2017年11月30日

FP解説!豊和銀行カードローン4種の選び方と使い勝手を徹底検証

豊和銀行が取り扱っているカードローンは、「ほうわSmartカードローン」「ほうわHigh Classカードローン」「カードローンプラス」「ほうわレディースカードローン」の4種類があり、それぞれ商品内容は異なります。

しかしながら、豊富なラインナップがあるが故に、「結局どれが自分に合っているのかがわからない…」と感じている方も多いのではないでしょうか。

この記事では、豊和銀行カードローンのわかりやすい選び方を解説した上で、審査の手続きや返済方法など、あらゆる角度から徹底紹介していきます。

豊和銀行カードローンについてFPが徹底紹介

豊和銀行カードローンはどんなローン?

豊和銀行は、大分県大分市を中心に事業を運営している地方銀行です。

冒頭でも触れたように、豊和銀行が取り扱うカードローンは4商品と種類が多く、カードローン選びに悩んでしまう方もいらっしゃるかと思います。

まずは、大まかな道しるべとして、それぞれのカードローンにおすすめできる人を分類してみました。

豊和銀行カードローンの選び方
こんな人におすすめ カードローンの
種類
金利 限度額
  • カードローンを初めて利用する方
  • 標準的な資金ニーズを満たせる商品を選択したい方
ほうわSmart
カードローン
4.5~14.0% 10~500万円
  • 借入希望額が500万円以上で、審査に自信のある方
ほうわHigh Class
カードローン
3.5~4.0% 510~1,000万円
  • 満20歳以上満60歳未満で、勤続年数3年以上、前年度年収350万円以上の基準を満たせる方
カードローンプラス 6.5~13.5% 50~300万円
  • 女性専用のカードローンを希望する方
ほうわレディース
カードローン
9.8% 10~100万円

豊和銀行カードローンの違いを簡単にいうなら、「保証会社の違い」「金利の違い」「限度額の違い」の3つです。

金利面において有利なのは「ほうわHigh Classカードローン」で、大きな限度額と低い金利が特徴となっています。加えて、「カードローンプラス」も同様に金利の低さが特徴となっています。

しかし、ここで注意すべき点があります。それは、「審査の厳しさ」です。
「ほうわHigh Classカードローン」は、限度額が最低510万円以上からとなっています。

「カードローンプラス」は小さな限度額から対応していますが、こちらは審査の条件として、「勤続年数3年以上、年収350万円以上」と明記されています。
つまりわかりやすくいえば、これら2つの商品は審査基準が厳しめなのです。

 また、女性専用となっている「ほうわレディースカードローン」は低金利が魅力ではあるものの、限度額が100万円以内と小さめです。

これらを含めて考えると、多くの方が利用しやすいのは「ほうわSmartカードローン」でしょう。金利面では他の商品に劣るものの、限度額の大きさ、審査の申し込みやすさにおいては、他の商品よりも選択しやすい内容となっています。

したがって、上記表に該当していない方、どれを選べばいいのかがわからない方は、「ほうわSmartカードローン」を選択すると良いでしょう。

この記事では、ほうわSmartカードローンに絞って解説していきます。
ほうわSmartカードローンの商品詳細は下記のとおりです。

金利 4.5%~14.0%
限度額 500万円
申込条件
  • 満20歳以上満70歳以下で安定した収入のある方
  • 居住家屋に電話または携帯電話のある方
  • 勤務先または居住地が取扱店の営業地域内(下記参照)にある方
  • 保証会社の保証を受けられる方

※豊和銀行の営業地域は、「大分県、福岡県、熊本県」の支店がある地域
※パート・アルバイト、配偶者に給与収入のある専業主婦、年金収入のみの方でも利用可能

審査時間 最短翌営業日
口座開設 必須
即日融資 不可
土日即日融資 不可
来店契約 必須

ほうわSmartカードローンの特徴は、

  • 配偶者に収入のある専業主婦、年金受給者でも申込可能
  • 申し込み条件は広め
  • 限度額に応じてあらかじめ金利が決まっている
  • 仮審査後、窓口での正式契約が必要
  • キャッシュカードにカードローン機能が付加される

となっています。
ほうわSmartカードローンは、「手持ちの豊和銀行口座を使って、カードローンを利用したい」という方に適した商品です。

あなたの希望に合っている?
「馴染みある地元の豊和銀行だから」で決めないで!

地元銀行という安心感だけで選ぶと、「急いでいるのに、お金を借りるまでに時間がかかった」「大手銀行の方が低金利だった」「支店数が少なく、働きながら窓口に行きにくい」といった不便さが生じてしまいます。もしかしたら、ほかにもっと最適なカードローンがあるかもしれません。

▶あなたのニーズに応えるカードローン

カードローンは借金なので、できるだけニーズに合った1枚を選びましょう。

あなたの希望は? おすすめの1枚
今日中に借りたい

プロミス

早さより低金利を優先

みずほ銀行カードローン

大手銀行カードローンとの違いを徹底比較

大手銀行カードローンとの違いを徹底比較

ほうわSmartカードローンは、キャッシュカード1枚でカードローン機能も利用できる商品です。

しかし、一口にカードローンと言っても、他行が取り扱っているものも含めると多数の商品が存在しています。

したがって、よりご自身のニーズに合ったカードローンを見つけるためには、他行の商品とも比較検討したほうが良いでしょう。

ここでは、銀行カードローンの中でも特に人気の高い商品と、ほうわSmartカードローンを比較してみたいと思います。
下記の表をご覧ください。

ほうわSmartカードローンと他社カードローン比較一覧
カードローン名 金利 限度額 審査スピード 口座開設 毎月の最低返済額 提携ATM
利用手数料
ほうわSmartカードローン 4.5%~14.0% 最大500万円 最短翌営業日 必須 5,000円 提携ATMなし(口座入金と同様の取り扱い)
みずほ銀行カードローン 年2.0%~14.0% 最大800万円 必須
(同時申込可)
10,000円 原則有料
(108円~216円)
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5% 最大800万円 不要 2,000円 原則無料
三菱東京UFJ銀行カードローン
「バンクイック」
1.8%~14.6% 最大500万円 不要 1,000円 無料
りそな銀行カードローン
「プレミアムカードローン」
3.5%~12.475% 最大800万円 最短即日 必須 10,000円 有料
(108円~216円)
りそな銀行カードローン
「クイックカードローン」
9.0%~12.475% 最大200万円 最短2時間 必須 10,000円 有料
(108円~216円)
楽天銀行「スーパーローン」 1.9%~14.5% 最大800万円 不要 2,000円 原則無料
イオン銀行カードローン 3.8%~13.8% 最大800万円 不要 1,000円 イオン銀行ATM・コンビニATMは無料

上記から、ほうわSmartカードローンをあえて選択すべきなのは、「豊和銀行のキャッシュカードでカードローンも利用したい」という場合でしょう。

ほうわSmartカードローンは他行の商品とは異なり、預金口座にカードローン機能がセットされる仕組みになっています。したがって、専用のローンカードが発行されないのです。

このような特徴を踏まえると、既に豊和銀行の口座をお持ちで、「カードを何枚も増やしたくない」という方には特に適しているでしょう。

豊和銀行カードローンの強みや弱みを徹底比較

豊和銀行カードローンの強みや弱みを徹底比較

ほうわSmartカードローンは、他社とは異なる特徴を持つ個性的な商品です。
しかし当然ながら弱点ともいえる部分があり、メリットばかりの商品ではありません。
ほうわSmartカードローンの強み、弱みを簡単にまとめました。

豊和銀行カードローンの強み

ほうわSmartカードローンの強みは、

  • キャッシュカードでカードローン機能も利用できる
  • 申し込み条件が広い
  • 上限金利が比較的低い

という点でしょう。

やはり、「キャッシュカードでカードローン機能を利用できる」という点は、ほうわSmartカードローン独自の大きな強みだといえるでしょう。

豊和銀行カードローンの弱み

対して、ほうわSmartカードローンの弱みは、

  • 窓口での契約が必須
  • 臨時的な返済は、豊和銀行ATMと窓口のみの取り扱い
  • 即日融資は不可

という点です。

特に、臨時的な返済が豊和銀行ATMと窓口のみの取り扱いという点は、利用者の利便性にも大きく影響するポイントですので、ほうわSmartカードローンの大きな弱みだといえます。

FPが教える豊和銀行カードローンに向いている人・向いていない人

FPが教える豊和銀行カードローンに向いている人・向いていない人

大東銀行カードローン スマイルポケットには強みと弱みがあり、向いている人もいれば、向いていない人もいるということです。大東銀行カードローンスマイルポケットに向いている人、向いていない人をそれぞれまとめてみました。

向いている人

ほうわSmartカードローンに向いている人は、

  • 豊和銀行の口座を既に持っている
  • カードの枚数を増やしたくない
  • 普段から豊和銀行をよく利用している

という方でしょう。

ほうわSmartカードローンは個性的な特徴を持ち、既に豊和銀行との取引がある方に適したカードローンです。

口座にカードローン機能が付加される商品ですので、近隣に豊和銀行の支店やATMがある方にピッタリの商品でしょう。

向いていない人

対して、ほうわSmartカードローンに向いていない人は、

  • 即日融資を受けたい
  • 口座を開設せずカードローンを契約したい
  • 提携ATMを便利に活用したい

という方です。

では、ほうわSmartカードローンに向いていない人に適した商品は、どのようなカードローンなのでしょうか。

数あるカードローンの中からピッタリの商品を厳選するならば、「三井住友銀行カードローン」が良いでしょう。

三井住友銀行カードローンをおすすめする理由は、

  • 上限金利が14.5%なので、ほうわSmartカードローンとほぼ同水準
  • 無人契約機が運営されているので、素早くローンカードを発行することができる
  • 店舗へ行かず、郵送で契約することも可能
  • 提携先ATMが多く、手数料も原則無料で活用できる

などがあります。

三井住友銀行カードローンは、「使い勝手の良い優秀なカードローンを探している」という方に適した商品です。

豊和銀行カードローンの必要書類

必要書類

ほうわSmartカードローンの必要書類は下記のとおりです。

本人確認書類
運転免許証、健康保険証などの確認書類
収入証明書類
保証会社から提出依頼があった場合は、提出が必要
その他
口座の通帳、口座届出印(※口座をお持ちでない方は、新規届出用の印鑑)

即日融資/最短融資を受ける方法

最短融資の方法と審査にかかる時間はどれぐらい

ほうわSmartカードローンを検討中で、「できる限り早くお金を借入したい」という方も中にはいらっしゃると思います。
ここでは、ほうわSmartカードローンで最短融資を受ける方法を解説していきましょう。

即日融資の可否と審査スピード

ほうわSmartカードローンの審査スピードは「最短翌営業日」で、即日融資には対応していません

最短で融資を受ける方法と流れ

ほうわSmartカードローンで最短融資を受ける場合、「インターネット申し込み」を利用します。最短融資を受ける流れは下記のとおりです。

ほうわSmartカードローンで最短融資を受ける流れ

  1. ほうわSmartカードローンの公式ホームページから仮審査を申し込む
  2. 審査の実施
  3. 後日、審査結果の連絡が入る
  4. 必要書類を持参の上、取扱店へ行く
  5. 契約書を記載し、カードローンの契約を完了する。口座をお持ちでない方は、併せて口座を開設する
  6. 窓口に、「カードローン機能が付加されたら連絡してほしい」と伝えておく
  7. 後日、キャッシュカードでATMから現金を引き出す

※カードローン機能を利用できるまでの目安時間は、最短で契約完了の翌営業日です。

豊和銀行の店舗・ATMをお探しの方

全国に設置された豊和銀行の店舗やATMを下記のMAPから探すことができます。
最寄りの店舗を知りたい方は、都道府県から検索してみてください。

北海道

  • 北海道

東北

  • 青森
  • 岩手
  • 宮城
  • 秋田
  • 山形
  • 福島

関東

  • 東京
  • 神奈川
  • 千葉
  • 埼玉
  • 茨城
  • 栃木
  • 群馬

甲信越・北陸

  • 山梨
  • 長野
  • 新潟
  • 富山
  • 石川
  • 福井

東海

  • 愛知
  • 静岡
  • 岐阜
  • 三重

近畿

  • 大阪
  • 兵庫
  • 京都
  • 滋賀
  • 奈良
  • 和歌山

中国

  • 岡山
  • 広島
  • 鳥取
  • 島根
  • 山口

四国

  • 愛媛
  • 香川
  • 徳島
  • 高知

九州・沖縄

審査を通りやすくするコツ

審査を通りやすくするコツ

ほうわSmartカードローンの審査を通りやすくするコツは、申し込み時に記載する「借入希望金額」を少なく抑えることです。

借入希望額を抑えることで、求められる返済能力の基準が下がり、審査結果に良い影響が現れる可能性があります。

豊和銀行カードローンの返済方法

返済方法イメージイラスト

ほうわSmartカードローンで無事に借入できた後は、月に1度の返済が必要となります。
ほうわSmartカードローンの返済方法をご説明しましょう。

返済方法と期日

ほうわSmartカードローンの返済方法と期日は、

毎月の返済
毎月12日に本人名義の豊和銀行口座から自動引き落とし
臨時の返済
カードローン通帳を使い、豊和銀行ATMまたは窓口で随時

となっています。

返済で利用可能なATM

ほうわSmartカードローンを返済可能なATMは「豊和銀行ATM」のみとなっています。
ただし、返済用普通預金口座への入金は

  • セブン銀行ATM
  • ローソンATM

※108円~216円の利用手数料が必要となります。

こちらの提携ATMを利用することができます。

まとめ

ほうわSmartカードローンは、独自の特徴が魅力となっている商品です。
ただし、他行の商品とは利用方法などが異なるポイントもありますので、注意点をしっかり把握しておきましょう。

電話確認実施内容

4つのカードローンには、どのような違いがあるのでしょうか?
大まかな違いでいえば、保証会社がそれぞれ異なります。
また、商品ごとの特徴でいいますと、低金利かつ限度額の大きい商品が「ほうわHigh Classカードローン」、女性専用の商品が「ほうわレディースカードローン」、申込条件が少し細かめですが、金利は低めに設定されている商品が「カードローンプラス」、申込条件面で多くの方が利用しやすい商品が「ほうわSmartカードローン」となっています。
詳細は、公式ホームページをご覧くださいませ。
ほうわSmartカードローンの審査にかかる時間はどのくらいですか?
最短で、お申し込みいただいた翌営業日の審査回答となっております。
ほうわSmartカードローンは、キャッシュカードとローンカードが別々に発行される商品ですか?
いえ。
当行のカードローンは全て、預金口座にセットされる形になっております。
したがいまして、専用のローンカードが発行されるわけではございませんので、あらかじめご注意ください。
利用できる提携ATMを教えてください。
当行のカードローンは、口座にカードローン機能がセットされる形になっております。
そのため、カードローン機能のみを提携ATMでご利用いただくことができません。
余裕ができた際の追加返済は、当行ATMでご利用いただけますので、カードローン通帳をお持ちの上ご利用くださいませ。
普通預金口座への入金は、セブン銀行ATM、ローソンATMをご利用いただけます。
ほうわSmartカードローンで融資を受けられるまでの時間はどのくらいでしょうか?
窓口での本契約後、最短で翌営業日の利用開始となっております。
利用開始時にご連絡をご希望される場合は、窓口にお申し付けください。

融資スピード?無利息?
損しないカードローンを見つけるカンタンな方法

お金が必要でも、カードローンを適当に選んでしまうのは怖いですよね。

  • 必要なタイミングで融資を受けられなかったらどうしよう
  • 思ったよりも利息が多くなって返せなくなったらどうしよう

など、さまざまな不安があるでしょう。

実際、適当に選んでしまうと失敗する可能性があります。 カードローンの特徴は商品によってさまざまで、「全員が満足するカードローン」はないのです。

だからこそ、希望に合った1枚をしっかり選ぶ必要があります。

後悔しないためにも、不安な方は一度≪検索≫することをオススメします。

自分に合ったカードローンをカンタン検索

執筆者情報

K&T FP事務所

はじめまして。当サイトの執筆を担当している「K&T FP事務所」と申します。どうぞよろしくお願いいたします。当サイトにおいて私は、「正しい情報を必要とする方のお手伝いをしたい」という思いで執筆しています。

カードローンやお金のことに悩んだら、プロに相談!

ご相談は、無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。

お名前 
メールアドレス 
お問い合わせ内容
  • 金融庁について
  • 日本信用情報機構のJICCについて
  • 指定信用情報機関のCICについて
  • 貸金業法について
  • 消費行動診断・家計管理診断
  • 一般社団法人 全国銀行協会