2017年12月4日

カードローンの借入方法とは?

「お金が無い…テレビCMでよく見かけるカードローンって、どうやって借りるのかな」と、カードローンの借り入れに関する疑問をお持ちの方も多くいらっしゃるでしょう。

カードローンは、審査を受けることにより借入することができるもので、カードを介してご自身の好きなタイミングで融資を受けることができます。

ここでは、カードローンを利用して借り入れする流れや注意点など、気になる話題にスポットを当ててお話します。

カードローン 借入

カードローンの借入とは?借入の流れを説明

カードローンの借入とは?

「カードローンでお金を借りたいけど、実際の流れがイマイチ掴めない」「具体的にどうやってカードローンで借入するのかな」と、カードローンの借入に関しての疑問は多いです。

たしかに、カードローンの紹介をしている記事や広告はよく見かけるものの、実際の借入の流れをイメージできるようなものは少ないです。したがって、ここではカードローンの基本から、実際の借入の流れまでを詳しく解説します。

カードローンとは、カードを介して融資を受けることのできる無担保ローンのことを指します。

無担保ローンですので、有担保ローンに比べて、書類等が少なく審査も比較的早いです。
カードローンにおいての「借入」は、発行されたカードを利用して現金を借り入れすることを言い、ATMや銀行振り込みなどの手段を利用することができます。

カードローンは非常に利便性に長けており、提携ATMの種類も豊富です。
もちろん、コンビニATMで借入することも可能となっています。

カードローンで借入するおおまかな流れを簡単に説明すると、

  1. 利用するカードローンを選択する
  2. インターネット、無人契約機、電話などの方法で利用申し込み
  3. 審査の実施
  4. 審査結果の連絡が入る
  5. 郵送や無人契約機等の方法でカードの受け取り
  6. 受け取りしたローン専用カードを使って、ATMから現金を引き出す

というイメージです。手順や申し込み方法などは各カードローンにより異なりますので、
ご自身にとって都合の良い方法を選択するようにして下さい。

カードローンの審査にかかる時間は、最短30分から最長1週間と、カードローン会社が公表している差が大きいです。

したがって、カードローンを選ぶ際には、必ず審査にかかる時間も併せて確認しておきましょう。

また、審査の最後には「在籍確認」が行われます。

在籍確認とは、利用者の記入した勤務先に対して、カードローン業者が直接事実確認することを指します。

主な確認手段は電話連絡で、「〇〇さん(利用者名)はいらっしゃいますか?」というように、カードローン業者から勤務先に連絡が入ります。

その際に在籍が確認できれば在籍確認完了、確認できなければ審査否決となります。
もちろん、電話連絡の際は、会社名ではなく個人名もしくは銀行名で連絡が入りますので、カードローンを利用している事実が会社に漏れてしまうことはありません。

このような流れを経て、カードローンで借入することができます。

さらに、詳しく知りたい方は「カードローンの申し込みから返済までの流れを徹底解説!」を参考にしてみてください。

即日に借入れしたい場合は?

カードローンで即日借入を希望する場合、申し込み当日中に審査の回答を得たうえで、口座振込み等の手段を使って融資を受けることになります。
したがって、できるかぎり手続きの素早い商品を選択する必要があるでしょう。
手続きの素早い商品を取り扱う業者としては、「アコム」や「プロミス」が代表的です。
これらの消費者金融であれば、お急ぎの場合でも安心して利用することができます。

ただし、カードローンで振込みでの即日融資を受ける場合の注意点があります。
それは、「土日祝日中に振込み指示を出したとしても、すぐには口座残高に反映されない」という点です。
土日祝日中は金融機関の休業日である都合上、振込み手続き自体が完了したとしても、実際に口座に着金するのは翌営業日になります。
したがって、土日祝日中に即日融資を受ける場合は、ATMを利用するようにしましょう。

ATMを利用する場合、商品によっては手数料を負担する必要があります。
しかし、土日祝日中でも業務が停止することはありません。
「より確実に、土日に即日融資を受けたい」という方は、ローンカードをATMに挿入した上でお金を借入するようにしてください。
ATMは設置台数が多いため、よりカードローンを便利に活用しやすい手段だといえます。

これらのポイントを押さえることができれば、カードローンで即日借入れすることは可能でしょう。

カードローンの借入の流れを分かりやすく解説!

カードローンの借入の流れ

ほとんどのカードローンは無利息無担保で借入することができ、中には「無利息期間」という、一定期間金利のかからないサービスを提供しているものもあります。

サービスはそれぞれ異なり、利便性の良さが特徴のカードローンもあれば、低金利が特徴のカードローンもあります。
したがって、ご自身のニーズに合ったカードローンを申し込みする必要があります。

カードローンを選ぶ際のポイントについては、「カードローンを選ぶ際のポイントをFPが徹底比較!あなたにおすすめなカードローンはこれだ!」を参考にしてみてください。

カードローンで借入するためには、

  1. 申し込み
  2. 審査
  3. 在籍確認
  4. カードの受け取り

という、4つのステップをクリアする必要があります。このうち、多くのカードローン利用者が疑問を抱くのは「審査」です。
カードローンの審査は、利用者の年収や職業情報、信用情報などをもとに行われます。

ちなみに、カードローンの公式ホームページには「融資上限額」や「実質年率」が記載されていますが、この数値は全ての方に適用されるわけではありません。

これはどういうことかというと、カードローン業者からみて信用度の高い方もいれば信用度の低い方もいますので、信用度の高さに応じて融資上限額や金利が決定されるということです。

つまり、融資上限額や金利は、人それぞれ異なります。これらは全て審査結果に基づき判断されます。

また、「保証人不要」「収入証明書は原則不要」などとホームページに記載されていたとしても、審査結果によっては異なる対応が求められることもあります。
このように、審査結果は融資条件に大きく影響します。

カードローンの審査条件は、それほどハードルの高いものではありません。
カードローンによっては「アルバイト・パート歓迎」などと表記されているものもあります。

簡単に言えば、「年齢等の要件を満たした上で継続安定した収入があり、返済能力を有する方」なら誰でも申し込みすることができるということです。

審査については、「カードローンの審査を通しやすくする方法を全て教えます!」も参考にしてみてください。

カードローンの借入について分かりやすく解説!

カードローンで借入するには、

  • 無人契約機
  • インターネット
  • 電話

などの方法で申し込みし、審査を通過してはじめて融資を受けることができます。
したがって、審査の早いカードローンは、融資も早いカードローンだということです。

カードローンの借入について分かりやすく解説!

審査に利用される情報は、利用者が記入する項目以外に、「信用情報機関」という組織のデータベースに記録された情報を利用します。

信用情報機関とは、貸金業者や銀行等が審査に利用するための個人信用情報を提供する組織のことで、「JICC」「CIC」などがあります。
信用情報機関が取り扱う情報は以下のようなものがあります。

信用情報機関が取り扱う情報例
項目 内容 記録期間
本人を特定するための情報 氏名、生年月日、性別、住所、
電話番号、勤務先、勤務先の電話番号、
運転免許証などの記号番号など
契約内容が登録されている期間中
契約内容などの情報 契約の種類、利用金額、契約日、貸付日、
契約金額、保証額など
5年間まで
返済状況に関する情報 入金日、入金予定日、完済日、延滞情報、
事故情報など
5年間まで
(ただし、延滞については
延滞継続中の間のみ、
延滞解消の事実は1年間)
取引に関する情報 債権回収、債務整理、強制解約、破産事実、
債権譲渡など
事実の発生から5年間まで
(ただし、債権回収に関する
情報は事実発生日から1年間まで)
申し込みに関する情報 本人を特定する個人情報、申込日、
申し込みに関する情報
申し込み日から6ヶ月以内

※JICCのデータを参考に記載しています。

信用情報機関は、銀行や消費者金融から問い合わせがあった利用者の情報について、リアルタイムで情報を提供します。

例えば、利用者が6社の消費者金融に同時申し込みした場合、申し込みの事実情報が6箇所からリアルタイムで送信されます。

信用情報機関に登録している業者はこの事実をもとに「もしかして、多重債務状態ではないか?」と判断し、審査を否決します。

この状態がいわゆる「申し込みブラック」という状態です。
上記表にあるように、申し込みの事実は最長6ヶ月間記録されたままになりますので、その間審査に通りづらくなってしまいます。

また、信用情報機関は他社の借入状況も把握していますので、
利用者が虚偽の金額を申告したとしても、カードローン業者には筒抜けになっている場合がほとんどです。
このように、審査には利用者が申し込みした内容以外の情報も活用されます。

カードローンは、融資までの時間が比較的早いことも特徴です。

例えば、申し込み当日にカードを受け取って融資を受けたり、無人契約機を利用してその場で融資を受けたりと、急いで借入したいケースでも利用することができます。

また、土日にも利用できるカードローンや、深夜でも対応しているカードローンなどもあり、非常に利便性が良いと言えるでしょう。

土日でも融資可能なカードローンについては、「土日でも審査・融資可能なカードローンを徹底解説!最短で融資を受ける方法!」を参考にしてみてください。

借入時に無利息期間がある業者とは?

お金を借りたら、返済時に金利分だけ上乗せして返さなければいけません。返済利息こそが、お金を貸す金融機関の利益になるのです。

しかし、消費者金融や銀行カードローンでは、無利息で借入できるところが多くあります。
もちろん無制限に無利息で借入できるわけではありません。契約直後の一定期間のみ、サービスとして無利息借入ができるのです。

無利息期間の目安は30日間が多い

無利息期間の目安は、契約の翌日から30日間です。
以下は大手の消費者金融や銀行系カードローンの、無利息期間の比較表です。

無利息期間の比較表
業者名 無利息期間 無利息期間の開始日
プロミス 30日間 初回借入の翌日から
アコム、アイフル、レイク 30日間 契約の翌日から
ノーローン 7日間 借入の翌日から
(全額返済すれば翌月も7日間無利息が受けられる)
SMBCモビット
バンクイックなど銀行系カードローン
なし なし

大手消費者金融の中で、SMBCモビットは無利息キャッシングに対応していません。

また、バンクイックなど銀行系カードローンも対応していません。
新生銀行カードローン・レイクのような例外を除けば、無利息キャッシングは消費者金融のみです。

無利息期間の開始日に注意

1つ注意していただきたいのは、無利息期間の開始日です。

アコムとプロミスは同じ30日間の無利息期間を設定しています。
しかしこの両者の無利息期間の開始日は異なります。アコムは「契約の翌日から」で、プロミスは「初回利用の翌日から」です。

どちらの方がメリット大きいでしょうか?
初回利用の翌日から無利息期間が発生するプロミスの方が、メリットが多くなります。

アコムでは、契約の翌日からすぐに無利息期間が始まってしまいます。お金を借りていなくても、無利息期間はどんどん減ってしまうのです。

あなたは借入することができる?FPが事例と共に徹底判断

借入することができる?

「こんな私でもカードローンで借入できるのかな?」という疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
当然のことながら、人それぞれライフスタイルは異なります。

したがって、ご自身に当てはまるケースはどうなのか、疑問に感じるのも無理はありません。
ここでは、どの程度の条件を満たせば借入できるのか、ケース別に判断していきたいと思います。

カードローンの借入判断
属性 最低条件や注意事項 借入可能かどうか 適したカードローン
専業主婦 原則安定した継続収入があること ほとんどなし
(少なくとも、消費者金融での借入は100%できません。)
アルバイト 毎月安定した収入があるかどうか
(年齢条件を満たしている必要有)
三菱東京UFJ銀行バンクイック、アコム、プロミスなど
個人事業主 資金の利用目的が事業性資金の場合は「事業者ローン」、
個人利用の場合は通常のカードローン
・事業者ローン:オリックスクラブカード、ビジネクスト
・個人利用:銀行カードローン、消費者金融カードローンいずれも可
フリーター 毎月安定した収入があるかどうか
(年齢条件を満たしている必要有)
アコム、プロミスなど
学生 毎月安定した収入があるかどうか
(年齢条件を満たしている必要有、一部学生利用不可なカードローンも有)

(一部カードローンは学生利用不可となっている)
アコム、プロミスなど
外国人 ・継続安定した収入を得ていること
・永住許可を得ている方
・日本語能力がある方
アコム、プロミス、アイフルなど
転職 継続安定した収入を得ていること
(転職後間もない場合は、審査に落ちるケースも多い)
アコム、プロミス、アイフルなど
年齢 満20歳~65歳
(ただし、カードローンによっては、69歳以下まで借入可能なケースも有)
消費者金融カードローン、銀行カードローン、それぞれ銘柄により年齢条件が異なる。
原則として条件を満たせば利用可能。
退職 継続安定した収入を得ている必要がある ×
(退職状態は無収入であるため、申し込み要件を満たしていない)
無し
(要件を満たさないため)
他社利用あり 総量規制の対象なのかどうかで異なる
(ただし、貸金業法の対象であれば年収の3分の1まで)
銀行カードローン

※カードローン業者は審査基準を公示していないため、あくまで想定上のケースです。
審査結果を保証するものではございません。

上記の表をご覧頂くと分かりやすいのですが、カードローンの借り入れ条件はさほど厳しいものではありません。

ただし、「継続安定した収入のある方」という条件が全ての項目で適用されますので、無職の方は利用することができません。

また、上記条件に該当していても、審査結果によっては否決となる可能性もありますので注意が必要です。

借入することができる人の事例

「難なく借入することのできる人はどんな人?」というように、他の方の借入状況が気になる方もいらっしゃるでしょう。
借入することのできる人の条件をまとめると、

  • 1年を通じて収入が安定している
  • 勤続年数が長い
  • 過去の延滞履歴が無い
  • 他社の借入件数が3件以下
  • 他社の合計借入額が年収の3分の1以下

となっています。特に、1年を通じて収入が安定していることは非常に重要なポイントとなっています。
さらに、他社の借入状況も審査に大きく関係する項目です。

つまり、難なく借入することのできる方は、「収入が安定していて、かつ、他社の借入状況が悪くない方」だと言えるでしょう。

借入することができない人の事例

借入することのできない方の特徴はさほど難しいものではなく、

  • カードローン業者からみて返済能力に問題がある
  • 過去に延滞を繰り返した履歴がある、事故情報が記録されているなど、他社利用状況が芳しくない場合
  • 嘘の申告をしている
  • 本人確認書類と提出された書類が合致しない
  • 在籍確認が取れない

などが該当します。カードローン業者からみて返済能力に問題がある場合とは、年収が低すぎたり、他社の返済金額が大きすぎたり、収入状況が要因となっているケースです。

例えば、毎月手取り15万円の収入の方が既に5万円以上毎月返済している場合、新たに借入することで延滞に繋がってしまう可能性が高くなってしまいます。

したがって、新たにカードローンで借入することはできない可能性が高いです。
つまり、借入することのできない方は「返済能力が低く、その他条件を鑑みてリスクが高いとカードローン業者が判断した方」だと言えるでしょう。

学生でもお金を借入れする方法

学生でもお金を借入れする方法としては、「消費者金融が取り扱う商品を利用する」という方法がスムーズでしょう。
なぜ、学生が銀行カードローンではなく消費者金融の取り扱う商品を選択したほうが良いのでしょうか。

それは、銀行カードローンの中には学生の利用を認めていない商品もあるからです。
対して消費者金融であれば、学生でも「安定収入がある」という条件さえ満たすことができれば問題なく利用することができます。

また、銀行カードローンよりも消費者金融のほうが、素早く融資を受けられるというメリットがあります。
このような理由から、「学生でも今はお金が必要」という方は、消費者金融が取り扱う商品を優先的に検討すると良いでしょう。

ただし、学生の方が消費者金融で借入れする際の注意点として、「商品詳細を必ず確認しておくこと」というポイントがあります。

カードローンには「商品説明書」や「貸付条件一覧」などの、商品の詳細を明記した書面が必ず存在しています。
これらの書面には、貸付利率や適用される金利コース、お客様問い合わせ連絡先なども記載されています。
カードローンを利用する際の非常に重要な資料になっています。

したがって、学生の方がカードローンを利用する場合もこれらの書面を必ず確認した上で、できるかぎり無理のない範囲で活用する必要があるでしょう。

銀行カードローンの各銀行の限度額表

銀行カードローンの各銀行の限度額

ここで、銀行カードローンの限度額を比較します。限度額とは、カードローンを利用する場合の最大融資額のことを指します。

ただし、限度額は全ての方に適用されるものではなく、審査結果に基づき個々に決定されます。銀行カードローンの限度額は下記をご覧ください。

銀行カードローン限度額表
名称 限度額 金利
三菱東京UFJ銀行バンクイック 最大500万円 1.8%~14.6%
三井住友銀行カードローン 最大800万円 4.0%~14.5%
みずほ銀行カードローン 最大800万円 年2.0%~14.0%
※住宅ローンのご利用で、金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。
楽天銀行スーパーローン 最大800万円 1.9%~14.5%
りそな銀行カードローン ・最大800万円
(プレミアムカードローン)
・200万円
(クイックカードローン)
・3.5%~12.475%
(プレミアムカードローン)
・3.5%~12.475%
(クイックカードローン)
オリックス銀行カードローン 最高800万円 1.7%~17.8%

銀行カードローンの中で一番限度額の大きなカードローンでは、1,000万円まで利用が可能となっています。
もちろん、全ての方が1,000万円を借入できるというわけではなく、審査結果に応じて決定されます。

審査時の在籍確認についてもっと詳しく知りたい!

借入の審査時には「在籍確認」が行われます。
審査申込時に申告した職場に、本当に働いているかどうかを電話で確認する作業です。

在籍確認の方法はシンプルです。
金融機関が個人名で職場に電話をします。

もし申込者が電話に出れば在籍確認は終了です。

申込者以外が電話に出た場合は、以下のような会話が行われます。

  1. 「(申込者の名前)さんは、本日いらっしゃいますでしょうか?」
  2. 「(申込者の名前)は現在席を外しております」

この会話が成り立てば、申込者が本当に職場で働いていることが証明されます。

在籍確認は金融機関ごとに基準は異なりますが、ほぼ行われます。
金融機関は、申込者がちゃんと働いているかどうかを重視します。
働いていない人は返済能力がなく、お金を貸しても返ってこない可能性があるからです。
在籍確認が取れなければ、基本的に審査には通りません。

電話がこない消費者金融・カードローンはある?

「SMBCモビット」のWEB完結申し込みであれば、在籍確認の電話は一切ありません。
以下の条件を全て満たせば、在籍確認は書類で済ませてくれます。

  • 三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座を1つ持っている
  • 運転免許証かパスポートのコピーを提出
  • 収入証明書
  • 健康保険証か給与明細書

職場の都合上、電話での在籍確認が難しい人もいらっしゃるでしょう。
在籍確認の電話が全くかかってこない、SMBCモビットのWEB完結申し込みをお勧めします。

限度額を上げるにはどうしたらいい?

増額する方法を紹介

使いすぎてしまって限度額が無い!どうしよう…」というような場合、ケースによっては「増額」という方法を利用することができます。

限度額を上げる

増額とは、審査時に決められた融資枠そのものを大きくすることです。
増額は、融資枠内の利用とは違い、再度審査を受ける必要があります。

しかし、前回の審査から半年以内だったり、前回審査時から収入が下がっていたりした場合は、審査に落ちてしまう可能性が高いです。
増額方法は、カードローン業者から増額の案内があった際に申請する場合と、自ら増額の申請をする場合がありますが、審査通過率は前者の方が断然高いです。

したがって、増額する場合はカードローン業者からの案内を待つほうが無難だと言えるでしょう。
限度額の決まり方や、審査が通りやすくなるコツが知りたい方は、

を参考にしてみて下さい。

土日だけどお金を借りたい!営業している会社はある?

大手の消費者金融は土日でも営業しています。
土日は閉まっている印象の強い銀行でも、カードローンの問い合わせ窓口(電話や無人契約機)は営業しています。

消費者金融、銀行系を問わず、大手であれば土日に営業していない会社はほとんどありません。
ATMでの借入・返済はもちろんのこと、審査も行っています。

土日にできないこともある

ただし、土日に審査を申し込んだ場合はスムーズに進まないかもしれません。なぜなら在籍確認が取れない可能性があるからです。

自分の職場が土日営業していなければ、当然電話での在籍確認はできません。審査がストップして、土日の即日融資は受けられないでしょう。

もし自分の職場が土日営業していなければ、新規申込はなるべく平日に行いましょう。

また、土日は銀行の振込ができません。そのため、口座への振込キャッシングができない点にも注意しましょう。

FPが借入する際のおすすめする
カードローン会社をお教えします。

「もしFPさんが借入するとしたら、どのカードローンを選びますか?」というご質問、とても多いです。
もちろんその時の状況にもよりますが、現状であれば「三井住友銀行カードローン」でしょうか。

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンは、上限金利14.5%で、口座をお持ちの方ならご契約までのお手続きがWEB完結となっています。

さらにATM手数料は、三井住友銀行ATM、コンビニATM、ゆうちょ銀行を利用する場合無料となっており、無駄なく返済することができます。

簡単に言えば、「全ての面で無難なカードローン」だと言えます。
カードローン選びに迷っている方にもおすすめできるカードローンです。

即日融資を希望の方は、「FPが教える!本当に即日融資が可能なカードローン!最短融資の方法を教えます」を参考にしてみてください。

三井住友銀行カードローン

融資上限額 金利 審査時間 即日融資
最大800万円 4.0%~14.5% - -
担保・保証人 自動審査 パート・アルバイト お試し診断
不要 × ×

お申し込み時にご用意いただく書類

・本人確認書類
(運転免許証・個人番号カード・パスポート・住民基本台帳カード(顔写真付き)等)
・ご本人さまのご年収が確認できる資料

三井住友銀行カードローンの公式サイトへ

まとめ

カードローンは種類が多く、サービス内容も各社それぞれ異なります。
したがって、ご自身のニーズに合うかどうか判断した上で申し込みする必要があります。
明確な返済計画を立てつつ、計画的に利用して下さい。

融資スピード?無利息?
損しないカードローンを見つけるカンタンな方法

お金が必要でも、カードローンを適当に選んでしまうのは怖いですよね。

  • 必要なタイミングで融資を受けられなかったらどうしよう
  • 思ったよりも利息が多くなって返せなくなったらどうしよう

など、さまざまな不安があるでしょう。

実際、適当に選んでしまうと失敗する可能性があります。 カードローンの特徴は商品によってさまざまで、「全員が満足するカードローン」はないのです。

だからこそ、希望に合った1枚をしっかり選ぶ必要があります。

後悔しないためにも、不安な方は一度≪検索≫することをオススメします。

自分に合ったカードローンをカンタン検索

執筆者情報

K&T FP事務所

はじめまして。当サイトの執筆を担当している「K&T FP事務所」と申します。どうぞよろしくお願いいたします。当サイトにおいて私は、「正しい情報を必要とする方のお手伝いをしたい」という思いで執筆しています。

カードローンやお金のことに悩んだら、プロに相談!

ご相談は、無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。

お名前 
メールアドレス 
お問い合わせ内容
  • 金融庁について
  • 日本信用情報機構のJICCについて
  • 指定信用情報機関のCICについて
  • 貸金業法について
  • 消費行動診断・家計管理診断
  • 一般社団法人 全国銀行協会