更新日: 2017年5月23日

カードローン利用がばれないための申込み方法をFPが徹底解説!

「カードローンを利用したいけど、家族にバレそうで怖い…」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。カードローンはその性質上、利用していることを周囲に知られた場合、よくない評判が立ってしまう可能性があります。

さらに、利用明細やローンカードの受取などで、同居している家族にカードローンの利用がバレてしまう可能性もあるのです。

では、周囲にバレずにカードローンを申し込む方法はないのでしょうか。ここでは、周囲に知られることなくカードローンを利用するための対策や、バレずに利用できるカードローンなどにスポットを当てて解説します。

カードローン利用がばれないための申込み方法

カードローンを利用すると家族などにばれる?ばれない?どっち?

「カードローンを利用したら家族にバレないかが気になる…」という方、非常に多いです。結論からいうと、家族に知られる心配の少ないカードローンを選びさえすれば、バレる可能性は非常に低くなります。

実は、カードローン自体にはバレる要素が少ないのです。
通常、カードローンの利用手順は、

  1. カードローンの審査に申し込む
  2. 審査の実施
  3. 在籍確認の実施
  4. 審査の実施
  5. ローンカードを受け取ってから初回の融資を受ける

という5つのステップで進みます。これらをご覧いただくと分かるように、それほど難しい手順ではなく、利用していることを第三者に知られてしまうような仕組みにもなっていません。それでもバレる可能性があるとすれば、それはどんなタイミングなのでしょうか。

次章で詳しく触れていきましょう。

カードローンがばれるタイミングとはどんなとき?

カードローンの利用が知られてしまう可能性があるタイミングをいくつか挙げると、

  • 利用明細書が送られてきたとき
  • ローンカードが自宅に送られてきたとき
  • 財布に入れていたローンカードが見つかってしまったとき
  • 在籍確認が実施されたとき
  • 滞納してしまい、督促状が自宅に届いたとき

などが考えられます。そして、その中でも注意すべきポイントは、「ローンカードが自宅に送られてきたとき」と「利用明細書が送られてきたとき」です。

これらを自宅で受け取りすることで、家族に怪しまれてしまう可能性が非常に高いのです。したがって、まずはこれらのポイントを解決する方法に触れておきましょう。

その方法とは、「郵送物のないカードローンを選択すること」です。しかし、郵送物の有無が公式ホームページで判断できない商品が非常に多いことも事実です。では、郵送物のないカードローンの特徴とはどんなものでしょうか?

下記をご覧ください。

郵送物のないカードローンの特徴

  1. 無人契約機が設置されている
  2. インターネット上で明細を確認できる
  3. ローンカードの即日受取ができる

これら3つの特徴を持つカードローンの多くは、郵送物を避けて利用できます。特に、無人契約機を使えば即日でローンカードを発行し、契約書類も併せて受け取ることができるため、契約書類の自宅送付を防ぐことができます。

また、意外と気付きにくいのが「振込融資の明細書」です。カードローンには、電話やインターネットから振込融資を受けられる商品も存在しています。その中には振込明細書が後日郵送される商品もあり、この明細書が原因で家族にカードローンの利用がバレてしまう可能性があります。

しかし、インターネット明細を採用しているカードローンであれば、インターネット上で明細を常に確認できますので、自宅に振込融資の明細書が送付されてしまうこともありません。

このように、郵送物を避ける対策をすることで、家族にバレる可能性を低くすることができます。では、そのような条件を全て満たすようなカードローンは、どのような商品なのでしょうか。次章で詳しく触れていきます。

FPが教えるおすすめのばれにくいカードローンは?

カードローンを利用するには「ローンカードの受取」が必須となっているものが大半で、物理的に受け取ることを避けられない仕組みになっています。しかし、逆にいうと物理的にローンカードを受け取ることさえできれば、人に知られる可能性は非常に低いといえます。

これらの理由から、カードローン利用がバレないようにしたい方は、「無人契約機が設置されているカードローン」を選択してください。

そして、無人契約機の設置があり、人に知られず利用したいという方におすすめできるカードローンは「三井住友銀行カードローン」です。

三井住友銀行カードローンの商品詳細は下記のとおりです。

三井住友銀行カードローンスペック詳細
融資上限額 最大800万円
金利 4.0%~14.5%
担保・保証人 不要
口座開設 不要
提携ATM手数料 原則無料
無人契約機 あり
ローンカードの即日発行 可能
土日即日融資 可能

三井住友銀行カードローンはいわずと知れた人気カードローンで、高いスペックを誇ります。
三井住友銀行カードローンは、無人契約機でローンカードを受け取ることができます。その際、契約書類も同時に発行されますので、後日、書類が郵送されてくることもありません。この点も、三井住友銀行カードローンを選択するメリットだといえるでしょう。

さらに、利用する際には近隣のコンビニに設置された提携ATMを活用できるうえに、それらコンビニATMの利用手数料は全て無料です。利用できる提携コンビニATMは、

  • EnetATM(ファミリーマート、サークルKサンクス等)
  • ローソンATM
  • セブン銀行ATM

となっています。誰にもバレたくないという方は、コンビニATMを活用することで、人に知られることなくカードローンを使うことができるでしょう。

このように、三井住友銀行カードローンは誰にも知られず利用したい方でも活用しやすいカードローンなのです。

郵送なしで借りる方法については、「カードローンを郵送なしで借りる方法を徹底解説! これで家族にバレずに借りられる」も参考にしてみてください。

ばれないための申込み利用手順をFPが徹底解説

誰かにバレないための申込手順を簡単に解説しましょう。誰かにバレたくない方は、下記の手順を参考にしてください。

誰かにバレないための申込手順

  1. インターネットの公式ホームページから申し込む
  2. 審査の実施
  3. 審査の回答
  4. 本人確認書類を持参のうえ、無人契約機へ行く
  5. 無人契約機で契約書類、ローンカードを受け取る
  6. ローンカードを使い、ATMからお金を引き出す

Q&A

「周囲の人にバレたくない…」とお悩みの方も多いでしょう。ここでは、カードローン利用時の素朴な疑問をQA方式で解説します。

カードローンのカードは目立つか?
カードローンの種類によります。
この記事でご紹介した三井住友銀行カードローンは、通常の銀行預金口座のキャッシュカードとほぼ同デザインなので、目立ちにくいといえます。
カードには、「キャッシュカード(ローン専用)」と小さい文字で記載されています。
利用履歴は郵送でこないの?
カードローンによります。「Web明細」などの名称で、インターネット明細を確認できるサービスを採用しているカードローンであれば、明細書が送られてくることはありません。
また、ATMからの借入・返済であれば同時に明細が発行されますので、より安心して利用することができるでしょう。
在籍確認は大丈夫?
結論からいうと、よほどのことがない限り、在籍確認でカードローンの利用が周囲に知られてしまうことはありません。
在籍確認は通常、個人名もしくは銀行名で行われます。
在籍のみの確認ですので、その会話内容もカードローン利用の事実を周囲に漏らすようなものではありません。

まとめ

家族に内緒で利用していたとしても、滞納が度重なると、携帯電話などに連絡があったり、督促状が自宅に送付されたりする可能性があります。
誰にも内緒でお金を借りるという行為には多少のリスクが伴います。

同居している家族などには、できる限りカードローン利用の事実を共有しておいたほうが無難であることは間違いありませんが、もし、どうしても内緒で利用したいという場合には、最低限必要な金額だけの利用にとどめ、早期完済を心掛けましょう。

融資スピード?無利息?
損しないカードローンを見つけるカンタンな方法

お金が必要でも、カードローンを適当に選んでしまうのは怖いですよね。

  • 必要なタイミングで融資を受けられなかったらどうしよう
  • 思ったよりも利息が多くなって返せなくなったらどうしよう

など、さまざまな不安があるでしょう。

実際、適当に選んでしまうと失敗する可能性があります。 カードローンの特徴は商品によってさまざまで、「全員が満足するカードローン」はないのです。

だからこそ、希望に合った1枚をしっかり選ぶ必要があります。

後悔しないためにも、不安な方は一度≪検索≫することをオススメします。

自分に合ったカードローンをカンタン検索

執筆者情報

K&T FP事務所

はじめまして。当サイトの執筆を担当している「K&T FP事務所」と申します。どうぞよろしくお願いいたします。当サイトにおいて私は、「正しい情報を必要とする方のお手伝いをしたい」という思いで執筆しています。

カードローンやお金のことに悩んだら、プロに相談!

ご相談は、無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。

お名前 
メールアドレス 
お問い合わせ内容
  • 金融庁について
  • 日本信用情報機構のJICCについて
  • 指定信用情報機関のCICについて
  • 貸金業法について
  • 消費行動診断・家計管理診断
  • 一般社団法人 全国銀行協会