更新日: 2016年12月8日

キャッシングの仕組みを徹底解説!クレカと消費者金融の違いは?

「消費者金融のキャッシングとクレジットカードのキャッシングって何が違うの?」と疑問を感じたことはありませんか?特に、キャッシングを初めて利用する方は、「どちらも同じキャッシングだからあまり変わらないのでは?」と誤解しがちです。

実は、消費者金融のキャッシングとクレジットカードのキャッシングには、大きな違いがあるのです。また、キャッシングとよく混同されるのが「カードローン」です。ここでは、キャッシング初心者が抱きがちな疑問を詳しく解説します。

キャッシングの仕組みを徹底解説!クレカと消費者金融の違いは?

キャッシングとは何か(その解説、説明)

キャッシングとは、ATMや自動端末を利用してお金を借りることのできるサービスです。利用するには、専用カードやクレジットカードを使ってお金を引き出します。銀行口座から現金を引き出すのとほぼ同様の操作で、お金を借りることができるということです。

キャッシングは借金の一種ですので、当然のことながら返済が伴います。ご自身の返済能力を把握したうえで利用する必要があるということです。

キャッシングを取り扱う業者は主に「消費者金融」や「信販会社」で、利用者の返済能力や勤務状況などを総合的に審査して貸付を行います。また、この審査では「信用情報」が利用されます。

「消費者金融」や「信販会社」

信用情報とは、個人の信用に関する情報のことで、クレジットカードの利用履歴やキャッシングの残高なども含みます。この信用情報は信用情報機関に管理されており、さまざまな審査に利用されます。つまり、何度も延滞を繰り返しているといった履歴も即座に判明し、そのような利用者の場合、キャッシングを希望しても審査に通らない可能性は非常に高いといえます。

審査に通過すると、キャッシング業者は利用者それぞれに「融資枠」を設けます。この融資枠は、「キャッシング業者が融資可能と判断した金額」を指しており、この枠内であれば自由に借入・返済することができます。このように、キャッシングはご自身の必要なタイミングで必要なお金を借入することができるサービスです。

クレジットカードのキャッシングと、消費者金融キャッシングと、カードローンの違い

クレジットカードのキャッシングと消費者金融キャッシングとカードローンの違い

冒頭でも触れたように、キャッシング初心者にとって疑問となりやすいのが、「クレジットカードのキャッシングと消費者金融のキャッシングは何が違うのか」です。さらに、キャッシング以外にも「カードローン」というサービスもあり、「何がどう違うのか分からない…」という方も、なかにはいらっしゃることでしょう。
そこで、クレジットカードキャッシング、消費者金融キャッシング、カードローンの違いを比較しやすいよう一覧にまとめました。

クレジットカードキャッシング、消費者金融キャッシング、カードローン比較表
名称 クレジットカードキャッシング 消費者金融キャッシング カードローン
金利 比較的高い 高い 商品によっては低い
限度額 小さい 中間 大きい
返済方法 翌月一括もしくはリボルビング リボルビング リボルビング
審査時間 遅い 早い 普通
無利息サービス なし あり 商品によってあり
利用するカード クレジットカード 専用カード 専用カード
お店で利用 キャッシング枠の利用は不可。ただし、クレジットカードとしての利用は可能 不可 不可
総量規制 対象 対象 銀行が取り扱うものは対象外
注意点 クレジットカードにキャッシング機能を付加する。融資限度額が小さいので、「手持ちのクレジットカードでお金も借りたい」という方向け。審査にかかる時間は1週間程度であることが多い。 全般的に金利が高めなので、短期融資向き。無利息サービスを最大限活用することで、利息の節約を図ることもできる。審査時間が通常1時間以内と非常に早い。「どうしても今日お金を用意したい」という方に適した融資方法。 銀行が取り扱うものが多いが、消費者金融のキャッシングを「カードローン」と呼ぶ場合もある。銀行が取り扱うカードローンは総量規制(※後述)の対象外となる。商品によっては即日融資も可能で、中には低金利で融資を受けられるものもある。商品にもよるが、基本的に中・長期融資に適している。

上記表の中で、特に大きく違うのが「総量規制」です。総量規制とは、貸金業者を対象に定められている「貸金業法」において、利用者年収の3分の1以上の貸付を禁止する制度です。例えば、年収300万円の方の場合、総量規制対象業者からは100万円までしか借りることができません。

また、この総量規制は1業者ごとに適用されるわけではなく、対象となる借入額の合計に適用されます。つまり、年収によって借入可能額が著しく小さくなる可能性があるということです。クレジットカードキャッシングと消費者金融キャッシングは、取り扱っている業者が信販会社と消費者金融ですので、貸金業法の対象となります。

対して、銀行が取り扱っているカードローンは、そもそも貸金業法の対象とならず、総量規制の対象外となります。したがって、商品によっては収入のない専業主婦でも借りることができたり、アルバイト・パートでも年収の3分の1以上を借りられたりと、年収による不利を受けにくいという特徴があります。

総量規制対象外のカードローンについては、「総量規制対象外のおすすめカードローンをFPが徹底解説」を参考にしてみてください。

貸金業法の対象になるならないについて

その分、審査は消費者金融キャッシングやクレジットカードキャッシングよりも少し厳しめで、過去に滞納を繰り返しているような方は利用できない可能性が高くなります。

また、「カードローン」と一口で言っても、消費者金融のキャッシングをカードローンと呼ぶケースもあり、カードローンと消費者金融キャッシングのカテゴリー分けは非常にあいまいです。商品の利用方法も大差なく、「名称が違うだけでほぼ同じ」と理解しておいても差し支えないでしょう。ただし、消費者金融のカードローンは総量規制の対象となりますので、注意してください。

おすすめのキャッシング方法の選び方とそのサービス

おすすめのキャッシング方法の選び方とそのサービス

ここまで触れたように、「お金を借りる」という意味では似たサービスであっても、それぞれ異なる特徴があります。キャッシング初心者からしたら、「どれが自分に適しているのか分からない…」と戸惑うのも無理はないでしょう。そこで、それぞれのニーズに合ったキャッシングの選び方と具体的なサービスを解説していきます。

ピックアップしたニーズ

  • とにかくすぐに借りたい
  • 利息を節約したい
  • 手持ちのクレジットカードを利用したい
  • 便利にお金を借りたい
  • 職業が専業主婦

それぞれのニーズに合ったキャッシングの選び方を解説します。

とにかくすぐに借りたい

とにかくすぐに借りたい

融資までのスピードに直接関係するのは、「審査時間」です。なかでも、審査時間に有利なキャッシングはといえば、「消費者金融キャッシング」でしょう。では、その消費者金融キャッシングの中でも適した商品はどのような商品なのでしょうか。最も適した商品を1つ挙げるとするならば、「アコム」がよいでしょう。

アコムは消費者金融キャッシングの中でも随一の審査スピードを誇り、スムーズに手続きを進めることができれば、申し込みから1時間以内に融資を受けることも可能です。加えて、無利息サービスも利用できますので、「緊急でお金が必要だけど、次の給料日には完済したい」という方にピッタリの商品です。

即日融資が可能なカードローンについては、
FPが教える!本当に即日融資が可能なカードローン!最短融資の方法を教えます

無利息サービスについては、
無利息で借りられるカードローンを徹底比較!無利息期間を上手に使って返済しよう!」「カードローンの借入時に金利が無料になる方法を教えます!」を参考にしてみてください。

利息を節約したい

利息を節約したい

利息を節約するためには、できる限り金利の低いサービスを選択する必要があります。では、金利の低いキャッシングはどのようなサービスかといえば、「カードローン」です。特に、カードローンの中でも銀行が取り扱う商品は全般的に金利が低く設定されているため、利息を節約したい方に最適です。

その中で、特に優秀な商品を1つ厳選するのならば、「りそな銀行カードローン」がおすすめです。りそな銀行カードローンには、「プレミアムカードローン」と「クイックカードローン」という2つのプランがあり、それぞれ特徴が異なります。

どちらのプランも上限金利が12.475%と非常に低く設定されていますので、少額融資でも利息を節約することができます。「とにかく低金利でお金を借りたい」という方に適した商品だといえるでしょう。

低金利カードローンについては、「低金利で借りられる銀行カードローンを徹底比較!」も参考にしてみてください。

手持ちのクレジットカードを利用したい

手持ちのクレジットカードを利用したい

「新しくカードを持つのはイヤだ」「家族にバレなようにクレジットカードでキャッシングしたい」という方に最適なのは、「クレジットカードキャッシング」です。クレジットカードキャッシングは、手持ちのクレジットカードにキャッシング機能を付帯するサービスなので、周囲に怪しまれる可能性が他に比べて非常に低いのが特徴です。

では、クレジットカードキャッシングの中で1つ優秀な商品を厳選するならば、どのような商品がいいでしょう。数あるクレジットカードの中で最もおすすめなのは「楽天カード」です。

楽天カードは、利用金額に応じて楽天ポイントが付与されます。数あるクレジットカードの中でも、その還元率はトップクラス。クレジットカードとしてもお得に利用することができます。また、楽天カードは、コンビニATMや郵便局、金融機関のATMなどでもキャッシングできますので、非常に便利です。

すでに楽天カードをお持ちの方は審査を受けるだけで利用できますので、とりわけ申し込みやすいサービスだといえるでしょう。

便利にお金を借りたい

便利にお金を借りたい

便利さは、キャッシングサービス自体というよりも、選択する商品によって大きく異なります。便利な商品であれば、コンビニATMからゆうちょ銀行ATM、メガバンクATMまで、どこでも利用することができ、使い勝手が非常によいといえます。では、便利な商品の中でも特に優秀なのは、どのような商品なのでしょうか。

多数の商品から1つだけ商品を選ぶとすれば、「楽天銀行スーパーローン」がよいでしょう。楽天銀行スーパーローンは、全国で100,000台以上のATMで利用することができます。加えて、手数料が無料の提携先も豊富なので、便利さでは随一です。特に、「借入・返済できる場所がとにかく多いサービスがいい」という方に最適な商品だといえるでしょう。

ATM利用については、
カードローンの返済をATMでする際の注意点!各銀行の利用可能ATMを比較
返済窓口については、
カードローンの返済窓口について徹底解説!あなたに合った返済方法
も参考にしてみてください。

職業が専業主婦

職業が専業主婦

専業主婦の方の中には、「収入のない専業主婦でもお金を借りられるだろうか…」と不安を感じている方もいらっしゃることでしょう。結論からお答えすると、専業主婦の方でもお金を借りることは可能です。ただし、利用できるサービスが限られます。

なぜかというと、先述した「総量規制」があるからです。専業主婦の方はご自身に収入がないため、総量規制対象のサービスでは借入可能額も0円になってしまうということです。つまり、総量規制の対象であるクレジットカードキャッシングや、消費者金融キャッシングを利用することはできません。

しかし、専業主婦の方でもキャッシングできるサービスが1つだけあります。それが「銀行カードローン」です。銀行カードローンを取り扱っている銀行は、そもそも貸金業者に該当しません。したがって、貸金業法で定められた総量規制も対象外となるのです。

銀行カードローンの中には、「専業主婦でも利用可能」と公式ホームページに明記されているものもあります。専業主婦の方におすすめできる商品を1つ選ぶとすれば、「楽天銀行スーパーローン」がよいでしょう。楽天銀行スーパーローンは専業主婦の方でも最大50万円の融資が受けられます。

また、金利も14.5%と低めに設定されていますので、「専業主婦だけど、どうしても融資を受けたい」という方に適した商品だといえるでしょう。

専業主婦のカードローン利用については、
専業主婦でもカードローンを利用できる方法を徹底解説!FPがおすすめのカードローンを教えます

キャッシングを実際に利用した口コミ

キャッシングを実際に利用した口コミ

キャッシング初心者の方からすれば、「本当に利用しても大丈夫だろうか…」と不安もおありでしょう。そのような場合、利用者の口コミを参考にすることをおすすめします。ここでは、キャッシングサービス利用者の口コミをまとめました。

キャッシング利用者の口コミ
即時審査で利用しやすい。コンビニやネットバンクでも活用できるので満足(アコム)
低金利で借りられて満足(りそな銀行カードローンプレミアム)
これほどポイントがたまるクレジットカードはないんじゃないかと思う(楽天カード)
利用勝手のよさでは一番(楽天銀行スーパーローン)
収入のない専業主婦でも、30万円の融資枠が可決した(楽天銀行スーパーローン)

参考:楽天カードアコムりそな銀行カードローン楽天銀行スーパーローン
上記をご覧いただくと分かるように、各キャッシングサービスはいずれもユーザーから満足度が高いと評価されている商品です。ご自身のニーズを明確にし、ピッタリの商品を選択しましょう。

キャッシングの申し込みの手順と基本的な使い方

キャッシングの申込手順は商品によって異なりますが、大まかな流れは下記のとおりです。

キャッシングの申込手順

  1. インターネットの公式ホームページから審査の申し込みをする
  2. 審査の実施
  3. 審査結果の回答
  4. 消費者金融キャッシング、カードローンはローンカードを受け取る。手持ちのクレジットカードを利用する場合は手持ちのカードをそのまま利用する
  5. カードを利用し、自社ATMやコンビニATMから現金を引き出す

キャッシングを利用する場合、基本的にはカードを使います。ただし、商品によってはネット上の手続きで振込融資を受けられたり、電話で振込融資を受けることができたりと、さまざまな融資方法を提供しているものもあります。キャッシングを検討する際は、事前に利用可能な融資方法も併せて確認しておきましょう。

QAコーナー

質問と答え1

「キャッシングを利用したいけど、気になる点がある」という方も、なかにはいらっしゃるでしょう。ここでは、お金のプロであるFPが素朴な疑問をQA形式で解決します。

審査の話

審査に通りやすいのは、どんなキャッシングですか?
比較的審査に通りやすいのは、「消費者金融キャッシング」です。消費者金融キャッシングは、成約率を示す資料を公開している商品もあるので、申し込み前に確認してみるとよいでしょう。
アルバイト・パートでも審査に通ることはできますか?
可能です。キャッシングの中には、公式ホームページに「アルバイト・パートでも申し込み可能」と明記されている商品もありますので、不安な方は明記されているものを選択するとよいでしょう。

取り立ての話

滞納したら、いきなり家に取り立てが来るのですか?
いいえ。基本的に滞納回収のために自宅に来ることはありません。また、高圧的な取り立ては法的に禁止されていますので、穏便に交渉が行われます。
滞納したら、全額一括で請求されるのでしょうか?
いいえ、滞納後すぐに一括請求されることはありません。ただし、長期の延滞におよんだ場合、裁判前の手順として一括請求される場合があります。

即日借りられる?

申し込みの当日に借入することはできますか?
はい、可能です。お急ぎの方は、審査時間の短い消費者金融キャッシングを利用してください。
夜間に申し込むことはできますか?
インターネットであれば24時間申し込み可能です。ただし、実際の審査は営業時間内に行われますのでご注意ください。

まとめ

キャッシングは、いざというときの強い味方です。しかし、返済能力以上に使い過ぎると、返済困難な状態に陥ることになりかねません。利用する際は返済計画を必ず立てて、早期完済を心掛けましょう。

執筆者情報

K&T FP事務所

はじめまして。当サイトの執筆を担当している「K&T FP事務所」と申します。どうぞよろしくお願いいたします。当サイトにおいて私は、「正しい情報を必要とする方のお手伝いをしたい」という思いで執筆しています。

カードローンやお金のことに悩んだら、プロに相談!

ご相談は、無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。

お名前 
メールアドレス 
お問い合わせ内容
  • 貸金業法について
  • 消費行動診断・家計管理診断
  • 一般社団法人 全国銀行協会