最終更新日:公開日:2017年04月26日

第四銀行カードローン「解決スピーディー」の最短で融資条件とは

2018年1月より審査が厳格化され、「銀行が扱うカードローン」はすべて即日審査・即日融資ができなくなりました。これに伴い、“正しい情報”への修正を進めておりますが、まだ完全ではありません。もし本記事で「銀行カードローンで即日審査・融資が可能」という内容が含まれていても、2018年1月からは「不可能」です。ご注意ください。

新潟県新潟市に本店を構え、福島県や東京都、埼玉県などの県外にも支店を持つ第四銀行は、1873年に創業した老舗の地方銀行です。

明治時代に国立銀行として創業した際、設立した順に番号が振られていたものがそのまま銀行名として残っています。
そんな第四銀行が提供する代表的なカードローンが「解決スピーディー」です。

そのほかにも「DJオーナーズカード」や「D-スタイル」といったカードローンも存在しますが、今回は急な出費にも安心な「解決スピーディー」について解説していきます。

使いやすい第四銀行カードローン「解決スピーディー」とは?

あなたの希望に合っている?
「馴染みある地元の第四銀行だから」で決めないで!

地元銀行という安心感だけで選ぶと、「急いでいるのに、お金を借りるまでに時間がかかった」「大手銀行の方が低金利だった」「支店数が少なく、働きながら窓口に行きにくい」といった不便さが生じてしまいます。もしかしたら、ほかにもっと最適なカードローンがあるかもしれません。

▶あなたのニーズに応えるカードローン

カードローンは借金なので、できるだけニーズに合った1枚を選びましょう。

あなたの希望は? おすすめの1枚
今日中に借りたい

プロミス

早さより低金利を優先

みずほ銀行カードローン

第四銀行カードローンはどんなローン?

こちらでは、今回紹介する「解決スピーディー」の特徴や借入限度額、金利について見ていきましょう。

第四銀行「解決スピーディー」の特徴

申込み時には、借入額にかかわらず所得証明書が不要です。
その他、パートやアルバイトだけではなく、専業主婦も配偶者の収入が安定していれば利用できるのです。

第四銀行「解決スピーディー」の借入限度額と金利

「解決スピーディー」は、金利が年4.0%~14.8%となっています。
第四銀行の口座を持っていなくても申込みできますし、口座を持っている場合は、最短で融資を受けることも可能です。

第四銀行「解決スピーディー」の限度額と金利
限度額 金利
30万円・50万円・70万円コース 年14.80%
100万円・150万円・200万円コース 年12.00%
250万円・300万円コース 年6.00%
500万円コース 年4.00%

次の章では、「解決スピーディー」と大手銀行カードローンを比較し、どのようなメリットがあるかを見ていきます。

大手銀行カードローンとの違いを徹底比較

大手銀行カードローンとの違いを徹底比較

第四銀行カードローンと他社カードローン比較一覧
カードローン名 金利 契約極度額 審査スピード 口座開設 毎月の最低返済額 提携ATM
利用手数料
第四銀行カードローン 4.0%~14.8% 最大500万円 不要 10,000円 原則有料
(108円~216円)
みずほ銀行カードローン 年2.0%~14.0%※(※1) 最大800万円 必須
(同時申込可)
10,000円 原則有料
(108円~216円)
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5% 10万~800万円 不要 2,000円 原則無料
三菱UFJ銀行カードローン
「バンクイック」
1.8%~14.6% 最大500万円 不要 1,000円 無料
りそな銀行カードローン
「プレミアムカードローン」
3.5%~12.475% 最大800万円 必須 10,000円 有料
(108円~216円)
りそな銀行カードローン
「クイックカードローン」
9.0%~12.475% 最大200万円 必須 10,000円 有料
(108円~216円)
楽天銀行「スーパーローン」 1.9%~14.5% 最大800万円 不要 2,000円 原則無料
イオン銀行カードローン 3.8%~13.8% 最大800万円 不要 1,000円 イオン銀行ATM・コンビニATMは無料

※1.住宅ローンをご利用の場合、みずほ銀行カードローンの金利は年0.5%引き下げとなります。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

<注意>
2018年1月より審査が厳格化され、「銀行が扱うカードローン」はすべて即日審査・即日融資が不可となりました。これは第四銀行カードローンだけでなく、大手を含む銀行カードローンすべてが対象となります。

安心の低金利

「解決スピーディー」は、銀行カードローンならではの低金利であり、年4.0%~14.8%となっています。

「解決スピーディー」の契約極度額の最大は500万円であり、契約極度額が大きくなれば金利が低くなることを考えると、借入限度額500万円の場合の金利は年4.0%であることがわかります。

これと大手銀行カードローンを比べたとき、例えば三井住友銀行カードローンでは、契約極度額10万~800万円の場合の金利は年6.0%です。

つまり、契約極度額500万円だと、「解決スピーディー」の方がよりお得に借りられるのです。

銀行口座不要

例えば、みずほ銀行やりそな銀行のカードローンでは、銀行口座の開設が必須になっていますが、「解決スピーディー」は第四銀行の口座がなくても大丈夫です。

この点を見ても、大手と比較して「解決スピーディー」を選ぶ価値は十分にあります。

「解決スピーディー」には、大手銀行カードローンと比べても、以上のように優れた点があります。

それを踏まえて、「解決スピーディー」の強みと、逆に利用しにくい弱みを次の章で見ていきましょう。

第四銀行カードローンの強みや弱みを徹底比較

第四銀行カードローンの強みや弱みを徹底比較

第四銀行カードローンのメリット・デメリット
メリット デメリット
第四銀行の口座がなくても申込み可能 近隣に第四銀行の店舗がないと利用しにくい
パート・アルバイトも申込み可能 年金収入のみの人は申込み不可
返済に口座振替を選べば最短で融資可能 インターネットで申込みしても書類の郵送が別途必要
来店不要で手続きが完結 ローンカードの即日発行はできない
70歳未満まで申込みできる 提携ATMで借入・返済する際は基本的に手数料がかかる

こちらでは、「解決スピーディー」の強みと弱みについて、両方を詳しく見ていきます。
どちらの面も理解しておくことで、カードローンの検討に役立つでしょう。

「解決スピーディー」の強み

専業主婦も申込みOK

パート・アルバイトでも申込めるカードローンはたくさんありますが、専業主婦でも申込み可能なのは強みのひとつです。

配偶者に安定した収入があれば、本人の収入にかかわらず申込みできます。

第四銀行の口座があれば、最短で融資が可能

第四銀行を「返済用口座に指定」した場合には、口座振込で借入を受けられるのも嬉しい点です。

口座振込みが可能であれば、審査通過後すぐに借入れが可能です。
普段から第四銀行を利用する人で、急ぎ融資が必要な人は店頭に出向いて申込み手続きをしましょう。

年齢制限の上限が高い

利用できる年齢制限に関しては、他のカードローンでは60歳未満などの制限が設けられていることもありますが、「解決スピーディー」なら70歳未満の人まで利用できます。

「解決スピーディー」の弱み

第四銀行の店舗が近隣になければ利用しにくい

「解決スピーディー」は、居住地域や勤務先にかかわらず、近くに第四銀行の店舗があれば申込み可能となっていますが、生活範囲内に第四銀行の店舗がない場合には申込みが困難になるでしょう。

年金収入のみの場合は、申込みできない

上記で70歳未満の人まで申込み可能と述べていますが、年金収入のみの人は申込みすることができません。

申込みには、書類の郵送(またはFAX)が必要

「解決スピーディー」では、申込み自体はインターネットなどでも行えて便利ですが、申込みを完結させるためには、申込書や本人確認書類を郵送かFAXで送付しなければなりません。

申込みがすべてインターネットで完結するカードローンもある中では、若干面倒ともいえるでしょう。

第四銀行の口座がない場合は、最短での融資を受けられない

第四銀行の口座を持っていないときは、郵送にてローンカードが届く2週間前後の期間を待たなければ借入できません。

以上の点を踏まえ、次の章では「解決スピーディー」の利用に向いている人や向いていない人について挙げていきます。

FPが教える第四銀行カードローンに向いている人・向いていない人

FPが教える第四銀行カードローンに向いている人・向いていない人

第四銀行カードローンに向いている人、向いていない人
向いている人 向いていない人
第四銀行の店舗が近隣にある人 第四銀行の店舗が近くにない人
パート・アルバイトの人 年金収入のみの人
配偶者に安定した収入がある専業主婦の人 即日融資を受けたい人
年金以外に収入のある69歳までの人 提携ATMの利用手数料を極力抑えたい人
最短で融資を希望・第四銀行の口座を持っている人 自宅以外でローンカードの郵送を受けたい人
来店せずに申込みを完結させたい人 提携するコンビニが近くにない人
返済に口座振替を選択・即日で100万円以上の借入をしたい人

「解決スピーディー」の利用に向いている人、向いていない人の条件を詳しく見ていきます。
この内容で、自分が「解決スピーディー」を利用しやすいかどうかを考えてみましょう。

向いている人

「解決スピーディー」の利用に向いているのは、以下のような人です。

第四銀行の口座を持っていて、最短で融資を受けたい人

第四銀行の口座を返済用口座に指定すれば、契約完了後すぐに口座振込で借入を受けられます。
普段から第四銀行を利用している人で、できるだけ早くお金を借りたいという方におすすめです。

向いていない人

一方、以下のような人は「解決スピーディー」に向いていません。
このような場合は、他の金融機関のカードローン利用を検討しましょう。

申込みの際にすべてインターネットで完結させたいという人

申し込みを完結させるには、申込書や本人確認書などの書類を準備し、郵送やFAXで送付する必要があります。書類の準備を面倒だと感じ、申し込みをすべてWEB上で手軽に済ませたいと考えている人には向いていません。

ここまでの流れで、「解決スピーディー」に申込んでみようと思った人もいるかもしれません。

では、次の章で「解決スピーディー」を申込むにあたっての必要な書類について挙げていきます。

第四銀行カードローンの必要書類

必要書類

「解決スピーディー」の申込みに必要な書類はどのようなものでしょうか。
申込み時に必要な書類は、申込書に加えて運転免許証・パスポート・顔写真つき住基カードなどの本人確認書類です。

申込みに必要な書類をそろえたら、次に気になるのはどれくらいの期間で融資が受けられるのかという点でしょう。

「解決スピーディー」について、最短で融資を受ける方法や審査にかかる時間を次に説明します。

最短で融資を受ける方法

最短で融資を受ける方法と審査にかかる時間はどれぐらい

即日融資の可否と審査スピード

「解決スピーディー」は、銀行カードローンのため、即日融資に対応していません。

なぜなら、大手を含むすべての銀行カードローンは、2018年1月より即日審査・即日融資が受けられなくなったからです。これにより、申し込み当日に融資が可能なのは、消費者金融のみとなります。

また、即日審査が不可になったことに伴い、当面の間は審査に要する時間も読めないのが現状です。

上記を踏まえて、「解決スピーディー」で最短融資を受けるためには、第四銀行の口座を持っていることです。
審査にかかる時間は未定ですが、最短でも2~3営業日はかかることが予測されます。申し込みの際には、余裕を持って手続きをしましょう。

最短で融資を受ける方法と流れ

最短で融資を受けるには、店頭で必要書類を提出して申込むことが必要です。

インターネットや電話で申込んだ場合、審査に通過したとしても、必要書類を送付する時間がかかってしまいます。
FAXで申し込みをした場合にも、送りっぱなしで確認もしなければ、届いていない可能性も考えられます。

特に急ぎで融資をご希望の場合には、契約完了までスピーディに手続きを済ませたいものです。、
次章では、「より早く審査を通過するために」注意したいことを見ていきましょう。

第四銀行の店舗・ATMをお探しの方

全国に設置された第四銀行の店舗やATMを下記のMAPから探すことができます。
最寄りの店舗を知りたい方は、都道府県から検索してみてください。

北海道

東北

  • 青森
  • 岩手
  • 宮城
  • 秋田
  • 山形
  • 福島

関東

甲信越・北陸

東海

近畿

  • 大阪
  • 兵庫
  • 京都
  • 滋賀
  • 奈良
  • 和歌山

中国

  • 岡山
  • 広島
  • 鳥取
  • 島根
  • 山口

四国

  • 愛媛
  • 香川
  • 徳島
  • 高知

九州・沖縄

  • 福岡
  • 佐賀
  • 長崎
  • 熊本
  • 大分
  • 宮崎
  • 鹿児島
  • 沖縄

審査を通りやすくするコツ

審査を通りやすくするコツ

「解決スピーディー」の審査に通りやすくするためには、収入が少なくてもきちんと安定していることや、申込みの条件を満たしていることなどが大切です。

また、収入と比べて借入希望額を多く設定しないようにするのもコツです。
必要な最低限度の額を設定して申込むようにしましょう。

銀行カードローンは「解決スピーディー」に限らず、審査は若干厳しめです。
そのため、他社や他行のカードローンを利用していないことも条件の1つといえます。

さらに、過去のカードローンやクレジットなどの返済を延滞したことのない人は、信用を得られやすいため審査にも通りやすくなります。

こうして、晴れて審査に通過すれば「解決スピーディー」の利用が可能になります。
利用に当たっては、返済方法は重要ですから、次の章では返済方法について触れます。

第四銀行カードローンの返済方法

カードローンの返済方法

返済方法と期日

「解決スピーディー」の返済方法は、ATMでの入金タイプと口座振替タイプを選ぶことができます。

入金タイプの場合、第四銀行のATMもしくはゆうちょ銀行、ローソン、セブン銀行、イーネットATMから返済することが可能です。
入金タイプの返済期間は毎月1日~26日までとなります。

返済用口座を指定する口座振替タイプの場合、毎月26日(その日が休日であれば翌営業日)に約定返済額が口座から引き落とされることになります。

これ以外に、任意で各ATMから随時返済することもできますから、余裕のある月には随時返済を利用して返済期間を短くするのもいいでしょう。

返済で利用可能なATM

第四銀行を利用できるATM一覧
限度額 金利
第四銀行 借入:平日/8:00~23:00
土日祝/9:00~21:00
返済:7:00~21:00 
ローソン 借入:平日・土・祝日/7:00~23:00 
日/7:00~21:00
返済:7:00~21:00
セブン銀行 借入:平日・土・祝日/7:00~23:00
日/7:00~21:00
返済:7:00~21:00
イーネット 借入:平日・土・祝日/7:00~23:00
日/7:00~21:00
返済:7:00~21:00

まとめ

第四銀行の「解決スピーディー」は、その名の通りスピーディーな審査で手続きが行うことができて安心です。

特に第四銀行の口座を持っている人は、最短なら即日融資を受けることもできます。

執筆者情報

スティルイメージ

  • スティル

主婦になってから家計管理に目覚め、FP2級(個人資産相談業務)と日商簿記2級を取得。
現在は主婦のかたわらフリーライターとして、マネーや住まいに関するジャンルを中心に幅広く活動中。
記事ではなるべく専門用語を使わずに、わかりやすく説明するよう心がけている。特技は1円単位まできっちり家計簿を付けること。

融資スピード?無利息?
損しないカードローンを見つけるカンタンな方法

お金が必要でも、カードローンを適当に選んでしまうのは怖いですよね。

  • 必要なタイミングで融資を受けられなかったらどうしよう
  • 思ったよりも利息が多くなって返せなくなったらどうしよう

など、さまざまな不安があるでしょう。

実際、適当に選んでしまうと失敗する可能性があります。 カードローンの特徴は商品によってさまざまで、「全員が満足するカードローン」はないのです。

だからこそ、希望に合った1枚をしっかり選ぶ必要があります。

後悔しないためにも、不安な方は一度≪検索≫することをオススメします。

自分に合ったカードローンをカンタン検索

カードローンやお金のことに悩んだら、プロに相談!

ご相談は、無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。

弊社都合で誠に申し訳ございませんが、下記の点について、あらかじめご了承の上お問い合わせください。

  • お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることがございます。
  • お問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。
  • 弊社では直接のお申込を承っておりません。
    各サービスの詳細や、返済等についてはサービス事業者に直接お問い合わせください。

主なサービスの問い合わせ
プロミス:0120-24-0365
アイフル:0120-201-810
アコム :0120-07-1000

お名前 
メールアドレス 
お問い合わせ内容
  • 金融庁について
  • 日本信用情報機構のJICCについて
  • 指定信用情報機関のCICについて
  • 貸金業法について
  • 消費行動診断・家計管理診断
  • 一般社団法人 全国銀行協会