更新日: 2016年12月8日

カードローンの増額審査をスムーズに通す方法をFPが徹底解説

「もっとたくさん借りたい!」と、カードローン利用中に感じるときは、「増額」という方法を利用します。
増額は追加融資とは異なり、融資枠そのものを大きくすることを指します。
一度審査で判断された融資枠を変更するためには、再度審査を受ける必要があります。

ここでは、「カードローンの増額審査のコツ」や「審査の基準」などにスポットを当てて解説します。
増額できる場合とできない場合がありますので、コツを知ることで増額できる可能性が高まります。

カードローン 増額

カードローンの増額審査が通るコツとは?

カードローンの増額審査は、新規申し込み時の審査と異なる点があります。
それは、現在までの「利用実績」が重視される点です。
利用実績とはどのようなデータなのかというと、

  • 現在までの借り入れ・返済履歴
  • 利用金額
  • 利用頻度

などが該当します。
このデータはカードローン会社のデータベースに記録されており、利用する度に更新されています。
したがって、この利用実績が優秀かどうかで、増額審査に通るか通らないかが分かれてしまうケースもあるのです。

また、カードローンの増額審査を申請するには、

  • カードローン会社が利用者に対して増額案内をする
  • 利用者が自ら増額審査の申し込みをする

という2つのパターンがあります。
実は、どちらのパターンで申し込みしたかどうかで、審査に通る確率が格段に変わるのです。
これが増額審査に通るコツと言っても過言ではありません。

増額審査は利用者の返済能力を鑑みて「融資枠を増やせるかどうか」を審査するものです。
わかりやすく言うと、カードローン会社からすれば、返済能力に問題のない利用者にはたくさん借りてほしいのです。

したがって、カードローン会社から見て「融資枠をぜひ増やしたい」という利用者には、カードローン会社側からアプローチを行います。
このパターンでは「簡易審査」と言って、増額できるかどうか、簡単な審査が行われた上でアプローチが行われます。
つまり、「審査に通りそうな利用者」にアプローチするので、増額審査に通る確率は非常に高くなるのです。

対して2のパターンでは、ご自身で増額審査を申し込みするため、1のパターンよりも審査に通る確率は低くなります。
このパターンで審査に通るのは、

  • もともと、返済能力よりも希望融資枠が少なかった
  • 利用開始から半年で問題なく利用している

という条件に該当している方が多いです。
多くのカードローン会社では、既存の利用者に対して半年毎に、増額可能かどうかを簡易的に判断する「簡易審査」が行われます。
この簡易審査は社内で行われるもので、信用情報機関には記録されません。
先述した2つの条件に該当する方は、この簡易審査の条件を既にクリアしているケースが多いのです。

つまり、自ら増額審査を申請しなかったとしても、期間が経てばカードローン会社からアプローチされるような利用者だということです。

増額審査に通るコツをまとめると、

  1. カードローン会社側からのアプローチが来たあとに申請する
  2. 優秀な利用実績を積むため、絶対に延滞しないようにする
  3. 毎月1回や2ヶ月に2回など、ある程度以上の頻度で利用する

という3つです。増額を希望される方は必ず押さえておきましょう。

審査内容の基準

増額審査には、新規申し込み時に記入したデータが再度利用されます。
したがって、審査内容は、

  • 個人の情報…家族構成、子供の人数、年齢、自宅固定電話の有無など
  • 自宅の情報…持ち家もしくは賃貸、住宅ローンの有無など
  • 勤務先の情報…事業規模、勤続年数、雇用形態、職種など
  • 信用情報…他社の借入件数、合計借入金額、事故情報の有無など
  • 現在までの利用情報…返済履歴、利用頻度、利用金額など

というポイントを重視して実施されます。
ただし、あくまでも増額審査は「融資枠を大きくしても問題が無いかどうか」を判断するものですので、新規申し込み時と同一の項目は細かく審査しません。
したがって、勤務先の変更が無ければ在籍確認も行われません。
この点が、新規申し込み時の審査基準とは大きく異なるポイントです。

また、増額審査では新規申し込み時にはなかった、現在までの利用実績が加味されます。
つまり、何度も延滞していたり、全く利用してなかったり、利用実績に疑問があるようなケースでは、増額審査に通る可能性が低くなるということです。

増額審査が通る人・通らない人の事例

ここでは、増額審査に通る人と通らない人の事例を挙げて解説します。

増額審査に通った事例

増額審査に通ったAさんのプロフィール
職業 会社員
家族構成 3人(妻・子供1人)
年収 500万円
住宅ローンの有無 有(毎月6万円)
カードローン利用実績と利用頻度 当初50万円を借り入れして、残り借入残高が20万円。
毎月遅れず返済中で、たまに追加で融資を受ける。
増額前後の融資枠 100万円(増額前)→150万円
増額の申請理由 カードローン会社からアプローチがあったから

増額審査に通った事例のポイント

  • カードローン会社からアプローチがあった
  • 当初の融資枠は年収の3分の1以下
  • 延滞もなく利用実績が優秀

FPからのコメント

Aさんの事例では、当初から融資枠に対しての返済能力に余裕があったことと、誠実に返済していることが増額審査に通った要因だと考えられます。

増額審査に通らなかった事例

増額審査が通らなかったBさんのプロフィール
職業 会社員
家族構成 4人(妻・子供2人)
年収 400万円
住宅ローンの有無 有(毎月8万円)
カードローン利用実績と利用頻度 当初100万円を借り入れして、現在の借入残高が80万円。
何度か延滞実績有り。融資枠200万円への増額を自ら申請。
希望増額枠 100万円(増額前)→200万円を希望
増額の申請理由 今後大きな出費が予想されるため

増額審査に通らなかった事例のポイント

  • 増額審査を自ら申請
  • 住宅ローンと残高80万円分の返済がある
  • 過去に延滞実績がある
  • 年収から鑑みて200万円の融資枠は返済能力を超えてしまうリスクがある

FPからのコメント

Bさんの事例では、カードローン会社から見て増額に伴うリスクが大きいと判断されたのだと思います。
過去に延滞したことも増額審査に大きな影響を及ぼしているでしょう。
また、家族構成、住宅ローンの返済額、年収を加味すると、現在の融資枠が妥当と判断されたと考えられます。

増額審査に通らなかった時の対処法

増額審査に通らなかった場合、

  • 別のカードローンを利用する
  • 利用実績を積んだ上で再度増額審査を受ける

という2つの対処法があります。
ただし、一度増額審査に落ちてしまっているので、別のカードローンを利用するほうが審査に通る確率は高いと言えるでしょう。

増額審査が通りやすいおすすめの銀行カードローン

銀行カードローンの増額審査基準は銀行によって異なりますが、保証会社の基準に準ずるケースがほとんどです。
つまり、増額審査に積極的な保証会社を利用している銀行は、増額審査を比較的スムーズにクリアできる傾向があります。
このような理由からおすすめの銀行は、「三菱東京UFJ銀行バンクイック」です。

三菱東京UFJ銀行バンクイック商品詳細
融資上限額 500万円
金利 4.6%~14.6%
審査時間 最短30分
保証会社 アコム

三菱東京UFJ銀行バンクイックの保証会社は、大手消費者金融で有名なアコムです。
アコムは半年毎に簡易的な増額審査を行っており、同じようなアプローチを三菱東京UFJ銀行も行っている可能性が高いです。
また、アコムは増額審査にも積極的な企業ですので、三菱東京UFJ銀行バンクイックも増額審査に積極的であると考えられます。

FPが教える、増額以外にお金を借りる方法

増額以外にお金を借りる方法として、別の銀行カードローンを利用する方法があります。
実は、一定水準以上の返済能力を有していて、かつ返済実績が優秀な方以外、増額審査は少しハードルが高いです。
したがって、このような場合は別銀行のカードローンを申し込みしたほうが、無難に融資を受けられる可能性が高いと言えるでしょう。

まとめ

増額審査のハードルは決して低くはないものの、使い慣れたカードローンを引き続き使えるという大きなメリットがあります。
ご自身の返済能力を超えないよう、計画的に利用してください。

執筆者情報

K&T FP事務所

はじめまして。当サイトの執筆を担当している「K&T FP事務所」と申します。どうぞよろしくお願いいたします。当サイトにおいて私は、「正しい情報を必要とする方のお手伝いをしたい」という思いで執筆しています。

カードローンやお金のことに悩んだら、プロに相談!

ご相談は、無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。

お名前 
メールアドレス 
お問い合わせ内容
  • 貸金業法について
  • 消費行動診断・家計管理診断
  • 一般社団法人 全国銀行協会