更新日: 2017年4月5日

フリーターでも借りられるカードローンを徹底解説!審査に通るポイントや注意点を紹介

「フリーターの私でも、借りられるカードローンってあるのかな」と、不安な方もいらっしゃるでしょう。
フリーターの方はアルバイト契約を複数結んでいるケースが多く、正規社員よりも経済面で不安を感じている方が多いです。

したがって、「カードローンの審査で落ちてしまうのでは」と考えている方も多いのではないでしょうか。
ここでは、「カードローンはフリーターでも借入できる?」「フリーターは審査に不利?」など、フリーターの方が気になるポイントをわかりやすく解説します。

フリーターでも借りられるカードローン

カードローンはフリーターでも借入できる?

「フリーターだけどカードローンを利用することができるのかな」と、不安な方もいらっしゃるでしょう。
結論から触れておくと、カードローンはフリーターの方でも利用することができます。

なぜかというと、ほとんどのカードローンの申込要件である「継続安定した収入があること」「原則安定した収入があること」という条件は、年収や月収の規定を指すものではないからです。

わかりやすくいえば、金額よりも「収入が毎月安定し継続しているかどうか」というポイントが重要になるのです。

これをフリーターに照らすと、月収に増減はあるものの、収入は毎月継続しているケースのほうが多いでしょう。これらの理由から、フリーターの方でもカードローンを利用することができるということです。

ただし、借入する際には、カードローン会社による審査を受ける必要があります。
この審査では、勤務先の情報を詳しく記入する必要があるのですが、フリーターの方は複数の勤務先があるケースがほとんどです。

ここで疑問となるのが、「勤務先情報の記入欄が1つしかないけど、どこを記入すればいいの?」「年収は複数の勤務先分を合算してもいいの?」というポイントでしょう。

これについては、次章の「フリーターがカードローンを利用する場合の注意点」で詳しく触れていきます。

フリーターがカードローンを利用する場合の注意点

フリーターがカードローンを利用する際に注意が必要なのは、「カードローンによって年収の取扱いが異なる」という点です。

どういうことかというと、カードローンの申込フォームは原則勤務先を1つしか入力できないため、それに応じて年収の取扱いを1社の金額とするのか、合算額とするのか、カードローン会社によって大きく異なるのです。

まず、記入する勤務先については、「年収に占める割合が最も多い勤務先」を記入してください。
次に、年収の取扱いはカードローン会社によって異なりますので、問い合わせのうえ記入したほうがいいでしょう。

「問い合わせして調べるのが面倒だ」という方は、後述する「フリーターにおすすめのカードローン」をご参考ください。

そもそも、なぜ年収の取扱いを問い合わせる必要があるのかというと、カードローンの限度額は年収の影響を大きく受けるからです。特に、貸金業法の対象である消費者金融カードローンは、「総量規制」の対象となります。

総量規制とは、利用者年収の3分の1以上の貸付を規制する制度です。
つまりフリーター場合、1つの勤務先だけが年収として扱われてしまうことで、カードローンの限度額が著しく低くなってしまう可能性があるのです。

このような理由から、複数の勤務先の年収を合算して扱ってもらえるカードローンのほうが、フリーターの方に適しているということです。

具体的なカードローンについては「おすすめカードローン」でご紹介しますので、ご参考ください。

フリーターは審査に不利?FPが徹底解説

はっきり言うと、大手企業の正社員や公務員と比較すれば不利といえます。
ただし、限度額などで不利になったとしても、審査には十分通ります。

したがって、あまり気にする必要はないでしょう。

注意点として、先述した年収の取扱いはここでも大きく影響します。
なぜかというと、1つの勤務先しか年収として取り扱われないカードローンであれば、「返済能力が低い」と判断されやすいため、不利になってしまう可能性があるのです。

つまり、フリーターが審査で不利を受けないためには、「複数の勤務先の年収を合算できるカードローン」を選択する必要があるということです。

即日で借りられるフリーターにおすすめのカードローン

即日で借りられる、かつフリーターにおすすめのカードローンの条件として、

  • 審査が早い
  • 審査に通りやすい
  • 複数の勤務先でも年収を合算できる
  • 即日融資可能

という4つのポイントからカードローンを選定します。
これらの条件に全て合致するおすすめのカードローンは、「プロミス」です。

プロミスの商品詳細は下記のとおりです。

プロミス商品詳細
融資上限額 1~500万円
金利 4.5%~17.8%
担保・保証人 不要
最短審査時間 最短30分
無人契約機
即日融資 可能
無利息サービス 有り
(初回利用日の翌日から30日間)
土日即日融資 可能
年収の合算 可能

プロミスは、申込時の入力フォームに合算年収を記入することができます。
「複数の勤務先がある」と申込後プロミスへ連絡を入れることで、在籍確認についても相談することができます。

プロミスの特徴として、-という審査スピードと、利用しやすい無利息サービスがあります。
無利息サービスを利用することで、初回利用日の翌日から30日間の利息を免除してもらうことができます。

「フリーターだけど審査で不利を受けたくない」という方や、「年収の扱いで限度額が小さくなるのは困る」という方にピッタリのカードローンです。

即日で借りるために、審査をスムーズに通すコツが知りたい方は、「FPが教える!本当に即日融資が可能なカードローン!最短融資の方法を教えます」や「カードローンの審査を通しやすくする方法を全て教えます!」を参考にしてみてください。

フリーターの借り入れは生活苦になりやすいのかFPが解説

結論からいうと、フリーターの借入だけが生活苦になりやすいわけではありません。
これは、ほぼ全てのカードローン利用者にいえることなのですが、自身の返済能力を超えてしまうから生活苦に陥るのであって、基本的には職業のせいではないのです。

ただし、フリーターの特徴として、「収入の不安定さ」があります。
例えば、閑散期であれば収入が減りやすく、繁盛期であれば収入が増えることもあるでしょう。

このような特徴を踏まえて返済計画を立てなければ、毎月の返済が苦しくなってしまう可能性があります。

つまりまとめると、フリーターだけがカードローンによる生活苦になりやすいわけではなく、自身のライフスタイルに合わせた返済計画を立てなければ、誰でも生活苦に陥ってしまう可能性があるということです。

フリーターの失敗しない返済計画

先述したように、フリーターの特徴は収入が安定しないことです。
したがって、返済計画を慎重に検討しなければなりません。

フリーターの方におすすめする返済計画の立て方は、「年間の平均月収」ではなく、「想定収入」を参考にすることです。

これはどういうことかというと、繁盛期であれば収入が増え、閑散期であれば収入が少なくなるため、平均月収から毎月の返済額を算出するのは不適切だということです。

例えば、手取り収入20万円の月に2万円を返済するのは問題ありませんが、手取り収入12万円の月に2万円を返済するのは、非常に厳しい生活を強いられることになるでしょう。

このような事態を避けるため想定収入を参考にし、返済額を設定します。
すると例えば、手取り収入20万円の月には3万円を返済し、手取り収入12万円の月には1万円を返済することになります。

さらに、返済可能な金額を収入の少ない月の1万円に合わせることで、借りすぎを起因とする延滞を防ぐことができるでしょう。

このように、フリーターだからこそ、自身のライフスタイルに合った返済計画を立てる必要があるのです。

返済計画については、「カードローンの返済シミュレーションから計画的な返済をしましょう」も参考にしてみてください。

まとめ

「フリーターだから返済できるか不安…」という方も、先述した返済計画の立て方を参考にしていただくことで、返済に対する不安が少なくなるでしょう。

しっかりと誠実に完済し、ピンチを乗り切りましょう。

執筆者情報

K&T FP事務所

はじめまして。当サイトの執筆を担当している「K&T FP事務所」と申します。どうぞよろしくお願いいたします。当サイトにおいて私は、「正しい情報を必要とする方のお手伝いをしたい」という思いで執筆しています。

カードローンやお金のことに悩んだら、プロに相談!

ご相談は、無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。

お名前 
メールアドレス 
お問い合わせ内容
  • 貸金業法について
  • 消費行動診断・家計管理診断
  • 一般社団法人 全国銀行協会