込みする

即日で借りるには、そもそも即日融資に対応している金融機関を選ばなくてはいけません。金融機関のHP等をチェックして即日融資に対応しているかを確認しましょう。

審査スピードも重要です。いくら即日融資が可能でも、審査が遅い金融機関ですと間に合わない可能性があります。事前にどれらくいかかりそうなのか調べておきましょう。

借入には、本人確認書類や収入証明などの必要書類が発生することが多いです。こうした書類はいざ用意しようとすると、手間がかかることもあるため、事前に用意しておきましょう。

即日融資はスピードが命です。よって、審査をなるべく早く済ます必要があります。審査に時間がかかってしまうことも考えて、申込時間はなるべく早めにするのがコツです。

最後に申し込みは在籍確認ができる日にしましょう。
借入の審査には高確率で在籍確認があります。在籍確認が済まないと契約できませんので、在籍確認ができる日に申し込むようにしてください。

借入れ先はどこがよい?

あなたにとってのベストな借入先はどこでしょうか。
その答えはあなたが何を優先するかによって違ってきます。

たとえば金利を重視するならば低金利の銀行がおすすめです。
また借入れのしやすさを重視するならば消費者金融や信用金庫がおすすめといった具合です。

借入にはさまざまな種類がありますが、こちらではカードローンとキャッシングに絞って金融機関別の特徴を解説します。

金融機関別!カードローン&キャッシングの特徴
種類 即日融資 審査期間 利率 審査の厳しさ 店舗網
都市銀行 × やや短め 低い やや厳しい 充実の店舗網
地方銀行 × 標準的 低め 標準的 県内店舗網が充実
信用金庫 × 長い 低め 若干融通が利く 地域に店舗が密集
消費者金融 短い 高め 成約率は高め 店舗数は少ない
クレジットカード × 長い 高い 幅がある ATMは全国展開
信販会社 標準的 高め やや厳しめ ATMは全国展開

※こちらの表は一般的な傾向を示しています。すべてが当てはまるわけではありません。

都市銀行のカードローン

三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行など都市銀行のカードローンは利率が低く、審査もそれほど長くかかりません。

またコンビニなど24時間無料で利用できるATMも多くなっています。

特別に急ぎでなければ最もおすすめです。

地方銀行のカードローン

横浜銀行、千葉銀行、静岡銀行など地方銀行のカードローンは審査がやや長めです。

しかし、メインバンクであれば優遇金利の適用を受けられる場合があります。

良くも悪くもあらゆる面で標準的なのが地方銀行のカードローンです。

信用金庫のカードローン

信用金庫は地域の店舗が集中しています。

審査は長めですが、店舗の近くに住んでいる場合、審査が有利になる場合があります。

また、すでに口座を持っているならばおすすめできます。

消費者金融のカードローン

アコム、アイフル、プロミスなどの消費者金融は即日融資に対応しています。

金利は高めですが成約率は高く、急いで借りたい場合には最もおすすめできます。

また30日間ほどの無利息期間内に返済すれば、利息負担0円で借入れ可能です。

クレジットカード

クレジットカードは、ショッピングとキャッシングが一枚でできるのが魅力です。

ただしカードが発行されるまでに1週間以上かかるのが難点です。

また金利も高めとなっています。

信販会社のカードローン

信販会社でもカードローンを取り扱っており、使い勝手は消費者金融と近いものです。

ただし審査はやや厳しめですし、サービスも特筆するほどのものはありません。

無理に選ぶ必要はないでしょう。

特徴別のオススメ金融機関

特徴別のオススメ金融機関

ここまでの解説で、あなたにとってどのような借入方法が最適なのか理解できたかと思います。しかし、「もっと絞り込んでほしい!」という人もいるでしょう。

そこで特徴別に絞り込んでおすすめの金融機関を紹介してみましたので参考にしてください。

低金利でオススメの金融機関

こちらでは、借入方法ごとに低金利で借り入れできる可能性の高い金融機関を紹介しています。

カードローン

カードローンの場合、消費者金融よりも銀行や信用金庫のカードを選ぶのがおすすめです。
銀行や信用金庫は消費者金融よりも上限金利が低いため、低金利で借り入れできる可能性が高いです。

低金利のカードローンをお探しの方は、下記をご参考ください。

都市銀行

みずほ銀行カードローン

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 年2.0%~14.0%
担保・保証人 自動審査 お試し診断
不要 × ×

三菱東京UFJ銀行カードローン

融資上限額 金利 審査時間
最大500万円 1.8%~14.6% -
担保・保証人 自動審査 お試し診断
不要 ×

三井住友銀行カードローン

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 4.0%~14.5% -
担保・保証人 自動審査 お試し診断
不要 × ×

ネット銀行

オリックス銀行カードローン

融資上限額 金利 審査時間
最高800万円 1.7%~17.8% -
担保・保証人 自動審査 お試し診断
不要 × ×

公式サイトへ

詳細はこちら

クレジットカードキャッシング

クレジットカードキャッシングの金利は固定であり、しかも18.0%であることが多いので低金利で借り入れしたい場合は不向きです。

フリーローン

フリーローンの場合、大手銀行よりも地方銀行や信用金庫に目を向けてみるのがおすすめです。大手銀行のフリーローンの金利はカードローンと大差ありませんが、地方銀行や信用金庫の場合は10.0%以下という超低金利のフリーローンがけっこうあります。

目的別ローン

住宅ローンや自動車ローンなどの目的別ローンの場合も、フリーローンとおなじく地方銀行や信用金庫のほうがおすすめできます。
フリーローンほどではありませんが、大手よりも低金利なローンが多くあります。

在籍確認が不安な方にオススメの金融機関

はじめに言っておきますが在籍確認をなくすことはできません。

借入をすると、ほぼすべての金融機関で在籍確認が高確率であります。よって、在籍確認をなくそうとするのは現実的ではありません。

ただし、職場への電話連絡をなくすことは可能です。

モビットの「WEB完結」なら職場への電話なし!

モビットには「WEB完結」という申込方法があります。このWEB完結であれば、在籍確認を職場への電話ではなく、書類提出にしてもらうことが可能です。

「勤め先の確認書類」として、「健康保険証」と「給与明細書」の2点を提出すれば、在籍確認を電話ではなく、書類提出という形に変更してもらえます。

モビット

融資上限額 金利 審査時間
800万円 3.0%~18.0% 10秒簡易審査
担保・保証人 自動審査 お試し診断
不要 ×

アイフルでも職場への電話なしOK!

アイフルにも問い合わせたところ、勤め先を確認できる書類を提出すれば、在籍確認を電話ではなく、書類提出という形に変更OKできる場合があるとのでした。

アイフル

融資上限額 金利 審査時間
500万円 4.5%~18.0% 最短30分
担保・保証人 自動審査 お試し診断
不要 ×

ちなみに、アコムやプロミス、大手銀行カードローンは書類での在籍確認はできないとのことでした。もし、会社への在籍確認をどうしても避けたいなら、モビットのWEB完結を利用するか、書類での在籍確認が可能なアイフルに申し込むのがおすすめです。

VISAカード付きの借入れ先はある?

キャッシング機能付きのVISAブランドのクレジットカードが利用可能です。

クレジットカード本来のショッピング機能とキャッシング機能が一体化しているため、スマートに使いこなせるのが魅力です。
また財布の中に入れておいてもローンカードには見えないのもメリットと言えるでしょう。

そんなVISAカードの中でも最もメジャーなのは「三井住友VISAカード」です。
三井住友VISAカードは保険などの会員サービスが充実しているうえ、ステータス性も兼ね備えています。

現在VISAカードをすでに持っていても、キャッシング枠を登録していなかったという場合もあるかもしれません。
その場合は、カード会社に連絡することでキャッシング枠を追加することも可能です。
(一部キャッシング機能を付けられないカードを除く)

ちなみに利用可能枠は、過去のVISAカードの利用状況によってカード会社が決定します。

クレジットカードのキャッシングは利率が高めとなっています。緊急時の短期利用に限定するのが賢い利用法です。

即日借入も可能な金融機関ランキング

以前は銀行カードローンでも即日融資に対応しているところもありました。
しかし最近メガバンクに金融庁の査察が入り、即日融資が問題視されています。

他の地方銀行などでも即日融資の看板を下げるところが相次いでいます。
そのため即日融資を希望するのであれば消費者金融のカードローンから選択することになります。

ちなみに大手消費者金融の審査時間はいずれも最短30分となっています。
大手消費者金融ではスマートフォンからの申込みも可能ですので店舗への往復時間も短縮できますね。

土日や祝日でも審査は行っています。無収入の専業主婦の方は難しいですが、パートやアルバイトの収入があれば申し込みは可能です。

審査の通りやすさ 金利(上限金利) 借入限度額
アコム 1位(48.0%) 2位(18.0%) 1位(800万円)
プロミス 3位(42.9%) 1位(17.8%) 3位(500万円)
アイフル 2位(45.3%) 2位(18.0%) 3位(500万円)
モビット 3位(42.9%) 2位(18.0%) 1位(800万円)

※審査の通りやすさは新規契約率で比較しています
※モビットの新規契約率は単体では非公表のためSMBCコンシューマーファイナンス㈱の数字を採用しています
※金利は初めての借入時では上限金利適用が大半のため、上限金利(実質年率)で比較しています
※「レイク」は新生銀行の銀行カードローンですので入れていません
※上記サービスはいずれも担保不要です

即日借入を最短コースで利用するためには、ローンカードの受取などいくつかクリアしなければならないポイントがあります。
有人窓口のある店舗は各社とも20店舗前後しかありません。そのため即日借入れでのローンカードの受取は基本的には無人契約機で行うことになります。
近くに利用可能な店舗があるか、公式サイトから調べておくと良いでしょう。

カードレスで銀行の普通預金口座への振り込み融資も利用できます。
ただし振り込み可能時間を過ぎますと翌日(翌営業日)の振り込みとなるので気をつけましょう。
振り込みの受付は14時50分ごろに締め切りとなります。審査時間などを考えると最低でも午前中には申し込みを完了しておきたいところです。

ちなみに借入金額の単位は基本的に1,000円単位です。
セブン銀行やローソンATMなどのコンビニATMでもおおむね1,000円単位で利用可能です。ただし、一部ATMで1万円単位の場合もあります。

借入するときは口座開設が必要?

口座開設が必要かどうかは、申込をした金融機関ごとに異なります。

口座開設不要で借入れできるところが増加傾向にあるとは言えるでしょう。
消費者金融や都市銀行などでは口座開設不要の取り扱いが多くなっています。

口座なしで利用する場合は、ローンカードの発行を受ける必要があります。
ローンカードがあればATMで借入れと返済を行うことができるのです。
(ローン口座番号への振込み返済も可能)

ただし口座開設しない場合は、毎回自分で返済手続きをする必要があります。
返済を忘れる心配のある方は口座開設して自動引き落としを利用したほうが良いでしょう。

ちなみに地方銀行や信用金庫では、口座開設が利用条件のところが多い傾向にあります。
また、すでに口座を持っている場合は「大切なお客さま」として扱ってもらいやすくなるのです。

消費者金融の借入があるとクレジットカード審査に影響する

クレジットカードの審査において、消費者金融などの借入は非常に不利となります。

毎月の返済に収入が削られてしまうため、クレジットカードの支払いへの悪影響が心配されるからです。

また消費者金融の借入は、どうしても生活費に困っての借入とみなされる面があります。特に複数社の借入があるような場合、非常に審査が厳しくなる傾向にあります。

これに対して住宅ローンやマイカーローンなど、使いみちのはっきりしているローンは、消費者金融ほど審査に悪影響はありません。
なぜならば、お金の使いみちが決められているので、生活費に回しようがないためです。(基本的に使いみちの決まっているローンは現金を受け取ることはありません。融資と同時に支払先に振込になるのです)

収入に対して返済が多すぎるのはNGですが、消費者金融ほどには悪く見られないのは間違いないでしょう。

もちろん消費者金融の借入があるから100%クレジットカードの審査に通らないというわけではありません。
充分に返済の余力があり、消費者金融の返済も遅れていなければ、クレジットカードの審査に通る可能性はあるでしょう。
ただし万が一カードローンの返済が遅れてしまっている場合には、クレジットカードの審査は絶望的になってしまいます。

消費者金融の借入があると住宅ローン審査に影響する

消費者金融の借入は住宅ローンの審査に大きく影響します。
クレジットカードの審査にも影響しますが、住宅ローンではそれ以上に問題視されるのです。

住宅ローンの申込時に他社の借入は必ず申告することになります。そのときに消費者金融の借入があった場合、審査担当者の顔がくもる可能性が非常に高いです。

銀行の住宅ローン申込み条件には消費者金融の借入を否定する項目は書かれていないでしょう。しかし銀行の内部審査においては相当に問題視されるのは間違いありません。

借入件数や金額によっては門前払いされてしまう場合すらあるのです。また消費者金融の借入が少額の場合は、解約してからの申込みとなる場合もあります。

また消費者金融での借入の記録は信用情報として一定の期間残ります。そのため申込み時点で消費者金融の借入枠を解約済みであっても、審査に悪影響となってしまう可能性があるのです。

どうしてもカードローンを利用したい場合は、銀行カードローンの利用を検討しましょう。
カードローンを利用している銀行に住宅ローンを申し込む場合、審査への影響は格段に少なくなります。

借入の一本化とそのメリット

複数の業者から借入していて返済の管理や負担が大変な方が非常に多いと思います。

そこで、一本化についてや借入を一本化するメリットを説明します。

借入を一本化するメリット

1点目のメリットは「返済の管理が楽になること」です。

複数の業者で借入している場合、返済日や返済期間、返済額などの管理が大変になってきます。

思い違いなどで延滞してうなどのミスも防ぐことができます。

返済が長期にわたる場合などは特にメリットが大きいでしょう。

2点目のメリットは「利息を減らすことができる」です。

複数の業者の金利をまとめて1社にすることで金利を下げることができます。

まとめる前よりも返済期間が長くなってしまうとかえって利息総額が大きくなることもあるので注意しましょう。

この点に関してはデメリットとしても捉えることができるので一本化することが目的にならないようにしましょう。

借入を一本化する方法として代表的なものに「おまとめローンを利用する」ことがあります。

このおまとめローンの重要なポイントとして、「総量規制」があります。

総量規制は、貸金業法で定められており年収の3分の1以上の貸付を禁止しています。

消費者金融は総量規制の対象となっています。

しかし、消費者金融のおまとめローンに関しては例外項目として扱われ、年収の3分の1以上でも借入できます。

一般的に、銀行カードローンのおまとめローンの方が金利が低く、利息削減効果を得る可能性が高いです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。借入とひとことで言っても、さまざまな方法があり、その特徴もことなるんですね。

しかし、今回の記事で借入の種類や特徴、審査など気になる点をすっきり解決でき、数ある借入方法の中からどれがあなたに最適なのか理解してもらえたかと思います。また、利息の計算方法や即日融資のコツ、賢い返済計画の立て方なども知ることができました。

これでもう安心です!この記事を読んだあなたなら、きっと後悔しない賢い借り入れが可能です。

今回のおさらい

  • 借入とは金融機関からお金を借りることである
  • 借入はおもに資金使途自由ローンと目的別ローンに別れる
  • 使い道がはっきりしているなら目的別ローンを、そうでないなら資金使途自由のローンがおすすめ
  • どの借入方法も審査は「スコアリング」でおこなわれる
  • 借入前には必ず利息を計算して返済計画を立てる

融資スピード?無利息?
損しないカードローンを見つけるカンタンな方法

お金が必要でも、カードローンを適当に選んでしまうのは怖いですよね。

  • 必要なタイミングで融資を受けられなかったらどうしよう
  • 思ったよりも利息が多くなって返せなくなったらどうしよう

など、さまざまな不安があるでしょう。

実際、適当に選んでしまうと失敗する可能性があります。 カードローンの特徴は商品によってさまざまで、「全員が満足するカードローン」はないのです。

だからこそ、希望に合った1枚をしっかり選ぶ必要があります。

後悔しないためにも、不安な方は一度≪検索≫することをオススメします。

自分に合ったカードローンをカンタン検索

カードローンやお金のことに悩んだら、プロに相談!

ご相談は、無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。

お名前 
メールアドレス 
お問い合わせ内容
  • 金融庁について
  • 日本信用情報機構のJICCについて
  • 指定信用情報機関のCICについて
  • 貸金業法について
  • 消費行動診断・家計管理診断
  • 一般社団法人 全国銀行協会