更新日: 2017年8月30日

福岡銀行カードローンの特徴と最短融資を受ける方法を徹底解説!

銀行口座なし来店なしで申し込み可能な「福岡銀行カードローン」。
福岡銀行カードローンは、地方銀行の取り扱う商品ながらもスムーズな対応スピードを誇り、WEB上で契約を完結できるような仕組みも導入されています。

しかし、福岡銀行カードローンの利用を検討中で、「審査にかかる時間はどのくらい?」「実際に融資を受けられるまでの時間は?」など疑問をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。

この記事では、福岡銀行カードローンについて徹底紹介していきます。

福岡銀行カードローン

福岡銀行カードローンはどんなローン?

福岡銀行は、福岡県福岡市を中心に事業を展開している地方銀行です。福岡県内において多数の店舗を運営しており、知名度も非常に高い銀行です。

そんな福岡銀行が取り扱う福岡銀行カードローンの商品詳細は、下記のとおりです。

福岡銀行カードローン商品詳細
金利 3.0%~14.5%
限度額 最大1,000万円
申込条件
  • 20歳以上69歳以下で、収入のある方
  • 保証会社の保証を受けられる方
  • 居住地または勤務先が、九州、山口の方、または福岡銀行の普通預金口座をお持ちの方

※アルバイト・パート、年金収入のみの方でも利用可能

審査時間 最短翌営業日
口座開設 不要
即日融資 不可
土日即日融資 不可

福岡銀行カードローンの特徴を下記にまとめました。

  • 融資限度額が最大1,000万円までと非常に大きい
  • 福岡銀行の口座を開設せずカードローンを契約することも可能
  • 年金受給者でも利用できる
  • 福岡銀行の口座をお持ちの方は、WEB上で契約を完結でき、最短2営業日で融資を受けられる

これらの特徴を踏まえ、福岡銀行カードローンは「福岡銀行の口座を利用して素早く融資を受けたい」という方にピッタリの商品だといえるでしょう。

福岡銀行カードローン

融資上限額 金利 審査時間 即日融資
最大1,000万円 3.0%~14.5% 最短翌営業日 最短2営業日(キャッシュカードあり+WEB 完結申込の場合)
担保・保証人 自動審査 パート・アルバイト お試し審査
不要 - -

お申し込み時にご用意いただく書類

本人確認書類
収入証明書

福岡銀行カードローンの公式サイトへ

大手銀行カードローンとの違いを徹底比較

大手銀行カードローンとの違いを徹底比較

福岡銀行カードローンは、福岡銀行の口座をお持ちの方に大きなメリットのある商品です。しかしながら、「申し込み前に他行の商品とも比較してみたい」という方も多いのではないでしょうか。

そこで、人気カードローンの情報を一覧にまとめ、福岡銀行カードローンと徹底的に比較してみたいと思います。
下記の比較表をご覧ください。

福岡銀行カードローンと他社カードローン比較一覧
カードローン名 金利 限度額 審査スピード 口座開設 毎月の最低返済額 提携ATM
利用手数料
福岡銀行カードローン 3.0%~14.5% 最大1,000万円 最短翌営業日 不要 2,000円 原則有料
(108円~216円)
みずほ銀行カードローン 年2.0%~14.0% 最大800万円 必須
(同時申込可)
10,000円 原則有料
(108円~216円)
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5% 最大800万円 不要 2,000円 原則無料
三菱東京UFJ銀行カードローン
「バンクイック」
1.8%~14.6% 最大500万円 不要 1,000円 無料
りそな銀行カードローン
「プレミアムカードローン」
3.5%~12.475% 最大800万円 最短即日 必須 10,000円 有料
(108円~216円)
りそな銀行カードローン
「クイックカードローン」
9.0%~12.475% 最大200万円 最短2時間 必須 10,000円 有料
(108円~216円)
楽天銀行「スーパーローン」 1.9%~14.5% 最大800万円 最短即日 不要 2,000円 原則無料
イオン銀行カードローン 3.8%~13.8% 最大800万円 最短即日 不要 1,000円 イオン銀行ATM・コンビニATMは無料

上記表から、「福岡銀行カードローンをあえて選択したほうが良い理由」を挙げるなら、「福岡銀行の口座を利用して素早く融資を受けたい」という場合でしょう。

福岡銀行カードローンは、口座を開設しなくとも利用できるカードローンです。しかしながら、口座をお持ちでない場合は、実際の融資までに3~4週間を要してしまうのです。対して、福岡銀行の口座をお持ちであれば、申し込みから最短2営業日で振込融資を受けることができます。

このような特徴を踏まえると、福岡銀行カードローンは、福岡銀行の口座をお持ちの方が選択すべき商品だといえるでしょう。

福岡銀行カードローンの強みや弱みを徹底比較

強みや弱み

福岡銀行カードローンは、独自のメリットを持つ商品です。しかし、中には弱点ともいえるポイントがあります。
福岡銀行カードローンの強み、弱みをそれぞれ比較してみましょう。

福岡銀行カードローンの強み

福岡銀行カードローンの強みは、下記に述べる3点でしょう。

  • 福岡銀行の口座があれば、WEB上で契約を完結できる
  • 融資限度額が最大1,000万円までと非常に大きいので、多用途に活用できる
  • 年金受給者でも申し込みできる

特に、福岡銀行の口座をお持ちの方であれば、WEB上で契約を完結できたり、ローンカードが到着する前に融資を受けられたりなど、さまざまなメリットがあります。

また、申し込み条件も非常に広いので、多くの方が利用しやすいカードローンだといえるでしょう。

福岡銀行カードローンの弱み

対して、福岡銀行カードローンの弱みは、下記の3点です。

  • 口座が無くても申し込み可能だが、融資までに3~4週間かかってしまう
  • 審査に落ちてしまった場合、封書での審査回答
  • 福岡銀行の口座をお持ちでない方のメリットが少ない

福岡銀行カードローンは、福岡銀行の口座をお持ちの方に大きなメリットのある商品ですが、逆に口座を持っていないケースのデメリットが目立ちます。口座を持っていない場合の融資スピードは遅く、お急ぎの方には適していません。

また、審査に落ちてしまった場合は封書での審査回答となりますので、郵送物が自宅に送付されると困る方は、特に注意しておく必要があるでしょう。

FPが教える福岡銀行カードローンに向いている人・向いていない人

向いている人・向いていない人

福岡銀行カードローンは、メリットとデメリットがハッキリしている商品です。つまり、向いている人もいれば、向いていない人もいるということです。

福岡銀行カードローンに向いている人、向いていない人をまとめてみましょう。

向いている人

福岡銀行カードローンに向いている人は、次に当てはまる方でしょう。

  • 既に福岡銀行の口座を持っている
  • 店舗へ行かずカードローンを契約したい
  • 年金受給者の方

特に、福岡銀行の口座をお持ちの方にとっては、WEB上で契約を済ませられたり、素早く融資を受けられたりと、独自のメリットがある商品です。

また、年金受給者でも利用可能ですので、申し込み条件の広さに魅力を感じる方にも適しているでしょう。

向いていない人

対して、福岡銀行カードローンに向いていない人は、次のような方でしょう。

  • 福岡銀行の口座を持っていない
  • 融資を急いでいる
  • 自宅に書類を郵送されると困る

福岡銀行カードローンの必要書類

必要書類

福岡銀行カードローンの必要書類は下記のとおりです。

本人確認書類
原則、運転免許証
収入証明書類
源泉徴収票、所得証明書など

即日融資/最短融資を受ける方法

即日融資または最短融資を受ける方法

福岡銀行カードローンを検討中で、「スムーズに融資を受けたい」とお考えの方も多いでしょう。ここでは、福岡銀行カードローンで最短融資を受ける方法を解説します。

即日融資の可否と審査スピード

福岡銀行カードローンの審査スピードは「最短翌営業日」で、即日融資には対応不可となっています。

最短で融資を受ける方法と流れ

福岡銀行カードローンで最短融資を受ける場合、「インターネット申し込み」を利用します。福岡銀行カードローンで最短融資を受ける流れは下記のとおりです。

福岡銀行の口座をお持ちの方

  1. 福岡銀行カードローンの公式ホームページ内、「口座をお持ちの方」ボタンから審査を申し込む
  2. 審査の実施
  3. 審査結果の回答
  4. WEB上で契約を完結する
  5. 最短2営業日で福岡銀行の口座に振込融資される
  6. 後日、自宅でローンカードを受け取る

福岡銀行の口座をお持ちでない方

  1. 福岡銀行カードローンの公式ホームページ内、「口座をお持ちでない方」ボタンから審査を申し込む
  2. 審査の実施
  3. 審査結果の回答後、契約書類が発送される
  4. 契約書類を自宅で受け取り、記載の上必要書類と併せて返送
  5. 契約書類に問題が無ければ、ローンカードが発送される
  6. 後日、自宅でローンカードを受け取り、ATMから現金を引き出す

注意点

  • 口座をお持ちでない場合、申し込みから融資までに3~4週間程度を要します
  • ローンカードの到着目安時間は、契約完了後2~3週間程度です

福岡銀行の店舗・ATMをお探しの方

全国に設置された福岡銀行の店舗やATMを下記のMAPから探すことができます。
最寄りの店舗を知りたい方は、都道府県から検索してみてください。

北海道

  • 北海道

東北

  • 青森
  • 岩手
  • 宮城
  • 秋田
  • 山形
  • 福島

関東

  • 東京
  • 神奈川
  • 千葉
  • 埼玉
  • 茨城
  • 栃木
  • 群馬

甲信越・北陸

  • 山梨
  • 長野
  • 新潟
  • 富山
  • 石川
  • 福井

東海

近畿

  • 大阪
  • 兵庫
  • 京都
  • 滋賀
  • 奈良
  • 和歌山

中国

四国

  • 愛媛
  • 香川
  • 徳島
  • 高知

九州・沖縄

申し込み・審査における注意点

福岡銀行カードローンに限らず、カードローンを申し込むの注意点として

  • 「多めに借入希望金額を出しておこう」とせずに、本当に必要な金額を考えて希望を出す(できるだけ少なく抑える)
  • 申告内容や提出書類で嘘をつかない

の2点があります。

希望借入額はできるだけ少なく抑えること

カードローンを申し込む際、「もしものことを考えて、多めの金額で希望を出しておこう」と考えてしまうケースがあります。正直、これはおすすめできません。

自分の収入に対して借入額が多くなればなるほど、返済が難しくなるリスクは高まります。
これは銀行側から見れば、貸し倒れのリスクが高まることになります。つまり、利用者・銀行側の双方にとってリスクが高いことになるため、返済能力を超える希望額は審査に悪影響を及ぼす可能性があります。

審査面や借り入れ後の返済のことを考え、「本当に必要な額はいくらなのか」をしっかり考えて、希望借入額は最低限に抑えるようにしましょう。

申告内容や提出書類で嘘をつかない

審査に通りたいがために、自分の条件をよく見せようと虚偽の情報を申告してしまうケースがあります。嘘をついてもバレないだろうと安易に考えてしまう方がいますが、それほど審査は甘くありません。

カードローンの審査において、銀行側は「個人信用情報」をチェックすることができます。個人信用情報とは、金融機関が共有して記録・閲覧できる情報であり、過去の借入・返済状況などを確認することができます。
この記録内容と申告内容に差異があった場合、審査は落ちると考えておいた方が良いでしょう。

福岡銀行カードローンの返済方法

返済方法イメージイラスト

福岡銀行カードローンで借入したら、毎月1回以上返済を行わなければなりません。福岡銀行カードローンの返済方法をご説明しましょう。

返済方法と期日

福岡銀行カードローンには2つのタイプがあり、それぞれ返済方法が異なります。
詳細は下記のとおりです。

タイプ1.口座引落型
毎月の定例返済 福岡銀行口座から自動引き落としで返済。期日は、1~26の任意日に指定可
臨時返済 ATMから随時
タイプ2.直接入金型
毎月の定例返済 毎月14日までにATMから返済
臨時返済 ATMから随時

返済で利用可能なATM

福岡銀行カードローンを返済できるATMは下記のとおりです。

  • 福岡銀行ATM(※)
  • 熊本銀行ATM
  • 親和銀行ATM
  • ゆうちょ銀行ATM
  • ローソンATM(※)
  • セブン銀行ATM(※)
  • EnetATM(ファミリーマート、サークルKサンクス等)(※)
  • Bank TimeATM(福岡県内設置ATM限定)

※直接入金型の場合、※印が付いた提携先の返済手数料は無料です。
※提携先により、108円~216円の手数料が必要となる場合があります。

まとめ

福岡銀行カードローンは、福岡銀行の口座をお持ちの方に適した商品です。
カードローンを利用する際は「自分がちゃんと返済できるのかどうか」をしっかり考えて、計画的に利用するようにしましょう。

電話確認実施内容

審査にかかる時間はどのくらいでしょうか?
最短の場合で翌営業日の回答になるかと存じます。ただし、混雑状況によっても多少前後しますので、お早めにお申し込みくださいませ。
融資までにかかる時間はどのくらいでしょうか?
当行口座をお持ちの方は、「WEB完結」をご利用いただけますので、最短2営業日でご融資可能となっております。口座をお持ちでない方は郵送での契約となり、ご融資までに3~4週間程度を要します。あらかじめご注意くださいませ。
口座なしでも利用できますか?
はい。当行の口座を開設しなくてもご利用いただけます。
審査の回答は、どのように連絡されるのでしょうか?
ご融資可となった場合、お電話でご連絡させていただきます。残念ながらご希望に沿いかねる場合には、封書での審査回答となります。
素早く融資を受けるには、どのような申し込み方法が良いのでしょうか?
融資をお急ぎの場合は、インターネットからのお申し込みがスムーズかと存じます。

執筆者情報

K&T FP事務所

はじめまして。当サイトの執筆を担当している「K&T FP事務所」と申します。どうぞよろしくお願いいたします。当サイトにおいて私は、「正しい情報を必要とする方のお手伝いをしたい」という思いで執筆しています。

カードローンやお金のことに悩んだら、プロに相談!

ご相談は、無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。

お名前 
メールアドレス 
お問い合わせ内容
  • 金融庁について
  • 日本信用情報機構のJICCについて
  • 指定信用情報機関のCICについて
  • 貸金業法について
  • 消費行動診断・家計管理診断
  • 一般社団法人 全国銀行協会