更新日: 2017年9月14日

近畿労働金庫カードローンは利用者に合わせて選べる低金利な3タイプ

関西地区にお住まいの方で、低金利なカードローンを探しているという人はいませんか?

そんな人には、近畿労働金庫のカードローンがおすすめです。

「金利が低いのは魅力的だけど、労働金庫のカードローンて複雑そう。」と思う方もいるかもしれませんね。

しかし近畿労働金庫カードローンは、消費者金融や銀行カードローン同様に今まで信用金庫を利用した事がない人でも申し込み可能なんです。

今回は、近畿労働金庫カードローンの特徴について詳しく調べてみました。

近畿労働金庫カードローンは利用者に合わせて選べる低金利な3タイプ

近畿労働金庫カードローンの基本情報と特徴・サービス

近畿労働金庫以下の3つのカードローンがあります。

  • 笑くぼ
  • マイプラン
  • スマートチョイス

まずは、それぞれの特徴とどんな人におすすめなのかを見ていきましょう。

近畿労働金庫カードローン早見表

カードローン名 特徴 こんな人にオススメ!
笑くぼ ・一般勤労者も利用可能
・金利一律7.9%
・ATM引き出し手数料実質0円
・パートアルバイトでも申し込みOK
・最高利用限度額100万円
(アルバイト・パートは50万円)
・初めて近畿労働金庫を利用する人
・パートやアルバイトの人
・金利が安いところでお金を借りたい人
・ATM手数料を節約したい人
マイプラン ・最高利用限度額は500万円
(会員組合員以外は300万円)
・金利は6.550%〜8.950%
・会員組合員・生協組合員はさらに低い金利で利用できる
・公共料金の支払いなど金利引き下げ制度あり!
・近畿労働金庫の組合員の方
・近畿労働金庫の口座で給与受け取りや公共料金の支払いをしている方
・100万円以上の高額融資を希望する方
スマートチョイス ・金利は3.9%〜5.5%
・会員組合員限定のカードローン
・最高利用限度額は500万円
・会員組合員の方
・低金利で高額融資を受けたい方

この中で、会員組合員や生協組合員ではない人でも利用できるのは、「笑くぼ」と「マイプラン」です。

今回は組合員以外も申込可能で、パートやアルバイトも申し込みできる「笑くぼ」を中心に紹介していきます。

「笑くぼ」の特徴1.一律7.9%の低金利

「笑くぼ」の金利は、適用される限度額に関係なく一律7.9%です。
大手消費者金融カードローンの上限金利17.8%〜18%と比較すると、およそ半分以下の金利ですね。

また、三井住友銀行三菱東京UFJ銀行みずほ銀行などメガバンクの3行カードローンでも、上限金利は14%台となっています。
大手銀行と比較しても、近畿労働金庫カードローンの金利が驚異的に低いということが分かりますよね。
「笑くぼ」は、カードローンの利息をできるだけ節約したい方におすすめのカードローンです。

「笑くぼ」の特徴2.専業主婦でも申し込みできる

カードローンは、収入のない専業主婦は利用できないと思っている人もいますよね。

しかし「笑くぼ」は、専業主婦でも配偶者に安定した収入があれば申込可能です。
アコム・アイフル・プロミス・モビットなどの大手消費者金融では、専業主婦の申し込みは不可となっています。

また銀行カードローンでも、収入のない専業主婦の申し込みが可能なところは限られています。

そんな中で「笑くぼ」は、数少ない専業主婦が申し込みできるカードローンになっています。

「笑くぼ」の特徴3.ATM手数料は実質無料

ATMを利用すると、手数料がかかってしまうカードローンもありますよね。

しかし笑くぼは、どのATMを利用しても手数料が実質無料です。
実質無料と記載されているのは、引き出し時や返済時に一時的に手数料がかかる可能性があるためです。

一時的にかかってしまった手数料も還元サービスがあります。

たとえ一旦手数料がかかっても、その場で自動的に近畿ろうきんから口座振替という形で手数料が返ってきます。
曜日や時間帯、回数の制限もないため、ATMの手数料を気にせず何度でも利用が可能です。
 

大手銀行・消費者金融カードローンとの違いを徹底比較

大手銀行と消費者金融カードローンの違い

それでは次に、近畿労働金庫カードローンと他社のカードローンの比較表を見ていきましょう。

他社のカードローンと比較することで、近畿労働金庫のメリット・デメリットが見えてきますよ。

カードローン名 金利 最高利用
限度額
申し込み〜
融資までに
かかる時間
利用可能地域 専業主婦の
申し込み
ATM手数料
近畿労働金庫
カードローン
「笑くぼ」
一律7.9% 100万円 およそ2週間 近畿2府4県に住んでいるか勤務先がある人 実質無料
近畿労働金庫カードローン
「マイプラン」
6.150%〜8.950% 500万円
(会員ステータスによって300万円)
およそ2週間 近畿2府4県に住んでいるか勤務先がある人 不可 実質無料
近畿労働金庫カードローン「スマートチョイス」(会員組合員限定) 3.9〜5.5% 500万円 およそ2週間 近畿2府4県に住んでいるか勤務先がある人 不可 実質無料
アコム 3.0%~18.0% 1万円~800万円 最短即日 全国 不可 アコム:無料
提携:108円/216円
プロミス 4.5%~17.8% 1~500万円 最短即日 全国 不可 提携:108円/216円
アイフル 4.5%~18.0% 500万円 最短即日 全国 不可 アイフル:無料
提携:108円/216円
新生銀行カードローンレイク 4.5%~18.0% 500万円 公式サイト参照 全国 不可 無料
三菱東京UFJ銀行
カードローン「バンクイック」
1.8%~14.6% 最大500万円 最短即日 全国 三菱東京UFJ銀行:無料/108円
提携:108円/216円
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5% 最大800万円 最短即日 全国 不可 三井住友銀行・提携:無料

比較から分かる、近畿労働金庫カードローンのメリット

  • 他社や他の銀行に比べて上限金利が圧倒的に低い。
  • 3つのカードローンから自分に合ったものを選べる。
  • 「笑くぼ」を利用すれば収入のない専業主婦でも申し込みができる。
  • ATMが手数料が実質無料で利用できる。

比較から分かる、近畿労働金庫カードローンのデメリット

  • 近畿2府4県に自宅か勤務先がないと利用できない
  • 融資までのスピードが遅い

近畿労働金庫カードローンに向いている人・向いていない人

向いている人・向いていない人

他社のカードローンとの比較によって、近畿労働金庫カードローンのメリット・デメリットが分かりましたね。

以上のことから、近畿労働金庫カードローンに向いている人・向いていない人の特徴を見ていきましょう。

向いている人

  • 利息を節約しながらカードローンを利用したい人
  • 近畿2府4県に自宅か勤務先がある人
  • もともと会員組合員や生協組合員の人
  • 借入までに時間の余裕がある人

向いていない人

  • 近畿2府4県に自宅も勤務先もない人
  • とにかくスピード重視でカードローンを利用したい人

向いていない人におすすめのカードローン

近畿労働金庫カードローンは、融資までに2週間程度の時間が必要です。そのため、融資スピード重視の人には不向きなカードローンといえます。融資までのスピードが早く金利の低さを求めるのであれば、大手都市銀行がおすすめです。

上限金利が14%台と近畿労働金庫カードローンよりは高めですが、専業主婦の申し込みもOKなところがあります。

また大手都市銀行で設置している無人契約機に来店すれば、最短即日の専用カード発行も可能です。

とにかく早く低金利でスピーディーに借りたいという方には、大手都市銀行のカードローンがおすすめです。

最短融資を受ける方法と必要書類

最短融資の方法と審査にかかる時間はどれぐらい

近畿労働金庫カードローンに向いている人、向いていない人が分かったところで、実際の融資手続の手順を説明します。

分かりやすい!申込から融資までの流れ

ここでは「笑くぼ」の申し込みから融資までの流れについて説明していきます。

笑くぼの手続き方法

笑くぼを申し込む前に、まずは以下の必要書類を準備しておきましょう。

  • 健康保険証
  • パスポートか運転免許証
  • ろうきん総合口座(持っている人のみ)

必要書類が揃ったら、申し込み手続きを始めます。

  1. 近畿労働金庫の公式サイトから「笑くぼ」のページを選択し、インターネット仮申し込みボタンをクリックして申込手続きを始めます。
  2. 項目ごとに必要事項を入力し、申し込みを完了させます。
  3. 仮審査が行なわれ、メールにて審査結果の合否が通知されます。
  4. 仮審査に通過すると、2日〜数日程度で近畿労働金庫からの本申込書が自宅に郵送にて届きます。
  5. 本申込書を返送すると1週間程度で専用ローンカードが発送されます。
  6. カードを受け取れば近畿労働金庫ATMや専用ATMから利用可能になります。

即日融資の可否と審査・融資スピード

「笑くぼ」に限らず、近畿労働金庫の3つのカードローンは即日融資には対応していません。どのカードローンに関しても、融資までに2週間程度の時間がかかってしまいます。

最短融資を受けるためのポイント

2週間という待ち時間は、カードローンの中ではかなり時間がかかります。

最短融資を受ける方法としては、手続きの時に間違いがないように申込者情報を申告することです。意図的ではなくても申込者情報や契約者情報が間違っていると、その分だけ確認に時間がかかります。

最短融資を受けるためにも、申告するデータや書類は事前に間違いがないかどうかを確認しておきましょう。

申込時に用意しておく必要書類リスト

必要書類

申込時に必要になる正式書類は以下のようになっています。

  1. ろうきんカードローン「笑くぼ(えくぼ)」利用申込書 (ろうきん所定の書式)
  2. 個人情報の収集・保有・利用・提供に関する同意書(ろうきん所定の書式)
  3. 本人確認書類(次の(1)・(2)がともに必要となります。(1)健康保険証、(2)運転免許証・パスポートなど)
  4. ろうきん総合口座新規申込書 (ろうきん所定の書式)※ ろうきん総合口座をお持ちでない方
  5. 近畿勤労者互助会加入申込書 (ろうきん所定の書式)
  6. その他、当金庫が必要と判断させていただいたもの

引用:労金カードローン「笑くぼ」お申込み流れ

この中で、申込者が用意する必要があるのが以下の3つです。

  • 健康保険証
  • 運転免許証もしくはパスポート
  • あればろうきん総合口座

ろうきん総合口座が申し込み時にない場合でも、カードローンと一緒に申し込みができます。

書類準備における注意点

「笑くぼ」申し込みのために揃える必要書類は、それほど難しいものはありません。基本的には健康保険証と運転免許証かパスポートがあれば申し込みが可能です。

ただし、健康保険証・運転免許証・パスポートは、どれも有効期限内のものしか認められません。

期限が切れているものは受け付けられませんので、有効期限をしっかり確認しておきましょう。

審査を通るために注意したいこと・コツ

審査のコツ

書類を揃えて申込手続きを済ませてしまえば、あとは審査結果を待つのみです。しかし、申し込みをした方の中には、審査に通過できず融資を受けられない人もいます。

ここでは「笑くぼ」の審査を通るために注意したいことやコツを紹介します。

他社での借入はなるべく0円に近づけておく

近畿労働金庫カードローンの申し込み前に、すでに他社や他行のカードローンを利用している人もいますよね。高額な借入残高がある場合や、複数社からの借入がある方は審査に通りにくくなります。

そんな人は、現在借入している借金の金額をできるだけ返済して、借金を0円に近づけておくようにしましょう。借金を0円に近づけるためには定期的な返済に加えて、随時返済という返済方法の利用がおすすめです。

随時返済は、返済日に返済する金額に加えて、自分の好きな金額だけ好きなタイミングで返済する方法です。ローンカードを利用したATM返済や指定口座に振り込みをする振込返済などで利用することができます。

新たにカードローンに申し込みをする時には、随時返済を上手に利用して借金の額をできるだけ小額にしておきましょう。他社での借入額が0に近い方が審査通過率は高くなります。

一気に複数のカードローンに申し込みをしない

審査に通過できるかどうかが不安だからと、複数のカードローンに一気に申し込みをする人がいます。しかし、一度に多数のカードローンに申し込みをすると逆に審査落ちの可能性を高めてしまうのです。

審査をする金融機関側は、申込者がどのカードローンにいつ申し込みをしたのかは一目瞭然です。これは、金融機関が共通して閲覧できる個人信用情報という記録を確認しているためです。

複数のカードローンに申し込みをしている人は、「お金に困っている」と認識され、審査通過できないことがあります。

無事に審査通過するためには、近畿労働金庫カードローン1つに絞って申し込みをしましょう。

現在借入があるものは返済期日をしっかり守る

先ほども説明した通り、カードローンの審査では個人信用情報という情報の確認作業が行われます。

個人信用情報は、企業と個人とのお金の貸し借りが記録された情報です。金融機関が共通して閲覧できる記録ですので、他社での返済トラブルなども隠すことはできません。

現在他社からの借入があるかたは、返済期日を守りしっかり返済していきましょう。

勤務先に在籍確認があることを伝えておく

近畿労働金庫カードローンでは、必要に応じて勤務先への電話連絡による在籍確認を行なっています。在籍確認の電話は個人名でかかってくることが多いため、中には職場の人に怪しまれることもあります。

在籍確認をスムーズに行なうためにも、職場の人々には在籍確認の電話が来ることを伝えておきましょう。

カードローンの利用がバレてしまうのが不安な方は、「クレジットカードの申し込みをした」と伝えておくとスムーズです。

近畿労働金庫カードローン「笑くぼ」の借入方法

カードローンの借入れ方法

審査通過から無事に契約となれば、「笑くぼ」のカードローンを利用することができるようになります。

「笑くぼ」での借入には以下の2つの方法があります。

  • ローンカードを利用したATM取り引き
  • ネットバンキングによる振込融資

それでは、1つずつ詳しく見ていきましょう。

ローンカードを利用したATM取り引き

ローンカードを利用したATMからの借入方法です。

近畿労働金庫のATMや提携先のATMの営業時間であれば、好きな時に引き出しが可能です。またATM手数料は、一時的に108円〜216円がかかってしまうことがあります。

しかし近畿労働金庫カードローンでは、かかった手数料分だけのキャッシュバックサービスがあります。そのため、実質ATM手数料無料で利用可能です。

ネットバンキングによる振込融資

また、ローンカードを利用せずに近畿労働金庫の口座を利用したインターネットバンキングでの融資も可能です。

ネットバンキングの融資を利用すれば、ATMや窓口にいく必要なく融資が受けられます。

近畿労働金庫カードローン「笑くぼ」の返済方法

返済方法イメージイラスト

借入方法が分かったところで、次は返済方法についてです。

「笑くぼ」の返済方法にはどのようなものがあるのかを見ていきましょう。

基本的な返済方法は毎月の口座引き落とし

「笑くぼ」の基本的な返済方法は、毎月8日に近畿ろうきんの返済口座から引き落としになる毎月返済です。

毎月の返済額は、融資額によって以下の金額を返済します。

利用限度額 毎月の返済額
30万円 5,000円
50万円 10,000円
100万円 15,000円

毎月返済に加えて繰上返済も可能

毎月8日の返済に加えて、好きな時に好きな金額だけ返済できる繰上返済も可能です。

繰上返済は、ろうきん・ゆうちょ・セブン銀行ATMよりローンカードを利用して手続きできます。
また、インターネットバンキングを利用して繰上返済をすることも可能です。

返済で利用する手数料はATM、ネットバンキング共に無料となっています。

返済シミュレーション

返済シュミレーション

それでは実際に近畿労働金庫カードローン「笑くぼ」を利用して10万円借入れた時の返済シミュレーションを見てみましょう。

10万円を借入して返済した場合

利用限度額 毎月の返済額 返済回数 利息総額
30万円コースで
10万円の
返済をした場合
5,000円 22回 7,745円
50万円コースで
10万円の
返済をした場合
10,000円 11回 3,993円
100万円コースで
10万円の
返済をした場合
15,000円 7回 2,651円

「笑くぼ」ではたとえ同じ10万円でも、利用者の利用限度額によって返済回数や利息総額が違います。

ただし、これは毎月の最低返済額のみで返済した場合の回数と利息総額です。
毎月返済に加えて繰上返済を利用していくことで、利息を節約したり返済回数を減らすもできます。

まとめ

今回は近畿労働金庫のカードローンについて説明しました。

近畿労働金庫には、3つのカードローンがあります。会員組合員が利用できるものや組合員以外でもりようできるものなど、利用者のスペックに合わせてカードローンを選択できます。

なかでも組合員以外も利用可能なのが「笑くぼ」で、一律7.9%という金利の低さが魅力的なカードローンです。

ローンカードを利用したATM取り引きに加え、インターネットバンキングでの融資が受けられるのも特徴です。返済方法も毎月の口座引き落としに加えて、ATMやネットバンキングでの繰り越し返済も利用できます。

申し込みには健康保険証と運転免許証(またはパスポート)が必要になりますので、忘れずに準備してくださいね。

融資スピード?無利息?
損しないカードローンを見つけるカンタンな方法

お金が必要でも、カードローンを適当に選んでしまうのは怖いですよね。

  • 必要なタイミングで融資を受けられなかったらどうしよう
  • 思ったよりも利息が多くなって返せなくなったらどうしよう

など、さまざまな不安があるでしょう。

実際、適当に選んでしまうと失敗する可能性があります。 カードローンの特徴は商品によってさまざまで、「全員が満足するカードローン」はないのです。

だからこそ、希望に合った1枚をしっかり選ぶ必要があります。

後悔しないためにも、不安な方は一度≪検索≫することをオススメします。

自分に合ったカードローンをカンタン検索

カードローンやお金のことに悩んだら、プロに相談!

ご相談は、無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。

お名前 
メールアドレス 
お問い合わせ内容
  • 金融庁について
  • 日本信用情報機構のJICCについて
  • 指定信用情報機関のCICについて
  • 貸金業法について
  • 消費行動診断・家計管理診断
  • 一般社団法人 全国銀行協会