更新日: 2016年10月21日

低金利で借りられる銀行カードローンを徹底比較!

「低金利であることが、カードローンを決めるポイントです」と語るインターネット上の記事は非常に多いです。
しかし、低金利が利用者に適用されるかどうかは、結局のところ審査結果によって変わってしまいます。

したがって、カードローンの表面的な数値以外の優先すべきポイントを加味した上で、カードローンは選択する必要があるということです。
ここでは低金利カードローンを徹底的に検証し、どこで借りると良いのかなどわかりやすく解説し、
低金利でカードローンを探す際の迷いを無くしたいと思います。

カードローン 低金利

低金利で借りられる銀行カードローンランキング

まずは、低金利で借りられる銀行カードローンをランキング形式でまとめました。
下記をご覧ください。

順位 名称 金利
1 みずほ銀行カードローン「エグゼクティブプラン」 3.0%~7.0%
2 住信SBIネット銀行「Mr.カードローン プレミアムコース」 1.99%~7.49%
3 りそな銀行「りそなプレミアムカードローン」 3.5%~12.475%
4 ソニー銀行カードローン 2.5%~13.8%
5 イオン銀行「カードローンBIG」 3.8%~13.8%
6 三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5%
7 楽天銀行「スーパーローン」 4.9%~14.5%
8 三菱東京UFJ銀行「バンクイック」 1.8%~14.6%
9 じぶん銀行カードローン 2.3%~17.4%
10 オリックス銀行カードローン 3.0%~17.8%

※上限金利を基準に作成しています。

低金利で借りられる銀行カードローン第1位
「みずほ銀行カードローン エグゼクティブプラン」

このプランは200万円以上の融資枠の方に適用されるコースで、上限金利がなんと7.0%というカードローンです。
融資上限額は1,000万円で、融資金額によって適用される金利があらかじめ規定されています。

ただし、金利コースは審査結果に応じて「エグゼクティブプラン」と「コンフォートプラン」に分かれます。
任意で選択することはできません。

第2位は、「住信SBIネット銀行Mr.カードローンプレミアムコース」

第1位のみずほ銀行カードローンは大手銀行が取り扱うカードローンでしたが、このカードローンはインターネットバンクが取り扱っています。

適用金利は1.99%~7.49%となっており、こちらも非常に低金利なことがわかります。
ただし、住信SBIネット銀行Mr.カードローンは2種類のコースがあり、「プレミアムコース」と「スタンダードコース」に分かれます。
コースを任意で選択することはできません。

また、図表に記載されている金利は、SBI証券口座をお持ちの方もしくは、住信SBIネット銀行の住宅ローン残高のある方に適用される優遇金利です。
対象外の方は、記載の数値よりも0.5%高い金利となります。

このように、低金利なカードローンは適用要件などが求められるケースも多く、事前に詳細な情報収集が必要です。

そこで、実際にどこで借りるのが一番おすすめなのかをご紹介したいと思います。

おすすめする低金利銀行カードローン

先述した「低金利で借りられる銀行カードローンランキング」の中で、1つおすすめできる低金利銀行カードローンを挙げるとすれば、「三井住友銀行カードローン」でしょうか。

三井住友銀行カードローン商品詳細
融資上限額 800万円
金利 4.0%~14.5%
担保・保証人 不要
最短審査時間 最短30分
口座開設 不要
無人契約機
即日融資 可能
土日即日融資 可能

三井住友銀行カードローンは4.0%~14.5%という金利帯で、融資上限額によって借入利率があらかじめ規定されています。
例えば、250万円を借り入れした場合の適用金利は、8.0%~10.0%となっています。
この適用金利の範囲内で、審査結果に応じて金利が決定されます。

三井住友銀行カードローンの特徴は、銀行カードローンの中では珍しく審査スピードが速いことです。

審査回答は最短30分となっており、スムーズに審査結果を得ることができます。
また、ランキング上位の銀行カードローンであるにも関わらず、銀行口座の開設は不要です。
したがって、わずらわしい手間も無く、融資までの時間を短縮することができます。

インターネットで申し込み後、無人契約機にてカードを受け取りすることで、即日融資を受けることができます。「即日融資を受けることのできる低金利カードローンが良い」という方にピッタリのカードローンです。

さらに詳しく即日融資が可能なカードローンについて知りたい方は、「FPが教える!本当に即日融資が可能なカードローン!最短融資の方法を教えます」参考にしてみてください。

FPが教える!
低金利以外で返済額が安く済むポイントは?

「低金利カードローンの審査が通りませんでした。他に利息を節約する方法はありますか?」というご質問をよくいただきます。

実は、金利よりも返済額を安く済ませるポイントがあるのです。

それは、「返済期間をできる限り短くすること」です。
カードローンはご存知の通り、借入期間に応じて利息が上乗せされます。

したがって、低金利カードローンを利用してズルズル返済するよりも、低金利ではないカードローンを利用し短期返済するほうが、結果的に返済額を安く済ませるケースがあるのです。

例えば、50万円を金利10%のカードローンで90日間借り入れしたとして、合計返済額は512,328円です。
対して、金利15%のカードローンで50万円を30日間で返済した場合の合計返済額は、506,164円となります。

このように、金利差が無くなってしまうほど返済期間は返済額に大きく影響するのです。
したがって、盲目的に「低金利」を求めて時間をムダにするのではなく、返済期間を含めてカードローンを選びましょう。

計画的な返済については、
カードローンの返済シミュレーションから計画的な返済をしましょう」を
参考にしてみてください。

カードローンを選ぶ際のポイントについては、
カードローンを選ぶ際のポイントをFPが徹底比較!あなたにおすすめなカードローンはこれだ!」を
参考にしてみてください。

FPが教える!借り換えに適した銀行カードローンはどこを選んだらいい?

「低金利なカードローンに変更したい」という方もたくさんいらっしゃると思います。
そのようなケースで銀行カードローンを選ぶ際は、

  • 元契約よりも低金利であること
  • 融資上限額がある程度大きいこと
  • 適用金利が融資上限額によって規定されていること

というポイントを意識すると良いでしょう。これらは返済の際に非常に重要となるポイントで、借り換えするメリットにも直結します。
上記のポイントを満たす銀行カードローンを挙げるとするなら、「りそなプレミアムカードローン」がおすすめです。

りそなプレミアムカードローンの商品詳細
融資上限額 800万円
金利 3.5%~12.475%
保証人・担保 不要
審査回答 最短当日
銀行口座開設
即日融資 口座が無ければ不可

りそなプレミアムカードローンは上限金利が12.475%という、比較的低金利なカードローンです。

融資上限額も800万円と大きく、借り換え対象としても申し分の無い融資枠の大きさです。
りそなプレミアムカードローンは融資上限額によって金利があらかじめ規定されており、事前にある程度適用される金利を知ることができます。

例えば、200万円を借り換えとして利用する場合、金利9.0%のコースが適用されます。
楽天銀行スーパーローンが上限金利14.5%ということを考えると、非常に低い水準だということがわかります。
ただし、りそなプレミアムカードローンは銀行口座を開設する必要がありますので、融資までの時間は比較的長いです。
したがって、即日融資をご希望の方は他のカードローンを選択しましょう。

借り換え以外にも、
おまとめローンをする選択もあります。

おまとめローンとは、複数の貸金契約を1つに絞ることで返済の簡略化、利息の削減を目指すものです。

おまとめローンとして人気があるのは、「オリックス銀行カードローン」や「楽天銀行スーパーローン」です。
これらのカードローンはネット銀行ということもあって提携ATMが多く、利便性の良さが特徴です。

この2つのカードローンは公式ホームページでも「おまとめ可能」と記載されていますので、その他の銀行カードローンよりも、おまとめに対して積極的に融資を行っていることがわかります。

カードローンの借り換えについて、もっと知りたい方は「絶対に損をしない、カードローン借り換えの全てを教えます!」を参考にしてみてください。

まとめ

銀行カードローンは種類が多く、その中からご自身にピッタリのカードローンを見つけるには手間と時間を要します。
時間の効率化と的確なカードローン選びのため、今回触れた情報をぜひ活用して下さい。

執筆者情報

K&T FP事務所

はじめまして。当サイトの執筆を担当している「K&T FP事務所」と申します。どうぞよろしくお願いいたします。当サイトにおいて私は、「正しい情報を必要とする方のお手伝いをしたい」という思いで執筆しています。

カードローンやお金のことに悩んだら、プロに相談!

ご相談は、無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。

お名前 
メールアドレス 
お問い合わせ内容
  • 貸金業法について
  • 消費行動診断・家計管理診断
  • 一般社団法人 全国銀行協会