更新日: 2017年7月3日

広島銀行カードローンの強み・弱みとは?各商品の特徴を徹底紹介

広島県に拠点を置く広島銀行は、地域の人たちが一番に相談できる銀行を目指して営業を行っています。

支店は広島県内をはじめ、山口県や福岡県、岡山県などの県外にも幅広く展開しています。

この広島銀行で利用できるカードローンは、「マイライフプラス」と「ハローローンワイド」が主です。

「マイライフプラス」は、一定の条件を満たせばWEBで契約が完結できて簡単です。
「ハローローンワイド」は、広島銀行の口座がなくても申し込みができて、気軽に利用できるのです。

その他にも、定例年収のある正社員を対象とした「スーパーカードローンVIP」や、公務員専用の「公務員カードローン」、「ミニ公務員カードローン」といった種類もありますが、今回はメインとして取り扱っている「マイライフプラス」と「ハローローンワイド」について紹介します。

自分に合わせて選べる広島銀行カードローンを徹底紹介

広島銀行カードローンはどんなローン?

広島銀行の「マイライフプラス」と「ハローローンワイド」には、カードローンの形態のほかに、分割返済型ローンも用意されています。
今回は、カードローン形態について詳しく見ていきましょう。

「マイライフプラス」の特徴

すでに広島銀行の口座を持っているのであれば、借入限度額300万円までなら申し込みはWEBで完結できます。

借入や返済に関しては、利用できる提携するATMが多く、その数は広島県内でもトップクラスです。

「マイライフプラス」の借入限度額と金利

「マイライフプラス」は低金利が魅力で、変動金利の場合は年3.475%~13.975%、固定金利の場合は年8.0%となっています。

借入限度額は10万円~500万円までです。

「ハローローンワイド」の特徴

「ハローローンワイド」では、広島銀行の口座を持っていれば、WEBで完結できます。
また広島銀行の口座を持っていない場合でも申し込み可能なのです。

「ハローローンワイド」の借入限度額と金利

金利はいずれも年12.0%~14.6%です。
借入限度額の範囲は「マイライフプラス」と同様で10万円~500万円です。

「ハローローンワイド」で口座なしで契約した場合、返済は提携ATMから可能ですが、このときに月間3回までの利用なら、手数料が無料になります。

広島銀行「マイライフプラス」の限度額と金利
限度額 金利
10万円~500万円 変動:年3.475%~13.975%
固定:年8.0%
広島銀行「ハローローンワイド」の限度額と金利
限度額 金利
10万円~90万円 年14.6%
100万円~290万円 年14.0%
300万円~500万円 年12.0%

では、次の章では大手銀行カードローンと比較したとき、「マイライフプラス」と「ハローローンワイド」がより優れている点について紹介します。

大手銀行カードローンとの違いを徹底比較

大手銀行カードローンとの違いを徹底比較

広島銀行カードローンと他社カードローン比較一覧
カードローン名 金利 限度額 審査スピード 口座開設 毎月の最低返済額 提携ATM
利用手数料
広島銀行カードローン「マイライフプラス」 変動:3.475%~13.975%
固定:8.0%
最大500万円 最短即日 必須 2,000円 原則有料
(108円~216円)
みずほ銀行カードローン 年2.0%~14.0% 最大800万円 必須
(同時申込可)
10,000円 原則有料
(108円~216円)
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5% 最大800万円 不要 2,000円 原則無料
三菱東京UFJ銀行カードローン
「バンクイック」
1.8%~14.6% 最大500万円 不要 1,000円 無料
りそな銀行カードローン
「プレミアムカードローン」
3.5%~12.475% 最大800万円 最短即日 必須 10,000円 有料
(108円~216円)
りそな銀行カードローン
「クイックカードローン」
9.0%~12.475% 最大200万円 最短2時間 必須 10,000円 有料
(108円~216円)
楽天銀行「スーパーローン」 1.9%~14.5% 最大800万円 最短即日 不要 2,000円 原則無料
イオン銀行カードローン 3.8%~13.8% 最大800万円 最短即日 不要 1,000円 イオン銀行ATM・コンビニATMは無料

大手銀行のカードローンに比べて、「マイライフプラス」「ハローローンワイド」の優れている点とはどこでしょうか。

「マイライフプラス」

金利が低い

「マイライフプラス」の金利は、大手銀行カードローンと比べても低い水準です。

「マイライフプラス」の借入限度額の最大は500万円であり、借入限度額が大きくなるほど金利は低くなりますから、借入限度額500万円の場合、最低金利は年3.475%と予想できます。

一方、例えばイオン銀行「カードローンBIG」の場合だと、借入限度額500万円の場合、金利は年4.80%です。

大手銀行カードローンと比較した際に、できるだけ低金利でお得に借入したい方には大変おすすめのサービスでしょう。

「ハローローンワイド」

提携ATMを利用する際に月間3回まで手数料無料

大手銀行カードローンでは、提携ATMの利用手数料を徴収されるところも多くあります。

「ハローローンワイド」でその月に借入1回、返済1回を行ったとしても、提携ATM手数料無料の条件である3回には達しませんから、手数料なしで利用することもできて、かなりお得になるでしょう。

大手銀行の場合、手数料が原則有料となっているところも多いので、3回まで無料で利用できるのは「ハローローンワイド」の大きな魅力です。

口座開設不要

大手銀行カードローンの中には、口座開設が必要なものもあります。
「ハローローンワイド」は口座開設がいりませんから、多くの人が利用できて便利です。

大手銀行カードローンと比べても優れた点がある「マイライフプラス」と「ハローローンワイド」ですが、次の章ではそれぞれにある強みと弱みについて見ていきます。

広島銀行カードローンの強みや弱みを徹底比較

広島銀行カードローンの強みや弱みを徹底比較

「マイライフプラス」と「ハローローンワイド」には、強みもあれば弱みもあります。
まずは、「マイライフプラス」の強みと弱みについて見ていきましょう。

広島銀行カードローン「マイライフプラス」のメリット・デメリット
メリット デメリット
広島銀行の口座所有・借入限度額300万円までで申し込みはWEB完結 広島銀行の営業エリア内に在住・勤務している人以外は申し込み不可
審査は最短即日回答 前年度の年収200万円未満の場合は対象外
提携コンビニATMの数が多い 58歳以上は申し込みできない
比較的低金利 即日融資ができない
借入限度額の最大500万円まで 約定返済は自動引き落としのみ

広島銀行カードローン「マイライフプラス」の強み

提携ATMの数が多い

「マイライフプラス」の借入や返済に利用できる提携ATMは、非常にたくさんあります。
その数は、広島県内の他のカードローンの中でもトップクラスです。

銀行カードローンならではの低金利

「マイライフプラン」の金利は、他の銀行カードローンと比較しても低めのラインです。
そのため、「マイライフプラン」を選ぶ価値があるといえます。

広島銀行カードローン「マイライフプラス」の弱み

広島銀行の口座があり、広島銀行の営業エリア内に在住・勤務している人しか申込みできない

この点に関しては、広島銀行に限らず地方銀行のカードローン全体の弱みといえるでしょう。

申し込み可能な年齢の上限が低い

「マイライフプラス」に申し込みできる年齢の上限が57歳までです。
そのため、年配の人には使いにくいです。

年収の低い人は申し込みできない

利用者の年収について、前年度の年収が200万円以上という制限があるため、パートやアルバイトで年収の低い人は実質申し込めないということになります。

即日融資に対応していない

カードローン利用時には即日融資を希望する人も多いですが、「マイライフプラス」ではローンカードが自宅に届く1週間~10日後から借入が可能になります。

次に、「ハローローンワイド」の強みと弱みについて見ていきましょう。

広島銀行カードローン「ハローローンワイド」のメリット・デメリット
メリット デメリット
広島銀行の口座がなくても申し込みOK 広島銀行の営業エリア内に在住・勤務している人以外は申し込み不可
パート・アルバイトでも利用できる 広島銀行の口座を持っていないとWEB完結申し込みできない
安定した収入のある主婦・主夫も申し込み可能 審査に時間がかかる
年金受給者も利用OK 即日融資できない
広島銀行の口座があればWEBで申し込み完結 金利が高め
提携ATMは月間3回利用まで手数料無料 口座ありのカード型の場合、約定返済は自動引き落としのみ

広島銀行カードローン「ハローローンワイド」の強み

パートやアルバイト、主婦・主夫、年金受給者もフォロー

パートやアルバイト、主婦、年金受給者の方は、「マイライフプラス」に申し込めなくても「ハローローンワイド」なら利用できるかもしれません。

口座がなくても申し込みOK

「ハローローンワイド」では、広島銀行の銀行口座を持っていなくても利用が可能です。
そのため、より気軽に利用できて便利になります。

広島銀行の口座を持っていれば、申し込みをWEBで完結できる

広島銀行の口座をすでに持っている場合、広島銀行のホームページから申し込み、契約までWEBで完結させることができます。

提携ATMでは月間3回の利用まで手数料が無料

この点は、提携ATMを利用するにおいては大きなメリットです。
利用の際の手数料を抑えたいという人にはおすすめです。

広島銀行カードローン「ハローローンワイド」の弱み

広島銀行の営業エリア内に在住・勤務している人でなければ申し込みできない

これに関しては、「マイライフプラス」と同様です。

審査や融資までに時間を要する「ハローローンワイド」も即日融資には対応していませんから、すぐにお金を必要としている人に不便です。

「ハローローンワイド」の借入も、ローンカードが届く1週間~10日後から可能になります。

最低金利が12.0%と若干高め

借入限度額が高額になる際には、金利の負担が多少大きくなってしまうことは否めません。

以上の内容を踏まえて、「マイライフプラス」「ハローローンワイド」の利用にはどのような人が向いているか、また向いていないのはどのような人かを見ていきます。

FPが教える広島銀行カードローンに向いている人・向いていない人

FPが教える広島銀行カードローンに向いている人・向いていない人

では、広島銀行カードローンの利用にはどのような人が向いているのでしょうか。
また、向いていない人はどのような人なのでしょうか。

「マイライフプラス」に向いている人

多額の資金が必要な人

マイライフプラスは、WEBでの申し込みなら300万円、本人確認書類等提出での申し込みなら500万円の借入が可能なため、旅行などで多額の資金を要する人におすすめです。

「マイライフプラス」に向いていない人

年収が多くない人

前年度の年収が200万円未満だと利用できないため、アルバイトなどで収入が少ない人は向いていません。

「ハローローンワイド」に向いている人

広島銀行の口座を持っている人

広島銀行の口座があればWEBで簡単に申し込みができるので、普段から広島銀行を利用している人におすすめです。

「ハローローンワイド」に向いていない人

即日融資が必要な人

即日での借り入れには対応していないため、飲み会のような突発的にお金が必要となるときに使いたい方には向いていません。

次の章では、必要な書類は何かを見ていきます。

広島銀行カードローンの必要書類

必要書類

マイライフプラスでは、条件によっては本人確認資料と所得確認資料が必要となります。
お届け印も使用するため、必ず持っていきましょう。

ハローローンワイドでは、カード型で申し込みの場合、ローン申込書、個人情報の取り扱いに関する同意書、運転免許証やパスポートなどの本人確認書類(コピー)が必要です。

ただし、パソコンやスマートフォンからのお申し込みの場合にはこれらの書類は必要ありません。

では次の章では、どうすればできるだけ早く借りられるのか、融資可能になる期間はどれくらいなのかを見ていきましょう。

即日融資/最短融資を受ける方法

最短融資の方法と審査にかかる時間はどれぐらい

即日融資の可否と審査スピード

即日融資に関してですが、「マイライフプラス」「ハローローンワイド」とも対応していません。

審査に関しても、場合によっては即日で結果がわかりますが、だいたいは2・3営業日を見ておく方が無難です。

最短で借入を受けられるパターンは「マイライフプラス」でWEB完結申し込みを行った場合です。
この場合には特に書類は必要ありません。

広島銀行のカードローンで一番早く融資を受けられるのは、「マイライフプラス」を選択してWEB完結で申し込みを終了させる方法です。

広島銀行の口座を持っていることが前提となりますが、パソコンやスマートフォンで広島銀行のホームページにアクセスし、申し込みフォームに必要事項を入力して送信します。

審査結果が出れば電話連絡が来ますから、契約内容の確認まで1日で終了させることも可能です。

契約完了後、1週間程度でローンカードが郵送されてきます。
そして、ローンカードを使って借入が可能になるのです。

審査にかかる時間は最短で即日ですから、融資を受けられるまでの最短期間はだいたい1週間くらいを見ておくといいでしょう。

これを踏まえれば、次はいよいよ審査です。
審査に通りやすくするために気をつけたいことを次の章で述べていきます。

広島銀行の店舗・ATMをお探しの方

全国に設置された広島銀行の店舗やATMを下記のMAPから探すことができます。
最寄りの店舗を知りたい方は、都道府県から検索してみてください。

北海道

  • 北海道

東北

  • 青森
  • 岩手
  • 宮城
  • 秋田
  • 山形
  • 福島

関東

  • 東京
  • 神奈川
  • 千葉
  • 埼玉
  • 茨城
  • 栃木
  • 群馬

甲信越・北陸

  • 山梨
  • 長野
  • 新潟
  • 富山
  • 石川
  • 福井

東海

近畿

中国

四国

九州・沖縄

  • 福岡
  • 佐賀
  • 長崎
  • 熊本
  • 大分
  • 宮崎
  • 鹿児島
  • 沖縄

審査を通りやすくするコツ

審査を通りやすくするコツ

「マイライフプラス」の場合、まず前年度の収入が200万円以上あるかどうかが審査の大きなポイントとなるでしょう。

年齢制限の57歳までという点もチェックしておきたいところです。
「ハローローンワイド」では、年齢制限は64歳までとなっています。

その他、銀行カードローン全般に言えることとして、他のカードローンの利用や過去のカードローン、クレジットカードなどの返済状況も厳しく見られるでしょう。

他のカードローンを利用していない、各種返済の遅延をしていないといったことは、審査を通りやすくするコツです。

また申し込み時には、必要最低限の額のみを希望すると、審査に比較的通りやすくなります。

審査に通過して正式契約すれば、カードローンの利用が可能になります。
利用にあたって、返済はどのようにすればいいか、次の章で説明します。

広島銀行カードローンの返済方法

返済方法イメージイラスト

返済方法と期日

「マイライフプラス」と、「ハローローンワイド」のカード型(口座あり)の場合、約定返済では口座からの自動引き落としとなります。

約定返済日は毎月7日(この日が休日の場合は翌営業日)です。
「ハローローンワイド」の直接返済カード型では、広島銀行ATMか提携ATMで返済することとなります。

自動引き落としの約定返済日と同日までに、ATMから約定返済額を返済する形です。
このほかに、広島銀行の窓口および各ATMから随時返済をすることも可能です。

返済で利用可能なATM

利用できるATMは広島銀行のほか、「マイライフプラス」では全国のセブン銀行、イーネット、ローソン、広島県もしくは岡山県内のバンクタイムのATMとなります。

「ハローローンワイド」では、全国のセブン銀行、イーネット、ローソンATMが利用できます。

まとめ

広島銀行のカードローン「マイライフプラス」と「ハローローンワイド」は、それぞれに特徴があり、広島銀行を利用している人はもちろん、利用していない人にも選択肢があります。

自分が借入したい状況によって使い分けることもできるでしょう。
借入や返済も簡単です。
自分に合ったタイプのカードローンを選んでみてはいかがでしょうか?

執筆者情報

スティルイメージ

  • スティル

主婦になってから家計管理に目覚め、FP2級(個人資産相談業務)と日商簿記2級を取得。
現在は主婦のかたわらフリーライターとして、マネーや住まいに関するジャンルを中心に幅広く活動中。
記事ではなるべく専門用語を使わずに、わかりやすく説明するよう心がけている。特技は1円単位まできっちり家計簿を付けること。

カードローンやお金のことに悩んだら、プロに相談!

ご相談は、無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。

お名前 
メールアドレス 
お問い合わせ内容
  • 金融庁について
  • 日本信用情報機構のJICCについて
  • 指定信用情報機関のCICについて
  • 貸金業法について
  • 消費行動診断・家計管理診断
  • 一般社団法人 全国銀行協会