• 更新日: 2017年5月25日

厳選!ビジネスローンで検討したい事業社を紹介

個人事業主、法人にとって悩ましいのが「資金繰り」です。

特に、開業初期には多大な初期投資が必要になったり、事業が安定するまでの運転資金を確保する必要があったりと、何かと資金に関する悩みが多いものです。

しかしながら、通常の融資商品のほとんどは、借入した資金を事業性資金として利用することを禁止しています。

したがって、個人向け融資商品で事業性資金を確保するのは非常に難しいのです。このような悩みを解決できる商品が「ビジネスローン」です。

この記事では、ビジネスローンで検討したい事業社を調査し、ビジネスローンの選び方からタイプ別ビジネスローン会社など、ビジネスローンに関する情報を徹底的に解説します。

厳選!ビジネスローンで検討したい事業社を紹介

ビジネスローンとは

ビジネスローンとは、個人事業主や法人を対象とする融資商品です。

冒頭でも触れたように、通常の銀行カードローンやフリーローンでは、ほとんどの場合で事業性資金としての利用を禁止しています。

対してビジネスローンは、事業性資金としての利用も可能としており、設備投資資金や資金繰りの運転資金などにも利用することができます。

まずは、ビジネスローンのメリット・デメリットをまとめてみましょう。

ビジネスローンのメリットとデメリット

◆メリット

  • 借入した資金を事業に利用できる
  • 個人事業主や法人代表者でも審査で不利にならない
  • 銀行融資に比べて、融資スピードが早い

◆デメリット

  • 金利が高め
  • 審査の提出書類が多い
  • 営業年数等の条件を求められる場合がある

ビジネスローンのメリットの中で特に重要なポイントは、やはり「借入した資金を事業に利用できる」という点でしょう。

ビジネスローンはその性質上、カードローン等の個人融資商品よりも大きな金額を扱うケースが多いです。つまりわかりやすくいえば、貸付する側のリスクも大きくなるということです。

また、個人融資商品であれば、個人の収入や信用をもとに審査を行いますが、ビジネスローンの場合はこれらに加えて事業の内容を審査する必要があるため、要する手間が異なります。

このような理由から、多くの個人向け融資商品では事業性資金としての利用を禁止しているのです。したがって、事業性資金として利用できるという点は、ビジネスローンの大きなメリットだといえます。

対して、ビジネスローンのデメリットは、「金利が高め」という点でしょう。

ビジネスローンは、その他の融資商品よりも貸付リスクが高く、その分設定されている金利も高めです。この点は、ビジネスローンの特徴的なデメリットだといえるでしょう。

ただし、これらのメリット・デメリットは、消費者金融や信販会社の取り扱うビジネスローンの場合です。銀行融資や政府機関の事業性融資の場合は大きく異なり、融資までに長い時間を要する分、設定されている金利も低いです。

したがって、融資までの期間や金額に応じて使い分ける必要があるでしょう。

ビジネスローンとカードローンの違いを理解しよう

kardloan-businessloan

ビジネスローンとよく似た内容の商品が、「カードローン」です。カードローンは専用のローンカードを発行する融資商品で、資金使途も原則自由となっています。

ただし、自由な資金使途の中でも、多くの商品で「事業性資金としての利用を除く」と表記されており、事業の運転資金等には利用できないようになっているのです。

つまり、同じような商品内容であっても、「事業性資金として利用できるかどうか」が大きな違いだといえます。その他、カードローンとビジネスローンの違いを簡単にまとめると、以下のとおりです。

商品名称 カードローン ビジネスローン
金利 商品によって異なる ビジネスローン
融資までの時間 非常に早い 早い
資金使途 自由(ただし、事業性資金は除く) 自由(事業性資金含む)
対象 個人 個人事業主、法人
限度額 300~1,000万円程度 300~1億円以上の商品もある
総量規制 貸金業者の取り扱う商品は対象 対象外

「カードローンかビジネスローン、どちらを利用しようか迷っている」という方は、上記表も参考になさってください。

ビジネスローン選び方のポイント

ビジネスローンとは?

ビジネスローンは個人向けの融資商品とは異なり、商品の性質上選び方も異なります。なぜかというと、「今すぐに借りたい」という方もいれば、「時間はかかってもいいから、できるだけたくさん借りたい」という利用者もいるからです。

つまり、ご自身のニーズを明確にし、優先したいポイントに順位を付けた上で商品を選択する必要があるのです。まずは、ビジネスローンを選ぶ基本的なポイントに触れていきましょう。

選び方の基本(初めての方向け)

ビジネスローンの選び方の基本ポイントを簡単にまとめると、

  1. 金利
  2. 融資までにかかる時間
  3. 必要書類
  4. 限度額の大きさ
  5. 銀行融資
  6. 公的融資
  7. 借入先がしっかりとした会社かどうか
  8. 返済の利便性
  9. 返済時期

などがあります。それぞれの要点を触れていきましょう。

1.金利

ビジネスローンにおいて金利は、非常に重要なポイントです。

なぜかというと、ビジネスローンは個人融資よりも大きな金額を扱う分、少しの金利差でも支払い利息額が大きく変わってしまうからです。

しかし先述したように、ビジネスローンの金利は全体的に高めの設定になっていますので、低い金利でお金を借りたい方は、銀行融資や公的融資を検討する必要があるでしょう。

ただし、銀行融資や公的融資は、審査や手続きに時間を要するため、融資までの時間も長くなります。したがって、金利の低さを優先したい方は、融資実行までの時間に注意しておきましょう。

2.融資までにかかる時間

ビジネスローンの融資までにかかる時間は、商品によってまちまちです。

例えば、申込から2~3日で現金が振り込まれる商品もあれば、融資実行までに1ヶ月程度の時間がかかってしまうものもあります。

つまり、ご自身がどの程度の期間で融資を希望するかによって、選択肢を変える必要があるのです。

3.必要書類

ビジネスローンは個人向け融資商品とは異なり、事業の内容も含めて審査を行います。その際、事業に関する書類の提出を求められる場合があります。

しかしながら、事業に関する必要書類は商品によって異なるため、書類を簡単に揃えられる商品もあれば、書類の用意に手間を要する商品もあるということです。

その場合、書類の用意に要する時間が長くなればなるほど、融資までの時間も長くなってしまいます。「融資を急いでいる」という方は、利用する商品の必要書類も必ずチェックしておきましょう。

4.限度額の大きさ

ビジネスローンは、利用者の資金使途が多岐にわたります。

例えば、数ヶ月の運転資金として数十万円の借入を希望する利用者もいれば、大規模な設備投資費用として、数千万円の融資を希望する利用者もいるのです。

したがって、ご自身がどの程度の融資を希望するかによって、商品の選択を変える必要があります。ただし注意点として、商品自体の融資限度額がいくら高く設定されていたとしても、誰でも大きな金額を借入できるわけではありません。

なぜかというと、審査の内容によって個々の限度額が設定されるからです。大きな金額の借入を希望する方は、この点に注意しておきましょう。

5.銀行融資

事業性資金の融資を受けるポピュラーな手段として、「銀行融資」があります。

銀行からの融資は、消費者金融等のビジネスローンに比べると非常に低金利です。加えて、大きな金額の融資にも対応しているため、事業資金を確保する上では優先度の高い選択肢だといえるでしょう。

しかしながら、銀行融資の大きなデメリットとして、融資までに時間がかかってしまう点があります。手続きが長引いてしまった場合には、実際の融資までに1ヶ月以上の時間を要するケースもあるため、利用する場合は早めに手続きを進めるようにしましょう。

6.公的融資

銀行融資と並んで、事業資金の確保手段として多く利用されているのが「公的融資」です。

事業性資金の公的融資といえば、「日本政策金融公庫」の普通貸付や新企業育成貸付などが非常に有名です。日本政策金融公庫の融資は低金利かつ借入可能期間が長いため、借入リスクを抑えることができます。

その反面、審査に必要な書類が多く、融資までにも時間を要します。したがって、融資までの期間が十分にある方は、公的融資を優先して検討した上で、民間のビジネスローンを視野にいれると良いでしょう。

7.借入先がしっかりとした会社かどうか

ビジネスローンを取り扱う会社は、世の中に多数存在しています。もちろん、法的に営業許可を取っている会社であれば問題はないのですが、中には「闇金」と呼ばれる違法業者も存在しているのです。

闇金は、過去に自己破産したような方でも貸付を行っていたり、違法に高い金利で営業していたりと、利用者にとって非常に高いリスクを含んでいます。

特に、規模が小さく知名度も低い貸金業者を検討する場合は、魅力的に見える商品であっても、まずはその会社がしっかりと営業許可を受けているかどうか、念のため確認しておきましょう。

8.返済の利便性

ビジネスローンで借入した後は、当然ながら返済義務を負います。

しかし、その際に利用できる返済手段は商品によって大きく異なります。

例えば、口座引き落としや振込での返済のみとなっている商品もあれば、コンビニATM等の利便性の良い返済方法を採用している商品もあります。

ビジネスローンは、原則として月に1度の返済になりますから、利便性の悪い商品を選択してしまったことで、余計なストレスを抱えてしまう可能性があります。ビジネスローンを検討する際は、借入後の返済方法もしっかりとチェックしておきましょう。

9.返済時期

ビジネスローンの返済は、個人向け融資商品とは異なる取り扱いになっている場合があります。

例を挙げると、借入からの5ヶ月間は利息のみの返済で、6ヶ月目に元金を一括で完済、というようなケースもあるのです。返済計画はビジネスローンを利用する上でも非常に重要なポイントですので、ご自身の計画に沿った返済時期を選択できるかどうか、事前に確認しておきましょう。

このように、ビジネスローンはさまざまなポイントをもとに選択することになります。まずは、ご自身がどのようなポイントを優先するのかを明確にしておきましょう。

法人・個人事業主が選ぶ際に気を付けるポイント

個人と法人事業主

ビジネスローンの選び方は、個々の事情によるものだけではありません。なぜかというと、契約者が個人事業主なのか法人なのかによって、選択する際の注意点が異なるからです。個人事業主、法人で気をつけるポイントをそれぞれまとめてみましょう。

個人事業主がビジネスローンを選択する際に気をつけるポイント

  • 申込条件を満たしているか(※営業年数など)
  • 審査に必要な書類を用意できるかどうか
  • 融資までにかかる時間

上記の内、個人事業主がビジネスローンを選ぶ際に特に気をつけておくべきポイントは、「申込条件の営業年数を満たしているかどうか」という点でしょう。

ビジネスローンは商品によって申込条件が異なります。商品によっては、営業年数を規定していないものもあれば、「営業年数2年以上」などの条件を定めている場合もあるのです。

したがって、個人事業主で開業初期の場合は、利用条件に合致しているかどうかを申し込み前にチェックしておきましょう。

法人がビジネスローンを選択する際に気をつけるポイント

  • 指定された書類を用意できるかどうか(※決算書二期分など)
  • 商品の限度額が十分に確保されているかどうか
  • 融資までの目安時間

法人がビジネスローンを利用する際、特に気をつけておくべきポイントは、「指定された書類を用意できるかどうか」でしょう。

先述したように、ビジネスローンの必要書類は商品によって大きく異なります。法人の場合も例に漏れず、登記関係書類の提出を求められる商品もあれば、決算書の提出のみで問題ない商品もあるのです。

しかし当然ながら、利用者側の事情で指定書類を用意できない場合も考えられます。したがって、法人でビジネスローンを利用する場合も、申し込み前に提出書類を把握しておいたほうが無難だといえるでしょう。

このように、個人事業主と法人の場合でも注意点が異なります。複数の商品を比較し、ご自身の都合に応じたビジネスローンを選択しましょう。

ビジネスローン取り扱っている事業社を紹介

審査が通りやすい保証会社はある?

一口に「ビジネスローン」といっても、多種多様な事業社が取り扱っています。ここでは、ビジネスローンを取り扱っている事業社についてまとめていきましょう。

ビジネスローン提供会社をタイプ別に紹介(分類は一例です)

ビジネスローンを取り扱っている会社をタイプ別にまとめてみます。

銀行系

都市銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • 埼玉りそな銀行
地方銀行
  • 東京都民銀行
  • 横浜銀行
  • 東日本銀行
  • 常陽銀行
  • 京葉銀行
ネット銀行
  • 楽天銀行
  • ジャパンネット銀行

消費者金融

消費者金融
  • アコム
  • プロミス
  • アイフル
  • オリックスクレジット

信用金庫

信用金庫
  • 広島信用金庫
  • 千葉信用金庫
  • 岐阜信用金庫
  • 大阪信用金庫
  • 横浜信用金庫

その他の金融

信販会社
  • オリコ
ビジネスローン専門会社
  • ビジネクスト
  • エスワイシー
政府系機関
  • 日本政策金融公庫

ビジネスローンのお申込み~審査までの基本的な流れ

必要書類

ビジネスローンの申し込みは、

  • インターネット
  • 電話
  • 窓口相談

などが主流ですが、時間の効率を考えると「インターネット申し込み」が有利でしょう。まずは、申し込み~審査までの手順をご説明しましょう。

審査の仕組みと流れ

ビジネスローンの申し込み~融資までの流れと必要書類は下記のようなイメージです。

ビジネスローンの審査~融資までの流れ

  1. 各商品の申し込み方法で審査を申し込む
  2. 必要書類の提出
  3. 審査の実施
  4. 審査結果の回答
  5. 融資の実施

ビジネスローンの必要書類

本人確認書類
運転免許証、健康保険証、パスポート、マイナンバーカードなど
事業関係書類
  1. 個人事業主 確定申告書、所得証明書、事業計画書、収支計画書など
  2. 法人 登記事項証明書、決算書2期分など

※別途、印鑑証明書の提出を求められるケース有

ビジネスローンの手続きは、利用する商品によって大きく異なります。ただし、提出を求められる書類は個人事業主の場合で確定申告書、法人の場合で決算書などは共通になるでしょう。

審査にかかる時間は、最短即日~1週間程度までと幅広いため、申し込み前に十分確認しておく必要があります。

審査結果の連絡方法は原則として電話連絡です。稀に、審査否決の際のみ郵送での回答になっている場合もありますが、申し込み前の注意事項欄に明記されていることがほとんどです。

商品によっては、即日での融資にも対応しているものもありますので、お急ぎの場合は、融資の素早い消費者金融系のビジネスローンを選択すると良いでしょう。

審査通過するためのポイント(一例)

ビジネスローンの審査を通過するためのポイントは、やはり提出書類の内容と事業の健全性でしょう。事業自体に将来性があり、健全に運営されているのであれば、提出書類の内容が多少不利でも審査に通る可能性があります。

逆に、適当な数値で書類を提出したり、事業運営の健全性に問題があったり、事業の内容に疑問がある場合は審査に落ちてしまう可能性が高いでしょう。

事業計画などを作成する際は、嘘の内容を書かずに誠実に記載してください。相手は審査のプロですので、付け焼き刃のような嘘はすぐにバレてしまいます。

また、銀行が取り扱う融資商品を利用する場合は、面談時の身だしなみや態度にも気をつけてください。「人間性に問題がある」と判断されてしまった場合は、審査結果に影響してしまう可能性があります

金利を比較してみよう

ビジネスローンの金利を比較

ビジネスローンを検討する上で重要なのが「金利」です。ビジネスローンの金利を金融機関別にまとめてみました。

金融機関別金利帯

政府系 1~3%前後
都市銀行系 2~6%前後
地方銀行系 4~13%前後
信用金庫系 5~14%前後
消費者金融系 6~18%前後
信販系 6~18%前後
ビジネスローン専門 7~18%前後

上記をご覧いただくとわかるように、金利面では政府系がダントツで有利です。次に有利なのは、やはり都市銀行系のビジネスローンでしょう。

ただし、当然ながら金利が低くなればなるほど審査内容も厳しくなり、融資までにも時間を要します。融資までの時間があるかどうかで、利用する金融機関を絞るのも賢い選択肢だといえるでしょう。融資までの素早さでは、消費者金融系、信販系が有利です。

上限額を比較してみよう

上限額

次に、ビジネスローンにおいては重要な限度額を比較してみましょう。

金融機関別限度額帯

都市銀行系 1億円程度まで
ビジネスローン専門 1億円程度まで
信用金庫系 1億円程度まで
政府系 7,000万円程度まで
地方銀行系 1,000万円程度まで
消費者金融系 500万円程度まで
信販系 500万円程度まで

限度額の面では、都市銀行系やビジネスローン専門会社が有利でしょう。1億円を限度とする大型融資も取り扱われており、大規模な資金調達にも対応しています。逆に、信販系や消費者金融系は限度額が小さめで、短期的な資金確保向きだといえるでしょう。

返済に関する情報を比較してみよう

返済方法

最後に、ビジネスローンの返済に関する情報を比較してみましょう。

金融機関系 返済方法 返済日 返済場所
都市銀行系、地方銀行系、信用金庫系 口座引き落とし、振込、窓口など 返済計画に沿う 口座、ATMからの振込、窓口
消費者金融系 口座引き落とし、ATMからの直接入金、振込、窓口での返済 毎月1回 ATM、口座、窓口
信販系 口座引き落とし、ATM 毎月1回 ATM、口座
ビジネスローン専門 口座引き落とし 返済計画に沿う 口座
政府系 口座引き落とし 事業計画に沿う 口座

ビジネスローンの返済面では、消費者金融系が有利でしょう。専用のローンカードを使って、コンビニATM等でも返済できますので非常に便利です。対して、銀行系や政府系の返済は、原則口座引き落としになりますので、利便性の面では不利だといえるでしょう。

まとめ

ビジネスローンは、事業主にとって強い味方になるものです。しかしながら、利用する商品によっては金利が高く設定されていますので、支払い利息にも注意が必要です。

ビジネスローンは、比較的高額な借入に繋がるケースが多いため、しっかりと返済計画を練りつつ、短期完済を目指しましょう。

融資スピード?無利息?
損しないカードローンを見つけるカンタンな方法

お金が必要でも、カードローンを適当に選んでしまうのは怖いですよね。

  • 必要なタイミングで融資を受けられなかったらどうしよう
  • 思ったよりも利息が多くなって返せなくなったらどうしよう

など、さまざまな不安があるでしょう。

実際、適当に選んでしまうと失敗する可能性があります。 カードローンの特徴は商品によってさまざまで、「全員が満足するカードローン」はないのです。

だからこそ、希望に合った1枚をしっかり選ぶ必要があります。

後悔しないためにも、不安な方は一度≪検索≫することをオススメします。

自分に合ったカードローンをカンタン検索

執筆者情報

K&T FP事務所

はじめまして。当サイトの執筆を担当している「K&T FP事務所」と申します。どうぞよろしくお願いいたします。当サイトにおいて私は、「正しい情報を必要とする方のお手伝いをしたい」という思いで執筆しています。

カードローンやお金のことに悩んだら、プロに相談!

ご相談は、無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。

お名前 
メールアドレス 
お問い合わせ内容
  • 金融庁について
  • 日本信用情報機構のJICCについて
  • 指定信用情報機関のCICについて
  • 貸金業法について
  • 消費行動診断・家計管理診断
  • 一般社団法人 全国銀行協会