最終更新日:公開日:2017年09月25日

出光クレジット「出光カードカードローン」を徹底解説!

2018年1月より審査が厳格化され、「銀行が扱うカードローン」はすべて即日審査・即日融資ができなくなりました。これに伴い、“正しい情報”への修正を進めておりますが、まだ完全ではありません。もし本記事で「銀行カードローンで即日審査・融資が可能」という内容が含まれていても、2018年1月からは「不可能」です。ご注意ください。

「今使っているクレジットカードと一緒に、カードローンを使いたい。」
これからカードローンの利用を考えている方は、会社選びには慎重になりますよね。

中には、手持ちのクレジットカード会社が運営しているカードローンを利用したいと思っている人もいるのではないでしょうか。

出光のクレジットカードを持っている人におすすめなのが、「出光カード カードローン」です。

「出光カード カードローン」では、専用ローンカードを使用して、お得な金利で融資を受けることができますよ。

今回は出光クレジット「出光カード カードローン」の特徴やメリットデメリット、申し込みの流れなどについて詳しく説明していきます。

出光クレジット「出光カードカードローン」を徹底解説!

出光クレジット「出光カード カードローン」の基本情報と特徴・サービス

まずは、「出光カード カードローン」の基本情報や特徴・サービスなどについて見ていきましょう。

特徴1.出光個人カード所持者のためのカードローン

出光クレジットのカードローンは、出光の個人用クレジットカードを持っている人のためのカードローンです。つまり、出光カードまいどプラス・出光カード・出光ゴールドカードなどの個人用カードを利用している方がカードローンの申し込みも可能となっています。

出光の個人用クレジットカードを持っていない人は、申し込みはできません。

出光クレジットのカードローンを利用するためには、まずは出光の個人用クレジットカードを作る必要があります。

出光の法人用クレジットカードを持っている人は法人用のカードローンがありますので、そちらを利用しましょう。

特徴2.適用金利は15.0%

「出光カード カードローン」の適用金利は15.0%です。
大手消費者金融や銀行カードローンの場合には、下限金利と上限金利の幅が広いものが多くなっています。

そのため新規契約をしたときに、どれくらいの金利で借りられるのかが分かりにくいと感じる人もいますよね。

しかし、「出光カード カードローン」金利は一律15.0%となっており、契約後に適用される金利が明確です。

また、出光クレジットのカードローンは大手消費者金融よりも利息を節約したいという人に、おすすめのカードローンです。

なぜなら、下限金利と上限金利に幅があるカードローンでも、新規契約者のほとんどに上限金利が適用されるためです。

大手消費者金融の上限金利は17.8%~18%となっており、「出光カード カードローン」より3%ほど高くなっています。

なお、メガバンクの上限金利はいずれも14%~14.6%となっていますので、「出光カード カードローン」より1%程度低めの設定です。

金利に幅があると一見分かりにくいのですが、カードローンを選ぶ時には、上限金利をしっかりチェックすると利息の少ないカードローンを選べますよ。

特徴3.利用限度額は100万円

大手消費者金融や銀行カードローンの場合、最高利用限度額は500万円~1000万円という高額なものまであります。

一方、「出光カード カードローン」の最高利用限度額は100万円となっており、他社に比べて低めの設定に見えます。

しかし、カードローンは審査の結果で個人個人で限度額が設定されます。

また、消費者金融などは利用者の年収の3分の1以上を貸し付けることができない総量規制という決まりの対象になっています。

ノンバンク系のカードローンは総量規制の対象ですので、設定される限度額にはそれほど差が出ることはなさそうです。

特徴4.申し込みから融資までに最短2週間かかる

「出光カード カードローン」は、申し込みから専用カードの発行までに最短2週間の時間がかかります。

そのため、即日融資などスピード融資を希望している方にとっては不向きなカードローンです。

コールセンターに確認したところ、審査結果も専用カード通知と一緒にされるため最短2週間ほどかかってしまうようです。

いずれにせよ即日融資には対応していませんので、融資を急いでいる方は他のカードローンを検討してみましょう。

特徴5.申込条件は年齢23歳以上年収300万円以上

大手消費者金融やメガバンクカードローンの多くは満20歳以上から申し込みが可能です。

また年収に関しても「安定した収入のある人」という記載のみで、具体的な年収の条件があるところは少なくなっています。

しかし、「出光カード カードローン」では、申し込み年齢は23歳以上、年収は300万円以上と条件が設定されています。

よって出光カードカードローンは、他社に比べて申し込み基準の高いカードローンであるといえます。

大手銀行・消費者金融カードローンとの違いを徹底比較

消費者金融カードローンとの違い

カードローン名 金利 契約極度額 申し込み~融資までにかかる時間 専業主婦の申し込み 申込条件
出光クレジットカードローン 15.0% 100万円 最短2週間 不可
  • 23歳以上の出光カード(個人用)を持っている人
  • 年収300万円以上の人
  • 電話連絡可能な人
アコム 3.0%~18.0% 800万円 最短即日 不可 20歳以上の安定した収入と返済能力を有する人で、アコムの基準を満たす人
プロミス 4.5%~17.8% 500万円 最短即日 不可 年齢20~69歳の本人に安定した収入のある人
アイフル 3.0%~18.0% 最大800万円 最短即日 不可 満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する人で、アイフル基準を満たす人
レイクALSA 4.5%~18.0% 500万円 最短即日※2 不可 満20歳以上70歳以下で、安定収入がある人
みずほ銀行カードローン 年2.0%~14.0%※(※1) 800万円 契約時の年齢が満20歳以上満66歳未満の人で、安定した収入があり、オリコの保証を受けることができる人
三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」 1.8%~14.6% 500万円 年齢が満20歳以上65歳未満の国内に居住する個人で、原則安定した収入があり、保証会社の保証を受けられる人
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5% 800万円 年齢が満20歳以上65歳未満の国内に居住する個人で、原則安定した収入がある人

※1.住宅ローンをご利用の場合、みずほ銀行カードローンの金利は年0.5%引き下げとなります。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。
※2.最短即日融資は平日14時までに、申込と必要書類の確認の完了が必要

比較から分かる、出光クレジットカードローンのメリット

  • 金利が消費者金融カードローンの最大金利より低めで利息が節約できる
  • 金利が一律15.0%なので、利息の計算がしやすい
  • 出光クレジットカードの審査に通過している人のみ利用可能なので、申込条件を満たしていれば審査通過しやすい

比較から分かる、出光クレジットカードローンのデメリット

  • 申し込みから融資までに時間がかかる
  • 申し込み基準が他社に比べて厳しい

出光クレジットカードローンに向いている人・向いていない人

向いている人・向いていない人

出光クレジットカードローンに向いている人と向いていない人の特徴を簡潔にまとめてみました。

向いている人

すでに出光の個人用クレジットカードを持っている方で消費者金融よりも低金利でカードローンを利用したい人

向いていない人

年齢が23歳未満または年収が300万円未満の方、申し込みからすぐに融資を受けたい人

向いていない人におすすめのカードローン

出光のクレジットカードを持っているけど、基準が満たせないので申し込みできないという人におすすめなのが、メガバンクである都市銀行のカードローンです。

都市銀行のカードローンなら、申し込み年齢が満20歳以上となっており、年収に関しても条件に金額の指定がありません。

アルバイトやパートでも申し込み可能なところが多いことからも、年収よりも収入の安定性が重視されています。
年数が300万円未満であっても、毎月安定した収入がある方なら申し込み可能です。

最短融資を受ける方法と必要書類

最短融資を受ける方法と必要書類

出光クレジットカードローンの特徴・メリット・デメリットが分かったところで実際の手続き方法を見ていきましょう。

出光クレジットカードローンは、申し込みから融資までに最短2週間以上かかってしまいます。
融資まで特に急いでいないとはいっても、なるべく早く取り引きを始めたいですよね。

そこで、最短融資を受ける方法や必要書類について詳しく説明していきます。

即日融資の可否と審査・融資スピード

出光クレジットカードローンで融資を受けるためには、必ず専用のローンカードが必要になります。
ローンカードは申し込みから最短2週間での発送となるため、即日融資は対応していません。

また、審査結果に関しても審査通過となった場合には専用カードが届き、審査落ちとなった場合には通知書が届きます。
いずれにせよ、審査の結果を知るまでに最短2週間以上かかります。

分かりやすい!申込から融資までの流れ

それでは実際に、出光クレジットカードローンの申し込みから融資までの流れを見ていきましょう。

  1. 出光クレジットカードローンの会員サービスデスクに電話をし、専用申込書を郵送にて送ってもらいます。
  2. 専用申込書が郵送で届いたら必要次項を記入して、出光クレジットカードローンのサービスデスクに返送します。
  3. 出光側に書類到着後、審査が始まります。
    (オペレーターに問い合わせたところ、必要であれば在籍確認の電話をするとのことです。)
  4. 審査通過となれば申し込みから最短2週間でローンカードが発行されます。

※審査落ちとなった場合でも、申し込みから最短2週間ほどで通知が届きます。

最短融資を受けるためのポイント

出光クレジットカードローンでは、申し込みの手続き方法が、電話で申込書を送ってもらう方法のみです。
そのため、申し込みから融資までの時間を特別短くする方法はありません。

しいていえば申込書を電話で請求する時に、「融資を急いでいる」と伝えておけば早めに申込書を送ってくれるでしょう。

さらに、申込書を返送した後にも重ねて「融資を急いでいる」と電話しておくと早めに手続きしてもらえる可能性があります。

申込時に用意しておく必要書類リスト

必要書類

出光クレジットカードローンを申し込む時に必要になる書類は以下の通りです。

  • 出光の個人用クレジットカード
  • 本人確認書類(運転免許証やパスポートなど)

書類準備における注意点

出光クレジットカードローンを利用するためには、出光の個人用クレジットカードを持っていることが条件です。

申込書にクレジットカードの番号を記載するので、出光のカードを手元に忘れずに用意しておきましょう。

また、本人確認書類に関しては、現住所の記載がある期限内のもののみ有効です。
旧住所になっている方や、期限切れの本人確認書類は認められませんので注意してください。

審査を通るために注意したいこと・コツ

審査のコツ

出光クレジットカードローンは、年齢や年収などの申込条件が他社に比べて厳しいため、申込者そのものが厳選されています。

申込者の申告内容で審査落ちになることはほとんどありませんが、個人信用情報の確認で審査落ちとなることがあります。

個人信用情報とは、個人と企業とのお金の貸し借りの記録です。
住宅ローンやカードローン、クレジットカードのキャッシング枠の利用状況などが記録されています。

金融機関が共通して見ることができる情報ですので、他社で返済トラブルを起こしていると審査通過ができなくなります。

また、他社での返済遅れがなくても、現在他社借り入れが多い場合にも審査に落ちてしまう可能性があります。

現在他社の借り入れがある方は、出光クレジットカードローンの申し込み前になるべく完済しておくことをおすすめします。
また、完済できないとしても返済期日をしっかり守り、取り引きしておくことが大切です。

出光クレジットカードローンの借入方法

カードローンの借入れ方法

出光クレジットカードローンは、専用のローンカードを利用して取り引きを行ないます。
ゆうちょ銀行など、全国提携金融機関のCD・ATMやコンビニATMなどでも利用可能です。
振り込みでの融資には対応していません。

出光クレジットカードローンの返済方法

返済方法

出光カードローンの返済方法は、1回払いとリボ払いの2つを選ぶことができます。
はじめに1回払いを選んだ場合でも、後からリボ払いに変更することも可能です。
借り入れをした翌々月7日に、引き落としが行なわれます。

返済シミュレーション

返済シュミレーション

それでは実際に、出光カードローンで10万円を借り入れた時のシミュレーションを見ていきましょう。
金利は、出光カードローンの一律適用金利である15%にて計算しています。

1回払い
(借り入れから30日で返済した場合)
リボ払い
支払い回数 1回 11回
毎月の支払額 101,232円 10,000円
利息総額 1,232円 7497円
支払い総額 101,232円 107,497円

出光カードローンは、1回払いかリボ払いを選択して返済をしますが、支払い方法でおよそ6000円の差が生じます。

現在はリボ払いにしている方でも、途中から一括で返済することは可能です。

最初から1回払いはできないという方でも、リボ払いをコツコツ続け、残高が減ってきたら1回払いに変更し、利息を節約するのもおすすめです。

まとめ

今回は、出光クレジット「出光カード カードローン」を紹介しました。
出光カード カードローンは、出光の個人用クレジットカードを利用している人のみ申し込みできるカードローンです。

金利も消費者金融よりも3%程度低くなっており、利息を節約しながら借り入れができます。

ただし23歳以上年収300万円以上と、他社のカードローンに比べて申し込み条件が多く、ハードルが高くなっています。

また、申し込みから融資までに最短2週間程度の時間がかかってしまうというデメリットもあります。

しかし、審査通過後に専用のローンカードが届けば、提携先金融機関やコンビニATMでいつでも借り入れが可能です。

また、返済も1回払いとリボ払いが選べるので、自分のお財布の状況によって選択できます。

リボ払いから1回払いに途中で変更することもできますので、お金に余裕ができた段階で1回払いに変更し利息の節約もできます。

まずは、メリット・デメリットをしっかり押さえて、出光カード カードローンへの申し込みを検討してみてくださいね。

融資スピード?無利息?
損しないカードローンを見つけるカンタンな方法

お金が必要でも、カードローンを適当に選んでしまうのは怖いですよね。

  • 必要なタイミングで融資を受けられなかったらどうしよう
  • 思ったよりも利息が多くなって返せなくなったらどうしよう

など、さまざまな不安があるでしょう。

実際、適当に選んでしまうと失敗する可能性があります。 カードローンの特徴は商品によってさまざまで、「全員が満足するカードローン」はないのです。

だからこそ、希望に合った1枚をしっかり選ぶ必要があります。

後悔しないためにも、不安な方は一度≪検索≫することをオススメします。

自分に合ったカードローンをカンタン検索

カードローンやお金のことに悩んだら、プロに相談!

ご相談は、無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。

弊社都合で誠に申し訳ございませんが、下記の点について、あらかじめご了承の上お問い合わせください。

  • お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることがございます。
  • お問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。
  • 弊社では直接のお申込を承っておりません。
    各サービスの詳細や、返済等についてはサービス事業者に直接お問い合わせください。

主なサービスの問い合わせ
プロミス:0120-24-0365
アイフル:0120-201-810
アコム :0120-07-1000

お名前 
メールアドレス 
お問い合わせ内容
  • 金融庁について
  • 日本信用情報機構のJICCについて
  • 指定信用情報機関のCICについて
  • 貸金業法について
  • 消費行動診断・家計管理診断
  • 一般社団法人 全国銀行協会