更新日: 2016年10月6日

福岡銀行カードローンをFPが徹底解説!他の銀行との違いを分かりやすく解説!

九州最大の地銀が福岡銀行です。「ナイスカバー カードローン」商品が取扱い中止となり「新金利で新登場」をフレーズに新たに生まれ変わった福岡銀行カードローンをプロがわかりやすく解説致します。

福岡銀行カードローン

福岡銀行カードローンの特徴とおすすめな人

福岡銀行カードローンの特徴はなんといっても最大1000万円までの限度額であることと、利用額「800万円超 1000万円」に適用される融資利率が、年3.0%と低金利であることです。
つまり800万円超える資金が必要な人にとっては、メリットが大きくおすすめです

福岡銀行カードローンの融資利率は年3.0%~14.5%です。
14.5%が適用されるのは、利用金額が10万円~100万円という、最も利用者が多い範囲となっています。

この金額の範囲に適用される利率は、他の銀行系カードローンだと14%台後半が多く、また、消費者金融系カードローンの場合は18%前後となっているので、14.5%は〝お得な〟利率と言えるでしょう。

融資限度額については最大1000万円となっています。
これも他の銀行系カードローンであれば800万円に設定しているところがほとんどなので、限度額としては〝最大級〟と言えます。

福岡銀行カードローンとよく比較される銀行は?

福岡銀行カードローンとよく比較される銀行は、同じく福岡に本店を構える西日本シティ銀行のカードローン「キャッシュエース」です。
まず、金利から比較しみましょう。

仮に50万円を借りる場合、福岡銀行カードローンは14.5%に対しキャッシュエース14.95%とやや高く福岡銀行が有利です。

審査方法については、どちらも電話やWEBからの申し込みは可能ですが、WEBでの申し込みに於いてキャッシュエースは西日本シティ銀行に口座が無いと申し込みできませんが、福岡銀行カードローンなら口座が無くてもWEBで申込みが可能です。

また、どちらも収入証明書は不要でパート・アルバイト・専業主婦の方もお申込み可能です。

福岡銀行カードローンと西日本シティ銀行のカードローン「キャッシュエース」を比較した場合金利の面などから、福岡銀行カードローンをおすすめします。

福岡銀行カードローン キャッシュエース
金利比較 年3.0%~14.5% 年13.00%~14.95%
金額比較 最大1000万円 10万~300万円

福岡銀行カードローンの金利と返済額早見表

カードローン金利早見表
借りた金額 実質年率 返済する回数 発生する利息金額
10万円 14.5% 1回 1,208円
12回 8,024円
24回 15,776円
50万円 14.5% 1回 6,041円
12回 40,132円
24回 78,976円
100万円 14.5% 1回 12,083円
12回 80,264円
24回 157,976円

福岡銀行カードローンの審査を通すコツ

福岡銀行カードローンの審査に通すコツは、なんといっても定期的な収入を得ていることです。
正社員なら申し分ありませんが、契約社員、パート、アルバイトであっても、収入さえあれば問題ありません(専業主婦の人は、配偶者に安定した収入があれば大丈夫です)。

ただし、就業期間が短いと審査に通らない可能性があります。
少なくとも1年以上の就業期間は欲しいところです。

一方、過去にローンの返済が滞った経験のある人は、審査は通りにくくなります。金融機関の中でも銀行に関する個人情報は、10年間履歴が残るとされているので、過去10年以内に返済が遅延した人は特に要注意です。

まとめると、1年以上安定した収益を得ることと、返済遅延を起こさないことが審査を通すコツとなります。

尚、過去の借入履歴の記憶が曖昧な場合は、信用情報機関の情報開示をすることが可能です。
手数料を取られることがありますが、不安な方、心当たりがある方は確認してみても良いかもしれません。

信用情報機関をご紹介

前述の通り福岡銀行カードローンの審査を通すなら、信用情報が全てです。
つきましては、株式会社福岡銀行と保証会社であるSMBCコンシューマーファイナンス株式会社が加盟する信用情報機関をご紹介します。

福岡銀行カードローンの保証会社はSMBCコンシューマーファイナンス(株)です。

株式会社福岡銀行が加盟する信用情報機関

  • 全国銀行個人信用情報センター
  • 株式会社シー・アイ・シー
  • 株式会社 日本信用情報機構

保証会社であるSMBCコンシューマーファイナンス株式会社が加盟する信用情報機関

  • 株式会社シー・アイ・シー
  • 株式会社 日本信用情報機構

福岡銀行カードローンの返済方法

福岡銀行カードローンの返済方法は「口座引落型」または「直接入金型」のいずれかを選ぶことができ、さらに、定例返済と随時返済が可能です。

セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート等のコンビニ、福岡銀行・熊本銀行・親和銀行ATMでも返済可能です。

さて、返済方法はカードローンを借りるうえで重要なポイントの一つです。
コンビニ返済は比較的対応をしているカードローン業者も多いですが、ローカルエリアでお金を借りるなら、地元に強い銀行をおすすめします。

理由は、地元に強い銀行は特定のエリアにATMの数も多く持っており、ついては、返済場所が多く利便性が高いためです。

福岡銀行に関しては、福岡県内に店舗外で約320カ所、店舗内で160カ所以上ATMを設けているので福岡在住の方は利便性も高くお借入れに向いている商品といえるでしょう。

福岡銀行カードローンの申込方法の流れ

  1. step1お申込み
    PC、スマートフォンをはじめ電話・郵送・FAX・窓口からでもOKです。
  2. step2仮審査
    電話もしくは郵送にて審査結果をお知らせします。
  3. step3
    口座をお持ちの方:カード発行
    口座をお持ちでない方:ご契約手続きとなります。
  4. step4
    口座をお持ちでない方:カード発行

基本的には、所得証明書不要で電話、ATM、WEBから申し込みが可能です。
ここではWEBでの申込方法の流れについてご説明いたします。

WEBでの申込方法の流れ

WEBでの申込については、福岡銀行に口座を「お持ちの方」と「お持ちでない方」で申し込みフォームが異なるので注意をしましょう。

口座をお持ちの方

口座をお持ちの方は、WEBで申込みを完結することが可能です。
お申込みの際はお手元に口座番号などがわかる通帳やキャッシュカードを用意しましょう。

お申し込み後、仮審査結果が電話・郵送にて通知があり、審査が通れば晴れてカード発行となります。

口座をお持ちでない方

口座をお持ちでない方はまず、WEBで申込みを行います。入力の所要時間はおよそ3分です。

お申し込み後、仮審査結果が電話・郵送にてお知らせがあります。
審査が通りましたらご契約手続きとして、正式契約書への自署、捺印を済ませカード発行となります。

※流れ(ATMとWEB)参照ページ

お借入れ希望額が300万円を超える場合はWeb完結申込が利用できません。専業主婦の方もWEBでの申し込みができないので注意が必要です。
WEBでのお申込み対象外の方はお電話か窓口でお問合せすることを推奨します。

どうしてもWEBでの申し込みで300万円以上お借入れしたい場合はスルガ銀行など(800万円までWEB申込み可能)に切り替えても良いでしょう。

福岡銀行カードローンの増額の仕方

福岡銀行カードローンの増額の仕方をご紹介します。
増額をするにはまず、信用力のアップが重要です。
銀行系のカードローンの中には、借りる人の信用力によって、少ない金額でも低い融資利率を個別に適用するケースが見られます。

また、当初は限度枠が少なく設定されていても、信用力がアップするにつれ、限度枠が広がっていくケースもあります。
これは、収入や就業年数といった条件に加えて、銀行がカードローンの返済実績などを考慮しているからです。

返済実績を積み重ねていくことで、低い融資利率を適用される、あるいは、限度枠が拡大される可能性があります。

増額ができない場合は、よく比較される西日本シティ銀行のカードローン「キャッシュエース」など他のカードローンを利用するか、もう少し時期を待ってから申し込んでみましょう。

福岡銀行カードローンのよくある質問

福岡銀行のCMに出てくる女性は?
青山楓さんという方です。九州の企業を中心に活躍しているモデルさんのようです。
即日の融資は可能ですか?
キャッシュカードをお持ちで、WEB完結申込みで最短2営業日後になります
福岡銀行カードローンナイスカバーの商品は?
「ナイスカバー(カードローンタイプ)」の取扱は平成28年1月4日(月)をもって終了いたしました。
入会金・年会費はかかるでしょうか?
入会金・年会費は無料です。
在籍確認はあるでしょうか。
お勤め先またはご自宅へお電話にてお申込みの確認をさせていただく場合があります。
残高照会の方法を教えてください
インターネットバンキングやモバイルバンキング、テレホンバンキングでも照会可能です

執筆者情報

松岡 賢治

  • 松岡 賢治(マツオカ ケンジ)
  • ファイナンシャル・プランナー

マネーライター

シンクタンク、証券会社のリサーチ部門に在籍し、国内マクロ経済と債権市場のマーケットアナリストとして従事。1996年に独立、97年にファイナンシャルプランナー資格を取得する。以後、マネーライターとして、マネー誌や女性誌、週刊誌などに、カードローン、クレジットカードをはじめ、資産運用や投資などの記事を執筆。平成22年の総量規制以降、多種多様な種類があるカードローンについてもわかりやすい説明が定評。

カードローンやお金のことに悩んだら、プロに相談!

ご相談は、無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。

お名前 
メールアドレス 
お問い合わせ内容
  • 貸金業法について
  • 消費行動診断・家計管理診断
  • 一般社団法人 全国銀行協会