更新日: 2017年6月30日

カードローンの申し込みから返済までの流れを徹底解説!

「カードローンの申し込みから返済までの流れがわからない」と、情報収集している方もいらっしゃると思います。
はっきり言ってしまえば、「公式ホームページを見ているだけでは具体的なイメージがわかない」というのがカードローン利用者の本音だと思います。
しかし実は、カードローンの申し込みから返済までの流れはカードローンによって少し異なり、それぞれ注意する点も違いいます。

ここでは、カードローンに共通する基本的な流れと、注意しなければならない点を解説致します。
カードローンの申し込みをスムーズに行うために、是非参考にしてみてください。

カードローン 申し込みの流れ

カードローンの申し込みから返済までの流れを解説!

カードローンを申し込み後、返済するまでの流れを簡単にご説明します。

<カードローンの申し込みから返済までの流れ>

  1. 利用するカードローンを選ぶ
  2. 利用できる申し込み方法の中から、
    ご自身の都合に応じた申し込み方法を決める
  3. 申し込みする
  4. 審査の実施
  5. 審査の回答
  6. 郵送、もしくは、自動契約機でローンカードの受け取り
  7. ローンカードを利用できるATMから借り入れ、
    もしくは、インターネットなどで借り入れ
  8. 返済期日までに好きな返済方法で返済する

このように、カードローンの申し込みから返済までの流れは非常にシンプルなものです。
融資までスムーズなカードローンであれば、全ての手順を1時間以内で進めることも可能です。

上記の中で初心者の方がつまずきやすいポイントは、実は最初の「カードローンを選ぶ」という手順です。
なぜかというと、カードローンは種類が多く、それぞれメリットや審査スピードが異なります。
したがって、ご自身にピッタリのカードローンを見つけるには、大きな手間がかかってしまいます。

今回の記事では初心者の方のために、「全ての面でバランスの良い銀行カードローン」を後述していますので、ぜひ参考にしてください。

申込方法について

カードローンの申し込み方法は、

  • インターネット
  • 店舗
  • 無人契約機
  • 電話

の4通りで、それぞれメリットが異なります。

簡単な説明とメリットを下記にまとめました。

カードローンの申し込み方法まとめ
申込方法 詳細 メリット
インターネット 混雑状況や営業時間に影響されること
なく申し込みできる手段です。自宅に
いながら申し込みすることも可能で、
審査結果は電話もしくはメールで受け
取ります。最もスムーズな申し込み
方法です。
  • 混雑しない
  • 営業時間外でも申し込み可能
  • 自宅で申し込みすることも可能
店舗 店頭に直接出向いて申し込みする方法
です。スタッフが対応してくれるため
安心感があり、手続きミス等の心配の
無い申し込み方法です。
  • スタッフが対応するので安心
  • 記入ミスを防げる
  • ネットが苦手な方でも大丈夫
無人契約機 銀行内やキャッシングコーナー等に設置
されている自動契約端末を利用して申し
込みする方法です。申し込みからカード
発行までを一貫して行うことができます。
  • 全ての手順を一貫して行うことができる
  • 営業時間が店舗よりも長い
  • 無人契約機で契約し、併設されたATMで
    借り入れすることができるので手順が少ない
電話 フリーダイヤルに電話して申し込みする
方法です。本人確認書類等のやりとりは、
インターネットもしくは無人契約機を介
して行います。コールセンターのスタッフ
に相談しながら手続きすることができます。
  • コールセンターのスタッフに質問しながら
    手続きできる
  • その場で疑問を解消できる
  • 申し込みの際に何かを操作する必要が無い

必要書類や結果が出るまで時間について

カードローンの審査結果が出るまでの時間は、最短1時間から最長1週間程度で、カードローンによって大きく異なります。
カードローンの申し込みに必要な書類は下記の2種類です。

カードローンの必要書類まとめ
書類 説明 書類例
本人確認書類 全てのカードローン申し込み者に必要な書類です。
利用されることの多い本人確認書類は「運転免許証」と
「健康保険証」です。書類の住所と申し込みフォームに
記入した住所が異なる場合、住所確認のための書類を
併せて提出します。
住所確認書類として有効な書類例として、
公共料金の領収書などがあります。
また、本人確認書類は有効期限付の書類が多いため、
提出の前には必ず有効期限を確認しておきましょう。

<下記のうちいずれか一つ>

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 住基カード
  • 特別永住者証明書
  • 外国人登録証明書
収入証明書類 カードローンによって定められた融資枠以上を希望
する場合に提出が必要な書類です。
最も手軽な収入証明書類は給与明細書ですが、
直近の2ヶ月分を提出する必要があります。

<下記のうちいずれか一つ>

  • 給与明細書
  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 所得証明書
  • 住民税決定通知書
  • 納税通知書

上記をご覧いただくとわかるように、カードローンの必要書類は選択肢が多いです。
最も手間のかからない書類を挙げるとすれば、本人確認書類は免許証もしくは健康保険証、収入証明書類は給与明細書が該当します。
これらの書類に不備があると再提出となってしまうため、申し込み前にしっかりと準備しておきましょう。

FPが教える、おすすめな銀行カードローン

ここまでの内容を踏まえて、FPがおすすめできる銀行カードローンを挙げるとするなら「三菱東京UFJ銀行バンクイック」でしょうか。
三菱東京UFJ銀行バンクイックの商品詳細は下記の通りです。

三菱東京UFJ銀行カードローン

融資上限額 金利 審査時間 即日融資
最大500万円 1.8%~14.6% - -
担保・保証人 自動審査 パート・アルバイト お試し審査
不要 ×

お申し込み時にご用意いただく書類

・ご本人さまを確認できる書類のコピー
・ご本人さまの収入を証明する書類のコピー(50万円超の利用限度額をご希望の場合)

三菱東京UFJ銀行カードローンの公式サイトへ



三菱東京UFJ銀行バンクイックは、カードローン利用者の中でも非常に人気の高いカードローンです。
上限金利も14.6%となっており、低金利で借り入れすることができます。
三菱東京UFJ銀行バンクイックの人気が高いのは、

  • 毎月の返済額が1,000円からなので、利用しやすい
  • 提携ATMの手数料が無料

三菱東京UFJ銀行バンクイックは、使い勝手、顧客対応の面からみてもバランスが良く、初心者の方でも安心して利用できる銀行カードローンだと言えるでしょう。

カードローンの申し込みを複数することは可能?

「どうせ申し込みするなら、念のため複数のカードローンを同時に申し込みしたほうが良い」と思っていらっしゃる方、非常に多いです。
もちろん、複数のカードローンを同時に申し込みすることは可能です。
しかし、結論からいうと、複数のカードローンを同時に申し込みすることは非常にリスクが高いです。

なぜかというと、カードローン業者は信用情報機関のデータベースを確認した上で審査を実施しますので、他の業者に同時申し込みしている記録を見て、「この利用者は金策に走っている。
危険な経済状態かもしれない」と判断してしまう可能性があるからです。
つまり、同時に複数の申し込みをすることで、審査に落ちやすくなってしまうのです。

複数の申し込みでのメリット・デメリット

ここでは、複数申し込みのメリット・デメリットをまとめました。

カードローンの複数申し込みのメリット・デメリット
メリット デメリット
1社落ちたとしても融資を受けることのできる可能性がある 審査に落ちる可能性が高くなる
使い勝手を比較することができる 申し込みブラックになる可能性がある
複数のカードローン審査がもし通れば、使用用途によって使い分けすることができる 複数のカードローン審査に通った場合、不要な借り入れに繋がる可能性がある

このように、複数申し込みは少しリスクが目立つので注意が必要です。

申し込みブラックになる条件と回避方法はある?

残念ながら、申し込みブラックになる条件はわかっていません。
なぜかというと、正式に「申し込みブラック」という項目があるわけではなく、あくまでもカードローン業者独自の判断に基づくものだからです。
つまり、「どの程度であれば審査に通さないのか」は全てカードローン業者によって決まるということです。
また、条件が判明しない以上、「同時申し込みしない」以外の回避方法はありません。

まとめ

カードローンは非常に選択肢が多く、メリットも異なります。
ご自身のニーズを明確にした上で、ピッタリのカードローンを見つけましょう。

執筆者情報

K&T FP事務所

はじめまして。当サイトの執筆を担当している「K&T FP事務所」と申します。どうぞよろしくお願いいたします。当サイトにおいて私は、「正しい情報を必要とする方のお手伝いをしたい」という思いで執筆しています。

カードローンやお金のことに悩んだら、プロに相談!

ご相談は、無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。

お名前 
メールアドレス 
お問い合わせ内容
  • 金融庁について
  • 日本信用情報機構のJICCについて
  • 指定信用情報機関のCICについて
  • 貸金業法について
  • 消費行動診断・家計管理診断
  • 一般社団法人 全国銀行協会